コミュ障はいじられ役になった方が良い5つの理由

コミュ障はいじられ役になった方が良い5つの理由

グループには1人は必ずいじられ役と言うのが存在します。

からかわれたり、可愛がられたり、ある意味皆のアイドル的な存在です。

ここで間違ってはいけないのが、いじめられるではなく、いじられると言う事です。

いじめは皆から嫌われている存在、いじられ役は皆から愛される存在、ここを間違えてはいけません。

さて、メンタルが弱い人はこのいじられ役になった方が良い事があります。今回はその説明をしていきましょう。

プライドが捨てられる

まず一番良いのがプライドが捨てられると言う事です。

メンタルが弱い人はプライドが高い人がおおいです。例えば仕事でミスはカッコ悪いと思いミスを隠すプライドの高さ、変な人に思われたくないというプライドの高さ、かっこ悪い所は見せたくないと思うプライドの高さ。

全てプライドが高いからおきる事です。

いじられ役になるとまずプライドが全てなくなります。

いじられ役は自分の弱い所を全て出して、相手から愛されるような存在なのでそもそもプライドがありません。

失敗するのも、変な人に思われるのもそういったプライドの高さが全て消えるのがいじられ役です。

プライドがなくなると何が良いのかって、人に仕事の事を聞きやすくなります。いじられ役は仕事でミスをしても「こいつならしょうがないな」と思われる事も多く、教えたくなる様な存在です。

なので例え小さなことでも小さなミスでも人の意見が聞きやすく、また聞かれた人も答えやすいので非常に便利です。

仕事のミスをしてもあまり怒られない

流石に大きなミスをしたら怒られますが、少しくらいのミスや中くらいのミスならそこまで怒られる事がありません。

普段からあまり関わらない人や人から好かれていない人がミスをしたら怒られる事が多いですが、いじられ役だったらそこまで怒られないです。

なぜなら人は立場によって態度がすぐに変わる人間だからです。

例えば社長と話す時は目上の人に話すように丁寧に答えますよね?では仕事の後輩だったら丁寧に話しますか?よほど礼儀を意識している人でないと後輩に対して社長の様な丁寧語を話すことはまずありません。

だから会社内の1人1人に対して皆の態度が全く違います。

嫌いな人に対しては不愛想に接するし、仲が良い人に対しては愛想よく笑顔で話します。

いじられ役は多くの人が笑顔で話してくれるタイプの人間で仕事のミスをしても注意くらいで終わる事が多いです。

関連記事:仕事のミス一発でクビになるミスとならないミスの簡単な違い

関連記事:仕事のミスを隠すのは絶対にやめた方が良い理由と対処法

仕事でそこまで期待されない

いじられ役は基本的に能力が高くない人間につく事が多いです。良く言うと皆から好かれる、悪く言うと皆からなめられる。そういうのがいじられキャラの特徴です。

なので仕事ではそこまで期待される事が少なく、プレッシャーがかかる事はありません。

「期待されないとダメじゃないの?」と思う人がいますが、メンタルが弱い人は仕事で期待されたいとも思っていません。

むしろその逆で仕事で平和に過ごしたく、出来る事なら昇進したくもない、永遠と平社員で働きたいと思う人もいるくらいです。

メンタルが弱い人が昇進して課長になったら無理ですと断るか、その会社を辞める人もいるくらいです。

なので期待されないというのは非常に重要です。いじられ役は仕事で全く期待されないので昇進がそこまでなく、例え昇進したとしても周りの人からのサポートが多い場合があります。

メンタルが弱い人の中には、周りからの評価が無駄に高く、次々に難しい仕事を頼まれる場合がありますが、いじられキャラになる事でそういった難しい疲れる事がなくなります。

何も話さなくても向こうから話しかけてくれる

いじられ役は周りからいい意味でなめられています。その為色んな人が声をかけてくれることになります。

なので話しかけるのは苦手、だけど話すのは好きと言う人にはもってこいのポジションです。

いじられ役は話しかけやすいオーラーを何も意識しないので出しているので、そういう空気は職場にいるとすぐに分かります。

いじられ役になる事で、何もしなくても向こうから話しかけてくれる事なんてよくあります。

結果的に仕事がやりやすくなる

いじられ役になる事で総合的に仕事がやりやすくなります。

  • 仕事のミスがそこまで怒られない
  • 仕事で期待される事もない
  • 何もしなくてもむこうから話してくれる
  • 仕事のちょっとした事でも相談がしやすい

などメンタルが弱く、プライドが高めな人にとっては良いポジションになる事は間違いなしです。

特に仕事で期待されないと言う点では非常に便利なポジションだといえます。

それでもいじられるのが嫌で、仕事を辞めたくなる場合は転職をちょっとだけ考えても良いかもしれません。

関連記事:20代におすすめの使いやすい転職エージェントまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする