転職エージェントは迷ったら使うべきと言える4つの納得する理由

転職エージェントは迷ったら使うべきと言える4つの納得する理由

転職エージェント。それは「仕事 辞めたい」や「仕事 辛い」と検索すると必ず出てくるものです。

どのサイトも最終的には転職エージェントをおすすめしてくるので、「転職エージェントは使った方が良いのか?」という考えにもなるでしょう。

いきなり結論を言いますが、転職を少しでも考えてる人は転職エージェントを絶対に使うべきです。

理由は色々ありますが、特に良いメリットは

  • 仕事内容を詳しく聞ける
  • 効果的な面接対策を教えてくれる
  • 履歴書の訂正をしてくれる

などが非常に良いメリットです。

今回書くのは、ネットをみたら確実に出てくる転職エージェントを使うべきかどうかについてです。

転職エージェントのメリット

仕事内容が詳しくわかる

先ほども言ったように、大きなメリットとして仕事内容が詳しくわかる事でしょう。

担当者の人が、かなり優秀だと求人をみて、「これはこんな仕事ですよ」とか「この仕事は基本倉庫の中の作業なので話すのが苦手な人におすすめです」と言う風に具体的に教えてくれます。

求人の説明してる仕事内容と、実際に仕事内容ってイメージと違う事が非常に多いため、事前に詳しく仕事内容が聞けるのは、非常にありがたいです。

面接の練習をしてくれる

次に嬉しいのが、面接の練習をしてくれることでしょう。

1人で転職活動をすると、多くの人はネットに書いてある面接対策をするでしょう。

それももちろん良いんですが、ネットに書いてあることだけの事を対策してると、予定外の事が起きたら対処できない事があります。

たとえば、会社によっては志望動機を聞かない会社もありますし、面接室のドアが自動ドアと言う事もあるので、ノックの練習なども意味がないことがあるでしょう。

ですが、転職エージェントの場合は事前にその会社が聞いてくる質問を予測する事が出来ます。そしてそれに対しての効果的な答え方を教えてくれます。

つまり面接のカンニングが出来るため、1人で転職をする人より圧倒的に有利な立場になるんです。

履歴書の訂正をしてくれる

面接の次に困るのが、履歴書です。特に自己PRをする部分は非常に厄介で、これも多くの人はネットの例文を書き替えたものを提出するでしょう。

しかし、ネットの例文を写しただけの履歴書は書類審査の時点で落とされる事が多いです。

ですが、転職エージェントは履歴書の魅力的な書き方も教えてくれるため書類審査で差をつけることが出来るでしょう。

やはりネットの例文より、プロの人が直接指導した履歴書の方が2倍以上は効果があるでしょう。

職務経歴書の訂正をしてくれる

職務履歴書も大事な書類ですが、これも転職エージェントの方で訂正をしてくれます。

履歴書と同じで、ネットを見る人が多いですがこれもプロの指導のお陰で魅力的なものに変わります。

残業時間を聞いてくれる

最近は残業を嫌いなが増えて、残業時間を気にする人が非常に多くなっています。私もその1人で転職する時は先に残業時間の確認をするくらいです。

しかし求人に書いてある残業時間と、実際の残業時間は全く違う事が多いです。

残業なしと書いてあったのに、実際働くと毎月80時間以上も残業をするなんて事は普通にあります。

しかし転職エージェントは、担当者の人に言えば残業時間を事前に聞いてくれるので、「求人に書いてある残業時間と全然違うじゃん!!」と怒る事もなくなるでしょう。

給料の交渉をしてくれる

20代の場合は、あまり出来ませんが30代以降の実績のある人なら給料の交渉もエージェントがしてくれます。

30代になると、家族持ちになり転職をする時の給料の減額は非常に痛いです。

そこで、転職をする時に給料の高い仕事をやりたいけど中々ない。ですが転職エージェントなら給料の交渉をエージェントしてくれるので、もし交渉が成功したらそのまま面接に行く事も可能でしょう。

何だかんだ給料ってかなり大事ですからね。

直接面接に行ける場合がある

本来なら書類審査をして、通過したら面接にいく。そういう所が多いですが転職エージェント経由だと直接面接に行ける場合があります。

転職エージェントと企業は一応信頼関係があるため、「このエージェントの人材なら一発で面接をやるよ」と言う事もあるため、転職の時に非常に有利です。

書類審査があるのとないのでは、内定率がまるで違いますからね。

1人じゃない安心感

メンタル面の話ですが、ある意味これが一番重要な事です。

転職を1人でやると上手くいかない時に焦ってしまいます。それは1人で転職活動をして1発合格なんて人もいますが、世の中そんな上手くいく人ばかりではありません。

そして転職活動が上手くいけないと、徐々に焦り始めます。焦ってしまうと人間は能力が低くなったり、疑心暗鬼になって最悪の状態になるでしょう。

たとえば「俺はこのまま転職が出来るのか?」とか「何が悪いんだ?面接?履歴書?全然分からない」など不安が高くなって、転職活動がドンドン上手くいかなくなるでしょう。

家族や友人に、相談すると言う手もありますが転職活動というのはほとんどの場合誰にも相談しないでやる人が多いです。

やはり転職というのはデリケートな問題なので、あまり言いたくないでしょう。

しかし転職エージェントは常に担当者の人と、一緒に転職活動をするので不安がかなり減ります。

何だかんだ言って、相談できる人が1人でもいると心地よい安心感が生まれますから。

転職エージェントのデメリット

難易度が高い求人が多い

転職エージェントは、大手の求人が多かったり、成長中の企業が多いです。

転職エージェントに掲載するだけでもお金がかかりますし、エージェント経由で人を雇った後も実はお金がかかってしまいます。

なので、転職エージェントは本当にお金があり良い人材を雇いたいという企業しか使う事が出来ません。

そのため、転職エージェントに集まるのは少し難易度が高いものがそろっています。

たとえば取材したときに「マイクロソフト」というコンピューターソフトの中で誰もが知ってる企業の面接をエージェント経由で行ったという人もいます。

流石に、世界的企業の面接は中々ないですが大手企業の応募が沢山あるので、全体的に難易度が高い求人がそろっています。

もちろん中には、年収300万円、200万円の企業の求人も沢山あるので、エリートしか使えないと言う訳ではないですよ。

担当者の相性が悪いと最悪

転職エージェントは、担当者の人と話し合って今後の転職活動をするものです。

なのでその担当者の人と、相性が合わなかった場合上手く転職活動が出来ない事があるでしょう。

たとえば自分は、「小さくて給料の低い会社でも良いからすぐ転職したい」そう思っているのに大企業の年収が高い仕事をガンガンごり押ししてくる。なんて事もあります。

この様に、担当者と自分の考えが一致しないと転職エージェントは非常に使いずらいものになってしまうでしょう。

まあ、大半の転職エージェントは担当者が合わない場合変更が出来るので実はあまり気にならないですよ。

30代だと実績がないと使えない

転職エージェントは30代の人でももちろん使えますが、多少実績がないとエージェントが断ってくる場合があります。

転職エージェントのメインのお客様は基本的に20代です。時々フリーター向けとか特殊なエージェントもありますが、20代の人がお客様なので30代以降の人は断られる事が多いでしょう。

ただ、30代でも営業の仕事を10年間やったとか、営業の仕事を5年、アパレル業界で5年仕事をやった。などしっかりとした実績があれば転職エージェントは大歓迎するでしょう。

ただ、20代~30代までずっとフリーターだった。そんな風な実績なら使う事が出来ないと考えて良いでしょう。

転職エージェントを使うべき人

自分の長所が分からない人

転職エージェントは、その人の長所をみつけてそれを上手く面接や履歴書を魅力的にみせる事が得意です。

なので、自分の長所が分からない。または自分の長所は分かるけど面接でどういえば良いの?と伝え方が分からない人におススメが出来ます。

関連記事:20代が転職を考える11個の驚くべききっかけとは?

