28歳でスキルなしの人が転職を成功させてホワイト企業に行くためのコツ

28歳でスキルなしの人が転職を成功させてホワイト企業に行くためのコツ

28歳で、特に何もスキルがなくて転職が出来るのか?そう言う風に悩んでる人は多いです。

特に、日本では30歳が転職の限界と良く言われていて、30歳手前の28歳の人はかなり焦ってしまうでしょう。

いきなり結論を言うと、28歳でスキルが特にないという人でも転職は可能です。

しかも今よりい会社に行ける確率は沢山ありますよ。

28歳でも転職が可能な理由は?

20代だから

28歳は四捨五入すると30歳、あと2年すると30歳。確かにあまり良い響きではありません。

しかし良い風に言うと、まだ20代です。20代と言うのは転職が一番やりやすい年齢なので、28歳のあなたもまだまだチャンスはあります。

ぶっちゃけ言うと、29歳と30歳ではとんでもなく大きな差があります。企業側も同じ能力だったら29歳の人を採用したいと強く思います。

やはりそれだけ、20代という称号は大きいもので転職する時にも有利になりますよ。

即戦力になれるから

28歳というのは、まだまだ若いですが社会人経験が多いため即戦力になれると期待されています。

即戦力と言っても、仕事の能力ではなく上司とのコミュニケーションの方法の事です。

たとえば20歳の若い社会人の場合は、上司との接し方というのがあまり分からず、コミュニケーション不足になりがちです。

しかし28歳にもなれば上司との接し方も、感覚で分かっているため新入社員でも仕事を円滑に進めることが出来るからです。

たかがコミュニケーションと思いますが、これがあるだけで20歳、24歳の人たちとは比べ物にならないくらい仕事の能力に差が出るため、28歳の人もチャンスは沢山あるんですよ。

日本に若い人材がいないから

今日本は少子高齢化になっています。それこそあまり20代がいない会社もあるくらい若い人材が不足しています。

私が前いた職場なんて70人以上もいて、私ともう1人の先輩だけが20代で後は全員30代より上の人たちしかいない会社でした。

いくら古い企業とはいえ、少子高齢化の波がここまで現実的にみえてくると、何とも言えない気分にもなります(笑)

企業は人間性を重視する

意外かと思いますが、企業側も人間性を重視する所が多いです。

というのも、下手に年齢を重ねてプライドだけが高くなった人は、企業としても優秀でも雇いたくはないです。

たとえば、前の会社で営業成績が1位など素晴らしい実績を持っていても

  • 態度が悪い
  • いう事を全く聞かない
  • 上司に反抗する

など、仕事をする時に支障が出たらせっかく雇ったお金が無駄になります。

それに、実績があってもそれを今の会社で生かせなかったらまるで意味がないでしょう。

なので、実績やスキルがある人もよりも企業は人間関係を重視する事が多い。

これを覚えていれば、転職をする時に精神的に楽になりますよ。

関連記事:28歳男性が転職を成功させるための必須テクニック4選

28歳でスキルがないけど転職に成功するには?

誰よりも熱意を持つ

スキルがない人は、確かに不利かもしれません。それこそ資格が1つあるかないかだけで、決まる面接もあるので、厳しいものもあるでしょう。

しかし、そういったものよりもとにかくやる気と熱意があれば、転職が出来る可能性は高いです。

先ほど企業は人間性を重視する所が多いと言いました。もちろんスキルも大切ですがそれ以上に人間性が良く「この人と一緒に仕事をしたい」と思わせればそれだけで勝ちでしょう。

そして、人間性を伝える一番いい方法が面接で熱意をみせることです。

たとえば誰よりも企業研究をして、「この会社のここに惚れて面接をしにきた」と他の人が言えないような事を言えると、その熱意は面接官に伝わるでしょう。

どの企業の面接官も、長い時間人を見てきてるので、「こいつはやる気が高いな」というのは意外とすぐわかってしまいます。

なので、やる気とか熱意とかみせるのは「恥ずかしい」とか「見苦しい」そんな風に思わない様にしましょう。

ちょっと胡散臭く感じるかもしれませんが、意外と多くの企業が能力より人間性を求めている所が多いですよ。

関連記事:28歳が未経験の仕事に転職する時の8つのコツ

転職手段を選ばない

意外と多いのが、転職の手段を選んでしまうことです。

たとえば、なぜか分かりませんがとにかくハローワークにこだわって、転職サイトなどネットを見ない人がいます。

確かに転職サイトというのは、使った事がない人は怖いと思うかもしれません。

ですが、そこでハローワークしか使わないという手段を選んでいたら納得のいく転職が出来ませんし、そもそも内定すら貰えない確率が高いでしょう。

なので転職で使えるものは全て使いましょう。

たとえそれが、友人や親からの紹介であってもとにかく内定が貰えるためには手段を選ばない事。

もう1度言いますが使えるものは全て使いましょう。そう言う事を言いたいです。

派遣から正社員と言う方法もある

ちょっと難易度が高いかもしれませんが派遣社員から正社員になるという方法もあります。

派遣社員はあまりいいイメージがなく、なりたくないという人も沢山いるでしょう。

しかし、派遣社員でも優秀な人は正社員になれるという事を忘れてはいけません。

一応派遣社員から正社員になるのも、立派なやり方です。形は正社員なので問題はないでしょう。

それに、いざという時は派遣社員になる事も頭に入れないといけません。

というのも28歳でも転職は無事に出来ますが、もちろん上手くいかない人も沢山います。

そして転職が上手くいかなくて、無職期間が長くなると絶望してそのまま自殺したり、転職が怖くなってそのまま引きこもりのニートになる確率が高いです。

派遣社員は世間の評判が悪いですが、無職になるよりは全然良いです。

多くの人が派遣社員の事をバカにしますが、無職の時間が長くなって、働く事が事態が怖くなる方がよっぽど将来が危ないです。

なので、いざという時は派遣社員になる事も決して忘れないで下さい。

自己分析をしっかりやる

転職の時に自己分析をしっかりとやる事は非常に大事です。

多くの人は自己分析をしませんが、たとえば面接に行く会社で自分の長所をどう言うのかがポイントになります。

たとえば、営業職でも積極的にお客さんに売り込むタイプと、お客さんと世間話をしてちょっとずつ信頼を高めて買わせるタイプの営業があります。

積極的に売り込むタイプは、話し上手な人が良いですが、信頼を高めるタイプは逆に話すのが苦手だけど、話を聞くのが得意という人に向いています。

営業は話し上手な人しかできないイメージがありますが、実は話すのが苦手な人でもやり方を変えれば強い武器にもなるでしょう。

なので、自己分析をしっかりして「自分をどう売り込むのか?」と言うことを考えた方が内定率は上がります。

オリジナルの方法で面接に挑まない

多くの人は、面接対策をネットでみたやり方で対策をするでしょう。

実際私も初めての転職は、ネットで見た対策しましたがこれはおススメをしません。

というのも、ネットの方法だけを使っても、その企業に対して良い印象を与えるかどうかが全く分からないからです。

たとえば、「志望動機は?」という会社によくある質問ですが、これをネットの例文通りに答えてしまうと「ありきたりな答え方」とみられて実は印象に残りません。

それに、ネットによくある「高確率でくる質問集」というものをみて対策をしても予想外の質問をしてきた場合は返答が出来ないでしょう。

私なんて、志望動機は絶対に聞かれると思って準備したのに、とある会社だと志望動機を聞かれないでいきなり世間話をしてきた会社もありました。

そのおかげで用意していた、面接の質問の暗記が全て吹き飛びましたよ(笑)

この様に、1人で対策をしても実は非効率な事が多いです。

なので転職エージェントというのを使った方が良いですよ。後で詳しく説明しますが転職エージェントはプロの担当者が、面接対策を一緒にしてくれるサービスがあります。

ネットの回答より、プロで現場を一番よく知っている人が面接対策をした方が圧倒的に効率が良いため、おすすめしますよ。

↓↓↓

【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント

自分ではなく企業が喜ぶそうなことを話す

こんな事を言うのは何ですが、28歳になったら企業が喜びそうなことを面接で話した方が良いでしょう。

若い時は、自分のやりたことを堂々と言えましたが28歳はもう立派な社会人の一員です。

なので、多少はやりたくもない事をしないといけません。

だから「これ意味があるの?」と思う志望動機も「こんな事を聞いてどうするの?」と思う「長所や短所はなんですか?」という質問も綺麗に答えないといけません。

それこそ、例文ではなく企業が「この人は凄い」と思わせるような回答をしないといけません。

未経験者歓迎を探す

28歳でスキルが何もないという人なら、未経験歓迎の求人を探した方が良いです。

28歳は若いと言っても、経験が何もない人は企業は欲しがらない事が多いです。

それこそ求人をみると経験者募集という内容ばかりでちょっとうんざりしてきます。

なので、探すときは積極的に未経験歓迎を探す。そして経験者優遇や経験者募集の所は待遇がよくても応募しない様にしましょう。

何かを捨てる

何かを捨てるとは簡単に言うと

  • 給料
  • 人間関係
  • 残業時間
  • 仕事のやりがい

などです。たとえば給料が良い所で働きたいと思ったら残業時間は諦めないと転職が難しいです。

給料が良くて残業がないというのは公務員だったり、資格のある仕事など何かしら特別な仕事が多く、たとえあったとしてもそういった企業は人気が高い。そしてライバルが高学歴で実績のある凄い人ばかりと言う事が多いです。

ですが、逆に残業時間の短い所に行くと今度は給料が下がります。

日本の会社は残業代を貰って給料を高くするという所が意外と多く、手取り25万円と求人であっても実際は残業をして25万円で、基本給が18万円とかだったりします。

なので、全ての待遇が良くなるとは考えないで「自分が一番大事にするもの」を1つ決めて転職に挑むと良いですよ。

ちなみに、私は給料は少なくても良いので残業が全くない所が良いというこだわりがあります。

そして転職をした時に給料は前の半分以下になりましたが、毎日定時で帰れて割と幸せな日々を送っていますよ。

とにかく早く行動する

28歳と言うのは、下手をすると今年で29歳になる人もいるでしょう。

そう、ゆっくりしているとドンドン年齢が重なり、下手をすれば30歳まであとわずかと言う事もあります。

なので、転職をしたいと思ったらとにかく早く行動をした方がいいですよ。

そうしないと、転職のチャンスがなくなってしまいますから。

まとめ

色々書きましたが、まず最初に行動することは転職エージェントに相談をする事です。

転職エージェントなら、28歳のあなたでも転職が出来る場所を沢山紹介してくれますし、本来だったら書類審査で落ちるような所も転職エージェントを使ったら、面接まで行ける場合があります。

それに土日などの休日でも営業してるところが沢山あるため、仕事をしながらでも相談だけでも行く事が可能でしょう。

それに1人で転職活動をするのは非常に危険です。

何かスキルがあれば別ですが、ここで検索してきた人は「28歳 スキルなし」と書いてここまで来ています。

スキルがない人が、誰も手伝いもなしで1人で転職活動する事は非常に難しいのは確かでしょう。

それに、ズルズルと転職活動が長引いてもし30歳になったらまたピンチが広がってしまいます。

30歳でスキルがない人が、たった1人で転職する事はかなり無謀になるでしょう。

もちろん転職は可能ですが、その場合は今より残業も多くて給料は下がると言った、環境が酷くなる転職になる確率が高いです。

だからこそ、転職エージェントを使って早めに転職を決めないといけません。30歳になったらかなり転職で不利になりますから。

面接をする時も、プロの客観的なアトバイスを貰って確実に高評価になるような面接をした方が良いです。

履歴書も魅力的な書き方をプロの人に指導してもらえる方が、非常にありがたいでしょう。

あなたは、今よりいい会社に行きたいのではないですか?

もっと給料を上げたいですし、もっと残業を減らしたいのではないですか?

そう考えているなら、28歳である今のうちに急いで転職活動をした方が良いです。

なのでぜひ転職エージェントを使って、効率的に転職をしてみましょう。

転職エージェントは、リクルートエージェントというのが一番大手サイトで求人も多く知名度があるのでおススメが出来ます。

↓↓↓

リクルートエージェントはこちらから!

しかし他の転職エージェントも気になる人は、下の記事におススメの転職エージェントをまとめた記事があるので、そちらをどうぞ!

↓↓↓

【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする