会社を辞めたい

仕事辞めた後の生活を実体験で告白!

 

仕事を辞めた後の生活はどうなるの?と思う人がいます。

 

そこで今回は、仕事を辞めた後の楽しさと苦労を実際に体験した私が話していきます。

 

最初の1か月は天国

 

仕事を辞めた1か月目は天国と言って良いでしょう。

 

やはり、苦痛だった仕事を辞めることが出来たため心は非常に楽です。

 

しかも明日から暫く会社に行かなくていいと思う事が出来たので、非常に嬉しかったです。

 

非常に天国でしたが、最初の1か月は「夏休みと言う事で休んでいいよね?」と思ってしまい転職活動をなにもしていませんでした。

 

このサボリが後になって、かなり痛手になったので今では後悔しています。

 

2か月目から焦る

 

仕事を辞めて2か月目からもう焦りが生まれてきます。

 

と言うのも転職活動に非常に時間がかかる事をここから経験をすることになるからです。

 

たとえば、私はハローワークを使って転職活動を始めましたが、ハローワークで仕事の応募をしたら「では1週間後の月曜日に面接をお願いします」と面接をするまで1週間かかり面接が終わった後も「では1週間後に合否の連絡をするので」とまた1週間後に連絡をされる。

 

つまり、1つの会社で合否が分かるのが2週間以上かかるわけです。

 

しかも私は複数の会社に応募しなくて、1つ1つ丁寧に選んだので1か月に2社しか受けていません。

 

しかも、私は何か特殊な技能も実績もないので、2社程度受けただけで受かるはずがなく「転職活動ってこんなに難しいの?」と感じるようになりました。

 

一応私は、ネットで「転職活動は早めにやれ」という記事を何個もみましたし「転職活動は意外と時間がかかる」という記事もみたので、準備はしてましたが実際に経験するのとネット記事をみるのではまるで違うと実感しています。

 

ここから私はかなり焦り始めてしまいます。

 

3か月目から生きた心地がしない

 

そして3か月目ですが、ここから家にいても生きた心地がしません。

 

親から「早く就職しろ」と圧力をかけられますし、無職なのでご飯を食べても気まずすぎてまるで味がしませんでした。

 

しかもこの時期は12月だったため、他の企業はあまり募集してるところをみかけませんでした。

 

飲食店の正社員なら沢山応募があったんですが、私は人見知り、コミュ障属性を持っているため接客業なんてやったらプレッシャーで胃が荒れてしまうでしょう。

 

しかし私も流石に焦りまくったので、バイトでも良いので内定が欲しいと漫画喫茶のバイトの応募しましたが、なぜかこれも落とされてしまいます。

 

本当にこの3か月目は生きた心地がしません。ご飯も味がしません。家族に会ったら冷たい目で見られます。

 

4か月目にバイトで内定を貰う

 

そして4か月目で、やっとバイトですが内定を貰う事が出来ました。

 

本当は正社員の内定が欲しかったんですが、あまりにも家族の目が冷たく家にいても恐怖しか感じなかっため、とにかく何でも良いので働こうと決意をして、バイトを始めます。

 

本当に緊急時代の対処法ですが、それでも無職よりは全然良いと思ったので良いでしょう。

 

仕事を辞めた後の注意

 

貯金がなくなる

 

まず仕事を辞めたら貯金が減っていきます。

 

実家暮らしの人はあまり減らないのでは?と思うかもしれませんが、意外と減っていきます。

 

まず携帯代、これが一番大きいでしょう。20代の人は平均でも月に6000円、多くて10000円以上かかる人が多いため、少なくとも月に6000円以上はお金が減っていきます。

 

次の国民保険の料金。会社を辞めると保険がなくなるため国民保険に入る事を推奨しています。

 

もちろん、すぐに転職するという人なら良いですけど、一応入ってた方が安心感はあります。ちなみに私が払っている金額は16000円ほど。

 

そして、意外にお金がかかるのが交通費と履歴書に貼る写真代です。

 

交通費は、都市部に住んでる人なら良いですが、それ以外の場合は往復で1000円かかる事もあるでしょう。

 

ちなみに私はソコソコの田舎に住んでいて、都市部の方に行くために往復900円かかっていました。

 

そして値段が馬鹿にならないのが、履歴書の写真代です。写真は無人の写真機で撮っても800円ほどかかり、しかも面接で落ちれば落ちるほど写真の数は多くなっていきます。

 

800円、1600円と面接で落ちたり書類審査で落ちるとドンドンお金がかかって貯金がなくなるでしょう。

 

なので実家暮らしだからと言って、油断してはいけません。特に携帯代は非常に痛い出費ですよ。

 

 

正社員以外の道も知っておこう

 

仕事を辞めて時間が経つと自分が想像しない以上に焦ります。

 

特に実家暮らしの場合は、家族の冷たい目のせいでご飯の味がしなくなり、家の居心地が非常にわるくなるでしょう。

 

その場合は私のように、緊急事態と思ったらバイトをしても良いでしょう。

 

正直あの時の私は知識がなかっため、バイト以外の選択肢がなかったように見えますが、今思えば派遣社員になれば良かったと思っています。

 

派遣社員だったら給料も圧倒的に良いですし、空白期間もないためお金を貯めて情報を集めながら安心して転職活動をする事が出来たでしょう。

 

なので、あなたも本当に緊急の時はバイトをするか、空白期間が気になるなら派遣社員で働くという道も考えるとよりよい転職が出来ますよ。

 

 

転職方法は全て使おう

 

これも昔の私の本当に伝えたいですが、全ての転職方法を使った方が絶対に良かったです。

 

たとえば、私はハローワークで転職することしか考えていなかったですが、今思うと転職サイトを使って求人を見つける方法も出来ましたし、辞めた時は20歳だったのでいくら高卒でも転職エージェントを使えばもっと効率的に転職活動が出来たでしょう。

 

たとえば私は面接のやり方を全てネットで調べて、やっていましたが結果は全て不合格。

 

しかも書類審査も時々受からない様なものがあり、履歴書もネットで調べた例文を使っていました。

 

しかし転職エージェントを使えば、面接の指導もしてくれますし、履歴書のチェックもしてくれます。

 

もっと早く転職サイトやエージェントの存在に気付くべきでした。

 

それに、先ほど言ったように派遣社員で働くという選択もありました。

 

私のように失敗したくないなら、転職方法を全て調べ上げて全て使ってみると言う事をした方が良いでしょう。

 

  • ハローワーク
  • タウンワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • 派遣社員

無職の間なら、時間が沢山あるため情報を沢山集めることが出来ますし、色々なサービスを使う事も可能でしょう。

 

なので、あなたも後悔したくないならとにかく情報を集めて、失敗しない転職活動をした方が良いでしょう。

 

 

転職を後悔してるか?

 

ここまで転職活動で焦ったことや失敗したことを書きましたが、では転職をしたことを後悔しているか?と考えた人もいるでしょう。

 

結論から言うと全く後悔していません。

 

確かに、転職活動は想像以上に難しい所がありましたが、それでも前の会社にいるよりかは10倍以上は楽です。

 

転職をしたおかげで、正社員以外の道でも生きてはいける事を知りましたし、バイトで給料が足りなかったのでネット副業をするという選択肢も生まれています。

 

むしろ辞めた後の生活の方が私は生き生きとしています。

 

前の会社にいた時は毎日死にたいと思っていましたし、高いビルや山をみると「飛び降りたら死ねるかな?」と考えることが日常でした。

 

なので、あなたも転職に迷っているなら一度仕事を辞めてみる方が良いです。そうすれば私みたいに失敗から学べることがありますし、正社員以外の道というのも考えることが出来るでしょう。

 

もし少しでも転職を考えるなら、有給をとってハローワークに行ってみるのも良いですしリクナビNEXTなどの転職サイトならいつでもどこでも求人を閲覧する事が出来るのでおすすめしますよ。

口コミはこちらリクナビ公式ページはこちら