ハローワークの仕事が受からない原因と今すぐやりたい6つの対策

ハローワークの仕事が受からない原因と今すぐやりたい6つの対策

ハローワークの求人に募集をしてるけど何度やってみ受からない。

面接対策も履歴書もちゃんと書いてあるのに受からない。

1社、2社ならまだいいですが、10社以上落ちていると流石におかしいと思います。

そこで今回はハローワークの求人に落ちる理由と対策方法を書いていきましょう。

仕事が受からない原因は?

面接の仕方が悪い

仕事が受からないのは、面接のやり方が悪いという可能性があります。

自分では完璧に面接が出来ていると言っても、面接官からするとあまり印象が残らない面接をしてる場合があります。

恐らく大半の人は、ネットの面接対策をみたか面接の本を買ってそれを実践してる事が多いでしょう。

確かにそれで充分対策にはなりますが、面接というのは企業によって求められることが全く違います。

たとえば、ゲーム会社の面接でゲームが大好きですと言うと、実は印象が悪いです。

理由はゲームが好きな人ほど、ゲーム制作の裏側を知ると理想と現実のギャップに苦しんで一番早く辞めてしまう。そう言った事を長年面接をしてる会社の人は知っているからです。

この様に、実は自分が良いと思っている事は逆効果と言うことがあるため、中々会社から内定が貰えないなんて事があります。

履歴書の書き方がまずい

実は受からない人は履歴書の書き方がダメな事があります。

たとえば字が汚すぎるとか、文字のバランスがおかしいなどそもそも基本的な事が出来ていない人もいます。それに自己PRのところをネットの例文を丸写ししてよくある文章を書いてしまう人います。

確かにネットの例文を書くのは間違いじゃないですが、実は面接官からすると「ありきたりな魅力のない人」と思われる事があり、落とされている事があります。

企業が経験者しか求めていない

ハローワークで実は多いのが、企業側が経験者しか求めていないという事です。

求人に未経験者歓迎と書いてることがありますが、実は会社からすると経験者がいるならすぐに経験者を雇うというのが本音です。

それで、面接にいって1人でも経験者がいると面接の内容にかかわらずその人に決まってしまいます。

なので、未経験者歓迎という罠に注意しましょう。本音は経験者がいたらその人を雇ってしまうので。

仕事が受かるようにする対策は?

大量募集のところを狙う

ハローワークの中には探して見ると、大量募集をしてるところもあります。

私がハローワークを使ってた時は、新規の建設業の仕事で作業員が20人ほど募集してるところがありました。

探して見ると、大量募集してる所はどこかにあるはずなので、未経験の仕事で怖いかもしれませんが、探して募集すると案外あっさり受かります。

関連記事:高卒の男性が転職を成功させる為に絶対やっておきたい方法

通勤しにくい所を狙う

多くの人が、仕事を探すときに考えるのが通勤のしやすさです。

やはり仕事で疲れて帰る時に、あまりにも遠い場所だと疲労感が凄いでしょう。

だから駅前にある会社は非常に人気ですし、会社を建設する時も通勤のしやすさで建設する会社もあります。

ですが、その逆をする事で内定率は上がります。

つまり通勤がしにくい所は、ライバルが自然と少なくなり面接が通りやすくなるという事でしょう。

どうしても、受からない時は一度通勤場所も考えて応募してみるのが良いでしょう。

新規の求人に応募する

基本的に受からない会社は、あなたが受ける前に面接に来た人に決まっているという事も多いです。

つまり面接に行くのが遅すぎたせいで、内定が貰えないという事です。

なので、新規の求人をみつけたらすぐ応募してみるようにしましょう。

新規の求人なら、空求人ということもないですし早くいけばそれだけ印象が強くなるのでおすすめをします。

何だかんだ、早く行動する人が一番強いですよ。

ハローワーク以外の方法を探す

多くの人は、ハローワークしか転職の方法はないと思っています。

特に新卒の会社を今まで続けた人は、ハローワークくらいしか思いつかないでしょう。

しかし転職の方法なんて沢山あります。

  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • 派遣社員
  • 契約社員

などなど、実はハローワーク以外で就職する方法は沢山あります。

特に、転職エージェントは20代の人だったら絶対に使いたいサービスです。

関連記事:リクナビnextの評判を実際に取材!そして分かった驚きの真実とは?

派遣社員も考える

ハローワークで正社員を狙うのも確かに良いです。

正社員はクレジットカードの審査も楽ですし、世間体も良い。友人にも堂々と話せるのでメリットだらけです。

しかし、どうしても受からない場合は派遣社員で働く事も考えた方が良いでしょう。

正社員で絶対に転職をしたいという気持ちも分かりますが、あまり長い時間ニートでいても状況は悪くなるだけです。

派遣社員だったら、履歴書にも書けますしマイナスの印象にはならないでしょう。

なので、どうしても受からない場合は派遣社員になるのをおすすめします。

転職エージェントに相談をすれば良い

もしハローワークがダメなら、転職エージェントに相談すると言う手もあります。

転職エージェントは、あなたの転職を無料で支援してくれるサービスです。

たとえば、面接で効果的な対策方法をプロの人が指導してくれますし、魅力的な履歴書を書けるように指導してくれます。

ですが、転職エージェントで指導を受けても落ちる時は落ちてしまいます。

落ちてしまいますが、「なんでこの会社に落ちたのか?」という疑問も転職エージェントなら詳しく教えてくれるので、次の対策をしやすいんですよ。

たとえばハローワークも落ちた時は、教えてくれる場合もありますが、落ちた原因が「未経験だから」とか「面接が悪かった」などあいまいな事しか教えてくれないため、次の対策がたてにくいです。

ですが、転職エージェントなら「面接のここの部分が悪かった」とか「履歴書の長所のところに魅力を感じなかった」などかなり具体的に教えてくれるので、次の面接につなげることが出来るでしょう。

転職エージェントと言う使った事がないサービスを使うのは怖いかもしれません。確かによく分からないサービスより、ハローワークという一番有名なところを使った方が楽かもしれません。

ですが、このままハローワークを使ってもあなたは落ち続ける可能性があります。

理由としては先ほど言ったように、落ちた原因が分からないというのが一番の理由です。

原因も分からずに、このまま落ちるとどうなると思いますか?

たとえば、ニートの時間が1年、2年とあったら単純に転職に不利になるでしょう。

1年も空白期間があったら企業は「この人は1年間も何をしてるの?」と思われてしまいます。

そうなると、ますます転職に不利になるためハローワークでは受からない可能性が高くなるでしょう。

そんな事になる前に、転職エージェントで対策をして自分の悪い所を客観的に観た方が内定率が2倍以上に上がりますよ。

もし転職エージェントに興味があるなら、リクルートエージェントが一番大手のサービスなので、初心者の人には使いやすいです。

↓↓↓

リクルートエージェントの公式サイトはこちらから!

ですが、もっと他のエージェントを見たいという人は、おすすめの転職エージェントをまとめた記事があるので、そちらをご覧ください。

↓↓↓

【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする