会社を辞めたい

ハローワークが怖いと思った時の4つの恐怖を打ち消す方法

 

ハローワークに行くのがトラウマになっていませんか?

 

ハローワークは就職で使う時に、誰もが一度は使う場所ですが場合によってはたった1回行っただけでトラウマになってしまうことがあります

 

ですが、就職するためにはハローワークに行かないといけません。

 

そこで今回は、ハローワークが怖いと感じる時の対策を書いていきましょう。

 

ハローワークが怖い理由は?

 

職員の態度が怖い

 

まずハローワークが怖い1番の理由。それが職員の態度があまりにも悪すぎる事です。

 

ハローワークの職員はネットでもかなり不評です。

 

  • 態度がでかい
  • 上から目線
  • 説教をしてくる

 

などなど、色々な事がありますが実際に私もハローワークにいった事がありますが、本当に態度が大きくて、怖かった記憶があります。

 

私の場合は、「こんな早く仕事を辞めて社会人として通用すると思う?そもそも…」と延々と説教をされたことがあります。

 

別にこっちは、知らないおじさんから説教をされても響かないですし、そもそもこっちは就職しにきたから、おじさんのうざい説教はいらないと心の中でかなり怒っていました。

 

この様に、職員の態度の悪さがハローワークを避けたくなる原因になると言えるでしょう。

 

高卒なのが怖い

 

高卒というと、一部の人は学歴コンプレックスを持っている人もいます。

 

たとえば、ハローワークは勝手なイメージですが高学歴の人が多そう。そんなイメージのせいで高卒の人は「学歴で馬鹿にされるんじゃないのか?」と思う事があるでしょう。

 

この様に、高卒の人は学歴に対して少し不安に思っている事があり、怖くなってしまいます。

 

転職出来るのか怖い

 

そもそも、自分が転職出来るのか?と思ってしまう人もいます。

 

確かに今の時代、不況と言われて就職が中々出来ないこともあるでしょう。

 

しかもネットでは、面接に100社以上落ちたという体験談も書いてあるため余計に怖くなってしまいます。

 

求人がブラックばかりで怖い

 

ハローワークの求人はブラックばかりとネットで噂がありますが、実際にみてみると本当にブラックな求人ばかりで驚きます。

 

  • 年間休日90日
  • 月の残業90時間以上
  • 給料が手取り14万円

 

などなど、私がみた限りではブラックな求人が非常に目立っていました。

 

そもそも転職をするには前よりいい会社に行くために転職をするんです。なので良く言う「選ばないと仕事はあるよ」と言う風に言われても、転職者からしたら全く意味がないでしょう。

 

ハローワークが怖い時の対処法は?

 

職員を変えてもらう

 

ハローワークが怖い理由で一番多いのが、職員の態度の悪さです。

 

確かに職員の態度が酷いと、トラウマになりハローワークに行きたくなくなるでしょう。

 

ですが、嫌な職員だったら変えてもらうというのも1つの手です。

 

別にこちらが職員を変えてはいけないというルールはありません。

 

嫌だったら「相性が悪い」と言う理由で無理やり変えてもらうと言うのも1つの手でしょう。

 

たとえば、この人が苦手という人にあったら、トイレに行くとか体調が悪くなったのでまた後日などと言って、無理やり話を終わらせてしまうのも1つの手です。

 

ハローワークは、会社で働くのとは違い嫌な人から逃げても良いんですよ。

 

関連記事:ハローワークが混んでる?だったら転職エージェントを使った方が良いよ

高卒でも馬鹿にはされない

 

ちなみに、高卒だから馬鹿にされるのではないか?と思う人もいますがそれはなかったです。

 

私も高卒だったんですが、ハローワークで細かい書類を提出して相談に行っても特に何も言われませんでしたね。

 

お説教はされましたが(笑)

 

関連記事:ハローワークに行きたくないと思った時に明日やりたい3つの対策

こちらの態度も大きくする

 

職員の態度が悪いなら、こちらも少し態度を大きくした方が良いです。

 

何がいけないかというと、職員の人が無職者だからと言って威圧的になってしまうことでしょう。

 

ですが、無職でもこちらの態度が大きくなるのはいけない。そんなルールはありません。

 

むしろ職員の人はお金を貰って、ハローワークで仕事をしているので本来職員の方がダメなことでしょう。

 

なので無職でも弱気になってはいけません。むしろ職員の人を使ってやるくらいの気持ちで挑んだ方が良いですよ。

 

関連記事:ハローワークの仕事が受からない原因と今すぐやりたい6つの対策

女性の職員を狙う

 

これは私の勝手な経験ですが、女性の職員。特に若い人だと態度も良いですし親身に接してくれます。

 

先ほどいった説教をしてくる人は、男性でおじさんの職員でしたが、女性の職員の場合はこちらの話を聞いてくれましたし、「一緒に頑張りましょうね」と励ましの言葉を貰いました。

 

もちろん場所によっては、私の方法が通じない場合もありますがそれでも女性の職員に話を聞いてもらうのは使える方法です。

 

ちなみに、女性の人に当たるのは完全に運になりますが、一度担当になると名刺などを貰えば次に相談する時にその人を指名する事が出来ますよ。

 

ホワイト企業の求人もある

 

ちなみにハローワークはブラックばかり。そんな風に思っていますが一応ホワイト企業の求人も少しですがありましたよ。

 

たとえは

 

  • 年間休日120日
  • 給料18万円
  • 残業なし

 

と言った求人です。「これがホワイト企業の求人?」と思う人もいると思いますが、私が見た限りこの求人がハローワークの中でまだ良い方の求人でしたね。

 

ちなみにこの求人は私も応募したことがありますが、1人しか採用しないのに5人も面接にきてかなりの倍率になって私は見事に落ちてしまいましたよ(笑)

 

何が言いたいのかというと。こういった待遇が良い求人は人気が高いため、あってもすぐに埋まってしまうと言うのが現実です。

 

ただ、ホワイト企業の求人があるのは事実ですからね。

 

転職エージェントを使う

 

転職エージェントとは、あなたの転職を支援してくれるサービスで

 

  • 求人の紹介
  • 面接の練習
  • 面接日程の調整
  • 履歴書の訂正
  • 残業時間の確認

 

などなど、あなたが転職が出来る様に全力でサポートしてくれるサービスです。

 

転職エージェントの何が良いかって、こちらがお客さんという立場で使う事が出来ます。

 

ハローワークだと無料で使えるせいで、こちらの立場が下になる事が多いです。

 

ですが、転職エージェントは人材派遣というちゃんとしたビジネスで動いています。

 

たとえば、転職エージェントは紹介した人の年収の何パーセントかの紹介料が貰えます。

 

たとえば年収が300万円の人だと、30万円転職エージェントにお金が入るというシステムです

 

なぜビジネスだと都合が良いのか?それは転職エージェント側も紹介しないと儲からないので、どうにかして転職させようと努力をするからです。

 

ハローワークは企業も私たちも完全無料で使えるサービスのため、職員の人もやる気のない人が多いです。

 

しかし転職エージェントはお金がかかっているため、社員の人たちも本気で転職させようと支援してくれます。

 

悪い言い方をすると、お金が欲しいがために年収が高い求人をごり押ししてくる人もいますが、それでも転職をさせようとしてくれるのは変わりません。

 

なので、ハローワークがどうしても怖いという人は、転職エージェントをおすすめします。

 

もう1度言いますが、転職エージェントならこちらがお客様として使う事が出来るので職員の人も親切な人が多いですよ。

 

気になる人は下の記事に使いやすい転職エージェントをまとめた記事があるので、そちらをご覧ください。

↓↓↓

【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント