内向型人間

内向型な人が理想の仕事を見つける方法

 

内向型人間が仕事を探すのは苦労をします。

 

内向型人間はそもそも自分に自信がない人が多く、職種選びからまず苦戦するでしょう。

 

そしてやりたい事も特にない。そんな事を思っている人も多く内向型人間が仕事を選んだり探すのはかなりの苦労が必要になります。

 

そこで今回は、内向型人間が仕事を探すときのポイントを解説していきます。

 

内向型人間におすすめの仕事の探し方

 

ハローワークを使う

 

まず、代表的なのがハローワークを使う事です。

 

ハローワークは全国どこにでも存在していて、無料でしかもどんな年齢だろうと使う事が出来るサービスになります。

 

ハローワークにはブラック企業が多いと噂があるので、あまり使いたくない人も多いですが手軽に使うという点だったらハローワークは一番良い所になるでしょう。

 

それに、ハローワークは仕事を探すだけならネットからでも閲覧は可能です。

 

なので、内向型人間にもおすすめの方法になるでしょう。

 

タウンワークを使う

 

意外と使われていないのが、タウンワークです。タウンワークはバイトを探すときによく使われる雑誌ですが、実は正社員の仕事も少数ですが存在します。

 

時々ですが、タウンワークにもお宝求人がいくつかある場合も存在するので、ハローワークに行った帰りにコンビニなどでタウンワークを貰ってみるのが良いでしょう。

 

ただ、本当に少ししか正社員の求人はないため、あくまでおまけ程度に使うのが一番良いでしょう。

 

友人の紹介

 

友人に仕事を紹介して貰うと言う手も1つの方法です。

 

内向型人間にとって人にお願いする事は難しいかもしれませんが、友人の紹介だったら仕事内容も多少分かりますし人間関係が良いのかどうか?も多少は情報があるため安心感があるでしょう。

 

家族の紹介

 

家族に紹介して貰うと言う手も1つの方法です。

 

家族だったら友人より人脈が広い場合があるため、色々な所を紹介して貰える可能性があります。

 

ただ、家族や友人などに紹介して貰うと辞めにくいという弱点もあるでしょう。

 

転職サイトを使う

 

転職サイトはネットにあるサイトなので、人と合わなくても求人がみれるため内向型人間にもおススメの方法です。

 

転職サイトは、ハローワークと違ってお金を払って求人を掲載するため、お金のある所しか載せることしかできません。

 

なので、お金のないブラック企業はないため安心して使う事も出来るでしょう。

 

それに、給料面や休日日数など待遇も良い所が多いため、内向型人間はぜひ使ってほしい方法です。

 

関連記事:リクナビnextの評判を実際に取材!そして分かった驚きの真実とは?

 

転職エージェントを使う

 

今まで紹介してきた転職方法は基本的に1人で色々な事をやらないといけません。

 

たとえば、面接の練習や企業への連絡などは基本的に自分でやらないといけませんが、転職エージェントの場合は面倒な事はやって貰えるのがポイントでしょう。

 

たとえば、面接の練習なんかは1人でネットをみて練習するのが普通ですが、転職エージェントを使えば指導者の人が、評価を高くするためのポイントなどを教えてくれます。

 

転職エージェントは基本的に、担当者の人と一緒に転職活動をするスタイルなので、内向型人間にはちょっと辛い所があるかもしれません。

 

ですが、1人で転職活動をするよりプロの人と一緒にやった方が内定率が上がるため、本気で転職を成功させたいという人にはおすすめです。

 

関連記事:【保存版】内向型人間におすすめの転職エージェント6選

関連記事:【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント

内向型人間がやって欲しい仕事の選び方

 

給料で選ぶ

 

内向型人間にとって、給料はあまり重要ではない事が多いです。

 

内向型人間は、精神的に楽な職場を最優先する人が沢山いますが、それでも給料で仕事を選んでみた方が良い場合があります。

 

たとえば、内向型人間は将来の事を心配する事が多いです。特に老後を心配する人が沢山いるでしょう。

 

  • 将来病気になったら?
  • 定年になった後は?

 

などなど、そういった老後の事をメチャクチャ気にするのが内向型人間の特徴です。

だから、将来の事を心配しないために給料の高い仕事をやって心配をなくしてみるのも1つの方法です。

 

残業時間で選ぶ

 

内向型人間は、仕事のやりがいや実績ではなく毎日平和に過ごす事の方が大切です。

 

つまり、内向型人間にとって仕事はお金を稼ぐための方法にすぎません。

 

だから残業時間がとにかく短い物を選んでみるのが良いでしょう。

 

残業時間が短いと、趣味の時間が沢山持てますし会社にいる時間が短いとそれだけ精神的にも楽になるでしょう。

 

内向型人間は仕事をやり過ぎると精神的に辛くなる事があるため、出来るだけ仕事の時間は短くした方が良いですよ。

 

やりがいのある仕事は選ばない

 

最近はやりがいのある仕事を求める声が多いですが、内向型人間は仕事でやりがいを求める事は少ないです。

 

とにかく平和に過ごせればそれで満足なため、やりがいのある仕事というのはあまり考えない方が良いでしょう。

 

やりがいより、とにかく趣味の時間を作り精神的に安定する事を目標にした方が良い仕事が出来ますよ。

 

やりたい事は後から見つかる

 

内向型人間はやりたいことがみつからない。そんな悩みを持ってる人が多いです。

 

内向型人間は、自分を出す事が苦手でやりたい事や好きな事を子供の頃から抑え込んでしまった人たちなので、大人になってからやりたいことがみつからないのはしょうがないと言えるでしょう。

 

だからやりたいことを探すのはまず後回しにして下さい。そもそも仕事でやりたいことは仕事をしてから色々出てきます。

 

たとえば私の場合、新卒で入った会社が残業が多かったため「次の会社はとにかく残業が少ない仕事をしたい。とにかく早く帰りたい」と思うようになりました。

 

なので私のやりたい仕事はとにかく早く帰ること。早く帰って趣味の時間をたくさん持ちたい。そう思うようになっています。

 

なので、やりたいことは後から見つかると思ってください。私のように仕事内容ではなく働き方でやりたい仕事が出来る事もあるので。

 

自分が出来ることをみつける

 

内向型人間は、新しい事に挑戦するよりいま自分が出来ることで仕事を探す方が良いでしょう。

 

内向型人間は失敗を恐れる人が多いため、あまり新しい事を望まない事が多いです。

 

なので、まず「自分が何が出来るのか?」「どんな仕事だったら出来るのか?」と紙に書きだしてみましょう。

 

もちろん「俺には何もスキルがない」という人も頑張ってひねり出してください。

 

ちなみに、私は高校の時に「何もスキルがないし、何かできる自信もないから工場で単純作業をしたい」と言う理由で工場の内定を貰いました。

 

そう言った理由で仕事を探すのも全然ありですよ。

 

関連記事:内向型人間が働きやすい職業を厳選!

 

あえて苦手そうな事をしてみる

 

逆に苦手そうな事を仕事にしても意外とみつかります。

 

好きな事を仕事にするのもありですが、好きなことになるとどうしてもこだわりが出来てしまうため、仕事がやりにくく感じる事が多いです。

 

たとえば、ラーメンが好きで自分でラーメン屋を開いたのは良いですが、自分が美味しいと感じるものとお客さんが美味しいと感じるものにずれが出ている場合があります。

 

そこで、お客さんが美味しいと思うものを作れれば良いんですが、どうしても自分のこだわりが強すぎて、そういったお客さんに売る為の商品を作れないという事もあります。

 

ですが、もともと苦手なものだと最初からこだわりがないため、売れる商品を考える事が出来ます。

 

最近流行っているもの、お客さんが本当に求めているものなどを客観的にみることが出来るため実は成果を上げやすくもあります。

 

結局好きな事と、売れるものを作るというのは違うためあえて苦手な事に挑戦した方が仕事の成果は上げやすいです。

 

関連記事:内向的な性格は直した方が良いのか?

 

楽そうな仕事を選んでみる

 

どうしても仕事が決まらないなら、何となく楽そうな仕事を選んでみても良いです。

 

楽そうな仕事を選ぶメリットは、最初の一歩が踏み込みやすいのと、期待値が低いため現実のギャップに苦しまなくて良い事です。

 

たとえば、漫画家になりたいと思う人は多いですが、漫画家はなるのが大変とか辛い仕事というのがよくネットで出ています。

 

しかも漫画家になれるのは本当にごく一部と言われているため、漫画家になりたいと思ってもネットの難しいという意見のせいで、諦める人が多いです。

 

ですが、難しいと言われても実際にやってみないと分かりません。

 

やってみたら、意外と出来て本当のプロの漫画家になれる事もあります。ですがやらなかったら漫画家になれる確率は0%です。

 

こういった、最初の一歩を出せるかどうかで確率があるかないかを決めることになります。

 

それに、楽そうな仕事を選ぶと理想と現実のギャップに苦しまなくても良いです。

 

たとえば、ゲームを作る仕事はいつの時代も男性に人気ですが、ゲーム制作は残業も非常に多く新人の時は安月給で働かされることが多いです。

 

しかも、新人の時は雑用しかやらせてもらえなかったりと実はゲーム制作というのは全然楽しくないという現実があります。

 

そのため、「夢をみて入ったけど思っていた仕事と全然違った」という理由で、辞める人が沢山います。

 

ですが、最初から楽そうだからとか何となくでゲーム制作会社に入ると、そういった理想と現実とのギャップに苦しまなくても済むでしょう。

 

だから、何となくとか楽そうだからと言う理由で仕事を選ぶのも全然ありです。

 

関連記事:内向的な人が仕事で疲れないようにする為の強力な対処方法

 

期待値が低いほど実は良い仕事をみつけやすい

 

先ほど言ったように、理想と現実のギャップに苦しまない様にするには、期待値が最初から低ければ仕事が長続きします。

 

なので、あえて苦手な事をやってみるのも良いですし、楽そうだからと思って仕事を選んでみるのも良いでしょう。

 

内向型人間はそもそもやりたいことが見つからない事が多いです。

 

最近はやりたいことを仕事のしろと言いますが、それが出来れば苦労をしません。

 

だったら、やりたいことが見つからないのを逆に利用してしまえば良いのです。

 

なので、何となくで仕事を選んだり楽そうだからと言う理由でてきとうに仕事を選ぶのも全然ありですよ。

 

内向型人間にも成功者は沢山いる

 

内向型人間というのは社会で不利な感じがありますが、実はそうではありません。

 

たとえば、マイクロソフトを創業したビル・ゲイツは内向的な人間として有名です。

 

アインシュタインだって内向的で学校で精神的に問題があると言われたことがあります。

 

この様に内向的な人でも、成功できる人はいます。

 

しかも内向的な人は、外向的な人と違い発想がまず違う事があるため新しい発見、新しいものを発明する事が出来るでしょう。

 

それは仕事の面でも生かすことが出来ます。

 

たとえば小説家や漫画家など自分で作りだす仕事だったら、新しい発想が出てきて大ヒット作品を作り出すことが出来るでしょう。

 

それに漫画家などは基本的に1人の時間が多く、1人でいる時間が長いと仕事で成功しやすい職業です。

 

この様に内向型を生かして仕事をするという方法もあります。

 

まとめ

 

内向型人間が理想の仕事を見つける為には、まず探して見ることです。

 

ハローワーク、タウンワークなどを使ってまずは気軽にみてみるというのもありまですし。

 

リクナビNEXTのネット求人をみれば福利厚生がしっかりしてる会社が沢山あります。

↓↓

リクナビnextの評判を実際に取材!そして分かった驚きの真実とは?

 

それに転職エージェントに相談すれば、面接の練習や履歴書のチェックをして貰えるため内定率はグーンと上がりますよ。

↓↓

【保存版】内向型人間におすすめの転職エージェント6選