転職

20代が転職の決断できない時に絶対にやって欲しい心構えの対策

 

転職に迷う事ってありますよね?

 

  • 転職に失敗したらどうしよう
  • 今より酷い会社にいったらどうしよう
  • 今より酷い上司がいたらどうしよう
  • 3年は頑張らないと
  • 親が心配するから
  • 友人になんて言おう

 

など失敗する事に対して非常に敏感で転職の決断が迷う事が多いです。

 

そんな転職の不安があるあなたに転職の決断ができない時にどうすれば良いのか?を書いていきます。

 

 

 

転職する人は沢山いる

 

 

転職するのが怖いと思っていますが、世の中転職する人は沢山います。

 

テレビをみると転職サイトのCM、ネットをみると転職サイトの広告などとにかく転職関連のCMをよくみかけます。

 

しかもそのCM達をじっくりとみてみると、どれもこれも「転職をしてみよう!」と職を変える事をおすすめしてるものばかりです。

 

昔は転職する事はダメな事と言われてきましたが、いまの世間では転職する事が当たり前になっています。

 

なので安心して下さい。転職の仲間は沢山いる事を忘れないで下さい。

 

今より多少マシになると考える

 

 

やはり一番の問題は今より酷い会社に勤めてしまう事への心配です。

 

確かに転職をした後に更に酷くなったという話はネットで聞いた事があります。

 

ですが、今いる会社がとても辛い場所なら、次の会社はそうそう酷い会社に当たる事も少ないでしょう。

 

今いる会社で体調を崩すくらい辛い所だったら、そこが一番酷い会社です。ようは底辺の会社にいるので、それ以上落ちる事はないでしょう。

 

今いるところが底辺なので、次の会社は多少はマシ、そんな風に思った方が気が楽になります。大丈夫です。世の中には会社が無数にあり1日で会社が潰れたり、起業する事があります。

 

なのであなたに合った会社は必ずみつかります。

 

今いる場所を離れる事も考える

 

 

今いる地域や県で中々良い所が見つからないと思った場合、いっその事就職の範囲を広げた方が良いです。

 

今の就職先が徒歩で行ける範囲なら自転車で、自転車で行ける範囲なら原付で、原付でいける範囲なら電車で。

 

電車もダメだったら自分の住んでいる所を変えてでも良い場所に就職できるようにしましょう。

 

転職が怖いと思っている人で共通するのが自分の行動範囲を広げない事です。

 

自転車で通勤している人は電車で行ける範囲で就職場所を探そうとしない事が多く、そのせいで似たり寄ったりの会社にしか行く事が出来ません。

 

行動範囲を広げたくない気持ちは分かります。電車通勤でも慣れないと怖いですし、県外にいくのなんてもっと怖いです。

 

しかし一度自分がいける範囲をもっと広げてみましょう。そうすると思ってもみなかった会社に出会うことだって普通にあります。

 

最悪正社員じゃなくても良いと考える

 

 

転職に失敗したらどうしよう?と考えている人は正社員でしか道はないと考えています。

 

  • 正社員じゃないと将来が不安
  • 正社員じゃないと恥ずかしい

 

などとにかく正社員じゃないと就職に成功したといえないと思っている人が多いですがそれは全く違います。

 

今の時代、正社員の人数がドンドン減っていってます。派遣労働者などの非正規雇用が何と40%を越えているというデータも出ているので、そのうちに正社員の方が珍しい事も考えられます。

 

正社員だと逆に普通ではないですよ?これから3年、4年とたっている間に非正規雇用が50%は確実に超えていくでしょう。

 

なので派遣社員でも契約社員でも良いじゃないですか?

 

だって正社員って責任が重くて給料が多少貰えるだけで後は何も良い事がありません。

 

正社員ならクビにならない?あなたの会社は5年後も残っているという保証がないです。

 

社会的信用がないからクレジットカードも作れない?今の時代コンビニ払いという便利な手段やフリーターでも作れるカードなんていくらでもあります。

 

この様に正社員になっても会社が潰れたら意味がないですし、正直いって正社員はメンタルが弱い人にとっては意味がありません。

 

あなたがする事は正社員になる事ではなく「精神的に楽な所で働く事」です。無理に良い会社にいってメンタルを弱らせるよりも、あなたが長く続けれる所で働いて下さい。

 

酷い会社なら辞めてしまえば良い

 

 

会社を辞める事はなにも恥ではありません。

 

恐らく会社の先輩たちがこう言ったのでしょう「どこの会社でも同じ」「今の会社は良い会社だよ」と、それは妄想です!

 

先輩たちの言っている事は今までの経験からいっている言葉なので、確かに言葉の重みはあります。

 

しかし先輩たちは「就職活動に失敗した」人たちとも考えられませんか?恐らく先輩たちは今いる会社より酷い労働環境にいたのでしょう。

 

しかしあなたは今の会社が一番苦しいと思っています。だったら変えるべきです。

 

他人の経験と自分の経験は違うので、いまの会社にあなたは合っていないんです。

 

他人ではなくあなたが辛いと感じたならその会社は他の人がどう言おうとブラック企業になります。

 

 

3年働けは古い考え

 

 

よく聞くのが3年は働けと言う考えです。恐らく就職する時に学校で教わった事なんでしょう。

 

3年は働かないと仕事は面白くならない。そんな風に言われてきてあなたは「3年は我慢しないとダメ」と思い込んでいるのでしょう。

 

しかし3年も働く必要なんてないです。先ほども言いましたが今の時代、3年もたたない間に会社が簡単に倒産する時代です。

 

大企業だってたった1回のミスで潰れる会社もとても多いです。大企業だって1年後に残れるか分からない時代なので3年も働けは通じない世の中になってきました。

 

なので皆が言う3年働けは無視して良いです。

 

むしろ我慢して3年働いても辛いだけ、3年頑張って働いても転職する気力がなくなっている事もあるので、1年以内に全然辞めても構いません。

 

会社はあなたがいなくても余裕で回る

 

 

「俺がいないと会社が回らないくなる」と思っている人もいますが、残念なお知らせです。あなたがいなくても会社は簡単に回ります。

 

少し痛い情報かもしれませんが、これが現実です。あなたがやっている仕事が資格がいる仕事だとしても会社は募集をかけて普通に人員をいれます。

 

資格がいらない仕事なら人員募集もしないで他の人に仕事を回すことが出来るので会社は何事もなかったかのように仕事が出来ます。

 

なので安心して辞めて下さい。むしろ辛いならすぐに辞めて下さい。

 

チョット心が痛くなる事を言ってしまって申し訳ないです。しかしこれが悲しい現実です。しかし逆を言うと、人が減らない限り人では募集されないので、あなたの会社の忙しさは変わりません。

 

むしろ永遠と今の忙しさのまま、働く事になるので辛いですよ。

 

親の言う事は聞かないで

 

 

親は仕事を辞めたいといって「辛かったら辞めて」という親ももちろんいます。しかし実際あなたの親がなんて言うのかが予測がつきません。

 

親はもしかしたら反対をするかもしれません。あなたの親世代はバブル世代のど真ん中で「24時間戦えますか?」という完全にブラック企業の発想のCMが流行っていた時代です。

 

なので残業時間多い事や人間関係で辞めるとなったら反体をするかもしれません。

 

しかし、あなたは決して親の言う事を聞いてはいけません。あなたは辞めたくて辛いです。しかし親は3年働けと教えられた人なので反対する事もあります。

 

育てて貰った親ですが、結局他人である事には変わりありません。

 

あなたと親は他人なんです。なので親の意見ではなく、あなたのやりたい事を優先して下さい。あなたが辞めたいなら辞めるべきです。

 

友人には嘘を話そう

 

 

友人に何て言おう?と考える人もいますが、嘘をつきましょう。

 

例え友人でも親友でも幼馴染であっても恥ずかしかったら嘘をついて良いです。親にはキチンといわないとばれる事が多いですが、友人だったら嘘をついてもたいしてバレません。

 

よほど心理学に詳しい人でない限り仕事を辞めた嘘はバレる事はほとんどないです。

 

恥ずかしかったら嘘をついても良いし、話したかったら素直に話してください。

 

ちなみに就職の相談なら親よりも友人の方が客観的に意見を貰えます。

 

家族だと近すぎる存在の為、自分の今までの経験で話すことが多いですが、友人なら会社の人の話や本で見た情報、ネットでみた情報など色々な事を教えてくれる場合があります。

 

良い友人だったら転職サイトを紹介してくれたり、知り合いの紹介で働ける場合もあります。

 

なので本当に相談したい事は友人に、恥ずかしかったらそのまま嘘をついてしまいましょう。

 

 

学習性無力感というを知っていますか?

