会社を辞めたい

上司が怖くてストレスを感じる時にすぐに使える7つの対処法

 

上司が怖すぎてストレスが溜まっていませんか?

 

メンタルが弱い人や内気な人だと怖い上司と仕事をするだけで恐怖を感じてしまうでしょう。

 

それがドンドンストレスになって、精神的に追い詰められる。

 

今回はそんな精神的にストレスを抱えている人に上司が怖いと感じるストレスの対処法を書いていきましょう。

 

上司が怖いと思う原因は?

 

すぐ怒鳴る

 

上司がすぐ怒鳴る人だとそれは恐怖を感じるでしょう。

 

怒鳴るという行為はシンプルですが、人を怖がらせるには十分すぎる力を持っています。

 

特に怒られ慣れていない人が、怒鳴られると余計に精神的なダメージを食らってしまいます。

 

理不尽な事で怒る

 

上司というのは時々理不尽な事で怒ってしまうこともあります。

 

仕事でミスをした原因は自分じゃないのになぜか怒られる。

 

上司のいったやり方でやったらなぜか怒られる。そんな理不尽な怒られ方をするせいで上司にストレスを感じてしまうでしょう。

 

平等に扱ってくれない

 

上司の中には、好き嫌いで仕事をする人も沢山います。

 

たとえば自分には小さなミスでも怒るけど、気に入ってる人はどんなミスをしても全く怒らない。

 

そんな理不尽さのせいで上司が怖くなり、またそれがストレスに感じてしまいます。

 

関連記事:仕事で怒られたらなぜ萎縮するのか?

セクハラをする

 

セクハラをしてくる上司も恐怖の対象になります。

 

セクハラというと男性が女性にする事が多いですが、実は最近男性が男性にセクハラをして悩む人もいます。

 

たとえば上司に尻を触られるのが嫌な男性だっています。そう言ったセクハラのせいで上司が怖くなる事もありますよ。

 

無視をしてくる

 

上司は気に入らない人を無視をすると言う事もあります。

 

本来仕事だったらちゃんと反応しないといけませんが、一部の上司は気に入らない人をとにかく無視をする人もいます。

 

そしてそれがストレスに繋がっていくでしょう。

 

説教をする

 

嫌な説教をしてくる上司も恐怖の対象になります。

 

説教の場合暴言を言われる事もありますし、大声で怒鳴られる事もあります。しかも長時間ずっと説教をしてくる事があるためストレスの元になるでしょう。

 

ストレスが酷い時の対処法

 

友人と遊ぶ

 

あまりにもストレスがある時は1人でいると逆に、精神的に病んでしまうことがあります。

 

何だかんだ言って、中のいい友人と遊ぶのが一番のストレス解消法になるでしょう。

 

友人と遊ぶ時に仕事の愚痴を話してスッキリできれば更に良いですね。

 

関連記事:上司が怖いと思った時の13個の対策

カラオケに行く

 

カラオケは大声を出せる場所のためストレス発散に最適な場所です。

 

上司が大声で怒鳴るのもストレスが溜まった結果、つい大声を出すことが多いです。

 

それだけ声を出すというのはかなりのストレス発散方法になるでしょう。

 

なので1人カラオケでも全然良いので、どうしてもストレスが溜まった時は大声で会社の不満を言ったり、好きな曲を歌って発散しましょう。

 

美味しいものを食べる

 

ストレスが溜まった時は食べる事がかなりいい方法になるでしょう。

 

ストレスが溜まると甘いものを食べるとか、好きな物をとにかく食べるという人が多いように食べると言う事は嫌な思い出を忘れることが出来ます。

 

それに食べる事を楽しみすると仕事のやる気が出てくるでしょう。たとえば「今度の週末に美味しいスイーツでも食べに行こう」と言う風に楽しみを作るだけで仕事のやる気はまるで違います。

 

関連記事:上司が怖いと思ったら逃げよう!そうしないとうつ病になってしまう

運動をする

 

社会人になると運動をする人が少ないですが、運動というのは無料で出来てしかも健康的にストレスを発散できる方法ですよ。

 

たとえばランニングをすること事態は無料で出来ますよね?ランニング用の服や靴などを買うとお金がかかりますが、持ってる服でランニングをしても良いわけです。

 

それにランニングが嫌なら散歩と言う手もあります。運動と言うのは別に激しく体を動かすだけではありません。

 

散歩のように軽く体を動かくだけでも十分効果はあります。

 

それに、家から出たくないならストレッチやヨガをすると言う方法もありますよ。

 

ストレッチやヨガはYouTubeで探せば効果的なものが沢山ありますし、本気でやると意外とストレッチでも疲れて良い運動になります。

 

なのでYouTubeからストレッチを探して見てやってみて下さい。

 

旅行に行く

 

ストレスが溜まるとどうしても家の中にいる人が多いですが、外に出る事が一番のストレス発散方法になります。

 

家の中にいるとどうしても仕事の事を思い出したり、上司に怒られた思い出が出てくることがあります。

 

しかし旅行に行くとその嫌な事は忘れる事が出来ますし、旅行先の美味しい食べ物をたべればストレスは簡単に吹き飛びます。

 

旅行と言っても日帰り旅行とかでも良いんですよ。

 

たとえば自分の住んでいる所の観光地や名物って中々行く人が少ないです。私も愛知県に住んでいますが、名古屋城に行った事ないですし、レゴランドだって1回も遊んだことがありません。

 

なのでまずは近場の観光地にでも遊びに行ってみましょう。そして慣れてきたら県外に行くとか、ローカル線にのって自然豊かな風景を楽しんでみるとか色々やれることはあります。

 

職場仲間と愚痴を言う

 

愚痴というのは悪口と思ってる人が多く、愚痴を言うのは良くないと勘違いする事が多いでしょう。

 

しかし愚痴というのは非常に大事なストレス発散です。

 

愚痴を言う事で自分の飲み込んでいた意見を吐き出してスッキリできますし、自分がどういった事で悩んでいるのかが客観的に分かります。

 

なので職場仲間の人にとにかく嫌な上司の愚痴を言ってしまいましょう。

 

職場の人なら共感してくれる所も多いですし、仲間が出来るだけで精神的にも楽になるでしょう。

 

愚痴を言い合える仲間がいるだけで精神的な負担がかなり少なくなりますよ。

 

限界ならすぐに逃げる

 

ストレスの対処法は色々ありますが、本当にヤバい場合はすぐに逃げた方があなたの為になります。

 

それにあまりにも高いストレスの場合どんな対処法をしても無理です。

 

たとえば人より倍以上ストレスを感じやすい人だと、愚痴を言ったり旅行に行っても仕事に行くとすぐにストレスが溜まってしまいます。

 

そしてストレスを溜めない方法はストレスの原因から逃げる事です。

 

たとえば今回は、上司が怖くてストレスが溜まっている人なので原因は上司になります。

 

だからこそ、酷いストレスの時は上司からとにかく逃げる事を考えないと本当にうつ病になってしまいますよ。

 

関連記事:仕事を辞めたい時の甘えor甘えではないを状況別に判定

関連記事:【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント