会社を辞めたい

退職まで休む時に絶対にやっておきたい4つの心構え

 

退職が決まった時には、まだ出勤が残ってると思います。

 

大体の会社は仕事の引き継ぎで1か月~2か月程度まで辞める事は出来ないですが、ぶっちゃけ言うと退職日まで休んでしまいたいですよね?

 

そこで今回は退職日まで休む時のコツを書いていきましょう。

 

退職日まで休む時の心構え

 

最初に必要なのは心構え、つまりメンタル面です。

 

結局「気まずいから休めない「申し訳ないから休めない」と思っている人が多いためメンタル面は非常に大事な事と言えるでしょう。

 

二度と会わないと思っておく

 

会社を辞めた後に上司に会うのが怖いと思う人がいます。確かに仕事で上司に会ったりプライベートで上司に会った時はきまずくなるでしょう。

 

しかし、一度辞めた会社の人間はほとんど会う事はない。そう言って良いでしょう。

 

私が会社を辞めた後は、会社の人間にほとんど会う事はありませんでした。

 

仕事上でも全く関わることはないですし、プライベートで1回だけ上司に会った事がありますが

 

「仕事は決まったか?」

「はい…おかげさまで」

 

とこの程度の会話しかしませんでした。しかも上司はこちらを責める様子もなくまるで興味がないような感じの話し方だった為、辞めた後の人の事はほとんど眼中にないと思っています。

 

それ以来その上司とは会っていませんし、前の会社の人とはもう関りがあいません。

 

関りがなさすぎて、前の会社の人の名前を半分くらい忘れるほどです(笑)

 

なので「辞めた後に会ってしまうのではないか?」と思う人は安心して下さい。

 

ほとんど会うことはありませんし、会ったとしてもほとんど会話はありませんから。

 

転職には不利にならない

 

よく、問題を起こして辞めると転職が不利になると聞きます。

 

たとえば、退職日までの期間に耐えらなくて無理やり辞めるとか、有給休暇を取得しようとして上司と喧嘩をしたとか、何かしらのトラブルで辞めることです。

 

こういった問題を起こすと「転職の時に不利?」と聞かれれば全くそんな事もありません。

 

というのも、どんな辞め方をしても結局自主退職扱いになるため、前の会社でどんな辞め方をしようと関係ありません。

 

なぜなら、次に面接に行く会社はあなたがどんなふうに辞めたかを全く知らないので。

 

たとえ喧嘩をして辞めたとしても、面接の時に「残業時間が長くて辞めました」と嘘をつけば会社も何も疑う事が出来ないでしょう。

 

なので、退職が決まった時に有給休暇を取得して辞めても全く問題ないですよ。

 

どうせ辞めると思うのが大事

 

心構えで一番大事なのは、「どうせ辞めるから大丈夫」と思う事です。

 

先ほども言ったように、辞めたとしても上司とほとんど会う事はないですし、転職で不利になりません。

 

辞める時に上司と大喧嘩をして辞めても、前の会社は事情を知らないため何も問題はないでしょう。

 

だから、退職が決まった時に有給を取得しようと、仮病で休んでもどうせ辞めるから大丈夫と思う事が大事です。

 

本当に嫌いな会社で我慢しても体に良くないため、多少強引な事をした方が良いですよ。

 

会社は訴えることはない

 

次に心配なのが「会社が訴えるのでないか?」ということです。

 

時々聞きますが、有給を取得しようとしたら訴えるぞと脅されたとか、会社を休んだら訴えるぞと脅されたとかそんな社会人としてありない事を聞きます。

 

この様に訴えられる可能性があるため、有給も取得できないと思いますが会社はまず訴えることはないと思っていいです。

 

会社の訴えるぞというのは本当にただの脅しで、無理やり言う事を聞かせるための言葉だと思っていいです。

 

そもそも会社が有給を取得するかしないか?で裁判を起こしても何も得がありません。

 

裁判には時間もお金もかかるため、忙しい会社だったらなおさら意味がないでしょう。

 

なので、訴えられることはないですし、ただの脅しと思って良いでしょう。

 

ちなみに、似たようなことで悩んでる人もいてたとえば弁護士ドットコムと言うサイトに

 

社長に、「引っ越しがあるので、10月後半を有給消化できるのであれば10月半ばまではいられる」との話をしましたが、
「有給って休むことでしょ、働いてもらわないと困る、誰もいなくなったら子供たちが困るでしょ、後任すら来てない段階で、いつまでいてもらうかは約束できない、言った言わないの話になるから」と
子供たちを脅しに使い、期日がはっきりとした回答をもらえませんでした。

8月初めに聞いたときにも同じような回答で、期日がせまっているのに、そんな曖昧な回答だったので、歩み寄る気持ちすら無くなり本当に9月いっぱいで辞めるつもりです。私が病欠や倒れたときには、なんとかする手立てはあるとも言っていたので、いないなりになんとか出来るのではと思います。

現場作業の引き継ぎはゼロに等しいぐらい出来ないですが、流れや事務作業のことでノートに残せることは残してそれを私なりの引き継ぎとしたい、と考えています。

以上の行動に対して、万が一私が訴えられることはないでしょうか?

引用元:弁護士ドットコム

 

長いので簡潔に説明すると

 

引っ越しがあるので退職の時に有給が欲しい

後任がいないから休まれると困る

自分なりに仕事の引継ぎはやるから有給が欲しい

これで強引に有給を取ったら訴えられる?

 

ということです。

 

これに対しての弁護士の非常にシンプルな回答がこちら

 

> 以上の行動に対して、万が一私が訴えられることはないでしょうか?

訴えられても敗訴することはありません。

引用元:弁護士ドットコム

 

そもそも会社は脅す程度に「訴えるぞ」とは言いますが、実際に訴えられても弁護士が勝てると言っていますし、会社も訴えるほどお金に余裕があるわけではないでしょう。

 

退職日まで休む時の方法

 

有給休暇をとる

 

まず定番なのが有給休暇です。

 

普段は有給を使わせてもらえない会社が多いですが、辞める時になったら無理やりにでも取得した方が良いでしょう。

 

会社側も普段なら許さないですが「辞める人だったら良いか。」と思う所も多く有給を申請したらあっさりと取得できる可能性も高いですよ。

 

体調不良で休む

 

仮病を使う事になりますが、これも1つの方法です。

 

まあ会社を辞めることが決定した時に体調不良というのは、流石に仮病を疑われますがこれもどうせ辞めるためあまり関係ありません。

 

有給が取得できないなら、仮病を使って休んでみるのもおススメですよ。

 

上司に相談してみる

 

そこまで悪い会社じゃないなら、上司に一度「退職日まで休んで良いですか?」と相談してみるのも良いでしょう。

 

これも普段なら絶対にできないことですが、辞める人間だったら許してもらえることが多いです。

 

また、上司に相談すると仕事の引継ぎなどをお願いされる事があったり、どうせ最後だからと言っていつもより多めに働かされることもあるため使い所には注意が必要です。

 

転職活動をするから休むと伝える

 

個人的に一番いい方法なのが、転職活動を理由に休むことです。

 

転職活動と言えば、会社も無理に止めることが出来ません。

 

やはり転職というのは人生で需要な事になります。しかも辞める事が決定してる人に無理やり仕事をさせるのもおかしい話です。

 

もちろんこれは嘘でもいいです。本当は辞めてからゆっくり転職したい人でも、退職日まで行きたくないなら嘘でも良いので、「転職活動をするから休みます。」そう伝えてみましょう。

 

休んだ時にやって欲しい事

 

転職活動

 

無事に仕事を休めてウハウハになってる気持ちも分かりますし、ゆっくりしたかもしれません。

 

しかし休める時こそ転職活動をした方が良いですよ。

 

というのも、仕事を辞めた後って想像以上に早く時間が過ぎます。

 

仕事をしないで毎日好きな事が出来る様になると楽しいです。そして楽しい時間というのはあっという間に過ぎていきますよ。

 

仕事をしてないと1週間なんてすぐに終わりますし、気づいたら2か月経った。なんて普通に起こります。

 

そして焦ってしまい、前よりブラック企業に入社する事もあるため早めの行動を心掛けるようにしてみましょう。

 

貯金があるか確認

 

辞める前に貯金があるかどうかだけの確認をして下さい。

 

というのも転職活動って意外とお金もかかります。

 

たとえば、電車を使わないといけない場合は交通費が。

 

それに履歴書用の写真を撮る為のお金が。

 

そして一番痛いのは毎月のスマホ代。

 

この3つのせいで、何もしなくてもお金が減りますし、転職活動が長くなってもお金がかかります。

 

実家暮らしだったら、最悪親が交通費などを払ってくれると思いますが、1人暮らしの場合は特にお金に注意しましょう。

 

最悪の場合実家に帰る事も考えないといけません。

 

 

焦らないという心構え

 

退職をした後の転職活動で一番大事なのは、焦らないようにすることです。

 

先ほども言ったように、仕事を辞めてからの想像以上の時間の早さとお金が予想以上に減っていく怖さがあるのが、無職の状態です。

 

そして転職活動で焦ると、面接でもプレッシャーのせいで上手くいきませんし、最悪の場合「どこでも良いから内定を貰わないと」と思って前より待遇が酷い会社に行くこともあります。

 

しかし転職というのは前の会社より待遇が良い所に行きたいためやることです。

 

前より酷い会社に行ったら意味がありません。

 

だからとにかく焦らない様にしないと言い転職が出来ませんよ。

 

転職をするなら平日ならハローワークが空いていますし、外に出たくないならリクナビNEXTという転職サイトに登録して求人をみるだけも良いでしょう。

リクナビNEXTはこちら

 

本当にホワイト企業に行きたいなら転職エージェントというのを使えば転職のプロが、あなたの転職を完全無料で支援してくれます。

 

ちなみに転職エージェントは信頼性のある所はリクルートエージェントがおすすめですよ。

 

リクルートエージェントはこちら