 

 

学習性無力感という言葉を知っていますか?

 

これは一度無意味と教えられると、どんな事でも行動しなくなるという症状です。

 

例えば一匹のゾウがいます。そのゾウは子供の頃に鼻に鎖をしてそこから動けないようにされています。

 

そのゾウが大人になり体も力も強くなってやろうと思えば鎖を簡単に壊すことが出来ます。しかしゾウは子供の頃に鎖は絶対に壊せないものと教えられたため、一生その鎖を壊そうともしない。

 

これを学習性無力感と言います。

 

例えばこれを人間に例えると、ブラック企業に勤めてる人がいます。

 

その人は毎日残業をして終電ギリギリまで仕事をしています。

 

最初の間は「3年たったら仕事を辞めよう」と思いながら仕事をする余裕があります。

 

しかし3年という長い年月が経つと、その人は会社を辞めるという選択肢が出来なくなります。

 

それどころか「どの会社にいっても同じ」「世の中にある仕事は遅くまで残業する」など一生このままという錯覚さえします。

 

会社から一歩出れば残業がない仕事だって、人間関係が良い職場だって、いくらでもあります。

 

しかし学習性無力感という症状のせいで会社を辞めるという選択肢が消えると言う事です。

 

なのであなたも会社を辞めようかな?と考えている時が辞めるチャンスです!

 

3年も働くと会社を辞めようとも考えなくなるので、辞めるなら今がチャンスです。

 

 

ブラック企業の事情なんて知らない

 

 

心優しいあなたは「私が勝手に辞めたら他の人に迷惑がかかる」と思っていますね?

 

確かに会社を辞める時は迷惑が掛からない様にしようとするのは素晴らしい考えです。

 

しかしあなたの勤めている会社は本当にそこまでする必要のある会社ですか?

 

  • 残業が多い
  • 休日出勤がある
  • 人間関係が悪い
  • サービス残業がある

 

など多くの理由がありますが、どれか1つが酷すぎるせいで会社を辞めたのではないですか?だったら会社の事なんて考えずに自分の事だけ考えた方が絶対に良いです。

 

自分勝手で良いんです。辞めてしまえば良いです。てきとうで良いです。

 

それでもどうしても心残りがある人は会社で一番鬱陶しい人の顔を浮かべましょう。

 

社長?部長?課長?など一番あなたが嫌いな人の姿を浮かべてみましょう。その人の為にいちいち「迷惑がかかる」なんて思えますか?無理ですよね?

 

それで良いんです。どうせ辞めたら二度と会う事はありません。辛かったら辞めても良いんです。

 

自分勝手に適当に生きると心が楽になりますよ。

 

辞める事を考えたら転職サイトに登録を

 

少しでも辞める事を考えたなら、転職サイトに登録する。まずはこれだけやって欲しいです。

 

と言うのも、転職したいと思ったらまずは少しでも良いので行動する事が大事です。

 

いきなり退職する。そんな事は難しいと思うのでまずは転職サイトにだけ登録して、一歩でも良いので行動してみて下さい。

 

転職サイトはまず、一番大手のリクナビNEXTに登録してみましょう。

 

転職サイトって探して見ると本当に沢山のサイトがありますが、沢山ある場合はまずは大手から見る方が安心です。

 

何だかんだいって、大手の方が信頼度がありますし大手なので残業がない企業の求人は沢山あるので、使いやすいですよ。

 

リクナビNEXTは下のリンクから行く事が出来ますし。

↓↓↓

リクナビNEXTの公式サイトはこちらから

 

もしリクナビNEXTの事が気になるなら、実際に使ってみた人に取材した記事があるので評判が気になる人は下の記事からどうぞ。

↓↓↓

リクナビnextの評判を実際に取材!そして分かった驚きの真実とは?

 

転職に迷いがあるのはしょうがないです。だって転職って怖いですし失敗したらどうしよう。そんな恐怖があります。

 

ですが転職サイトに登録するだけなら今からでも出来ますし、失敗する事はまずありません。なので1歩でも良いので行動してみましょう!