転職

実際に工場勤務経験のある私が激白!コミュ障は工場で働けるのか?

 

コミュ障が働きたいと思う場所が工場です。

 

工場は確かに会話があまりなく、コミュ障の人に向いていると思われるところがあるでしょう。

 

たとえばテレビで時々やる、工場の中を撮影するバラエティーがありますが、あの仕事内容を見ると会話があるようにみえません。

 

いきなり結論を言いますが、コミュ障が工場で働くのはありです。私が実際に働いたことがありますが、コミュ障に工場は向いていますよ。

 

そこで今回は工場で働く時のメリットとデメリット、そしてコミュ障はなぜ工場勤務に向いているのか?を解説していきます。

 

工場のメリット

 

仕事が覚えやすい

 

工場勤務の最大のメリットは仕事が非常に覚えやすい所でしょう。

 

基本的に工場の仕事は単純作業が多く、誰でも簡単に覚えることが出来ます。

 

実際に私が工場にで最初にやった仕事は、金属を型の中に入れてボタンを押す。それだけの仕事でした。

 

教えられた時も「これをこうやって入れて、このボタンを押してね」と言うだけの説明。なんと10秒程度で仕事の説明は終わりです。

 

この様に非常に簡単な仕事が工場では多く、「難しい仕事は覚えれる気がしない」そんな人にはおすすめです。

 

長く続ければ昇進しやすい

 

工場は誰でも続ける事が出来ますが、非常に人の出入りが激しいのも特徴です。

 

たとえば、5人が入社してだいたい3人が3か月以内に辞めます。そして後1人が1年以内に辞めて5人中1人が続ける。それくらい工場の出入りは大きいです。

 

しかも工場に入社する人って、辞める時に無言で辞めていく人が多く最初は「あれ?あの人がいない」から始まり1週間後に「あの人あまりにもこないから社長がクビにしたって」と何と誰にも何も言わずそのまま辞めていく人が多いです。

 

逆にここまで辞める人が多いため、長く続けていれば昇進もしやすく、いつの間にか現場リーダーになる人も沢山いますよ。

 

上司に気にいられたら管理職にもなれる

これはたまにありますが、上司に気に入られたら管理職。つまり事務の仕事が出来る様になります。

 

事務仕事の何が良いかって、まず定時で帰れる事。私の働いていた場所は現場の人は夜の8時以上まで残業が当たり前ですが、事務員の人は定時の5時30分にいつも帰っていました。

 

しかも夏はクーラーがガンガンに効いた所で仕事が出来るため、事務員は天国状態です。

 

私の友人は年上の人に気に入られて、現場で頑張ったから事務員の仕事を任されたという話があります。

 

この様に上司に気に入られると、事務員も出来る事もあります。

 

誰でも入れる

 

工場の良い所であり、悪い所でもあるのが誰でも入れる所です。

 

工場の仕事基本的に学歴が関係なく、中卒でも高卒でも大卒でも入れる工場が多いです。

 

しかも場所によっては、障害者の人を積極的に雇う所もあり本当に仕事がない時に工場というのは非常に助かります。

 

実際私が働いていた2社目の工場は

 

  • 学歴不問
  • 身体障害者も雇う
  • 精神障害者も雇う
  • 10社以上辞めた人でも問題なし
  • 面接に金髪の人も採用
  • 面接にピアスをした人も採用

と本当に人間であれば誰でも採用してくれるところでした。

 

ただ、誰でも入れるため先ほど言ったように無言で辞めていく人もいますし、1週間もしない間に辞める人も沢山います。

 

会話力が必要ない

 

工場では最低限の会話さえできれば特に会話が必要な場面がありません。

 

やはりやる事はただひたすら製品を作る事だけなので、あまり会話は必要ないでしょう。

 

私なんて、1人でずっと同じ製品を作って5時間ほど誰とも会話しない時がありましたからね。

 

会社内にいて5時間も喋らないなんて中々ありませんよ。

 

コミュ障が多い

 

工場では、会話が苦手なコミュ障が多いです。私もコミュ障なんですが私以上に会話が得意では無い人が沢山いたので、仲間意識が出てきます。

 

会話の最初に「あ…」という人や何かあったら「すみません」ととにかく謝る人、会話の時に目が合わせられない人など、私と全く同じことをする人が沢山いるので「仲間が沢山いる」と少し嬉しかったです。

 

工場のデメリット

 

残業が多い

 

工場の最大のデメリットといえば残業が多い所です。

 

工場と言うのは基本的に、安い部品を大量に作って利益を得るところなので、1つのパーツの値段は安いです。

 

たとえば私が働いていた自動車部品の工場では、一番安くて1つ1円。高くて1つ10円の部品を作っていたので、とんでもなく利益が低い事がよく分かりますよね?

 

1000個作っても1000円、2000個作っても2000円。たったこれだけの値段なので大量に作らないと会社を経営する事は不可能でしょう。

 

だから安い給料で、大量に作らせる。だから自然と残業も多くなります。

 

ちなみに私は残業が嫌で新卒に入った工場を辞めました。

 

給料が安い

 

工場は給料が高いと言ってる人もいますが、基本的に給料は安いものと思って良いです。

 

確かにトヨタ自動車の工場とかだったら給料が高いかもしれませんが、下請けの工場の場合基本的に給料は安いです。

 

給料が高く見えるのは残業代で稼いでいるからそうみえるだけです。

 

私も毎日夜の8時まで残業して土曜日出勤もして手取り24万円くらい貰っていました。

 

高卒の新卒で24万円となると多いと思いますが、よく考えてみるとそこまで働いて24万円って全然わりに合わないです(笑)

 

しかもその工場の先輩たちに聞いて見ると、昇給は1年で2000円くらいだよと言われたので、ほとんど上がらないと思って良いでしょう。

 

飽きる

 

工場の仕事って、単純作業で楽そうだと思う人がいます。実際私も高校の時に楽そうだからと言う安直な理由で工場勤務をしましたが、工場って飽きるのも早いです。

 

やはり毎日同じ仕事なのとすぐに仕事を覚えてしまうという理由で、飽きてしまうことがあります。

 

たとえば毎日8時間も同じ製品を作っていると、かなりの人が飽きて嫌になる事がありますね。

 

場合によってはアレルギーが出る

 

これは私だけかもしれませんが、工場にいくと普段触らないようなものを触るためアレルギーが出ることがあります。

 

私の場合は「機械油アレルギー」になりました。

 

普段機械油は触らないですし、恐らく人生で機械の油を触ったのが初めてのためアレルギー症状がいろいろ出てしまいました。

 

  • 皮膚のかゆみ
  • 皮膚が赤くなる
  • 皮膚にできものが沢山出る

 

などなど、分かりやすいくらいアレルギーの症状が出てきました。

 

酷い時なんて先輩に「お前顔酷いぞ!早退して良いから病院に行ってこい!」とかなり心配されるくらいアレルギー症状が出ていましたよ。

 

なので鉄板の加工や自動車部品の製造の場合、アレルギーに注意した方が良いです。

 

気が荒い人が多い

 

工場って体力自慢な体育会系の人もいます。ようは気が荒く怒りっぽい人も多いです。

 

最初の方に言った工場は、誰でも入る事が出来るというメリットがデメリットになる瞬間です。

 

言い方を悪くすると、性格に問題があり会社をクビになった人が工場に来ることもあるので、注意が必要です。

 

能力が身につかない

 

工場だと、その会社でしか通じない能力しか育ちません。

 

工場の仕事は非常に簡単なため、専門的な知識も何もいらないです。

 

そのせいで、「どの会社にも通じる能力」というのが身につかない事が多いです。

 

実際私は新卒の時の工場で身についたスキルと言えば、ハンドリフトの操作が身に付いたことくらいですかね?

 

ハンドリフトというのは、工場で重いものを運ぶときに使う道具で、これを使えるからと言って別に何も起こりません。

 

ケガが多い

 

工場は重いものを運ぶ時が多いです。

 

20㎏、30㎏などの重いものは毎日運ぶのでそのせいでケガが多いです。

 

たとえばよくあるのが、重いものを足に落としてケガをするとか重いものに手を挟まれてケガをするとかそう言った事が多いですよ。

 

そしてそう言ったケガより圧倒的にぎっくり腰の確率が高いです。

 

先ほども言いましたが、工場ではとにかく重いものを良く運びます。そのせいで腰に負担がかかりそのままぎっくり腰と言う事も当たり前にあるでしょう。

 

30代から上の人は当たり前のようにぎっくり腰になっていますし、20代の人も腰の使い方が悪い人は普通にぎっくり腰になります。

 

なので工場で働く時はケガとぎっくり腰に要注意です。

 

関連記事:コミュ障はむしろ転職に有利と思う理由

こんなコミュ障なら向いてる

 

では工場はどんなコミュ障に向いているのか?と言うのも書いていきます。

 

最低限会話ができるコミュ障なら良い

 

ぶっちゃけ言いますが、最低限会話ができるコミュ障くらいだったら全然工場で働く事が出来ますよ。

 

工場は会話はしないと言いますが、それでも最低限は会話をする必要があります。

 

とはいっても、普通に返事が出来たりどうしても分からない事があったら聞くくらいの能力があれば十分です。

 

私も人と話すのが大嫌いですが、何とかやっていけましたよ。

 

関連記事:コミュ障が転職する為絶対に使いたい2つのサイトと死ぬまで使える考え方

単純作業が好きな人なら良い

 

工場の単純作業が好きな人。つまりコツコツとやる事が好きな人なら工場は向いています。

 

工場はほとんど単純作業で終わる事が多いため、そういった事に飽きてしまう人も多いです。

 

たとえば私みたいに楽そうだからと言って入社したけど、あまりの単純作業の繰り返しで嫌になる人はいます。

 

なので8時間ずっと単純作業でも良いという人なら向いていますよ。

 

簡単な仕事がやりたい人は良い

 

コミュ障の中には難しい仕事をやりたくないという人もいます。

 

ですが、工場だったら基本的に簡単な仕事ばかりなので、そう言った難しい事はやりたくないという人には向いている仕事です。

 

こんなコミュ障は向いていない

 

逆に向いていないという人もいます。

 

対人恐怖症を持っている人

 

何度も言いますが、工場と言っても最低限会話はします。挨拶や分からない事に対しての質問などそれくらいの会話は工場ではあります。

 

ですが、対人恐怖症を持っている。人と話すだけで気分が悪くなるなどの重傷の人には工場勤務は難しいでしょう。

 

結局完全に1人と言う訳ではないですからね。

 

残業が多いのが嫌いな人

 

工場と残業は切っても切れない縁に繋がっていると言ってもおかしくないです。

 

それくらい当たり前の様に労働時間が長いため、残業が嫌いな人には全く向きません。

 

もちろん残業がない工場と言うのもありますが、多くの場合は残業を覚悟した方が良いですよ。

 

給料が安いのが嫌な人

 

工場の給料は安いです。それこそ管理職にならないとかなり安くなるというのは確かなので、給料が多くないダメ。そんな人には工場は向きません。

 

工場って残業代で稼ぐと言うのが多いです。だから基本給は少ないのは覚悟した方が良いでしょう。

 

コミュ障に工場はあり

 

ここまで書きましたが、最初の結論通りコミュ障に工場勤務は全然ありです。

 

理由としてはまず仕事が簡単な事。コミュ障の人は失敗を恐れる事が多く、出来るだけ失敗しない仕事。または非常に簡単な仕事を好んでやります。

 

それに責任が重いのも好きではないですし、上司から期待されるのも大嫌いです。

 

だからこそ、すぐに仕事を覚えられる工場は非常に向いています。

 

また他の仕事と比べて会話が少ないのも良いですね。

 

工場は基本的に製品を黙々と作る仕事なので、会話の量は圧倒的に少ないです。

 

だから会話が苦手な人でも十分出来るのが魅力的ですね。

 

工場に転職するには?

 

では、ここまで見てもし工場に興味のある人はその転職方法を教えてます。

 

まず1つ目が、ハローワークに行く事。

 

ハローワークは全国の色んな職種の求人があるため、工場の求人も沢山あります。

 

ハローワークではパソコンで検索できる機能がありますが、「製造業」の欄を探してみると工場求人が沢山あります。

 

2つ目が、タウンワーク。タウンワークはバイトの求人が非常に多いですが正社員の求人も少ないですけど載っています。

 

コンビニなどでタウンワークを持って帰ってみてみるのも良いでしょう。

 

3つ目が転職サイト。最近は求人をネットでみたりネット限定の求人と言うのが沢山あります。

 

その中でも工場の求人というのはたくさんあるため、参考にしてみると良いでしょう。ネット求人の場合今すぐスマホで閲覧する事が可能なため出かけるのが面倒と感じる人におススメが出来ます。

 

ちなみに転職サイトは「リクナビNEXT」をまずは使ってみると良いでしょう。リクナビNEXTは一番大手の転職サイトのため、求人数が多く信頼性もあるのでおすすめします。

↓↓↓

リクナビNEXTを今すぐ使いたい人はこちらから

 

関連記事:リクナビnextの評判を実際に取材!そして分かった驚きの真実とは?

 

4つ目が転職エージェント。転職エージェントは担当者の人が転職活動を支援してくれるサービスです。

 

支援というのは、面接の練習だったりあなたの性格や職歴、希望職種などをみて「こんな求人があなたにはおススメ出来ますよ」と紹介してくれるのが主な内容です。

 

コミュ障の人は、担当者と一緒というのが辛いかもしれませんが面接の練習をしてくれるのは非常にありがたいです。

 

プロの人が指導してくれれば、ネットで面接対策をする必要はないですし内定を貰うための面接アトバイスをしてくれるので、1人でやるより効率的に転職が出来ます。

 

転職エージェントは、リクルートエージェントが一番の大手で製造業の仕事も沢山あるためおススメが出来ますよ。

↓↓↓

リクルートエージェントを無料で使いたい人はこちらから!

 

また、製造業が沢山ある転職エージェントをまとめてあるので、気になる人はそちらをご覧下さい。

↓↓↓

製造業をやりたい人が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント!