会社を辞めたい

出社拒否を今すぐ克服するための7つの方法

 

出社拒否になり、それを克服したいと考えていませんか?

 

会社であまりにも辛いことがあると、出社をしない。そんな人が実は沢山います。

 

そこで今回は出社拒否になった時の対策法を書いていきましょう。

 

出社拒否になる原因は?

 

人間関係が悪い

 

出社拒否になるほとんどの原因が人間関係です。

 

結局仕事というのは人間関係の悩みのせいで、辞めたり休んだりするもので出社拒否も人間関係の悩みから来ている人が非常に多いです。

 

上司からのパワハラ

 

特に上司からパワハラをされたという人は、余計に会社に行きたくなくなるでしょう。

 

  • 暴言
  • 暴力

などの精神的に辛いものもありますし。

 

  • 飲み会の強制参加
  • カラオケの強制参加

 

などやりたくないものを無理やりやらされることもあるため、それで出社拒否になってしまいます。

 

残業が長い

 

残業が長いというのも1つの理由です。

 

たとえば毎日夜の10時まで残業をして、平日は仕事しかしない日々。そして休日は疲れをとるためにずっと寝てると言う生活を送っていると「俺は何のために生きているんだ?」と思ってしまうくらい辛くなる事があります。

 

残業耐性は人によって違いますが、あまり耐性がない人が長時間残業をやると心が簡単に壊れるでしょう。

 

仕事に飽きた

 

仕事の内容自体に飽きて、そのまま出社拒否になるなんて事もあります。

 

そもそも人間と言うのは、難しい生き物で忙しすぎても辛い。だけど暇すぎても辛いとバランスがとれていないと精神的に辛くなってしまうものです。

 

なので、仕事に飽きてしまって精神的に辛くなるというのも1つの理由です。しかし「仕事に飽きて精神的に辛くなった」という理由は他人からしてみれば「甘えだろ」と怒ってしまう場面です。

 

ですが、本人はかなり辛いため分かる人がいないというのもかなり辛い状況になってしまうでしょう。

 

燃え尽き症候群

 

燃え尽き症候群とは、簡単に言うと頑張りすぎて燃え尽きて何もやる気が無くなってしまうことです。

 

一定の生き方や関心に対して献身的に努力した人が期待した結果が得られなかった結果感じる徒労感または欲求不満。慢性的で絶え間ないストレスが持続すると、意欲を無くし、社会的に機能しなくなってしまう[要出典]症状。一種の心因性(反応性)うつ病とも説明される。
極度のストレスがかかる職種や、一定の期間に過度の緊張とストレスの下に置かれた場合に発生することが多いと言われている。

引用元:Wikipedia

 

こんな感じで、頑張ったけど会社で評価されなかった。または頑張って働いたけど自分の生き方に疑問を感じて、精神的に辛くなってしまう病気です。

 

特に20代の人が、起こりやすいです。

 

出社拒否になりやすい性格は?

 

真面目

 

出社拒否になる人は非常に真面目です。

 

出社拒否になるくらい、仕事のことを常に考えて自分の将来を考えているくらい真面目です。

 

ですが、真面目な性格というのは一番精神的に辛くなり実は一番仕事を辞めやすい性格でもあります。

 

たとえば、てきとうな性格の人だったら怒られても心の中で(この上司の話長いんだよな~今日の昼飯の事でも考えて時間を潰そう)と言う風にたいして気にしません。

 

ですが、真面目な性格の人だと(怒られたのは俺のせいだ。俺の実力が足りなかったからこんなに怒られている。だからもっと頑張らないと)と言う風に全ての責任を自分のせいにするのが特徴的です。

 

この様に、真面目に責任を考えてしまうと精神的に辛くなります。

 

ちなみに私の友人は上司に怒られた時に「この上司怒る時の顔が面白んだよね」と言う事を心の中で考えるくらい余裕があるくらい肝が据わっています(笑)

 

完璧主義

 

出社拒否になる人は完璧主義の人が多いです。

 

  • 時間を絶対に守る
  • 誤字脱字は何回もチェックする
  • 仕事は100%の仕上がりになってから上司に報告をする

 

などなど、全ての事を完璧にやろうとするのが特徴です。

 

しかし完璧主義と言うのは1つのミスがあるだけで、かなり落ち込んでしまう性格でもあります。

 

たとえば書類の文字を1文字でもミスをして、上司に軽く注意されただけでも「俺は何でこんなに仕事が出来ないんだ」とかなり落ち込んでしまうでしょう。

 

責任感が強い

 

責任感が強すぎる人だと、出社拒否になりやすいです。

 

責任感が強いのは良い事ですが、全ての責任を自分で背負ってしまうと非常に辛くなります。

 

そもそもどんな人でも責任が重い仕事というのは、精神的にも非常に辛くてしょうがないです。

 

誰だってプレッシャーがあると、心が疲れてきますし誰だって責任は背負いたくありません。

 

出社拒否を克服する方法は?

 

休職をする

 

もし、出社拒否をしてまだ1日しか経っていないならそのまま休職をすると言う手もあります。

 

そもそも、ずる休みではなく出社拒否になっているという事は非常に危険な状態です。

 

なので、少し休む事が必要になります。

 

むしろ休むことが、出社拒否を克服するための第一歩になりますよ。

 

関連記事:人間関係で出社拒否になった時のマル秘対策

 

何が辛いのかを紙に書いてみる

 

まず、何があなたのとって辛いのか紙に書いてみましょう。

 

紙に書く事で、自分の悩みを客観的に観ることが出来るため対策が非常にやりやすいです。

 

それに紙に書く事で意外とスッキリします。私も悩み事は紙に書くことがありますが書くという行為をすると、頭の中でスカッとして気分がちょっとだけ良くなります。

 

そして紙に書いたら、次はどうすれば良いのかの対策をしてみましょう。

 

たとえば人間関係に悩んでる時は

 

  • 部署異動をする
  • 上司に出来るだけ関わらない
  • 相談しやすい人に相談する
  • 転職をする

 

と言った対策が出来る様になります。

 

紙に書くと、そういったちゃんとした対策も一緒に考える事が出来て便利ですよ。

 

関連記事:【迷わず退職!】パワハラをされて出社拒否になった時の対策法 2

瞑想をして落ち着いてみる

 

瞑想は多くの人がやりませんし、効果も分かりませんが瞑想と言うのは心を落ち着かせる為に効果的な手段です。

 

心を落ち着かせて、まず心にゆとりを持たせると嫌な気分も少しは落ち着きます。

 

慣れない時は、あまり効果がないかもしれませんが慣れてくると精神的な余裕も少しずつですが、戻ってきますよ。

 

開き直ってみる

 

いっそのこと開き直ってみるという方法もあります。

 

開き直るということは、自分を許すという意味でもあります。

 

たとえば、仕事で失敗しても「こんな失敗誰にでもあるから大丈夫」と自分で許す事で精神的ダメージはなくなっていくでしょう。

 

関連記事:出社拒否になる原因と根本的に治す方法

自分の生きがいをみつけてみる

 

何か1つ自分の生きがいをみつけてみるのが、仕事を続ける中で大事なことです。

 

たとえば、私の友人はアイドルの追っかけをするのが生きがいで給料も全てアイドルに使っています。

 

それに友人はこんな事も言っています「俺が仕事をする理由はアイドルの追っかけをするため。もしアイドルという文化がなかったら俺は働いてないかもしれない」と。

 

友人は仕事も嫌いですし仕事の上司も嫌いです。それに仕事は金稼ぎの手段という風にしか思っていないです。

 

しかしそんな友人でもアイドルのお陰で、仕事がずっと続いているのでこれも1つの方法でしょう。

 

なのであなたも、色々な事をやってみて生きがいを1つでもみつければ出社拒否も驚くほど早く治りますよ、

 

起業をしてみる

 

会社が嫌ならいっそのこと起業すると言う手もあります。

 

起業と聞くと難しそうなイメージがありますが、今の時代10代でも起業する人もいますし、20代前半の人でも沢山の人が社長になって成功してる人がいます。

 

しかも起業する人の多くが

 

  • 会社で働くのが嫌だった
  • 人間関係で苦労するのが嫌だった

 

と言うネガティブな理由の人が多いです。

 

しかも高卒で起業する人も多いため、努力次第では社長になると言う手もありですね。

 

そうすれば出社拒否にならなくて済みますし。

 

転職をする

 

 

あまり転職はしたくないかもしれませんが、出社拒否になっているくらい辛いなら仕事を辞めるのも1つの手ですよ。

 

出社拒否になっているのを克服したいのに転職をすすめるのはおかしいかもしれません。

 

ですが、一度でも出社拒否。つまり休んでしまったら戻ってこれる人があまりいません。

 

うつ病を主因として休職した社員は、職場に復帰しても50%が再発して再び休職してしまうという。2回目の復職では70%、3回目では90%といわれる。

引用元:wedge 

 

この調査はうつ病で休職した人になっていますが、休んでいることに変わりはありません。

 

そしてデータによると50%が職場に復帰できないとも書いてあります。

 

それに、嫌な会社で仕事をするのは嫌ではありませんか?

 

  • 嫌な上司
  • 嫌な仕事内容
  • 嫌と言う程多い残業

 

あなたは色々嫌な事がありますよね?

 

だったら転職を考えてみるのも出社拒否を克服するための方法になりますよ。

 

転職は難しいと思うかもしれませんが、あなたの精神が完全に壊れていない。つまりうつ病になっていないなら全然転職のチャンスはあります。

 

結局健康な体であればどんな人でも転職は出来るので、あなたはにはまだ沢山の就職先があるでしょう。

 

もし転職に興味があるなら、まずはリクナビNEXTに登録して求人をみてみるのが良いでしょう。

↓↓↓

リクナビNEXTの利用はこちらから!

 

そして、本当に転職を成功させたいなら転職エージェントを使ってみるのが一番です。

 

転職エージェントは求人の紹介や面接の練習など転職を成功させるための支援を無料でやってくれる便利なサービスです。

 

転職エージェントが気になる人は、下の記事におすすめの転職エージェントをまとめた記事があるのでそちらをご覧ください!

↓↓↓

【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント