人間関係

嫌いな人を気にしない凄い実践的で役に立つ方法

 

仕事をしているとどうしても嫌いな人と言うのは必ず出てくるでしょう。

 

どんなに優しい人でも、必ずと言って良いほど職場内に嫌いな人や苦手な人と言うの必ず出てしまいます。

 

そこで今回は嫌いな人を気にしない方法を書いていきましょう。

 

別次元の人間と思う

 

嫌いな人とというのは絶対に自分と意見が合わない人です。

 

  • 趣味
  • 仕事のやり方
  • 仕事の考え方
  • 人間関係

 

全てが違う人間なのがあなたの嫌いな人です。

 

嫌いな人は確かに気になってしょうがないかもしれませんが、まず別次元の人間と思った方が気が楽です。

 

あなたが国で例えるなら日本人とイギリス人くらい別の人間です。日本人とイギリス人では価値観がまるで違います。

 

この様に嫌いな人は住んでる場所も考え方も違う存在の人間と思った方が、気が楽に話すことが出来ますよ。

 

だって別次元なのでまずこちらとは交わる事がないような存在なので。

 

悪い人は自分にとって都合の悪い人間

 

「お前はまだまだ未熟だな」この言葉を嫌な人からされるとイラッとくるでしょう。

 

しかし「お前はまだまだ未熟だな」この言葉を友人や尊敬する上司などに言われたらどう思いますか?恐らく「未熟ならもっと頑張らないと」とか「あの人が言ったから俺はまだまだ未熟なんだ」と思う事があるでしょう。

 

人間と言うのは同じ言葉でも言われた人が違うとまるで受け取り方が違います。

 

イチローに「努力すれば必ずできるようになる」と言われると「そうだよな、あのイチローが言うなら信用が出来る」と思いますが、そこら辺の知らない人に「努力すれば必ずできるようになる」と言われてもイマイチピンっときません。

 

私が好きな「多分そいつ今ごろパフェとか食ってるよ」という本から引用させてもらいますが

 

同じことを言われても、感謝できることもあれば、カチンとくることもあります。その日の気分で感じ方が変わる事もあるし、憎むほど嫌いな人も、ある人にとっては無二の友人だったりします。

その人のことをジャッジできるのは、あくまで自分が知っている範囲の人だけです。そう思うと、いい人悪い人とは、「今の自分にとって」都合の悪い人なのかもしれません。

引用元:多分そいつ今ごろパフェとか食ってるよ

 

この様に嫌な気分になるのは今の自分にとって都合の悪い人。

 

そして都合の悪い人だからと言って無理に付き合う必要はありません。都合が悪いなら今その人を相手にしない方が精神的に楽になるということなので。

 

嫌な事を言った本人は覚えていない

 

悲しい事にキツイ言葉を言われた本人はしっかり覚えていますが、言った本人は全く覚えていないなんて事はよくあります。

 

私も友人によく「沖縄に旅行に行きたい」とか「海外旅行に行きたい」と言ってるらしいですが、言った私は何も覚えていなくて

 

「そう言えば沖縄に旅行に行きたいって言ったけど結局できた?」

「私そんな事言ったかな?」

 

という謎の会話になる事がほとんです。

 

先ほどの「多分そいつ今ごろパフェとか食ってるよ」と言う本にも同じ事が書いてあり

 

人間関係で嫌な思いをして、モヤモヤを引きずることがありました。心理学の本で、嫌な事ことをした相手は何をしたかも覚えていないことが多いから、考えるだけ無駄だと学んだけど、中々気持ちを切り替えれるものではなく…

そんな時友人から言われたこのひとことは、妙な説得力がありました。「多分そいつ、今ごろパフェとか食っているよ」

その言葉を聞いた時、嫌な相手のためにどんなに真剣になっても、自分が気にした分だけ、相手も真剣に自分のことを気にしてくれるわけじゃないんだと、ハッとしました。

引用元:多分そいつ今ごろパフェとか食ってるよ

 

この様に嫌な事を言った相手は本当に覚えていません。下手をするとこの本の通りにパフェを食べているかもしれません(笑)

 

なのでこちらが気にしても時間の無駄。そう考えるだけでも嫌な気分はドンドン晴れていきますよ。

 

嫌な事は頭から追い出す

 

嫌な気分になっているという事は、頭の中にずっと嫌な人が居座っているということです。

 

つまり嫌な人とあなたは同じ屋根の下で過ごしている。そう考えてもおかしくはないでしょう。

 

ですが嫌な人が「一緒に住もうぜ」と言われたらあなたは「嫌だよ!」と流石に断るのではないですか?

 

それと同じで頭の中に嫌な人が住み着いているなら追い出さないといけません。

 

嫌な人のことで頭がいっぱいになって、何も手につかなくなることがあります。よく楽しい時間はあっという間に過ぎていくというけれど、嫌なことを考えている時間というものは物凄く長く感じるものです。

モヤモヤしたり、思い出すたびにイライラして沢山の時間を使っちゃったり。それが、人生の中の貴重な時間を食い潰していると思うと本当にもったいないです。とは言え、嫌な人のことってそう簡単に忘れられませんよね。

そこで自分の時間を大事に使うために考えることにしました。「家の中のいらないものを置いている場所にも、家賃は発生してるよ。ゴミに家賃を払うの?」と

引用元:多分そいつ今ごろパフェとか食ってるよ

 

この様に嫌な人の事を考えると、頭の中にある家の家賃を嫌な人に払わないといけません。

 

そう考えるとただのお金の無駄使い。下手をすると世界一無駄な出費と考えてもいいはずです。

 

嫌な人も会社から出るとただの人間

 

嫌な人は会社では威張っているかもしれませんが、会社から出るとただの一般人です。

 

しかもその人が威張れるのは会社の中だけの存在で、実は他の会社に行くとほとんど無力な一般人になるでしょう。

 

もしかするとその人は家庭内では立場が低い存在かもしれません。

 

もしかしたらその人は、会社の外では大人しい人かもしれません。

 

「井の中の蛙大海を知らず」つまり狭い世界の中でしか威張る事しかできない人。そう考えるとその人が可愛くみえてきませんか?

 

もう1度言いますが、あなたが嫌いな人は会社から外に出ると本当に力のない人に変わっていくでしょう。

 

嫌いな人とあえて仲良くなってみる

 

ちょっと危険な方法ですが、あえてその嫌いな人と仲良くなって見るのも1つの方法になります。

 

嫌いな人というのはその人の事を全く理解してしていない場合があります。

 

仲良くなり嫌いな相手の事を知るだけでも、多少は嫌な気分をなくすことが出来るでしょう。

 

ただ、余計に嫌いなる場合もありますが。

 

自分の本音と向き合う

 

よく「悪口を言うのは良くない」とか「悪口を言って発散するべきだ」という意見が目立ちますが、これはどちらも正解です。

 

確かに悪口を言ったら自分に跳ね返ってくることもありますし、悪口を言うと自分の性格も悪くなるという事は正しい意見です。

 

ですが、悪口を言わないとストレス発散が出来なくてずっと嫌な気分を背負ったままになるでしょう。

 

この様にどちらも正解なので、どっちをやっても問題はないです。

 

ですが大事なのは自分がどうしたいのか?が非常に大事です。

 

たとえば悪口なんて言いたくないと言うなら、それでいいです。

 

だけど悪口を誰かに言って発散したいと言うならそちらをやりましょう。

 

あなたはどうしたいですか?自分の本音と向き合ってストレスを上手く発散しましょう。

 

怒られてイラッとする気持ちを大事にする

 

時々怒られた時にイラッとする時があります。

 

だけど上司に言う事だからとか、年配の人の意見だから正しいと思って心に入れておくことがあるでしょう。

 

しかし叱られてイラッとしたら、その上司の言葉は大して心に刻まれないので聞かなくても良いです。

 

最初の方に言いましたが嫌いな人は自分にとって都合の悪い人間。という風に書きました。

 

怒られてイラッとするのは自分にとって都合の悪い人間。つまり今は何も聞かなくても良い人の言葉です。

 

あなたも尊敬してる友人や、尊敬している有名人に怒られたら凹みますよね?

 

ですが全く尊敬できない人や嫌いな人から怒られたらイラッとするはずです。

 

イラッとしたら無理に聞かなくても良いです。だって無理やり反省しても納得が出来ませんから。

 

出来るだけ距離を置く

 

物理的に距離を置くと言うのはとても大事です。

 

結局嫌いな人と言うのは大半の場合は離れることが大事になっていきます。

 

それこそ部署異動をしたり、転職をするなど本当に物理的に距離を置く方があなたにとって幸せになります。

 

どうしても離れられない時は仕事の話を簡潔に終わらせたり、嫌いな人に仕事の話をする時に違う人に代用してもらうのが良いでしょう。

 

自分の世界を持っておく

 

嫌いな人が気になる人は世間の評価を気にするなど周りの事を気にしてしまう人が多いです。

 

確かに周りの人の評価が気になるのは分かりますが、自分の意見を持って自分だけの世界を作らないと嫌な人に振り回されていくでしょう。

 

結局嫌いな人とは分かりあう事が出来ません。それこそ別次元の存在なので関わらない方が身のためです。

 

一番いけないのは嫌いな人の意見を正しいと思ってしまうことです。人というのは強く言われるとどうしてもその人の意見が正しいと思ってしまいます。

 

しかし嫌いな人の意見を聞いてもイラッとするだけなので、出来るだけ距離を置いてそして自分の意見だけは曲げないようにしましょう。

 

まとめ

 

あなたが嫌いな人は、あなたがどれだけイライラしても落ちこんでも嫌いな人は今ごろパフェを食べているでしょう。

 

のんきにパフェを食べている人にいちいちイライラしてたら、こちらの精神が疲れてしまいます。

 

なので出来るだけ気にしない。そして自分だけの世界を持つのが大切になるでしょう。