内向型人間

内向的な人は転職をするべきかしないべきか?

 

内向的な人は、精神的に不安定な事が多く転職を考える時も多いでしょう。

 

しかし転職を考える理由によっては、非常に後悔して精神的ダメージを更に増やしてしまいます。

 

そこで今回は内向的な人が、転職をしない方が良い場合と、した方が良い場合を考えていきましょう。

 

転職しない方が良い場合

 

なんとなくで辞める

転職をする時に一番やってはいけないのは、何となくで辞めてしまうことです。

  • 人間関係は良いけどなんか嫌だ
  • 給料は良いけどなんか嫌だ
  • 仕事内容は良いけどなんか嫌だ

この様になんとなく理由もないけど辞めたいと思う事があります。

 

確かに20代の人なら、何となくで辞めたくなる事もあるでしょう。

 

ただ、理由もなく生理的に嫌になる事があるでしょう。

 

しかしなんとなくで辞めるのは非常にもったいないです。

 

なんとなくで辞めても、次の仕事を探すときに「何の仕事をやろう?」となったり「働く気がない」となってそのままニートになる事もあるため、何となくで辞めたいと感じるならちょっと耐えてみましょう。

 

そして、精神的に落ち着いたら新しい趣味をやってみるとか、何か資格の習得をしてみるなど違う事に気をそらした方が良いですよ。

 

会社の将来が不安で辞める

 

最近は不景気で、会社の将来を不安に感じる人もいます。

 

特に零細企業だったり、中小企業に勤めてる人なら不安に感じてしまうでしょう。

 

しかしそこで辞めてしまってはちょっともったいないです。

 

確かに将来の事で不安になる気持ちは分かりますが、正直どの会社にいても不安定なのは変わりません。

 

誰もが知る大企業だって、業績が落ち込んで大規模なリストラになったりそのまま倒産する事だってあります。

 

昔だったら「この会社に入社した俺はもう人生安泰」と言われた企業すらリストラされる時代になっているんです。

 

極端な話、転職した会社が1年後に潰れるなんて言う事も普通に考えられるでしょう。

 

なので、会社の将来が不安だったらネットで副業をしてみるとか、先ほど言ったように資格を取得してみるなど今できることで工夫をした方が良いでしょう。

 

仕事に飽きた

 

仕事に飽きてしまうこともよくあります。

 

内向型人間でも、あまりにも単純作業ばかりやっていては飽きてしまうことだってあるでしょう。

 

ですが、仕事に飽きてしまったからといって辞めるのはもったいないです。

 

と言うのも内向的な人は、何よりも精神が安定して過ごせることを祈っています。

 

だから、昇進にも興味がないしやりがいのある仕事にも興味がありません。

 

だから仕事に飽きたというくらい、毎日平和に過ごせるなら内向的な人にとってそれは最高の場所と言う事ですよ。

 

転職した方が良い場合

 

残業が多い

 

残業が多くて嫌になるという悩みを持ってる人が多いですが、その場合は辞めた方が良いでしょう。

 

というのも残業が多いとうつ病になるリスクが高くなります。

 

たとえば、残業が多くて平日は仕事から帰るとご飯を食べて、お風呂に入って寝る。そして休日は仕事の疲れで寝るだけの生活。

 

そんな生活を送っていたら「俺は何のために生きてるの?」と思って死にたくなったり、働く気力がなくなるでしょう。

 

そんな事になる前に残業は減らさないといけません。

 

それに内向的な人は、仕事より自分のプライべートを優先したほうが幸せに暮らせるでしょう。

 

先ほども言いましたが、内向的な人にとって仕事はあくまでお金を稼ぐ手段です。

 

なのであまり仕事に熱心にならない方が良いでしょう。

 

給料が低い

 

給料が低いという悩みはよくある事ですが、これも早めに辞めた方が良いでしょう。

 

日本人はお金を稼ぐという言葉が嫌いで、お金を稼いでる人をみると嫌う事があります。

 

だから給料が高いというだけで仕事を選ぶ人は良く批判されるでしょう。

 

ですが、お金というのは生活をする中で非常に大事な事です。

 

お金がないと、美味しいご飯を食べれないですし、娯楽も楽しません。それに付き合ってる彼女がいて結婚したいと思ってもお金がないから結婚できないと言って、別れるカップルも存在します。

 

それに、お金があると将来の心配もないですよ。たとえばさ委員20代の人は年金がないから老後の心配をする人が多いです。

 

しかし給料が高い仕事をしてれば貯金が出来るので、将来の心配もありませんし老後を心配する事もないでしょう。

 

だから給料が低いから辞めたいというのは合っています。むしろ給料が低いまま何も対策をしないと将来確実にお金に苦労しますよ。

 

 

人間関係が悪い

 

内向型人間にとって、一番の悩みは人間関係と言って良いでしょう。

 

内向的な人は繊細な人が多く、ちょっと注意されても凹むますし人と会話しても「俺、変な事言ってないよね?」と心配する人が多いです。

 

そして、内向的な人は精神的なストレスに弱いため人間関係が劣悪な職場にいると疲れてしまいます。

 

日本では自殺が多いですが、その多くの原因は仕事のストレスが原因です。

 

職場でいじめられたという人が自殺する事もありますし、上司からパワハラを受けてそのまま自殺する若い社員も多いでしょう。

 

だから人間関係が悪いと感じた場合は、すぐに逃げて下さい。自殺までしなくてもうつ病になって長年苦しむことにも繋がるので。

 

 

仕事内容が嫌だ

 

仕事内容が嫌だ。つまり思っていた仕事と違ったり嫌な仕事を押し付けれるということがあります。

 

たとえば、事務仕事がしたかったのに営業の仕事に回されたら相当苦痛でしょう。

 

内向的な人は喋る事が苦手で、しかも人間関係に対して恐怖を覚えてる人も多いため営業など人と多く関わる仕事はやりたくないと感じることが多いです。

 

仕事内容が嫌だと言う場合も、辞めても問題ないでしょう。

 

そもそも嫌な仕事を我慢しても何も良いことがありません。

 

たとえば、好きな仕事と嫌な仕事をやったら確実に好きな仕事の方が仕事の能力は上がっていきます、

 

逆に嫌いな仕事をずっとやっても、多少は能力が上がるでしょうけど好きな仕事と比べると2倍以上は能力に差が出てしまいます。

 

なので、仕事内容が嫌だと言う場合は辞めた方があなたの将来の為になります。

 

ちなみに、私は大きな機械を扱うと「壊したら嫌だ」とか「変な操作をしたら怪我をする」と恐怖を感じるので大きな機械を扱う仕事は無理です。

 

逆にパソコンくらいの機械だったら大好きで、良く扱っています。

 

 

まとめ

 

内向的な人は人間関係で悩む事が多いですが、人間関係に我慢できなくなったらすぐ逃げる準備だけでもした方が良いでしょう。

 

内向的な人は我慢強い人が多く、実は残業時間が多かったり仕事内容に不満があっても辞めない人が多いです。

 

しかし人間関係が悪くなることは絶対に嫌で、とにかく人間関係が良い職場を心の奥底では求めています。

 

なので、人間関係に悩んでる人は転職を考えた方が良いでしょう。もちろん今すぐ転職をしろなんて言いません。

 

いきなり転職をしろと言われても、出来る人は少ないためしょうがないです。

 

しかし先ほど言ったように転職の準備だけはした方が良いです。

 

たとえばリクナビNEXTという転職サイトがありますが、リクナビに登録すればいつでもどこでも求人が観れるため、いざという時にすぐに応募する事だって可能です。

 

それに逃げる準備だけをしておくと精神的に余裕が出来ますよ。

 

リクナビNEXTの公式サイトはこちら