内向型人間

内向型人間は仕事をやり過ぎると疲れやすいので残業はしない方が良い

 

残業は日本の会社で当たり前の様にある事です。

 

残業をする事で仕事の遅れを取り戻そうとしていますが、内向型人間は仕事をやり過ぎると精神的に疲れて仕事が続かない可能性があります。

 

なので、出来るなら残業をしない方が良いです。

 

内向型人間は刺激に弱い

 

内向型人間というのは誰よりも繊細で、ちょっとしたことで傷つくのが特徴です。

 

たとえば、普通の人が耐えられる刺激でも内向型人間は敏感に反応してしまいます。

 

お祭りやアイドルのLIVEなど、多くの人が好きな行事ですが内向型人間にとってはそういった刺激が多い事はあまり好きではありません。

 

そして会社というのは、刺激の塊のような場所です。

 

威圧的な上司は、いるだけで内向型人間を怖がらせてしまう存在ですし、仕事の話をされるだけで内向型人間にとってはあまりにも強い刺激でしょう。

 

そんな刺激が多すぎる会社で残業をすると言う事は、精神的に疲れ果てさせるようなものになります。

 

内向型人間について書いた本「内向型を強みにする」という本でも

 

内向型の人は、多くの場合、自分でもその理由に気づかずに、過剰な刺激を受けないよう外からのインプットを制限している。

引用元:内向型を強みにする

 

この様に無意識で刺激を避けようとしているのに、わざわざ自分から刺激の多い場所に行く事はありません。

 

だから、残業をして刺激が多い会社に長くいてはいけないです。

 

内向型人間は仕事が好きではない

 

多くの人は、会社で大きな成果を上げようと努力します。

 

出世をして地位を手に入れたい人、会社内で利益を上げてお金を手に入れたい人、偉くなって楽をしたい人など、とにかく成果を上げようと努力しようとする人がいます。

 

ですが、内向型人間は仕事があまり好きではありません。

 

内向型人間にとって、仕事はお金を貰って生活をする手段であり仕事で成果を上げようとは全く考えていません。

 

それどころか、出世をする事を怖がり出世をしたら「転職をするか断ろう」と考える人もいます。

 

内向型人間は毎日変わらない日常を好む事が多く、毎日同じような事をしたいとも思っています。

 

そこまで仕事が好きではない内向型人間なので、残業をしてもただ疲れるだけです。

 

しかも下手に頑張って上司に評価されると、出世をする危険があるため真面目に残業をするのはあまり良くない事でしょう。

 

内向型人間は頼まれた仕事を断れない

 

内向型人間は上司から言われたことに逆らえず、ついつい仕事を引き受けてしまいます。

 

それこそ自分の仕事で精一杯なのに、無理に仕事を引き受けてしまうことがあるでしょう。

 

そのため断れないせいでドンドン自分の仕事が多くなり、残業も増えていきます。

 

しかし内向型人間にとって、会社は刺激の塊のため長くいればいるほど、疲れてしまうという悪循環にもなってしまいます。

 

内向型人間は充電が必要

 

内向型人間は、どこかで充電時間が必要です。

 

たとえば、自分の好きな趣味をするなど1日のどこかに充電する時間が必要になります。

 

充電をしないと、明日の仕事に影響が出て、仕事が遅くなったり精神的に不安体になる事もあります。

 

ですが、残業が長いと充電が出来ません。

 

たとえば、残業が長いと趣味をする時間もなくなり充電をする時間もなくなっていくでしょう。

 

残業をする⇒充電が出来ない⇒精神的に辛くなるという悪循環になるため、残業が長いと仕事が続かないでしょう。

 

内向型人間は1人が好き

 

内向型人間は1人でいる時間を大切にします。

 

それこそ、友人と遊ぶより1人で何かをする方が楽しいと感じる人も多く、内向型人間にとって1人でいる事は非常に大事な事になるでしょう。

 

しかし残業時間が長いと、会社にいる時間が長くなるため1人でいる時間が短くなります。

 

しかも刺激が強い会社に長い時間いると、精神的に疲れて働く気力が無くなる原因にもなるでしょう。

 

残業を減らすには?

 

部署異動をする

 

会社というのは、1つの部署が違うだけで全てが変わります。

 

同じ会社でも部署が違うだけで違う仕事をする事になりますし、残業時間を減らす事も簡単に出来ます。

 

実際私の前いた職場は、毎日8時まで働く部署と、毎日定時で帰れる部署の2つがありました。

 

部署異動をするのは勇気がいりますが転職をするよりかは、簡単でしかもリスクが少なく出来ます。

 

 

転職をする

 

部署異動をするのも1つの方法ですが、部署移動する勇気がなかったりそもそも部署が1つしかないなど無理な事もあります。

 

そんな人は転職をする事をおすすめします。

 

結局会社の残業というのは、1人がどう頑張っても減らせるものではありません。

 

たとえば、自分がメチャクチャ早く仕事をやっても、雑用を沢山押し付けられて結局仕事が終わる事はありません。

 

それに、何となく雰囲気で残らないといけない会社もあるため、残業を根本的に減らすには辞めるのが一番早いです。

 

恐らく転職をするまでもないと思っていますが、本当に辛い時は転職をして逃げるのも1つの手ですよ。

 

 

特技を売ってみる

 

最近は特技を売って稼ぐ人も沢山います。

 

たとえば、プログラミングが趣味ならココナラやクラウドワークスという、ネットで仕事を受注するためのサービスで、売ってみる事も出来ます。

 

特技がないという人もいますが、そう言った人はブログを書いてみると良いです。

 

たとえばアニメが好きなら、最新アニメのレビューなどを書いてみたらアクセスが集まるでしょう。

 

アクセスを集めて、自分のサイトに広告を貼るとそれが収入にする事も出来ます。

 

最近はネットを活用する事で、自分の趣味をお金に変える事も出来ますよ。

 

起業する

 

雇われて働くのが辛いなら、自分で仕事を作ると言う手もあります。

 

その1つの方法が起業をすることです。

 

自分で仕事を作れば、働く時間なども自由に決めることが出来るので、理想の職場を作る事が出来ます。

 

もちろん起業は難しいですが、内向型人間でも起業して成功する人は沢山いますよ。

 

フリーランスになる

 

自分でフリーランスになって、仕事を作ってみると言う方法もあります。

 

たとえば、ライターの仕事などは専門知識などはなく、比較的簡単に仕事をする事が出来ます。

 

先ほどいった、プログラミングの仕事もフリーで出来る仕事ですし、フリーのイラストレイターになる事も考えられます。

 

もし、残業を本気で減らしたいなら何か需要のある知識を身につけて自分のペースで仕事が出来れば、職場にいなくても仕事が出来る様になりますよ。

 

まとめ

 

残業を減らす方法を紹介しましたが、内向型人間にとってはどれも難しいものでしょう。

 

部署異動をすると書きましたが、内向型人間はそこまで勇気を出すことが出来ません。

 

起業すると言っても内向型人間は自分に自信がないため、「俺にそんな事が出来るのか?」と疑問に思う事もあるでしょう。

 

転職も同じような理由で難しいです。

 

内向型人間は中々勇気を振り絞る事が出来ないので。

 

ですが何かをしないと一生残業は減る事はありません。

 

結局自分で動く勇気を出さないと何も変化がないでしょう。

 

だったら転職サイトに登録だけをしてみてはどうですか?

 

たとえばリクナビNEXTという転職サイトなら、登録するだけに完全無料で求人がみれますし応募だって出来てしまいます。

 

しかも登録するだけなら別に辞める必要もありません。

 

なので残業を減らすためにまずは転職サイトにだけ登録をしてみましょう。転職をするにはもっと後からでも十分です。

 

公式ページはこちら