メンタルが弱い人が転職に迷ったらどうするべきか?

メンタルが弱い人が転職に迷ったらどうするべきか?

転職するかどうかってかなり迷いますよね?

  • 恐い
  • 不安
  • 失敗

など転職に対する不安のせいで迷ってしまう場合があります。

特にメンタルが弱い人はどうすれば良いか迷い、しかも人に頼る事をあまりしないので苦しい転職の決断が上手く出来ません。

そこで今回はメンタルが弱い人が転職に迷ったらどうすれば良いのか?を書いていきます。

給料なら待とう

メンタルが弱い人で給料に不満があるなら辞めてはいけません。

恐らく今の給料だと将来が不安…そんな風に思っていたり、1人暮らしで給料がないなど色々理由がありますが、それだけで辞めるのは非常に勿体ないです。

給料しか不安がないという場合は人間関係では苦労をしていないですよね?

メンタルが弱い人が特に気にする所は職場の人間関係が良いか悪いか?という問題です。

給料が悪くても人間関係が良かったらそこの会社は非常に良い会社なので残りましょう。

サービス残業や終電ギリギリまで残業しているというなら話は別ですが、それ以外だったら残る事をおすすめします。

職場の人間関係というのは、どれだけ調べても絶対に分かる事がないもので、会社で働いてみないと絶対に分かりません。

なので人間関係は完全に運になります。皆の仲が良い職場ならそれは当りの職場なので手放すのはもったいないです。

仕事内容なら待とう

仕事内容が嫌と言う場合も少し待った方が良いです。

例えば、職場が暇すぎて嫌とか、仕事が単調すぎて楽しくないという事がありますが、それも少し勿体ないです。

確かに暇なのは退屈ですが、残業が多かったり、人間関係が最悪な職場だともっと嫌です。

残業が多いと過労死をする場合もありますし、人間関係が最悪だとうつ病になることだって考えられます。

なので暇というのは一番死の危険や精神病になる危険が少なく、非常に良い職場だからです。

もちろん将来の不安があるのも分かります。だって仕事をやらずに給料を貰っている様なものなので、こんな事で将来仕事があるのか?という不安は分かります。

なのでどうしても辞めたい時は1年以上働いてからゆっくり辞めてしまいましょう。

世の中は3年働けという言葉がありますが、いまの時代それは古い考えになっています。

なので1年経った時に仕事を休みながらゆっくりと次の転職先を探すことをおすすめします。

それか、暇な時に副業をするのはどうですか?

クラウドワークスというサイトに登録すると、記事を書く仕事やアンケートでお金を貰ったりと簡単な作業でお金を貰う事ができ、副業の体験をする事が出来ます。

残業が多いと副業が出来ない事が多いので、暇な時に副業をやる知識をつけると就職で心の余裕が出来ますよ。

労働時間なら辞めてしまおう

残業が長すぎて辞めたい場合はすぐ辞めてしまいましょう。

残業が長いと過労死をする危険があります。もしあなたが今の状態で残業が長いから辞めたいとおもうならすぐに辞めてしまう事をおすすめします。

ですがあなたはこう思っているでしょう「他の人は俺の倍以上残業をやっているからこれくらいで休んではダメ」と。

確かに世の中には200時間以上残業をしても人生を楽しく生きているとんでもない人がいます。しかし人それぞれ残業が出来る時間は違います。

先ほど言ったように200時間残業をする人もいれば20時間も残業が出来ない人もいます。

全員違うのでそれはしょうがない事です。なら残業がない職場に転職する手しかありません。

日本では残業が当たり前になって、残業がない職場なんてこの世にないんじゃないか?と思う事もありますが、そんな事もありません!

定時で帰れる会社なんて沢山ありますし、仮に上司が「残業は当たり前にある」と思ってる人ならその人の視野が狭いだけです。

残業はないのが普通と思っておきましょう。

人間関係なら辞めてしまおう

人間関係が嫌なら色々と対策が出来ます。

まず一つは我慢する。これは「今の人が嫌だけど少し我慢すればまあ問題ない」程度ならそのままにしましょう。

職場では嫌な人は1人は絶対にいます。どの職場でも性格が曲がっている人と言うのが何故かいて、皆から嫌われます。

なので近づかない様にするなどの対策が出来て何とかなるなら辞めない方が良いでしょう。

もう1つは我慢できないなら辞めてしまう。

嫌いな人があまりにも酷いパワハラをする、例えば暴力、暴言、いじめなど精神的に苦痛があるくらいのものだったらすぐに辞めてしまいましょう。

先ほど職場には嫌な人が1人はいるといいましたが、さすがにパワハラをする人がいるのは実は珍しいです。

最近はパワハラ、セクハラをすると直ぐに訴える事が出来る世の中なので、上司も昔みたいにミスをしたら殴ったり、女性社員の肩を気軽に触るなどの行為が出来なくなっています。

なのでパワハラをしてくる上司がいたらそれはかなり珍しい事です。なので転職をしたらそう言う人がいなくなる事が多いので転職をしましょう。

最後の方法は部署移動をするです。

会社によっては言えば部署移動をさせてくれる会社がありますが、人手不足な所だと部署移動をさせてもらえない事が多いです。

お願いしてダメな場合は潔く諦めて、さきほど言ったように我慢するか、辞めるの2択をとった方が良いですね。

体調が崩れているならすぐ辞めてしまおう

もし今の会社に行くときに体調を崩すならすぐに辞めてしまいましょう。

ストレスが溜まっていくと人は体にすぐ反応します。例えば会社に出勤する時に吐き気がする。会社に近づくと吐き気がする。会社のロッカールームが出るとじんましんが出るなど誰がみてもわかるくらい体調に変化が出てきます。

それくらい体調がおかしいなら、放っておくと確実に病気になります。胃腸炎や盲腸などの病気やうつ病などの精神病などになる場合が高いです。

一度病気になると仕事の復帰が難しくなるなど今後の人生に関わる事態になります。

なので体調が崩れているならなにがなんでも辞めて下さい。無理をしないで転職をして下さい。

もし病気になっても会社は責任をとりませんし、簡単にクビにしてきます。無責任で良いです、とにかく体を大事にする事を優先して下さい。

メンタルが弱い人は積極的に転職を

メンタルが弱い人は

残業が長い

人間関係が辛い

の2つの場合は積極的に転職をした方が良いでしょう。

先ほども言ったようにうつ病などの精神病になると職場の復帰が難しく、最悪自殺する場合もあります。

今後の人生を左右することになるので「頑張らないで下さい!」普通こういった場面は出来るだけ辞めない方が良いと言うのが当たり前ですが、このサイトではそんな事は言いません。

とにかく自分の安全を第一に考えてみて下さい。ヤバそうなら転職を繰り返すのもありです。

結局どれだけゆるい職場でも、給料が低くてもその職場が働きやすい所ならそれだけで勝ち組ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする