会社を辞めたい

うつ病は仮病じゃない!サボリという人にぜひ伝えた言葉

 

いまだにうつ病=甘えとか仮病だと思ってる人がいます。

 

確かにうつ病は見た目で判断しにくい病気ですが、うつ病で一番苦しんでいるのは本人です。

 

仮病という人はうつ病を知らない

 

そもそも仮病という人はうつ病の事を全く知らない人が多いです。

 

大半の人はうつ病=なんか精神的に辛くなる病気?とあいまいな表現でしか知ってる人しかいません。

 

そもそもうつ病の症状は

 

うつ病の“からだの症状”には、睡眠障害、疲労感・倦怠感、食欲の減退、動悸・息苦しさ・口が渇くなど、さまざまな症状があるといわれています。また、頭や肩、腰などの「重さや痛み」が、うつ病にともなうことがあるとも考えられています。

引用元:うつ病心と体 

 

という症状があります。これはまだごく一部にすぎませんが、ぶっちゃけ言うとこの症状は他人から見ると全く分かりません。

 

睡眠障害だとしても周りからみると、寝不足のようにしかみえませんし食欲が減退しても他人からみると痩せたの?くらいの変化しかないでしょう。

 

調べるともっとうつ病の症状は出てきますが、うつ病と言うのは思っていた以上にややこしくしかも症状が沢山ある病気です。

 

それをうつ病=なんか精神的に辛くなる病気とてきとうな判断をしているのではあまりにもうつ病をてきとうにみているとしか判断が出来ません。

 

目に見えて分かる人は入院している

 

うつ病の症状が目に見えてわかるくらい精神的に辛くなる人もいるでしょう。

 

ネットなどで良く聞く、動けないほど辛いうつ病と言うのも確かにあります。

 

しかしそれくらい酷くなっているなら、大半の人は入院しています。

 

しかし入院してる人は精神病棟などに行っているため普通だったら見る事もありません。

 

しかも大半の人は入院するまで酷い症状になる事がありません。

 

大半の人は通院しながらでもなんとかなるくらいのうつ病なので、ネットやテレビで聞いた情報とは色々違いが表れるはずです。

 

仮病だという人は自分が負担になるのが嫌なだけ

 

うつ病は仮病という人の大半は自分の負担になるのが嫌なだけです。

 

たとえばうつ病で休職してる間の仕事は違う人がやらないといけません。

 

しかもその仕事をたった1人が全てやるとしたら「あいつマジで許せない」となってしまうでしょう。

 

しかもうつ病の休職の時間はやたら長いです。

 

うつ病の休職期間は平均3か月と言われていますが、それはあくまで目安です。

 

半年間休む人もいれば下手をすると1年以上休んでしまう人もいるのが事実です。

 

それだけ休まれると知識のない人からすれば「もう治っただろ!!!」と怒りたくもなるでしょう。

 

それはそうですね、本来入院する事になっても半年もあれば回復はします。

 

たとえば骨折などをしたら、早くても1か月で復帰できる人もいます。

 

 全治する期間は症状によって異なる為、いつから仕事復帰が可能かという答えは一概には言えませんが、ヒビが入った程度であれば、完治まで2~3週間程度ですので、比較的早い仕事復帰が見込めます。
ただし、プロスポーツ選手等の場合は安静にした後、リハビリをして復帰となりますので、受傷してから仕事復帰までには軽傷だとしても1ヶ月程度必要なこともあります。

引用元:骨折おやじの骨折治療ライフ

 

骨折で1か月ならうつ病になって半年以上は確かに長いと感じますよね?

 

しかもうつ病は骨折のように目に見える変化が全くないので、それはイライラするのも分かります。

 

うつ病の人も過ごし方が悪い

 

そして多くの人が思ったのがうつ病の人の休職中の過ごし方です。

 

うつ病の人は休職中にもかかわらず、なぜか遊びに行ってる人が沢山います。

 

たとえば、休職中の社員のSNSをみるとなぜかディズニーランドに遊びに行ってる画像が…なんてことも沢山発見されています。

 

パソコンを覗き込むと田中さんのフェイスブックが開かれていて、そこには楽しそうな笑顔でディズニーランドに行ったりバーベキューを楽しむ彼女の写真がたくさんアップされていた。

引用元:きなこ猫のスッキリ生活 

 

たとえばとあるサイトでは、うつ病なのにオンラインゲームのオフ会を主催している人もいます。

 

最初、ツイートを見たときはうつ病で休職したことのある私でも、「ゲームにログインはわかるけど、オフ会主催はやり過ぎだろw」ってツッコみたくなりましたよ。

でも改めて自身の休職中のことを振り返ってみると、同じように思われても仕方ないことをしていたなと。休職中に、友人と飲みに行ったこともありますし。
ツイート主さんが「せめてもうちょっと上手く立ち回りなさいよ!!」っておっしゃるのもよくわかります。

引用元:フリーランスNote 

 

それはこれをみた人はうつ病は仮病と思ってしまうでしょう。

 

というか私だってうつ病で休職してる人がSNSで遊びに行ってる画像があったら「あいつ絶対仮病だろ!!」と怒ってしまいます。

 

それは私からも謝りますごめんなさい!!

 

病気にならないと気持ちが分からないのはあるある

 

この様にうつ病=仮病というのは確かに分かります。

 

さっきのように遊びに行ってる人もいますし、外見からだと判断が出来ません。

 

それに病気にならないと気持ちが分からない事もあるでしょう。

 

私はまだ20代なので認知症というのが全く分かりません。

 

認知症は記憶が曖昧になったり、勝手に外出して迷子になったりと介護がないと酷い状況になるのはテレビやネットで知っていますが

 

  • なんで認知症ってなるんだろう?
  • 記憶が曖昧になる事はあるの?
  • 幻覚なんてみるの?

 

など色々と分からない事が多すぎます。

 

しかも家族にも認知症が出てる人がいないため、認知症を介護する家族の気持ちも全く分かりません。

 

この様に実際に経験しないと確かに分からないことだらけで、気持ちは全く分からない事があります。

 

本当に苦しい人がいるのも分かって欲しい

 

しかし本当に苦しんでいる人もいるのを忘れないで下さい。

 

本当にうつ病になって、家から一歩も出れない人もいますし下手をすると自殺する人だって沢山います。

 

仮病と疑う人は会社内でうつ病の休職をしてる人がいて明らかにサボリのように見えるかもしれませんがそれでももっと酷い症状の人がいたり、本人はかなり辛いと感じてることが多いです。

 

なのでうつ病=仮病と勝手に判断するには辞めて下さい。

 

関連記事:会社を仮病で休む時のやり方と言い訳まとめ

関連記事:仕事でストレスを溜める8つの方法