会社を辞めたい

突然出社拒否になった時の今すぐやって欲しい対処法 

 

ある日突然会社に行けなくなった。

 

そして今あなたは悩んでいますね?

 

昨日は会社に出勤できたのに今日になって突然、会社に行くのが嫌になる。

 

今回は出社拒否を起こした人の為に、対策方法を書いていきましょう。

 

出社拒否になりやすい人の特徴は?

 

真面目

 

出社拒否を起こす人は真面目な人が多いです。

 

とにかく仕事をサボらない、上司のいう事を素直に聞くなど周りから真面目過ぎると言われるくらい真面目な人は出社拒否になりやすいです。

 

そもそもうつ病など精神病になりやすい人の大半が、真面目な人です。なので精神的に弱りがちなのは真面目な人が多いんですよ。

 

関連記事:真面目をやめたいと思った時に確実に使える現実的な方法

完璧主義

 

完璧主義の人ほど、出社拒否になりがちです。

 

たとえば、周りからすれば1時間程度で忘れるような小さなミスでも「こんなミスをする俺はダメだ。もっと完璧にならないと」と自分で自分を追い込んでしまいます。

 

追い込むことは成長するためには良い事かもしれませんが、あまりにも思い詰めてしまうと会社に行けないくらい辛くなってしまうでしょう。

関連記事:恐ろしくメンタルが弱い人が転職をした方が良い会社とダメな会社を検証

責任感が強い

 

責任感が強いのは良い事かもしれませんが、これもやりすぎると精神を破壊してしまいます。

 

たとえばチームで仕事をして、その仕事で失敗があったら責任感が強い人が「全ては俺のせいだ」と思って酷く落ち込んでしまうでしょう。

 

本来チームでやったことはチームすべてに責任がありますが、責任感が極端に強いと全ての責任を自分のせいにしようとします。

 

あまりにも責任を感じて、そのまま出社拒否になってしまうでしょう。

 

関連記事:製造業にうつ病の人が多いと聞く驚きの理由は?

20代前半

 

20代前半の人というのは、体力があり勢いもありますが精神面ではまだまだ未熟で不安定な所もあります。

 

たとえば、思っていた仕事と違ったり仕事が忙しすぎて趣味の時間を持てないようになると、その人は精神的に辛くなって会社に行けなくなります。

 

20代前半の人は、自分の理想と現実のギャップに一番苦しめられる時期でもあるため、出社拒否になってしまうでしょう。

 

趣味がない

 

趣味がない人は、出社拒否になりやすいです。

 

仕事が心から好きだという人は、仕事が趣味なので全然良いですが大半の人は仕事がそこまで好きではありません。

 

そして仕事ではストレスが沢山溜まるため、趣味などで発散しないといけないですがそれがないと、ストレスがずっと溜まっていくでしょう。

 

そしてある時ストレスの限界がきてそのまま出社拒否になる事があります。

 

出社拒否になる原因は?

 

人間関係が悪い

 

多くの場合は、人間関係のせいで出社拒否になる事が多いです。

 

  • 上司のパワハラ
  • 上司の暴力
  • 派閥争い

 

などなど嫌な人間関係のせいで精神的に疲れ果ててそのまま会社に来なくなります。

 

特に上司の相性が悪いと一番精神的にダメージが大きいです。

 

関連記事:職場の人間関係はすぐ退職しよう!無理をすると人生が終わる

 

残業が多すぎる

 

残業が多するせいで、出社拒否になることはよくある事です。

 

たとえば残業が多すぎて、仕事と家の往復しかない。そして休日は疲れたから家でずっと寝ている生活を送っている。

 

趣味もなくただ仕事をするだけの毎日を送っていたら誰もが嫌になるでしょう。

 

仕事が大好き、または仕事しかやることが無いという人なら問題ないですが、そうじゃない人の大半は心が疲れ果ててしまうでしょう。

 

給料が安すぎる

 

給料というのは非常に大事です。日本人はお金を稼ぐ、またはお金の話をするのが大嫌いでお金の話をするだけの嫌な目をされてしまいます。

 

しかも日本人は「お金より大切なものがあるから、お金なんて稼がなくていい」とも良く言います。

 

しかし現実をみるとお金は大事です。

 

お金があると彼女が出来たときに、結婚の話をしやすくなります。

 

お金があると沢山の娯楽を楽しむ事が出来るでしょう。

 

お金があると老後の心配もなくなります。

 

この様にお金というのは、人間で生まれたからには絶対に必要で大切なものです。

 

そして給料が安すぎると、良いものも食べれないですし娯楽も出来ません。彼女が出来ても稼ぎが少ないから結婚を諦めてしまう人もいます。

 

そして給料があまりにも少ないと、精神的に辛くなり仕事のやる気もなくなります。

 

燃え尽き症候群

 

燃え尽き症候群というのは、頑張りすぎて燃え尽きてしまい、やる気が無くなる病気です。

 

 

一定の生き方や関心に対して献身的に努力した人が期待した結果が得られなかった結果感じる徒労感または欲求不満。慢性的で絶え間ないストレスが持続すると、意欲を無くし、社会的に機能しなくなってしまう[要出典]症状。一種の心因性(反応性)うつ病とも説明される。
極度のストレスがかかる職種や、一定の期間に過度の緊張とストレスの下に置かれた場合に発生することが多いと言われている。

引用元:Wikipedia

 

たとえば、頑張って会社で働いても思ったより成果が出なかったり、課長になるという目標を持って頑張って働く。そして無事に課長になったのは良いけどその次の目標が分からなくて燃え尽きてしまう。

 

それが燃え尽き症候群です。

 

もし入社当時はやる気があったけど、今は全くやる気が出ない。そんな人は燃え尽き症候群と思っても良いです。

 

長期休暇明けだから

 

意外と盲点なのが、長期休暇明けだからということです。

 

たとえばお盆休みや年末年始など、社会人は長期休暇明けは誰もが嫌になります。

 

本来嫌でも無理やり会社にいって、何とか働けるようになりますがあまりにも会社が嫌いすぎると、長期休暇明けになると全く出勤する気がなくなる。そしてそのまま出社拒否になるということがあるでしょう。

 

関連記事:出社拒否を今すぐ克服するための7つの方法

突然会社に出社できなくなった時の対処法

 

部署異動をして貰う

 

会社に出勤できなくなったのは、精神的な問題がほとんどです。

 

そして精神的な問題の原因が人間関係のせいになるでしょう。

 

もし人間関係が原因で、出社拒否になるなら部署異動を考えて方が良いです。

 

部署異動は転職と比べてリスクが少なく、簡単に気分転換が出来るのでお勧めの方法ですよ。

 

休職をする

 

もしかしたら今は休職をしてるかもしれませんが、まだ会社には何も言ってない人は休んでみるのが良いですね。

 

関連記事:出社拒否は甘えではないので、存分に休んで転職をしよう!

 

転職をする

 

出社拒否になっているということは、その会社が大嫌い。または会社の中の誰かが嫌いということです。

 

出社拒否になるくらい嫌いになるというのは、相当なことなので1つの手段として転職を考えてみた方が良いでしょう。

 

結局このまま休んでみても、回復しない事が多いですし休職をしても大半の人は戻らないと言われています。

 

うつ病を主因として休職した社員は、職場に復帰しても50%が再発して再び休職してしまうという。2回目の復職では70%、3回目では90%といわれる。

引用元:wedge 

 

一度大嫌いになると、人間と言うのはよっぽどの事じゃないと好きになることはありません。

 

なので転職をすると言うのも大事な道です。

 

関連記事:【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント

関連記事:ブランクがあって転職エージェントに断られた時の3つの対策法

 

心療内科に行く

 

出社拒否になるくらい精神が疲れているなら、心療内科に行く事をおすすめします。

 

心療内科と聞くと大げさかもしれませんが、あなたもうつ病になってる確率は十分あるでしょう。

 

ちなみにうつ病が酷くなると10年以上も治らない人がいます。それに最悪自殺する人だって日本には沢山いますよ。

 

うつ病は早期治療をするとそこまで酷くなりません。なのでもしもう会社に行けないくらい辛いなら、ぜひ心療内科に頼ってみて下さい。

 

旅に出てみる

 

気分転換にちょっと遠出してみるのはどうですか?

 

たとえば普段は乗らない電車の終点まで行って、そこの景色を楽しんでみるとか原付バイクに乗ってみて、ツーリングを楽しんでみるとかそう言った気分転換も必要になります。

 

会社に行ってないので、ちょっと行きにくいかもしれませんが外に出ると精神的に楽にはなりますよ。

 

暗い曲を聴く

 

落ち込んでいる時は明るい曲を聴くとよい。よく聞く方法ですが私の場合はその逆で暗い曲を聴いて気分を落ち着かせています。

 

私の根っこの性格がネガティブなせいか、明るい曲を聴くと気分が落ち込み、暗い曲を聴くと気分が明るくなるんですよね。

 

なので、落ち込んだ時は最終的にバットエンドになる物語の歌を聴いたり、ピアノの曲で物凄く暗い曲をまとめた動画あるので、それを良く聴いています。

 

暗い曲って落ち着きますよ。

 

とにかく泣く

 

泣くというのは、非常に良い事なんです。

 

泣く事で体にたまった汚れを流す事が出来るし、泣く事で嫌な気分を全て流す事も出来るので心がスッキリします。

 

しかもドライアイの人には、目を乾燥から守ってくれるというかなりありがたい事もあります!

 

とにかく辛いなら泣いてみましょう。

 

泣く事が難しいなら、Huluを使えば手軽に泣ける映画を観れますし。

↓↓

Huluの利用はこちらから

 

YouTubeでも「感動CM」とか「感動する話」と検索したら沢山泣ける動画が出てきますよ。

 

まとめ

 

突然出社拒否になってしまうなら、それは会社にストレスを感じています。

 

本来だったら、ストレスを感じていても「仕事だから」とか「生活をするため」と言って無理やり出勤する人が多いですが、そうじゃないならあなたは限界が来てるでしょう。

 

本当は転職をした方が、かなり楽になりますがいきなり転職と言われても難しいですよね?

 

ですが、転職を考えなくても「辛い時はすぐ逃げる」という事だけは忘れないで下さい。

 

結局逃げようがなんだろうが、仕事が出来る体だったらいくらでもやり直しが出来ます。

 

なので出社拒否になっても良いので、まずは休む事だけを考えてみて下さい。