人間関係

メンタルが弱い男性が仕事を上手く乗り越えるための劇的な対策

 

メンタルが弱い男性は、日々仕事で疲れ果てています。

 

  • 人間関係
  • 残業時間
  • 突然くるうつ症状

 

などなど、見た目で分からないため周りの人は気づきませんが、実は毎日疲れてています。

 

そこで今回はメンタルが弱い男性のために、精神的に疲れる時の対策を書いていきましょう。

 

人間関係の対策

 

嫌な上司とは出来れだけ関わらない

 

関わらないというのは難しいかもしれませんが、ようは上司と一緒にいる時間を少しでも短くしてみようという事です。

 

結局関わらない、気にしない事が一番良い方法なので、出来るだけ上司といる時間を減らしてみましょう。

 

たとえば、仕事の報告は出来るだけまとめてやってみる、仕事は違う上司に報告してみるなど実は会話の時間を短くする方法はいくらでも出来ます。

 

完全に関わらないというのは難しいですが、それでも出来るだけ関わる時間を減らしてみましょう。

 

嫌な上司とあえて仲良くなってみる

 

ちょっと怖い方法ですが、苦手な上司とあえて仲良くなって見ると言う方法があります。

 

というのも、人間というのは結局好き嫌いで判断する事が多いです。

 

仕事でも営業成績など分かりやすい実績があるなら仕事の評価はしやすいですが、事務仕事など実績が分かりにくいものは評価がしにくいでしょう。

 

だから、上司も仕事の成績ではなく好き嫌いで判断する事が多く、不公平なようにみえてしまいます。

 

ですが、その好き嫌いを逆に利用してみると人間関係の悩みは減る場合があります。

 

たとえば、上司と共通の趣味をもって話しかけてみるのも良いでしょう。

 

上司が釣りが好きなら、実際に釣りをやってみて上司に釣りのコツなどを聞いて話を広げてみると好感度は上がりやすいです。

 

嫌な上司と仲良くするために頑張るというのも変ですが、出世しやすい人と言うのは目上の人と出来るだけ共通の話題を増やして、上司の好感度を上げてる人が多いです。

 

たとえば、ゴルフなんかはその典型的な例ですね。ゴルフはビジネスマンに大人気の趣味で、社長もゴルフをやってる人が多く、ゴルフが趣味だと目上の人と話しやすいです。

 

本当は、転職したり逃げるのが一番良いですが、どうしても逃げれない理由がある人はおすすめですよ。

 

どうしても辛い時は部署異動をしてみる

 

辛い時は逃げてしまうのが一番良いです。

 

特にメンタルの弱い人は、我慢するとうつ病になる確率が高いためとにかく逃げてしまうのが良いでしょう。

 

「逃げる事はダメな人がやる事」と日本人は多く思っていますが、私はそんな事はないと思っています。

 

そもそも日本では、働ける体があれば不自由なく生きていけます。

 

働くのだってコンビニバイトをすればまず餓死する事はありません。別に正社員じゃなくても派遣社員で働くと言う手段もあります。

 

だけど、我慢してうつ病になりそのまま自殺してしまったら人生はそれで終わりです。

 

自殺じゃなくてもうつ病になると働く事が怖くなり、下手をすれば一生働けない体になる事も考えられます。

 

ですがやり直しが出来れば、割と人生なんとかなります。なので部署異動と言う逃げる手段を使ってみましょう。

 

職場に逃げる場所をみつけてみよう

 

何度も言うようですが、とにかく逃げる事は大切です。

 

それは職場内も同じで、本当に落ち込んだ時に1人で入れるような場所を職場内でみつけることが大事になります。

 

たとえば、トイレなんかは基本的に人がいないので逃げる場所には最適な場所になります。

 

私も辛い時はよくトイレで落ち込んでいます。

 

トイレの個室というのは誰も入ってこない無敵な空間なので、1人でいたい時泣きたい時にはおすすめの場所になりますよ。

 

カラオケで上司の嫌なところを叫ぶ

 

ストレス発散をする事はメンタルが弱い人にとって、重要な事になるでしょう。

 

そこで、シンプルで一番効果のあるストレス発散法がカラオケで叫ぶという事です。

 

本来叫ぶという行為は、普通の生活では出来ません。家で叫ぶと近所迷惑ですし職場で叫ぶと変人扱いされるでしょう。

 

ですが、カラオケだったらどれだけ大声で叫んでも何も問題はないでしょう。

 

大声で叫ぶというのは、お腹の中にある不満やイライラを全て吐き出す事が出来るため、カラオケで嫌な上司の悪口を思いっきり叫んでみましょう。

 

悪口じゃなくても、思いっきり叫ぶだけでも良いです。そうするとお腹の奥底がすっきりした感覚になるので。

 

職場内で仲間を作る

 

結局人間と言うのは1人で生きていくのは難しいです。特にメンタルの弱い人は孤立しがちですが、1人で悩みを抱えていると精神的に辛い事が多いです。

 

そこでおすすめなのが、職場内で愚痴を言える仲間を作る事です。

 

と言うのもあなたが苦手な上司というのは、他の人も苦手な可能性が高いです。

 

結局どの職場も嫌われやすい人は一緒な事が多いです。なのでかなりの確率であなたが苦手な上司は他の人も苦手意識が高いです。

 

なので、そういった人たちと仲良くなり愚痴を言い合えるような関係を作ってみるのが良いでしょう。

 

「愚痴を言うのってダメなことじゃない?」と思うかもしれませんが、愚痴を言わないとストレスがただ溜まるだけです。

 

それに愚痴がない人なんていません。どんな人にも職場内で嫌な事は1つはあるでしょう。

 

たとえば、サラリーマンにとって朝の通勤ラッシュと言うのは非常にストレスが溜まることです。

 

しかしサラリーマンの人たちは朝の通勤ラッシュをするしか会社に行く方法がないため、様々な方法でストレスを回避しています。

 

心理学博士の書いた「ストレスの整理が上手い人、下手な人」という本にこんな事が書いてあります。

 

どうせ逃げられないのなら、せめて立ちっぱなしの電車の中でストレスを感じないように過ごすと考えます。

週刊誌や文庫本を読む。窓の外を眺めて頭を休ませる。社内広告で世の中のトレンドを観察する。時間帯をずらして出来るだけ空いてる電車に乗る。

方法はさまざまですが、誰でも自分に合ったやり方で通勤のストレスを小さくしているものです。

引用元:ストレスの整理が上手い人、下手な人

 

この様に、ストレスが溜まっていない様に見える人は、ストレスを回避したり発散したりするものです。

 

だから職場内で愚痴を言うのは、ストレスを発散させるために非常に有効な方法になるのです。

 

なので、愚痴を言い合える仲間を沢山作りましょう。そうすると精神的にも安定するので。

 

愚痴を言える友人を作る

 

職場内にも愚痴を言える仲間が必要ですが、職場外の友人にも愚痴が言える人が必要になります。

 

確かに愚痴なら職場内で良いかもしれませんが、友人に愚痴を言うのはまた違います。

 

友人だと、職場内では絶対に言えない本当の本音を言う事が出来るし、友人だったら基本的にこちらの味方なので否定される事もないでしょう。

 

もし、愚痴を言える友人がいないならネットで作っても問題ないです。

 

メンタルが弱い人は、そこまで社交的ではないためセミナーに言ったり、交流会に行ったりなどそこまでの事は難しいでしょう。

 

だったら、TwitterなどのSNSで愚痴を言い合える仲間を作っても良いです。大事なのはあなたの精神が安定する居場所をみつけることなので。

 

残業時間の対策

 

仕事をサボる技をみにつける

 

残業時間というのは自分ではどうする事も出来ない事が多いです。

 

たとえば、会社が「20時まで残業してね」と言われたら仕事がなくても残業をしないといけません。

 

それに、メンタルが弱い人は上司が残っているのに自分だけ帰るなんて度胸がいる事は難しいでしょう。

 

だったら少しでも仕事をサボって出来るだけ体力を消耗しない方が良いですね。

 

残業が多い会社というのは、管理が出来ていない事が多く多少仕事をサボっても大してバレません。

 

それに、1日10時間以上の労働があるなら、どこかでサボる事を覚えないと体力が絶対にもちません。

 

なので、仕事をとにかくサボる。たとえば1時間に1回トイレにいって個室でサボってみるのもいい方法でしょう。

 

仕事をわざと遅くやる

 

あまり早く仕事をやると上司が仕事をドンドン回してくる恐れがあります。

 

残業が多い会社でずっとフルパワーで働くと、確実に疲れてしまうため仕事のやり過ぎは絶対にダメです。

 

普通だったら、はやく仕事を終わらせて帰ることや上司に「帰ります」と怖くても意見を言うのが普通の意見です。

 

ですが、メンタルの弱い人はそこまで要領がよくなかったり、上司に意見を言う度胸がない人が多いためあまり使えない方法です。

 

だから、とにかく毎日を乗り切るように調整しましょう。仕事をいつもの半分くらいのペースに落として長い残業時間を耐えれるようにした方がうまく仕事が出来ますよ。

 

残業時間は部署異動で解決出来る

 

残業時間というのも部署異動で解決できます。

 

人間関係も部署異動で何とか出来ますが、実は残業時間も部署異動だけで良い場合があるでしょう。

 

会社で複数の部署があると、残業で帰れるところといつも終電ギリギリまで残業する部署が分かれています。

 

私の場合は、1つは毎日夜の8時まで残業する部署。もう1つは毎日定時の5時30分で帰れる部署が分かれていました。

 

このように同じ会社でも3時間以上も働く時間に差があります。

 

なので、ダメもとで部署異動をお願いしてみるのも良いでしょう。

 

上手くいけば、転職をしないで残業時間を減らすことが出来るので。

 

睡眠の質を高めてみよう

 

メンタルが弱い人は睡眠の質が悪い事があります。

 

多くの人は、適当な布団や適当な枕で睡眠をしますが、それだと眠れない事もあります。

 

20代の人でもてきとうな寝具を使っていると上手く眠る事が出来ずに睡眠不足になる事があります。

 

睡眠不足になると、疲れがたまりやすいですし、精神的に弱ってしまうため実は睡眠と言うのは非常に大事です。

 

それに毎日残業が続くと寝る時間も遅くなるはずです。それこそ日付が変わるまで残業する人なんてほとんどの時間眠れないkotodattearudesyoう。

 

簡単な対策としては、寝る前にストレッチをして眠りやすくするとか、先ほど言ったように枕などの寝具をオーダーメイドにすると言う方法もあります。

 

ちなみに意外といい方法がアロマなどで、癒されながら眠るのも睡眠の質を高める事が出来るでしょう。

 

残業は普通じゃないと思おう

 

残業が多いのは日本では普通と思いますが、残業は普通の事ではないです。

 

日本でも残業が全くない会社は沢山ありますし、海外なんて残業をするのは能力がない人がやることとまで言われています。

 

そもそも残業というのは、仕事が定時で終わらないためにやる緊急対策で、日常のようにやるというのはかなりおかしいはずです。

 

なので、残業は減らせると思ってください。もちろん職種によってはどうしようもない事がありますが、残業がない仕事なんて沢山あります。

 

落ち込む時の対策

 

趣味を沢山みつける

 

メンタルが弱い人にとって、趣味をみつけると言うのは非常に大切な事です。

 

趣味があるだけで、仕事にメリハリが出てきますし生きる気力もわいてきます。

 

私の友人は、仕事も上司も残業も全て嫌いですが、アイドルの追っかけと言う趣味のお陰で仕事が5年以上続いています。

 

この様にたった1つの趣味のお陰で、何とか仕事を続ける事が出来ているので趣味の力というのは非常に偉大でしょう。

 

なので、あなたも生きがいになるような趣味を沢山見つけて下さい。

 

ちなみに、趣味は将来に何も役に立たなくても世間一般から嫌われてることでもどんなことでもまずはやってみて下さい。

 

ネットで「趣味 おすすめ」と検索して気になる事を全部やってみて下さい。

 

それで何かにハマれば、凄い簡単に仕事を続ける事が出来るので。

 

ちなみに一番やってはいけないのは、言うのが恥ずかしいと思ってその趣味をやらないことです。

 

たとえばゲームは、世間的には子供がやる趣味と言われる事が多く、ゲームをやってる大人はダサいと思われることがあります。

 

しかしゲームをやるのだって立派な趣味です。ですがメンタルが弱い人は世間体で趣味を選ぶこともあるため、世間体がどれだけ悪くても自分の好きな事は思いっきり楽しんだ方が良いでしょう。

 

暗い音楽を聴く

 

落ち込んだ時は明るい曲を聴く人が多いですが、私は逆に暗い曲をおすすめします。

 

私の性格の問題ですが、落ち込んだ時に明るい曲を聴くとさらに落ち込んでしまいます。というか耳に全く入ってきません。

 

ですが、ホラーゲームやこの世の終わりみたいな暗い曲を聴くとちょっとだけですが、元気が出てくるんですよ。

 

なので、あなたも落ち込んだ時は逆に暗い曲を聴いてみて下さい。

 

暗い曲は「暗い曲」とYouTubeで検索すれば沢山出てくるので。

 

とにかく寝る

 

本当に限界まで落ち込むと、何もやる気が出てきません。

 

そんな時は何もしないでとにかく寝てみるので良いでしょう。

 

寝るというのは、精神的にも肉体的にも回復させる手段として非常に優秀な役割をもっています。

 

ただ、メンタルが弱い人は休日に寝すぎると「なんで俺はこんな無駄な休日を過ごしたんだ」と落ち込んでしまうことがあるでしょう。

 

しかし、それを気にしてはいけません。休日でも平日でもとにかく寝て回復するまで待つのが一番ですよ。

 

ストレッチをする

 

落ち込んだ時は運動をすると気分が晴れますが、メンタルが弱い人は落ち込んだ時に運動するほど元気がないため、ストレッチがおすすめです。

 

ストレッチだったら、YouTubeを見ながらする事が出来ますし、ストレッチって真剣に10分やるだけでもちょっと息が切れますし汗をかきます。

 

しかも今からでも出来るため、かなりお手軽な運動になります。

 

散歩をする

 

もし落ち込んだ時に気力が残っているなら、散歩をしてみることをおすすめします。

 

散歩はランニングのように専用のシューズも服もいりません。

 

なんなら、今から外に出てやる事が出来る運動です。

 

ちょっとだけ外に出て、散歩をするだけでも気分は変わりますよ。

 

護身術を学んでみる

 

精神的に強くするために、護身術を学ぶ人が実は多いです。

 

心が強い子供に育ってほしい時は、柔道や空手を学ばせるというのが昔からの教育方法にあるので、精神的に強くなりたいならおススメの方法です。

 

護身術を学ぶと、まず肉体的にかなり強くなります。

 

護身術は力の入れ方さえわかれば、そこまで筋肉ムキムキでなくても使えますが、やってく間に自然と肉体は鍛えられていきます。

 

そして、肉体的に強くなると今度は自分に自信がつきます。

 

人間というのは不思議で、体を鍛える程自分に自信がつく人が多く、護身術をやるだけでも心構えは全然変わるでしょう。

 

もちろん強制するつもりはありませんが、もし根本的に心を強くしたいならおすすめです。

 

ブログを書いてみる

 

落ち込んだ時は、それを文章にすると気持ちを吐き出す事が出来て客観的な視点でみれるため気持ちの整理がつきやすいです。

 

そこでおすすめの方法がブログです。

 

ブログはスマホから書く事が出来て、無料で手軽に使う事が出来ます。

 

一度騙されてと思って、ブログで自分の気持ちを書き殴ってみて下さい。

 

それだけでも十分、気持ちが楽になるので。ちなみにブログははてなブログが一番使いやすいですよ。

 

突然死にたくなる時の対策

 

手書きで日記を書く

 

先ほどのブログと同じで、気持ちの整理をつけるものです。

 

手書きとブログの違いは、手書きの方がより自分の気持ちを出すことが出来ます。

 

ブログの場合、デジタルなので文字に特徴がありませんが、手書きと言うのは自分の字で書くため特徴があり、その時の自分の心境がより出せるようになるでしょう。

 

たとえば、怒りながら書いたら文字が濃くなりますし、本気で落ち込んでる時に書いたら文字が弱弱しくなります。

 

まずノートなどで書いて気持ちを吐き出す。そして3日後くらいにもう1度みてみましょう。

 

そうすると「自分はこういった事で落ち込みやすいのか」と言う事が客観的にわかって対策を立てやすいので。

 

サプリメントを飲む

 

死にたくなるくらい辛いなら、病院に行った方が良いですが病院には行きたくないと思う人も多いです。

 

そこでおすすめなのが、サプリメントを飲む事です。サプリだったら薬局でも売っていますし売ってない場合はネットで買う事が出来ます。

 

サプリを飲んで死にたくなる気持ちが治るというのは難しいですが、それでも気分が楽になると言う事はあります。

 

心療内科に行く

 

本当に辛い時は、素直に心療内科などの病院に行った方が良いです。

 

心療内科だったら話を聞いてくれますし、薬を貰って精神的に安定する事が出来るでしょう。

 

行きたくない気持ちは分かります。それは心療内科に行くのは恥ずかしいですし、先生が信用できるのか?と疑問に思う事があるでしょう。

 

ですが、心の病気は心の専門家に相談する方が、良いアトバイスを貰えますよ。

 

関連記事:メンタル弱くて仕事できないと感じた時に今すぐやりたい対策法

電車で遠い所にいってみる

 

死にたくなるという事は、本当に精神的に限界がきています。

 

それこそ、きっかけがあれば自殺する事だってありえるでしょう。

 

そんな時は1人旅をしてみるのがおすすめです。

 

特にローカル線などで自然が多い所にいって癒されるのは非常にいいですよ。

 

自然豊かな山や川、場所によっては海に行く事が出来るので、仕事の事は忘れてトコトン忘れて癒されにいきましょう。

 

関連記事:メンタルが弱い人向いている仕事を探すための簡単な手順

まとめ

 

メンタルが弱い人は、とにかくストレスを少しずつ発散させることを心掛けて下さい。

 

メンタルが弱い人は、我慢強いこともあり限界まで我慢して何か異常が起きたらやっと行動するくらい我慢強いです。

 

ですが、ストレスというのは溜めれば溜めるほど吐き出すことが難しくなります。

 

しかもメンタルが弱い人は、精神の限界になると趣味すらも楽しめなくなるため、ストレスの発散が上手くいかないです。

 

なので、ここに書いてあることを1つでも良いので実践して、ストレスを発散して下さい。

 

もちろん合わないなら他の事をして気分を紛らわせても良いです。

 

大事なのは「現実逃避」を上手くすることです。嫌な事があっても逃げる為の場所を作って仕事をすると、落ち込みにくくなりますよ。

 

関連記事:【保存版】内向型人間におすすめの転職エージェント6選

関連記事:メンタル弱い男の今すぐ参考になる仕事の選び方