履歴書をネットの例文で書いてる人

履歴書をネットの例文をほぼ写して、それを出してる人は転職エージェントでアトバイスを貰った方が良いです。

ネットの例文を写しても、面接官からすると「ありきたりな履歴書」と判断されてしまい書類選考に落ちる危険があります。

それに、ネットの例文が本当に正解なのか分かりません。

なので正解を教えてくれるプロの指導者に書き方を教えて貰う方が良いでしょう。

面接対策をネットでみてる人

これも履歴書と同じですが、面接対策をネットでしてる人も面接官からすると「ありきたりな回答」となりあまり印象には残りません。

それにネットの面接対策が合っている保証はないため、プロの人に指導してもらった方が2倍以上は効率が良いでしょう。

残業時間を確実に減らしたい人

転職エージェントは気になる事は全てエージェントの担当者の人に聞いてもらう事が出来ます。

給料は20代の人だと少し難しいですが、残業時間だったら担当者の人に詳しく聞いてもらえれば確実な時間が分かります。

やはり求人の残業時間は詐欺の場合が多く、残業時間がないと聞いたのに実際は月に50時間も残業するなんて辞めたくなりますからね。

関連記事:メンタルが弱い人は辞めてから転職活動をした方が良い理由

転職エージェントを使うべきじゃない人

30代までフリーターだった人

先ほども書きましたが、転職エージェントは20代向けのサービスです。

例外的に、フリーター向けとかニート向けのエージェントもありますが、それ以外の場合20代~30代までずっとフリーターだった人は転職エージェントを使えない事があります。

もちろん30代で、10年間同じ仕事をしたとか、どの仕事も3年以上続けてきたという実績がある人は問題なく使えるでしょう。

1人で何でもできる人

転職エージェントは1人で何でもできる人は向いていません。

やはり1人の方が身軽というのもありますし、わざわざサポートをする必要がないくらい優秀な人ならなんとかなるでしょう。

命令されたくない人

転職エージェントは、、基本的に担当者の人に色んなことを言われます。

それこそ求人も「これが今のあなたにはおすすめですよ」と言われることがよくあるので、命令されるのが大嫌いという人には全く向いていないでしょう。

実際に転職エージェントを使った人を取材

では、次に実際に転職エージェントを使用した人の実際の評価を書いていきましょう。

 対応してくださったのは20代後半の当時の私と同じ程度の年齢と思われる女性の担当者でした。
彼女の紹介もあって現在の会社に入社したわけですが、彼女が今の会社へ私の応募書類を提出してくださったときに、会社へ強く推薦をしてくれたようなのです。また、面接対応のサポート、アドバイスも丁寧で受け入れやすく非常に実践的なありがたいものでした。
また、女性だからかあまり緊張せず相談ができた点も良かったです。
30歳女性:販売職

この人はリクルートエージェントを使った人で、30歳でも立派に転職に成功しています。そして特に大事な点は担当者の相性が良かったという点です。

この人の担当者は20代後半、つまり30歳である転職者の人と同じように年齢のため、お互いの悩みはすぐにわかったのでしょう。

この様に、担当者の相性次第で変わるというのが一番わかるパターンです。

 オファーをくれたエージェントと面接し、マッチング確認の後、そのエージェントを通して企業と面接、という流れで転職を成功させることができました。
上に書いたオファーというのは、いろいろな形がありますが、私の場合はエージェントが「この企業があなたのような方を探しています、是非お会いしたいのですが・・・」という内容でした。
私の希望している企業からのピンポイントの逆指名というような形ですね。32歳男性:飲食関連

この人の場合は、履歴書と希望職種を入力してエージェントを通じて、オファーしてもらったという形で内定を決めています。

転職エージェントには、こういった企業からの逆オファーもありその企業があなたの条件で合えばそのまま面接に行ける事もあります。

これも転職エージェントを使ったから出来る事でしょう。

まとめ

転職エージェントは使った方が良いか?という疑問ですがこれは使わないともったいないです。

1人で転職活動を頑張るという人もいますが、先ほども言うように面接練習や履歴書を書くことなど1人だと難しいことがあるでしょう。

そんな時に客観的な意見をくれる担当者の人がいると、やるべきことが分かり内定率が跳ね上がります。

時々ですが、担当者の人と相性が合わない。そんな事もありますが転職エージェントの担当者は変えることが出来るため、そこまで問題にはなりません。

もし転職に不安がある人なら、ぜひ使ってほしいサービスになるでしょう。

ちなみに、おススメの転職エージェントは下の記事にあるので使いたい人は、ぜひ見て下さい。

↓↓↓

【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする