転職

打たれ弱い人が転職に迷った時はどうすれば良いのか?

 

転職に迷っている人は非常に多いです。

 

今の会社にいて大丈夫か?転職を経験した方が良いのか?いまの仕事が嫌になって来たから転職を考えたなど色々な転職理由があります。

 

このサイトでは叱られると3日以上は凹んでしまう打たれ弱い人や、仕事で失敗すると「自分が駄目な奴」と思い込んでしまうメンタルが弱い人向けのサイトです。

 

なので今回ターゲットにするのは打たれ弱い人は転職に迷っている時にどうすれば良いのか?と言う事です。

 

まず自分の現在の貯金を確認する

 

転職を考えた時は仕事探しなどをするのではなく、まず自分の貯金額を把握する事から始めましょう。

 

貯金を確認する理由は、退職した後に生活が出来る程度に残しておかないといけません。

 

1人暮らしなら、なおさら確認が必要ですが、実家暮らしでも保険代や携帯代などで多くの金額を持っていかれます。

 

なので転職する前に必ず貯金があるかどうかを確認しましょう。貯金額は半年は生活できる程度の貯金が最低額。出来れば1年分の生活費を溜めた方が絶対に安全ですが、そこまで貯める余裕もない人がいるでしょう。

 

半年も就職活動をしないよと思っている人がいますが、それは甘いです!

 

半年というと6か月、転職経験がない人は少し想像がつきませんが、6か月はあっという間に過ぎてしまう時間です。

 

まず、辞めてから1か月から2か月は書類の提出や会社を辞めた開放感でしばらくゆっくりする人が実は多いです。

 

特に実家暮らしの人は働かなくても生きてはいけるのでなおさらゆっくりします。

 

2か月間ゆっくりするとして、あと4か月。これでもかなり短いですよ。

 

そして職探しにハローワークなどに行く事になりますが、余裕がある時ほどゆっくりと職を探してしまいます。

 

例えば「ブラック企業は嫌だからホワイト企業をゆっくり探そう」と考えていると良い求人が中々見当たりません。ハローワークの求人は沢山あるので何も指定がなければ山の様に仕事があります。

 

しかし多くの人は前の職種と変えたくないので、そこで求人数がかなり絞り込まれます。例えば営業をやっていた人なら営業関係、製造業をやっていた人なら製造業の募集をそれぞれみます。

 

しかもホワイト企業を探そうとしているので、少しでも怪しい求人なら応募するつもりもなく、結局良い求人がみつからずそのまま家に帰宅する人が多いです。

 

しかもハローワークの求人は1日経ってもたいして中身が変わっていない事が多く、大きく変わるのが大体1か月後くらいになるので、これで時間を大幅に奪われます。

 

なのでゆっくりしていると、半年なんてあっという間に過ぎてしまいます。だから貯金を確認しないと焦っててきとうな所に募集して前の職場の様なブラック企業に入る事も考える事が出来ます。

 

 

何で会社を辞めたいのかを考える

 

なぜ会社を辞めたいのかをよく考えて下さい。

 

給料?

人間関係?

仕事内容?

 

色々ありますが、今の状態で体調を崩すほど嫌ではないなら転職を止めた方が良いでしょう。

 

嫌だけど、我慢すれば全然良い。そのくらいなら少し転職を止めた方が良いです。

 

打たれ弱い人の特徴として変化を嫌う性格の人が多いです。引っ越し、転職、人事異動など自分の生活が大きく変わる事が嫌いなのが打たれ弱い人の性格です。

 

なので無理やり転職をするとストレスが溜まり、しかも転職活動の辛さから「前に会社にいた方が良かった」後悔をする事になります。

 

あまり変化の対応が上手な方ではないので、今の会社でも我慢すればまあ、何とかなるならそのままの方が良いでしょう。

 

自分の体の状態を確認する

 

自分の体は健康ですか?

 

会社にいるのがストレスになった人の極限の状態は「会社にいこうとすると吐き気がする」ことです。

 

人間の体は正直で、嫌な物やストレスが溜まる物だとお腹を崩したり、頭が痛くなったりと体のどこかに異常が出ます。

 

会社が嫌な人は朝起きた時に頭痛がする、朝起きて会社に行こうとすると吐き気がするなど通常ではありえない症状が出ます。

 

もし、会社に行く、または行った後に体調が悪くなるくらいストレスが溜まっているならすぐに辞めて下さい。

 

貯金を貯めると良いとか言いましたが、それ程ヤバいなら速攻でやめるべきです。

 

それ以上会社にいるとストレスが溜まってうつ病など精神病になる危険があります。うつ病になると働けなくなる事ももちろんですが、最悪の場合自殺する人も出てきます。

 

ニュースで最近多いのが働きすぎて自殺する過労自殺というニュースです。ブラック企業の為に死ぬことはありません。

 

嫌いな上司の為に死んでしまうのは非常に損をします。

 

なので体の調子が悪い人は迷わず会社を辞めた方が良いです。

 

 

心が壊れそうならすぐに退職

 

先ほども言いましたが、精神面が不安定になっている人はすぐに辞めて下さい。

 

  • 吐き気がする
  • 死にたいと思う
  • 休日は寝る事しか出来ない
  • 体に力が入らない

 

などとにかくストレスのせいで、体がおかしくなるくらならすぐに辞める事をおススメします。

 

 

3年働けは今の時代は通用しない

 

世の中にはどんな仕事でも3年働けという言葉があります。

 

確かに3年もすれば仕事が上手くなり、上司に怒られる事も減り、仕事が楽しくなる事もありますが今の時代別に3年働いても特に意味はありません。

 

これは昔の世代の大人たちが勝手に作った言葉で、確かに昔は通じたかもしれません。

 

しかし今は時代が違います。環境が違います。給料が違います。働き方が違います。

 

恐らく上司に「とりあえず3年働け」と言われるでしょうが、そんな事は気にしないで下さい。上司の言葉に耳を傾けてはいけません。

 

体調を崩しているなら辞める、それ以外ならまずは貯金をする

 

 

まずこの記事のまとめをすると、会社にいくと体調が崩れている、「しにたい」と常に思うようになるくらい不安定な状態ならすぐにでも会社を辞めて下さい。

 

頑張りすぎるのは絶対にダメです。何があっても自分の身だけは守る様にして下さい。

 

そして体調が崩れるほどではないけど、会社を辞めたいと思っている人はとりあえず貯金をしましょう。

 

最初に言いましたが、転職をする時は長い時間お金がはいらなくなります。

 

しかも「2か月後には新しい所に就職」と考えている人が意外と再就職の時間が長くなったりと、時間とお金が足りない場合もあります。

 

自分の今の体調と相談をして転職するかどうか決めて下さい。

 

参照:メンタルが弱い人はなぜ仕事が続かないのか?