歴然の差!ホワイト企業とブラック企業の圧倒的違い

歴然の差!ホワイト企業とブラック企業の圧倒的違い

結局の所ホワイト企業とブラック企業の違いってなんだろう?そう思った事はないですか?

今回話していくのはブラック企業とホワイト企業の決定的な違いです。

給料が違う

ホワイト企業とブラック企業はまず給料面が違います。

新人の時の給料はどちらの給料も変わりがないですが、1年後、2年後になった時にはもう全く違う金額を貰っている事が多いです。

まず、ホワイト企業では給料が1年ごとに上がっていきます。流石に1年では少額ですが、これが2年、3年となるにつれて金額がドンドンあがっていきます。今の時代は不景気だなんだといわれていますが、それでも儲かっている会社は沢山あります。

パズドラで有名なガンホーだって、GoogleだってAmazonだって儲かっています。この3社に入社している人は給料も違っていきます。

それとブラック企業にはサービス残業があります。全ての会社にサービス残業があるわけではないですが、サービス残業をすると自分の給料が貰えないどころか人生の時間を奪われていくので金銭面と時間大切な物を両方失っていきます。

そして4年、5年とたっていくときには基本給も障害年収もホワイト企業にいる人とドンドン離れて行ってしまいます。

労働時間が違う

ホワイト企業は基本的に残業がないのでブラック企業と比べると労働時間がまるで違います。

ブラック企業は終電ギリギリまで働く所も多いですがホワイト企業は定時帰り。これだけでも人生の質が全く違います。

仮に残業代が全て出るにしてもホワイト企業の人は自分の時間が沢山できて副業をするチャンスが生まれます。

副業では上手くいくと個人で50万円を簡単に稼ぐことも可能で、ぶっちゃけホワイト企業の部長になるより効率的にお金を稼ぐことが出来ます。

しかし労働時間が長いブラック企業では自分の時間が持てず副業をするチャンスすらなくなります。

ブラック企業の人でも副業する時間があれば良いですが、長時間労働をしていると体と心が疲れ果てて家に帰って寝ると言う人が多いです。

労働時間が短いと自分の時間でお金稼ぎ、自分磨き、趣味を楽しむなど人生を最大に楽しむことが出来ます。

会社の清潔さが違う

ブラック企業のほとんどは汚いです。しかもブラック企業の特徴として事務所だけは綺麗というのがあります。

事務所はピカピカだけど、作業場は物が散らかり、壁と床は黒ずみ、機械は40年前のものを使いまわし、などとにかく汚いのが特徴的です。

しかしホワイト企業は整理整頓がきちんとできて、掃除も外注の腕のいい掃除業者に頼み事務所は勿論、作業場もトイレでさえピカピカになっています。

掃除が出来ていない企業はブラックと時々聞きますが、まさにその通りと言えます。

ブラック企業でもホワイト企業でも整理整頓はちゃんとやってと言われますが、ブラック企業では口だけの整理整頓で先輩たちを観察すると整理整頓のせの字も無い人が多いです。

しかしホワイト企業では整理整頓を徹底している人が多く、逆に自分の机が汚いと怒られる場合もあります。なので根本的な意識が全く違います。

人手が違う

ブラック企業は常に人が足りない、しかしホワイト企業は人手が常に足りているのが特徴的です。

ブラック企業はあまりに過酷な労働環境の為人が常に辞めていきます。入社して3年もつ人は珍しく、平均で3か月で人が辞めて、酷い時には1日目で逃げる人も出る始末です。

しかしホワイト企業では待遇や働きやすさは最高なお陰で滅多に人が辞めません。1年以上社員がいるのは当たり前、定年まですごす人がいる事も多く、求人に人材の募集を滅多にしない事も沢山あります。

常に人が足りないのがブラック、そして常に人が足りているのがホワイトです。

学べることが違う

ブラック企業でも学べることはあります。それは長時間労働に耐える力と、適度にサボる力です。

ブラック企業では基本的に長時間労働なので仕事のスピードが遅くなってしまうんです。長時間ぶっ続けで作業をすると人間の体は疲れてしまい当然ながら作業効率は落ちてしまいます。

そして人は残業が確定していると「どうせ残業だから体力を温存しとこ」と考えて仕事のスピードは圧倒的に遅くなってしまいます。

それはそうです、だって夜の11時まで残業するのが確定しているなら朝と昼は夜の仕事に備えて体力を残さないと疲れてしまうからです。

ホワイト企業で学べることは仕事の効率化や自主的に動く力です。ホワイト企業の人はとにかくレベルが高いです。

それは労働時間を短くする効率的な動きと、常に会社の収益アップに繋げるための画期的な企画力。全ての人のレベルが高いです。

なので油断していると会社のお荷物状態になる事もよくあります。会社の先輩たちも簡単な事務仕事なら教えてくれますが、企画などアイディアがいる事は自分で気づかないといけないので、中々教えてくれません。

レベルが高い人達に囲まれると自分もレベルが高くなり、結果的にキャリアアップなどにも繋がります。

メンタルが弱い人は迷わずホワイト企業に

このサイトはメンタルが弱い人の転職や仕事のやり方を支援するサイトです。

そしてメンタルが弱い人はブラック企業かホワイト企業どちらに行けば良いのか?と聞かれると間違いなくホワイト企業です。

メンタルが強い人の中にはブラック企業で精神力を鍛えてからホワイトに入社すると言う人もいますが、このサイトをみている人がそれをやったら確実にメンタルが壊れ、うつ病になります。

そもそもブラック企業に無理やりいくメリットがほとんどありません。このサイトをみている人はとにかく心が安定する職場のいくべきです。

人間関係が良くて、毎日平和的に暮らせる職場に入るべきなので目指すべきはホワイト企業です。

変な職場に入り、トラウマが生まれ仕事ができない体になってからでは遅いです。定年まで健康的に出来るなら定年を過ぎても健康的に暮らせるようにするのは無茶は絶対にダメです。

なので出来るならホワイト企業、それが難しいならせめて人間関係が穏やかで平和的に過ごせるゆるい職場に入る事を絶対におすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする