35歳転職限界は嘘!どの年齢でも転職が簡単な3つの理由

35歳転職限界は嘘!どの年齢でも転職が簡単な3つの理由

転職は35歳以上になると厳しくなるという言葉が昔からあります。

確かに35歳というのは非常に厳しい年齢です。四捨五入をしたら40ですし、若いとも呼ばれなくなるしかも体力の衰えを感じてしまう年齢になっていきます。

なので35歳以上の人は転職をしない方がいいと考える人も多いです。

しかし今の時代は35歳以上でも全く問題なく転職ができる世の中になっています。

全国どこでも人手不足

最近はどこの企業も人手不足です。全国をみると人が常に足りていないような所が多く、面接で落とされまくっている人がいるなかで、人手が足りない。おかしな矛盾が生まれています。

というのも人手が足りないのになんで面接で落ちる人が多いの?という問題は非常に簡単な仕組みです。

まず1つ目が皆待遇が良い所に必ず行こうとします。まず多くの人がチェックするのが残業があるかないか?という問題です。

会社を辞める理由の1つに残業が長すぎるという理由があります。毎日終電ギリギリまで残業をして疲れる。そして体力の限界にきて辞める。そんな人がおおいのが日本です。

なので転職をする人はまず残業があるかないか?をよく確認します。求人をみれば残業がどれくらいやるのか分かるので、残業が嫌で辞めた人はまずそこをみるでしょう。

会社も「残業がないホワイト企業だよ」と嘘をつく場合がありますが、半分は本当の残業時間が書いてあるので信用は出来ます。

そしてもう1つは通勤がしやすいかどうか?と言う点です。多くの人は家の近くの職場か、駅の近くにある職場を選ぶことが多いです。

通勤時間に1時間もかけたくない人が多いため、特に駅近くの職場は非常に人気があります。

だから近くに電車がなく、車か原付で行くしかない職場は例え残業がなくても人気がない事が多いです。

こういった理由がある為、人気の職場と不人気の職場がハッキリ分かれていて、常に人が足りている会社と、常に人が足りない会社に分かれます。

なので不人気の職場に行けば、一発で面接に受かることだって当たり前の様にあるんです。流石に残業が多すぎる職場はアウトですが、車で行かないとダメな職場なんかは人気が少なく、残業が少ないことがおおい為、かなり狙い目の場所と言えます。

関連記事:メンタルが弱い人はこれを使え!転職に迷った時の決断方法6選

高齢化のお陰で35歳は若い人に入る

最近はテレビをみると高齢化社会というニュースばかり増えています。

若者がいなくなり、将来は老人ばかりの社会になっていくとまで言われています。

そんな高齢化社会のお陰で35歳の人が若いと言う場合もあります。

そう、若い人がいなくなり平均年齢が上がったお陰で、35歳が20代のように貴重な存在になっていくわけです。

中小企業で人手不足の所は一番下の年齢が32歳、最高年齢が84歳という職場も存在します。

35歳の人どころか、30歳で入ったら一番若くなるという異常事態が今の日本では徐々に増えていきます。

なので35歳以下の人は20代と同じくらい若い者扱いなので非常に大事にされます。

高齢化社会は悪い事ばかりだと思いましたが、就職に関してはプラスの働きをしてくれます。

関連記事:リクナビnextの評判を実際に取材!そして分かった驚きの真実とは?

若い人は激レア、中年はレアキャラ

先ほど言ったように中小企業では若い人が激レアになっている場合が多いです。

若い人と言うのは20代の人たち、中年は30代以降の人たちです。

社長たちの話を聞くと「20代の子が2年ぶりに入って来て嬉しいわ」という会話もするくらい、若い子というのはかなり貴重になっています。

30代の人でも中年だけどまだまだ若いのであなたは貴重な存在になれます。

これからは35歳以上でも全く問題なく働ける

高齢化社会のお陰でこれからの世の中は35歳以上の人たちでも働ける世の中になっていきます。

なので35歳の転職限界説は信じないで下さい。むしろまだまだ転職が出来る年齢です。

30代前半でも、20代後半でも転職のチャンスはいくらでもある

今これを見ている人は、20代後半か30代前半の転職しようか迷っている人ですね?

今の職場が嫌で、転職したいけど「俺の年齢でいけるのかな?」と考えていますが、全く問題はありません。

先ほど言ったように今の時代は若い年齢というのがドンドン上がっています。最低年齢が32歳の所なんて普通にありますし、80歳のおじいちゃんが3人もバイトをしている工場も沢山存在しています。

なのでまだまだ転職のチャンスはあるので安心して下さい。

どうしても転職する自信がないなら副業をしよう

しかし、メンタルが弱く自分に自信がないあなたは転職する自信がないですね?

そんな時は副業をして、自分に余裕を持つことをおすすめします。

副業といってもなにがあるの?と思う人がいますが。

  • アフィリエイト
  • YouTube
  • せどり
  • イラストレイター
  • フリーライター
  • 株式投資
  • FX投資

など探して見れば色々な副業があります。

その中で特におすすめなのが、アフィリエイトかフリーライターです。

アフィリエイトというのはブログを書いて、アクセスを集めて商品を買って貰ったり、広告料金で収入を貰う物です。

人を沢山集めればそれだけで収益になるので、非常に簡単に出来ます。

フリーライターもそうで、言いかえるとWebライターです。

Webライターはネットのお役立ち記事や芸能ニュースの記事などを書く仕事で。

「男性におすすめのRPGアプリ5選」とか「ゲーム用の高音質イヤホン6選」とかそういった記事です。

やってる事はアフィリエイトと同じですが、Webライターの場合は言われた内容の記事を書く事なので、自分で考えて書くアフィリエイトと違い、多少やりやすさはあります。

知識なしでも始める事が出来る副業なのでかなりおすすめできます。ちなみにクラウドワークスというサイトを使えばWebライターの簡単な仕事をやることが出来ます。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする