転職エージェント

【厳選保存版】コミュ障におすすめの転職エージェント6選

 

コミュ障と思ってる人は、「どの転職エージェントを使えば良いんだろう」と思ってしまうことがあります。

 

転職エージェントと聞くと、ネットで評判が悪いことが多く「失敗したくない」と思う人は更に使う転職エージェントを見極めると思います。

 

そこで今回はコミュ障でも安心して使える転職エージェントを紹介していきましょう。

doda
担当者の親切度
求人の質
求人の多さ
年収
口コミの良さ

公式ページはこちら

 

DODAの特徴はまず求人数が多い事。転職エージェントの中でもかなりの大手で、その求人数や顧客の満足度などはかなり高い事で有名な所です。

 

求人の種類は基本的になんでも揃っているバランス型のエージェント。つまり未経験の仕事も探せますし前の仕事の経験を生かす事も可能でしょう。

 

そして転職エージェントの中には東京と大阪限定など場所が限定されている所もありますが、DODAでは全国の求人があるので「俺の住んでいる県の求人がない!」と言う事にもなりません。

 

またDODAは親切な対応、親身になってくれる対応が魅力的と言えるでしょう。

 

もちろん大手のエージェントのため、担当者に当たり外れがありますがそれでも担当者の対応の質は、私が利用した人を取材した中ではかなり良い反応が多かったです。

 

しかもDODAはプレミアムスカウトメールという機能があります。簡単に言うと企業の担当者の人が「この人と直接会って採用したい」というかなり凄い機能です。

 

メールも企業の人の顔写真が載っているので、本当にこの人が欲しいという人だけを一発採用する事も体験した人に聞きました。

 

そしてDODAは土曜日も営業しているので「転職したいけど土日しか休みがないからいけない」と言う悩みも問題ないでしょう。

 

dodaは転職エージェントの中でも担当者の対応が親切と評判が高い所です。

 

大手ではないぶん、とにかく親切な対応でお客さんを喜ばせているのがdodaの特徴と言えるでしょう。

 

コミュ障の人は、担当者が優しい人じゃないとメンタルが傷ついて転職活動に支障が出てしまうため、とにかく担当者の対応が良い所を探すならdodaがおすすめでしょう。

 

リクルートエージェント
担当者の親切度
求人の質
求人の多さ
年収
口コミの良さ

公式ページはこちら

 

リクルートという名前はテレビのCMやネットの広告で見た事はないですか?

 

リクルートは日本国内でかなり大手の業界で、日本でもトップクラスの名を持つ会社でしょう。

 

リクルートエージェントの特徴は、求人数が多く職種も幅広いのが長所の1つです。

 

リクルートエージェントはなんと10万件以上の求人が並んでいます。こうやってみると業界大手の中でもかなり凄い事がよく分かるでしょう。

 

ただ、口コミの中には「メールの返信が遅い」といった事や「強引に面接をさせようとする」と言った所も目立っています。

 

恐らく会社の方針で「少し強引に転職をすすめて」と言われたりして担当者にもノルマがあるので仕方がないこともあります。

 

しかしそのデメリットがあっても、やはり業界の大手なので「転職エージェントは初めて使う」と言う人にはかなりオススメが出来ます。

 

何だかんだ大手だと使っていて安心感も信頼度もあるので、「変なエージェントじゃないよな?」という心配もありません。

 

ちなみに、リクルートエージェントは全国に拠点があるため、地方の人も比較的使いやすいサイトです。

 

そしてリクルートエージェントをコミュ障におすすめする理由は大手という信頼があるからです。

 

先ほどから何度も言っていますが、リクルートエージェントは転職業界の中でも最大大手で日本で一番有名なところです。

 

そしてコミュ障の人は「失敗したくない」と思う人が多いですし、何かを買う時にとにかく口コミが良いものを買う事があります。

 

だったら転職エージェントを使う時も、口コミが良いもの方がコミュ障の人にとって非常に助かる事になります。

 

ちなみにリクルートエージェントは、大手なので担当者の対応にいい悪いがありますがそう言った時は担当者を変えて貰えば解決できますよ。

 

DYM就職
担当者の親切度
求人の多さ
求人の質
年収
口コミの良さ

公式ページはこちら

 

次はフリーターやニート、第2新卒の人などにオススメ出来るエージェントです。

 

他の転職エージェントの最大の弱点といえば「フリーターやニート歴が長いと転職しにくい」と言う事がありました。

 

DODAやリクルートエージェントは大手で、求人が多いですがフリータ歴が長いとやっぱり転職がやりにくいという口コミも沢山あります。

 

どの業界でもやはり履歴書に空白があるとどうしても面接担当の人が「うーん…」となってしまうのはしょうがない事。

 

ですが、DYM就職は最初から狙いをフリーターやニートの人に絞っているので、履歴書の空白なんて関係ありません。

 

DYM就職で大事なのはとにかく熱意があること。それが一番大事です。

 

ただ弱点として、いままでの経歴が全く通じないことです。

 

たとえば「トヨタ自動車に正社員で働いてた。」この経歴は書類審査でどの会社でも評判が良いですが、DYM就職の場合は一切関係ありません。

 

たとえ大学を中退した人と東大を卒業した人でも同じ扱いになります。なので「有名大学に出た」と言う人にはおすすめが出来ないエージェントでしょう。

 

コミュ障の人にに特におすすめの理由は、学歴が関係ない事です。

 

コミュ障の人は、学歴を気にする人もいて特に高卒の人は「高卒の俺が転職エージェントなんて使ったら馬鹿にされないか?」と心配する事もあるでしょう。

 

始めに言いますが、転職エージェントで学歴をバカにされる事はほとんどありません。

 

もし仮に馬鹿にされたら、その担当者とは相性が悪いという事なのですぐに変えると良いでしょう。

 

そしてDYM就職ほど学歴に左右されない所も珍しいので、もし学歴に自信がないなら使ってみると良いでしょう。

ジェイック
担当者の親切度
求人の多さ
求人の質
年収
口コミの良さ

公式ページはこちら

 

次は長い間、フリーターやニートの人を支援してきたジェイックというエージェントです。

 

ジェイックでは5万社以上の会社と契約していて、信頼と実績はかなりあるエージェントと言えるでしょう。

 

そして就職成功率は驚異の80%越えを誇っています。これは10人中8人がジェイックにいくと就職に成功するということです。

 

ニート歴が1年以上もあり、そこでハローワークで就職する場合80%どころか50%以下が就職に成功しないでしょう。それを考えるとかなり高いと言えます。

 

そして就職した後の定着率が90%。つまり10人中9人は就職した後もちゃんと働く事が出来ていると言う訳です。

 

本来フリーターやニート歴が長いと、長く働く事が出来ないという人が沢山います。それこそ2人に1人は続かないと言う事も良くある話です。

 

ですが、ジェイックなら90%以上。つまりほとんどの人が社会復帰できているという事なので、かなり優れている事になります。

 

ちなみになんでここまで定着率が高いの?と言われると、ジェイックで一番特徴のある営業ガレージという研修制度があるからです。

 

ジェイックではこの研修制度を10日間受けないと求人を紹介して貰えないというルールがあり、そこが一番のメリットでもありデメリットとも言えます。

 

たとえば研修制度ではビジネスマナーや面接対策など、転職に必要なことを学ぶことが出来ますが、途中で飛び込み営業で商品を売るという研修があり、それがきつくて辞めてしまう人もいます。

 

しかも研修制度の評判は「軍隊みたい」とか「宗教みたい」という人も多く、馴染めない人はどうしてもダメな場合が多いです。

 

ただ宗教みたいと言っても、それを乗り越えると多くの人は精神的に強くなります。たった10日間ですが、恐らく普通に働いたときの3年分くらいの修行にはなるくらいキツイという評判です。

 

ちなみに研修制度が終わった後も少し特殊で、普通のエージェントなら内定が貰えるまで求人を紹介してもらえますが、ジェイックでは希望の職種など色々本人に聞いて合っていると思った20社の求人しか紹介して貰えません。

 

ちょっと少ないかな?と思う人がいますが、逆にジェイックの訓練を受けた人なら20社もあれば大体は受かるという評判もあります。

 

ちなみに特に強い業界はメーカー、商社、IT、広告、アパレル業界などに強いのが特徴ともいえるでしょう。

 

ちなみに、訓練で営業をやるから営業職に絶対就かないとだめなの?と疑問に思いますが、全くそんな事もなく営業以外にも仕事は沢山あります。

 

確かに、いろんな人の話を聞いたところ、宗教みたいとか体育会系という悪い評判が目立ちますが、逆にいうと本気でフリーターを抜け出したい。

 

という人にはジェイックの職員たちが全力を出してあなたの転職を支援するという話も体験者から話を聞いたので、本気度が高ければ高いほど、使いやすいエージェントとも言えます。

 

それにジェイックはその研修制度のおかげで企業からの信頼度は高いです。やはりしっかり研修を乗り越えた人達なので、簡単に辞めることが少なく、企業からも高い評価を受けています。

 

だからブラック企業がほとんどなく、優良企業ばかり紹介する事の出来るエージェントなんです。

 

コミュ障の人は、自分の性格が嫌いと感じる人が多いでしょう。

 

特に嫌いな所は、人と上手く喋れないことや積極的に行動できないことです。

 

しかしジェイックで訓練を受ければ、多少人と喋る事も苦ではなくなりますし、積極的に行動する意欲もわいてきます。

 

もちろん、訓練を耐えれればの話です。

 

なので、本気でコミュ障な性格を治したいという人は、転職も一緒に性格も多少良くなるのでおススメ出来ますよ。

 

マイナビエージェント
担当者の親切度
求人の多さ
求人の質
年収
口コミの良さ

公式ページはこちら

 

マイナビはCMでも沢山みますし、ネット記事でもマイナビの記事が沢山あるので知ってる人も多いと思います。

 

マイナビの特徴としては第二新卒に強いという事です。

 

たとえば仕事を始めて辞めた人や、20代前半だったらマイナビエージェントの方が使いやすいですね。

 

また、マイナビエージェントは中小企業の求人が比較的多めで、大企業の求人はあまりないのも特徴でしょう。

 

実際に私が取材した人の中で多かった意見が「年収が少ない求人が多い」というのがかなり目立っていました。

 

逆に、「大企業なんて行く気はない!中小企業で活躍したい」という人には丁度いいエージェントでしょう。

 

また、マイナビエージェントは丁寧な対応をしてくれることで評判です。

 

リクルートエージェントは一番大きなエージェントですが、有名すぎて利用する人が多いため、「担当者が少し雑」という口コミが多いです。

 

ですが、マイナビエージェントは第二新卒をメインにサポートするため、求人数は少なくなりますがその分濃密なサポートをしてくれます。

 

実際に私が、取材した人たちも「求人数はリクルートより少ないけど、担当者が丁寧で使いやすかった」という意見が非常に多かったため、親切な対応をしてもらいたいという人にはおすすめです。

 

また、マイナビエージェントはとにかく求人メールが沢山くるため、ちょっとうざいと感じることがあるでしょう。

 

dodaも対応が良いですが、dodaとの違いは年収が高いかどうか?という点です。

 

dodaはマイナビと比べると年収が高い求人も多く、コミュ障の人からしたら「そんな年収の高くて責任のある仕事は嫌だ」と感じてしまうことがあるでしょう。

 

年収が高くなくて良いから、もっと精神的に楽な仕事がしたい場合は中小企業の求人が多いマイナビエージェントがおすすめです。

 

ワークポート
担当者の親切度
求人の多さ
求人の質
年収
口コミの良さ

公式ページはこちら

 

WEB系の求人に強いワークポートというエージェントです。

 

このエージェントはWEB系に強いという評判が多かったですが、個人的に思ったのがとにかくシンプルで早いのが特徴的です。

 

シンプルというのは実はワークポートに登録する時の記入欄は、なんと住所入力が必要なく、そして最終学歴や職務履歴書などの記入も一切ありません。

 

他のエージェントでは、あなたにピッタリ合っている求人を探すため、学歴や職務履歴などを細かく聞いて「入力が面倒だ!!」と思いますが、ワークポートではそんな入力も一切ないです。

 

そして求人数も意外と多いですが、質より量と言ったイメージが強くWEB系の求人以外はよく分からない会社の物が沢山あるので注意が必要でしょう。

 

そして担当の人やメールも事務的な人が多く「マニュアル通りにやる」と言った感じで人間味があまりないというイメージも強いでしょう。

 

しかし事務的にやるからこそ、スピーディーな転職が出来て「この求人どうです?」「あっそこ良いですね」「じゃあすぐ電話しますので」とこんなやり取りもあります。

 

コミュ障の人は、そもそも転職エージェントのシステムに不安を覚えてる人も多いでしょう。

 

コミュ障の人は、人と喋る事が苦手なため担当者と話をするシステムが怖い。そう思う人もいます。

 

だから親身に接してくれる人より、むしろ事務的に話してくれた方がやりやすいと思う人もいるでしょう。

 

そんな人にはワークポートがおすすめになります。