会社を辞めたい

会社を辞めるのが気まずいと思った時の究極の対策

 

会社を辞めるのが気まずいと思う人がいます。

 

確かに会社を辞めるのは非常に気まずいです。それこそ今までお世話になったと恩を感じてる人や、上司が嫌いで言いにくいと思う人もいるでしょう。

 

そこで今回は会社を辞めるのが気マズいと思った時の対処法を書いていきましょう。

 

勢いで言う

 

いきなり勢いで言ってもそれが出来ないから苦労をすると思うかもしれません。

 

しかし結局は、どこかで勇気を出して言わないと何も動かないでしょう。

 

どれだけ準備をしても、どれだけ退職のことを切り出す練習をしてもどこか勢いで行ってしまわないと何もできません。

 

なので、最終的には勢いで誤魔化してしまうというのが現実的な方法になるでしょう。

 

勢いで言うのは怖いかもしれませんが、意外なことにどんな人でも最初の一言さえ出てくればスラスラと言葉が出てくるものです。

 

最初に「すいません、少し話があるですが…」とだけ言ってしまえばあとはもうなんとでもなるでしょう。

 

朝一番に言う

 

気まずいと思った時は、朝一番に言ってしまうのが良いです。

 

朝一番だと上司も仕事がないため、特に忙しくないので話を聞いてもらえるでしょう。

 

仕事中に言うと、忙しいから後に…と言う風になる事が多いですが朝だったら何もやっていないため上司も話を聞くしかありません。

 

それに、朝だと他の人に話を聞かれなくても良いので言いやすいですよ。

 

そして、朝に言う時は上司がどれくらいの時間に来てるのか?上司は朝にどこにいるのか?なども考えると良いでしょう。

 

お昼休みに言う

 

朝に言うのが一番良いですが、朝に上司がいない事もあります。

 

上司にも仕事の都合があるので、どうしてもいないという場合はお昼休みに言うとベストになります。

 

お昼休みだったら、上司も仕事の手を休めているため話やすい状態にあるでしょう。

 

ただ、お昼休みの場合は他の人に話を聞かれていることが多いので、周りにバレたくないという人にはおすすめが出来ません。

 

一番言いやすい上司に相談してみる

 

気まずいというなら、まず一番仲のいい上司または一番話しやすい上司に相談をしてみると良いでしょう。

 

やはり気まずいと感じてるため、誰に話すのかが分からないという事もあるでしょう。

 

しかし気まずいと思ってもいつかは、言わないといけません。

 

なので、まずは誰でも良いので話しやすい上司に相談をしてみると良いでしょう。

 

たとえその上司が、権力を持っていなくても良いです。人事の話をしても全く意味がないという人でも良いです。

 

一応「エン転職」という転職サイトでは直属の上司に相談をすると言う事が書いてあります。

 

退職の話は直属の上司に申し出ます。先輩や同僚に相談したいという気持ちがあるかもしれませんが、上司は部下を管理する立場です。退職の話が先輩や同僚から伝わることで無用なトラブルに発展する可能性もあるでしょう。まずは上司に退職意向を伝え、了解を得てから先輩や同僚に話をする。こうした進め方だとトラブルも起こりにくいでしょう。

引用元:エン転職 

 

確かに直属の上司に相談するのが、一番トラブルがなさそうですがそれでも言いにくいという事実は変わりません。

 

まずは誰かに相談する事で、気まずいという感覚をなくすことが出来るため話す事から始めてみましょう。

 

辞める理由は転職先が決まったと嘘をつく

 

辞める時に困るのは「辞める理由はなにか?」ということです。

 

本来なら別に言う必要はないですが、それでも会社の人は絶対に聞いてくる内容です。

 

立派な理由があれば良いんですが、大半の人はそこまで立派な理由で辞めません。

 

  • 人間関係
  • 給料が安い
  • 残業が嫌
  • 仕事内容が嫌い

 

と本来はそう言った理由で辞める人が大半でしょう。

 

しかし「本当の理由をそのまま言うのは怖い。」そう思う人もいるでしょう。

 

そんな時は「やりたいことが出来た」とか「専門学校で学びたい」と言う風にやりたいことが出来たから今の仕事を辞めると言う風に伝えるのが良いでしょう。

 

やりたいことが出来たと言うと、誰も怒る事はありませんし「頑張れよ」と応援してくれる事も多いです。

 

私も辞める時に、残業が嫌で辞めたかったですがそのまま言うと怒られそうなので「介護がやりたいので辞めます」とそれっぽい事を言って辞めてきました。

 

実際は介護の仕事もやりませんし、専門学校にいく事はありませんがとりあえず怒られるのを回避したいためついた嘘です。

 

介護をやりたいと言うと周りから「頑張れよ」とか「大変だけどやる価値はある」と言ったお褒めの言葉を貰う事が出来ました。

 

この様に、辞める理由なんて適当で良いんですよ。別に嘘をついても何も困る事はないでしょうし。

 

ちなみに違うサイトで転職体験を記事にした人がいて、その人はこんな事を書いています。

 

僕が話した退職理由は「父親の体調が悪く、実家に帰らなくてはいけなくなった」です。
「何でそれでやめるの?」と上司に聞かれました。

僕は「実家は北海道(ワタミの勤務地は東京でした)で、母親が介護している状態です。
父が入退院を繰り返す状況で、母が精神的に参っています。
自分は長男なので、実家に帰ってきて、地元で働くように家族に言われています」

こんな感じに理由を話しました。

これ「嘘」です。
本当の部分は「実家が北海道」「長男である」くらいで「父親の体調が悪い」「入退院を繰り返している」という肝心な部分が嘘です。

引用元:脱正社員マニュアル

 

この人が書いたように、辞める理由なんて嘘でもいいです。

 

社会人になると本音と建前を上手く使って自分にダメージが来ない様にするのも大事ですよ。

 

関連記事:退職日まで休む人へ!会社の人はほとんど会う事はない

 

電話で辞めると伝える

 

ちょっとした荒業ですが、電話で辞めると伝えて辞めても良いです。

 

これはどうしても会いたくない時に使える技ですが、電話で社長か誰かに辞める事を伝えてみましょう。

 

もちろん電話で辞めるのもデメリットがあります。たとえば「辞めるなら会社に来て言え」と言う風になる事もありえますし、電話で辞めると伝えても話を聞いてもらえないかもしれません。

 

ですが、ちゃんと聞いてくれる場合もあるので可能性として賭けてみるのもありでしょう。

 

退職が決まったら有給休暇を使おう

 

もし退職が決まったら、全ての有給休暇を使って会社に来ない様にする事も出来ます。

 

普段から有給休暇を取らせないようにする会社も辞める人だったらあっさり認めることが多いため、せっかくなので有給休暇を貰いましょう。

 

有給休暇を使って、社会人の夏休みを楽しむのも良いですが、出来るなら転職活動をしておいた方が良いでしょう。

 

転職活動をした方が、次の仕事も決まりやすいですし後から焦って仕事を探し、ブラック企業に行く事を避けられるのでおすすめですよ。

 

 

どうせ辞めるから後は関係ない

 

気まずいと思ってる人は「どうせ辞めるから関係ない」この気持ちを忘れないで下さい。

 

確かに会社に恩とか義理などがあるかもしれませんが、その会社を辞めるとあとは何も関係なくなります。

 

私は会社を辞めた後に、会社の人に仕事上で会うのかな?とかプライベートで会うのかな?と思っていましたが、そんな事は全然ありませんでした。

 

辞めてから1度だけコンビニで上司と会いましたが、会っても「仕事は決まったか?」くらいの事しか聞かれませんでした。

 

あなたが思う以上に、辞めた後って会社の人に会いません。しかも連絡先を交換しても誰も連絡をくれないため、辞めた後は無関係。そう思っても全然良いでしょう。

 

なので、酷い辞め方をしても強引に辞めても何も問題はありません。だって辞めた後は赤の他人になりますから。

 

皆適当に辞めている

 

よく、ちゃんとした辞め方じゃないとダメ。そう思ってる人が多いですが世の中の人はかなり適当に仕事を辞めています。

 

私の前の職場なんて、入社1日目に昼に勝手に帰ってそのまま無言で辞めた人もいました。

 

それに、無断欠勤が多くなってそのまま、無言で仕事を辞める人を何人も見てきましたよ。

 

しかも昼に会社で出る弁当を盗んで、それがバレてクビになった人もいます。

 

私の前いた職場は、私以外の人は適当に辞めています。それこそ無言で辞める人しかいなかったです。

 

この様に、辞める時なんて多くの人が適当に辞めていることが多いです。

 

だからと言ってあなたもてきとうに辞めろなんて言いませんが、もう少し軽い気持ちで考えてみた方が上手くいきますよ。

 

 

円満退職なんて必要ない

 

よく円満退職をしろ。そう言う風にネットで書いてありますがそんなものは必要ありません。

 

理由としては、まず辞めた後はもう関わらないからこちらは関係ないということです。

 

関係ないと書くと無責任に聞こえますが、どんな風に辞めても別に次の会社に影響はありませんし、辞めた理由なんて嘘をつけば良いんです。

 

それに、会社としても辞める人間にそこまで付き合う事は出来ないため、辞めると言われたらもう何も言う事が出来ません。

 

それに円満退職をしても適当に辞めても大して何も変わらないでしょう。

 

先ほど言ったようにどんな辞め方をしても、結局自主退職扱いになるため次に面接をする時は円満退職をしても相手からしたら自主退職をした人間にしかなりません。

 

なので、円満退職なんてしなくも良いでしょう。

 

だから気まずいと思っても強引に辞めてしまえばそれで充分です。