会社を辞めたい

内向的な人が仕事を辞める時にぜひ聞いて欲しい事

 

内向的な人が仕事を辞めたくなる事は何度でもあるでしょう。

 

それこそ、辞めたいではなく本気で辞めると思って今このページを見に来ているかと思います。

 

そこで今回は内向的な人が仕事を辞める時にぜひ聞いて欲しい事をまとめていきましょう。

 

人間関係で辞めたい?

 

内向的な人の多くは、人間関係で悩んでいます。

 

特に上司と上手く付き合えなくて悩んでる人が多いでしょう。

 

人間関係で仕事を辞めるのは甘えなどと良く聞きますが、別にそんな事はありません。

 

というのも多くの人が、人間関係で仕事を辞める場合が多いからです。

 

どれだけ給料が高くても人間関係に少しでもトラブルがあると、それだけで辞める人もいます。

 

どれだけ残業がない会社でも、上司が威圧的でパワハラをしてる会社ならその職場の定着率は非常に悪いものになります。

 

私の前いた職場では、30代後半で結婚して子供も生まれている男性がいました。

 

本来結婚をしてると責任感が生まれて「俺が家族を養わないと」と思って中々仕事は辞めることが出来ません。

 

しかし、その人は現場のリーダーと仕事のやり方で喧嘩をしてしまい、そのまま勢いで仕事を辞めてしまいました。

 

この様に結婚してる人でも、人間関係のトラブル1つで辞めることがあるため、人間関係で辞める人がどれだけ多いか分かります。

 

なので、もし人間関係で悩んで辞めるという人は「普通」の事なので安心して下さい。

 

 

仕事内容で辞めたい?

 

仕事内容があまりにも苦手な事だと辞めたくなります。

 

たとえば、内向的な人は事務仕事などあまり人と関わらない中の仕事がしたいのに、会社の都合で営業をやらされたら辛いですよね?

 

営業はお客さんに商品を売るため、人と話すのが苦手な内向的な人には辛い事ばかりです。

 

ちなみに仕事内容で辞めてしまうのも、何も問題はありません。

 

そもそも人というのは得意不得意というものが必ず存在します。

 

単純作業をずっとやれる人もいれば、営業の仕事など人と喋る仕事が得意な人もいます。

 

人と喋るのが苦手なのに、接客業や営業の仕事を無理やり押し付けられたら仕事のモチベーションも上がりませんし、苦手意識がずっとあるので上手くいくはずがありません。

 

なので、もし仕事内容に不満があるという人は辞めても良いんです。

 

今の場所だとあなたは輝く事が出来ませんから。

 

残業時間で辞めたい?

 

あまりも残業時間が長くて辞めたくなる事もあるでしょう。

 

日本では基本的に残業が多い会社ばかりですが、残業が多いと辛いとか不都合になると言う事もあるでしょう。

 

たとえば、毎日夜の10時以上は絶対に残業するという会社は危険です。

 

そこまで残業をすると、仕事が終わって家に帰るとご飯を食べてお風呂に入って寝る。平日はそれの繰り返しで、休日になると疲れているため寝るだけの生活になってしまうでしょう。

 

そんな生活を送っていると、趣味の時間もなくただ仕事をするだけの毎日になってしまいます。

 

内向的な人にとって趣味の時間を作る事は大切で、ずっと働くだけだと「なんで働くの?」とか「なんで生きてるの?」と余計な事を考えてしまい精神的に辛くなります。

 

内向的な人はそもそも、仕事が好きではなく仕事をするなら自分の趣味の時間をもっと増やしたいとも考えています。

 

だから、残業時間が多い場合は迷わず辞めても良いでしょう。仕事をやりすぎてストレスを溜めると何も良い事がないので。

 

給料で辞めたい?

 

給料が低すぎて辞めてしまいたい。そんな悩みも抱えているでしょう。

 

給料が低くて辞めたいというのは、非常に正解なので何も迷う事はありません。

 

そもそも日本人はお金の話やお金儲けの話が嫌いで、お金が沢山ある人をねたむ事が多いですし、お金儲けの話を聞くだけで「あいつは悪いことをしてる」と思われることがあります。

 

ですが、お金というのは非常に大事でしょう。

 

そもそも給料が低い仕事をしてると、趣味も楽しめませんし貯金も全くできません。

 

たとえば、彼女がいて結婚までしようと考えていたのに給料が低くて養えないから結婚を諦めるという人もいます。

 

それに、多くの人は老後の心配をしているでしょう。老後の心配をするのは普通40代以降の人だと思いますが、最近は20代の人でも老後の心配をする人が増えています。

 

そして老後の心配の一番の原因がお金です。20代の人は将来年金が貰えなくなる、または年金の額が少ないというのが分かっているので、将来のお金の心配をとにかくしています。

 

ですが、そういった悩みも全て給料が高い仕事をしてれば解決できるでしょう。

 

給料が高い仕事をすると、沢山の娯楽を楽しむことが出来ます。それに彼女がいて結婚しようと思ったら迷うことなく結婚できるでしょう。

 

それに給料が高いと貯金も沢山出来るため、老後の心配をする必要はありません。

 

なので、給料が低いから辞めたい。それは大正解です。結局仕事をする時は給料が低いより高い方が良いに決まっているので。

 

 

言う時は1か月前に言ってみよう

 

仕事を辞める時ですが、1か月以上は辞めれないと思ってください。

 

法律では2週間前に言えば、良いという事になっていますが、仕事の引継ぎや書類の作成など手続きが色々かかるため、最低でも1か月以上は辞めれないと思って良いでしょう。

 

下手をすると2か月以上になる事もあるため、とにかく辞めたいと思ったら早めに行動しないとドンドン辞めるタイミングを逃してしまいますよ。

 

辞めれない時は強引にでも辞めてしまおう

 

仕事を辞めたいと思っても、人手不足などの理由で辞めさせてくれないことがあります。

 

確かに会社にとって、人手不足は深刻な問題ですがそれはあくまで会社の都合。こっちが辞めたい時は退職届を出してサッサと辞めてしまえば良いのです。

 

会社の都合に合わせていると、こちらはいつまで経っても辞めることが出来ません。

 

だったら、少しごり押しするくらいの気持ちで、強引にやらないといけませんよ。

 

部署異動をお願いされたら?

 

時々ありますが、辞めようとすると部署異動をお願いされる事があります。

 

もし部署異動をお願いされた場合は、あなたの辞めたい理由を考えてみましょう。

 

たとえば、人間関係で悩んで仕事を辞めたかったら部署異動をすれば解決できますよね?

 

人間関係のトラブルというのは、その原因から離れることが出来れば非常に簡単に解決が出来るでしょう。

 

それに、残業時間というのも実は部署異動をするだけで解決できることがあります。

 

部署によっては定時で帰れるところと、毎日夜遅くまで残業する所があるので実は残業時間も何とかする事が出来ます。

 

しかし給料の問題だったり、会社の経営方針が嫌いだったりと根本的な理由の場合はすぐに辞めてしまいましょう。

 

まず辞める前に、あなたの辞めたい理由をハッキリするとより辞めやすくなります。

 

貯金の確認をしておこう

 

もし仕事を辞めてから転職する場合は、貯金の確認だけはした方が良いです。

 

転職活動って意外と時間がかかる事が多く、3か月、4か月、下手をすると1年以上も転職が出来ない場合があります。

 

そして、貯金がなくて焦っていると上手く転職が出来なくて、ブラック企業に入社してしまうことがあります。

 

貯金額は最低でも生活費の半年分は欲しい所です。本当だったら1年分あると安心して転職が出来ますが、1年分と言うのは難しいため、半年分あるとなんとかうまく転職が出来るでしょう。

 

有給休暇を全部消化しよう

 

会社を辞めることが決まったら、余っている有給を全て消化するのが良いですよ。

 

時々、会社に悪いからと言って有給を残す人がいますが、どうせ辞める会社なので好き勝手使ってしまいましょう。

 

それこそ、辞めることが決まったら退職日までずっと有給を使ってやるというのも全然ありです。

 

どうせ辞めるので、最後くらいはわがままを突き通してみましょう。

 

辞めると決まったらすぐに転職活動

 

多くの人は、まず会社を辞めてからゆっくり転職活動をしようと思っています。

 

確かに疲れているので、ゆっくりしたい気持ちも分かりますが出来るだけ早めに転職活動をした方が良いですよ。

 

私も実は新卒の会社を辞めてゆっくりしてしまった人ですが、ゆっくりしてると1か月、2か月、3か月とあっという間に過ぎていきます。

 

結局転職が出来たのが4か月後になってしまい、あまり貯金がなかったのでかなり焦っていましたね。

 

なので、先ほど言ったように有給を使ってその間に転職活動をするというのが一番良いでしょう。

 

辞めるのはそこまで怖くない

 

多くの人は、仕事を辞める事に恐怖を感じています。

 

特に内向的な人は

 

  • 上手く出来るかな?
  • 失敗したらどうしよう?
  • もし次の会社がブラック企業だったら?

 

と色々と考えてしまいますが、一度辞めてみると案外スムーズに動く事が出来ますよ。

 

親に辞めた後の書類の話を聞いて、ネットでも辞めた後に書く書類や貰う書類などを徹底的に調べてと辞めてからは「やらなきゃ」と言う気持ちが出てきて体が勝手に動いてくれます。

 

なので、怖いと感じても大丈夫ですよ。人間は本当にやるべき時は自然と動いてくれるので。

 

転職サイト、エージェントなどを有効活用する

 

転職をする時はハローワークに行くのが基本ですが、20代や30代の人だったら転職サイトを使う方がホワイト企業に行ける確率が高くなりますよ。

 

転職サイトだとリクナビNEXTが大手サイトで、「転職サイトはどれが良いの?」という人にはピッタリのサイトになるでしょう。

 

転職エージェントは、無料で転職を全力で支援してくれるもので、担当者の人があなたに合っている求人を紹介してくれたり、面接の練習なども付き合ってくれるサービスがあります。

 

内向的な人は1人で転職をしたいと思ってる人も多いですが、プロの人にアトバイスを貰った方が効率的に転職が出来ますし、1人で転職する時の「これで正解なのかな?」と言う不安もなくすことが出来るでしょう。