正社員の責任が重すぎて辞めたい人は逃げても良いんだよ

正社員の責任が重すぎて辞めたい人は逃げても良いんだよ

正社員の責任が重すぎて辞めたいと感じていませんか?

正社員は世間体も良いですし給料も良いですが、年数が経つと自然と色々な仕事を任せられるように鳴っていくでしょう。

そしてプレッシャーがドンドン重くなって、仕事を辞めたくなります。

そこで今回は責任が重くて辞めたい時の対処法を書いていきましょう。

責任が重くて辞めたくなる理由は?

上司と言う立場が辛い

責任が重くなる時は、立場が上。つまり上司という立場になった時に責任を感じてやすくなっていきます。

上司になると、仕事が多少自由に出来るようになるので、良いかと思いますがその分部下を持つようになり、しかも自分の考えで仕事をしないといけないので、今までとは責任の重さが違います。

しかも、部下のミスは直属の上司の責任にもなるので、余計にプレッシャーを感じるでしょう。

ノルマのプレッシャーが辛い

職種にもよりますが、営業のようにノルマがある仕事もあります。

ノルマというのは、会社が一定以上の利益を上げるためにいい方法ではありますが、労働者からするとプレッシャーでしかないでしょう。

特にノルマが達成できないと怒鳴られる、給料を減らされる、反省文を書かされるなど酷い会社だとそういった事も平気でおこないます。

反省文を書かせれることや給料を減らされるなどは極端な話ですが。そういったノルマのプレッシャーが辛すぎて辞めたく感じるでしょう。

関連記事:うつ病で仕事を辞めるのではなく、なる前に辞めないと人生後悔する

成果を求められるのが辛い

成果とはノルマとはまた違うもので、たとえば新規プロジェクトのリーダーになったとか、新規商品の開発チームのリーダーになる。

そして新規の商品などで一定以上の成果を上げないといけないプレッシャーが辛くなることもあります。

部下をまとめるのが辛い

部下を持つというのは、上司しかいない新人時とはまた違うプレッシャーもあります。

部下にも色々な人がいて、優秀で素直な人もいれば、何も言う事を聞いてくれない問題児のような部下もいます。

酷い人だと無断欠勤、遅刻などをする人もいます。

無断欠勤などは部下がまず怒られますが、場合によっては「お前の指導の仕方が悪い」と上司も一緒に怒られることもあり、そのせいで余計に責任を感じてしまうでしょう。

そして部下を上手くまとめられない責任で、仕事を辞めたくなります。

関連記事:現役製造業が全て告白!製造業を辞める根本的な理由

上司と部下の対応が辛い

新人の時は上司だけの対応をしてればいいですが、立場が上になると今度は上司と部下の挟み撃ちになって辛くなります。

会社員だと、社長以外の人は常に上司がいます。

課長の上司は部長。部長の上司は社長と言うように、会社のトップじゃない限りは常に上司のプレッシャーに困るでしょう。

しかも、上司の相手をしながら部下の育成もしないといけません。

上司は部下の責任をとる事も多く、大きな失敗をした時は上司が責任をもつことが多くなりそれがプレッシャーになり、辞めたくなるでしょう。

責任が重くて辛い時の対処法は?

周りに助けてもらう

ちょっと難しいかもしれませんが、周りの人にとにかく助けてもらう事を意識する方が良いです。

責任を感じやすい人は、常に1人で頑張ろうとします。

確かに社会人になったら、1人で頑張る事も大事ですが全てを1人で抱え込むと確実に、疲れ果ててしまいます。

それに、良い上司というのは1人で成果を上げる人ではなく、部下にうまく仕事を回す人です。

立場が上になるという事は確かに責任が重くなりますが、逆に立場が上なので人に命令する事も可能になるでしょう。

あまり、人に頼みごとをするのは得意ではないかもしれません。ですが責任が重くなると今度は違う能力を求められます。

その能力が周りに助けてもらって、仕事を上手く回す能力です。

なので、ちょっとずつで良いので立場が上という所を上手く使って、負担を減らしていきましょう。

○○じゃないとダメという考えをやめる

プレッシャーを感じやすい人は真面目な人です。

それこそ、「上司は部下より仕事が出来ないとダメ」と思う人が多いです。

確かに上司は仕事が出来ないといけないかもしれませんが、○○じゃないとダメと思うとドンドン精神的に辛くなります。

たとえば先ほど言ったように、「上司は部下より仕事が出来ないとダメ」と思うと自分一人で全てを抱え込んでしまい、余計に疲れてしまいます。

しかしこういっては何ですが、会社の上司は仕事が全く出来ない人もいます。

私の前の職場の上司なんて、現場の仕事をやったことないくせに、「ここはこうした方が良い」とか「ここはこうやった方が効率が良い」とかまるで見当違いのことしか言いませんでした。

一応上司なので、みんな反論はしませんが、現場からしたら「何言ってんだこいつ?」と鼻で笑われていましたよ。

この様に、仕事が全くできなくても上司をやる人は沢山います。

なので、あなたも少し力を抜いてみましょう。仕事が出来た方がカッコイイ上司にはなれますが、まずは責任を軽くするところから始めた方が良いですよ。

平社員に戻ってみる

ちょっと強引な方法かもしれませんが、平社員に戻って責任を軽くしてみる方法があります。

上司と言う立場から逃げるということになりますが、それでもあなたが仕事をやりやすくなるなら1つの方法です。

ただ平社員に戻っても時間が経つとまた、プレッシャーのある仕事をやる事にはなります。

部署異動をする

責任を感じているなら、いっそのこと部署異動をすると言う手もあります。

部署異動をすれば、また最初からやり直しにもなるのでこれも1つの方法になるでしょう。

ただこれも一時的な方法なので、使うなら1回きりと考えて下さい。

関連記事:【保存版】20代が仕事を辞める時に切り出し方を徹底解説

失敗してもいいやと思う

責任を感じてる人は、とにかく失敗を怖がっています。

真面目な人というのは、失敗=社会人失格の行為と思ってる事があり、とにかく失敗をして上司から怒られる事を嫌います。

確かに失敗をしたら、評価も下がりますが失敗を恐れていたら何も動けなくなるでしょう。

しかし人は必ず失敗をします。それこそあなたが責任を感じるようになるまで沢山の失敗をしてきたでしょう。

なので、「失敗をしてもいいや」そう言う風に思うようにすると心が楽になりますよ。

もちろん、いきなり失敗をしてもいいやと思う事は難しいです。

今まであなたは失敗を恐れてきたのですから、それはもう1か月かかっても心なんて変わるはずがありません。

なので、失敗が怖いと思った時に心の中で「失敗しても良い」と暗示のように思ってみて下さい。

暗示と聞くと怪しく感じますが、おまじない程度に使ってみて下さい。意外と暗示というのは人間の心に大きく影響がありますよ。

楽しみを作る

責任が重いのはしょうがないです。どんな仕事でも長くやっていれば責任が重い事をやりますし、上司もそれを求めています。

ですが、責任が重くて辛い場合それを発散させる所がないとドンドン精神的に辛くなってしまいます。

なので、休日が楽しくなるような趣味をみつけてみてはどうですか?

そもそもメンタルが強い人は、何を言われても気にしない人というのではありません。

イラッとしたり、嫌な事があってもそれを発散する場所があるという事です。

たとえば、私の友人は仕事が大嫌いです。仕事が大嫌いですけど週末になるとアイドルのLIVEや握手会などにいきストレスを発散しています。

友人は上司も嫌いですし、部下も大嫌いです。しかも仕事も大嫌いですけど何だかんだ3年以上は同じ仕事をずっとやっています。

この様に、何か楽しみがあると意外と仕事って出来てしまいますよ。

ちなみに、楽しみを作るコツとしては何でもやってみる事です。

  • 釣り
  • サーフィン
  • 映画鑑賞
  • アイドルの追っかけ
  • 将棋
  • チェス

などなど、やれることは全部やってみると良いです。そうすると意外なものが楽しみになったりしますよ。

仕事を休んでみる

責任が重くて辛いなら、少し仕事を休んでみるのが良いかもしれません。

1日だけずる休みをして、仕事を休んで回復するなら良いですし、全く回復しなくて辛いのだったら恐らくその仕事はあなたに合っていないです。

それに休まないと、下手をするとうつ病になるリスクだって高いです。

なので働けなくなる前に、ちょっとで良いので仕事を休んでみましょう。

空手を学んでみる

なぜ空手?と思いますが、空手や柔道など武道を学ぶと体力もつきますし、精神的に強くなるという事が多いです。

実は、子供が精神的に強くなって欲しいと思う親は、空手や柔道などを学ばせることが多く、実際に空手をやった子供が精神的に強くなったという事は沢山あります。

もちろん子供だけじゃなく、大人も同じで武道をやって体を鍛えると体力と精神力が上がる事はありますよ。

転職をしてみる

本当に限界がきてるなら、転職をしてみた方が良いですね。

責任が重くて辛くて転職をしても、また責任が重くなったら辞めてしまう危険もありますが、それでも今辛いまま続けても危ないです。

先ほど言ったようにうつ病になる事もありますし、うつ病になってニートになり。そのまま30歳、40歳と一生引きこもる事だってありえます。

そうなってからでは遅いですし、あなたの人生も大きく変わってしまいます。

なので、一度転職をすると言うのも考えた方が良いでしょう。

転職を繰り返すというのも良くないですが、本当に良くないのは限界まで頑張って壊れて、働けなくなる事です。

結局転職を繰り返しても働けるなら、日本では生きていけます。

極端な話、コンビニのバイトをしてるだけでも日本では何も不自由なく暮らせてしまいます。

なので、働けなくなる前に転職をしてみましょう。

まとめ

あなたはもっと責任を軽くしたいと考えていませんか?

そもそもあなたは、仕事で課長など上の立場になりたいというのではなく、毎日プレッシャーを感じずのびのび仕事をしたいと思っているはずです。

だからこそ、一度転職を考えてみる方が良いでしょう。

もちろん、私は無理やり転職をすすめるつもりはありません。

転職なんて怖い事ですから、あなたはできればやりたくないとも感じているはずです。

しかしこのまま我慢しても精神的に強くはなりません。

よく我慢して乗り越えたら精神的に強くなれるなんて事を聞きますが、限界まで我慢して壊れてしまう人もいます。

たとえばうつ病になる人は、限界まで我慢した結果起きる病気です。

このまま我慢しても、あなたはうつ病になってしまう可能性もあるでしょう。

だから、精神的に辛くなる前に転職をしましょう。

先ほども言いましたが、日本では最悪バイトをすれば最低限の暮らしは出来ます。

しかし働けないと、家族にも負担はかかりますし生活保護を貰う勇気もないでしょう。

だからこそ、一度逃げることだけを考えてみたらどうですか?

転職を考えるならリクナビNEXTというネットの求人サイトが便利ですし。

↓↓↓

リクナビNEXTはこちらから!

リクルートエージェントという、転職エージェントサービスを使えばあなたの転職のサポートを無料でサポートしてくれます。

↓↓↓

リクルートエージェントはこちらから!

関連記事:【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする