真面目すぎる人が仕事やった時に起こるメリットとデメリット

真面目すぎる人が仕事やった時に起こるメリットとデメリット

真面目と良く言われる。真面目というのは悪い事ではないですが、「真面目だね」という言葉は大半の場合、悪口の方に聞こえる人が多いと思います。

真面目と言われた本人も、真面目というのは悪い事ではないと思っている。だけど周りからは真面目すぎるとか、真面目にやりすぎじゃない?となぜか否定されてしまう。

今回書いていくのは、真面目が仕事でどうメリットになるのか?

そして真面目というのは仕事でどう付き合っていけば良いのか?を書いていきましょう。

真面目のメリット

まず最初に真面目であることにメリットについて書いていきましょう。

信頼されやすい

一番大きなメリットは周りの信頼が上がりやすい事でしょう。

やはり社会に出ると、1つ1つの行動が信頼に繋がります。

たとえば遅刻を毎回する人と遅刻を絶対にしない人では遅刻をしない人の方が確実に信頼は上がりやすいです。

たとえ仕事が出来る人でも、社会人としての最低限のマナーが守れないと、日本では仕事が出来ない人間と言う風に思われてしまいます。

仕事で成果を出しやすい

真面目というのは、常にストイックで向上心が非常にあります。

なので、短時間で沢山の成果を上げることが出来るでしょう。

どれだけ不器用でも、その仕事の熱意があればあるほど成長力は別次元に違います。

たとえば、仕事が出来るけどサボるのが大好きな人と、ちょっと不器用だけど仕事は常に向上心を持ってやっている人、どちらが成長できるか?それは後者ですよね?

真面目のデメリット

では次に、真面目であることのデメリットを紹介してきます。

ストレスを溜めやすい

真面目な人は、手を抜く事を知らないのでストレスを溜めやすいです。

たとえば本来50%程度の力でやる仕事も100%の力でやるため、他の人より圧倒的に疲れやすいでしょう。

仕事が大好きな人間だったら話は別ですが、真面目な人は仕事は仕事。プライベートはプライベートで分けるタイプが多いため、仕事が楽しいと感じる人があまりいません。

周りとの温度差が出来やすい

真面目な人は、周囲との温度差が全く違う事が多いです。

たとえば、周囲の人は「気楽に仕事をしようぜ」と思っているのに、真面目な人はどんなことでも全力でやろう。と言う風になるため周りとの温度差が生まれてしまいます。

しかも真面目な人の弱点で、コミュニケーションが上手く出来ない人が多く、どれだけ熱意があっても周りと会話が出来ないため嫌われてしまうことがあります。

仕事を押し付けられやすい

真面目な人は、非常に良い人です。それこそ困っている人がいたら助けるのが普通と思っているくらい良い人です。

そんな良い人なので、周りから仕事を押し付けられやすい性質なのが特徴です。

どれだけ忙しくても、仕事を頼まれたら断れないせいで上司からの仕事依頼がすさまじいことになるでしょう。

仕事の評価はなぜか低い

真面目な人は、多くの場合仕事の評価が低いです。

周りから見ると、ドン引きするほど頑張っているけど上司からすると実はあまり仕事が出来ているとは思われていません。

そして、上司の評価はいつも「あいつは真面目なんだけどな…仕事の出来はイマイチ」なんて評判になっている事が多いです。

柔軟性がない

真面目な人はとにかく、柔軟性がありません。

たとえば、仕事を緊急でやらないことを頼まれた場合は真面目な人はかなり焦ってしまいます。

真面目な人はもともと頭の中で仕事の計画がありましたが、それを邪魔されるような事があるとテンパってしまい、何も出来なくなるでしょう。

それに失敗した時も非常に焦ってしまい、ミスを取り返そうとして逆にミスが増えてしまうこともよくあります。

真面目な人の特徴

では次に真面目な人の特徴も書いていきましょう。

遅刻をしない

真面目な人は時間に非常に厳しく、ほとんど遅刻をしません。

真面目な人にとって、相手を困らせる遅刻と言う行為は許されないことでありやってはいけない事と思っています。

なので、5分前集合は当たり前です。それに行ったことが無い場所で待ち合わせの場合は、1時間前に到着する事は当たり前になっています。

仕事は常に100%

真面目な人は仕事で手を抜く事をしません。

どんな仕事でも、どんな状況でも常に100%の力を出し尽くします。

企画の資料作成でも、データ整理の仕事でも同じように全力で頑張るのが特徴でしょう。

人に頼らない

真面目な人は、とにかく人に頼りません。

真面目な人にとって、人に頼る事=ダメな事。そんな風に認識しています。

なので出来る仕事は全部1人でやりますし、仕事が残っても会社に持ち帰って徹夜でやるくらいです。

それに、分からないことも上司に聞かないで1人で進めてしまいことがあり、それでミスをして怒られる事もあるでしょう。

真面目な人が悩んでることは?

では真面目真面目と言われている人の悩みの種も書いていきましょう。

真面目と言われる

恐らく真面目と言われているのが、一番嫌だと感じている人も多いでしょう。

そもそも真面目という言葉は、悪い意味ではありません。それこそ真面目に仕事をするから信頼が貰えるのであって、普通は良い事のはずです。

しかし会社の人が使う真面目は皮肉混じりの言葉が多いため、悪口に聞こえてしまいます。

「ちょっと真面目すぎじゃない?」

「真面目に仕事をするのは良いけど、少し手を抜いたら?」

「真面目にやるのは良いけどもっと周りをみろ」

などなど、とてもいい風には聞こえません。

つまらないと言われる

「真面目すぎてつまらない」そんな事を言われたことはないですか?

真面目というのはつまらない人。そんな意味もあるのでそれで悩んだりしているでしょう。

そもそも真面目な人は悪口を言われるのに慣れていないため、つまらない人間と言われるとかなりショックなことが大きいです。

上司と話しても「君の話は真面目過ぎてつまらないね」とそんな事を言われてかなりショックを受けるでしょう。

不真面目な人をみるとイライラする

真面目な人の天敵は、不真面目な人です。

不真面目な人はたとえば、遅刻をするとか仕事中にサボるとか真面目とは真逆の事をする人にイライラするでしょう。

それくらいなら良いですが、最大のイライラは「仕事で評価が高い事」でしょう。

不真面目な人ほど、実は上司の評価も高く会社から頼りにされる事が多いです。しかし真面目なあなたからすれば仕事をサボってるだけで評価が貰える悪い奴。そんな風になるのでイライラが溜まっていくでしょう。

真面目な人はなぜ真面目なのか?

ここで1つの疑問ですが、真面目な人はなぜ真面目なのか?という疑問です。

この答えですが、私の考えは周りの評価を気にしてしまうこと。そんな風に思ってます。

というのも真面目な人というのは、実は世間の評価を誰よりも気にしている人なのです。

たとえば上司の評価を下げたくないから、真面目にやる。

世間体があるから大学に行く。そんな風に周りを常に気にして行動するのが真面目な人です。

だから遅刻は絶対にしないし、仕事でもサボっている所をみられたくないなら、常に全力でやる。

人との会話でも、変な風に思われたくないから定型文みたいな答えになってしまう。それが真面目になっている原因です。

そして、真面目な原因は学校生活にも関係があります。

日本の学校では良い子や真面目な子が評価される事が多いです。

たとえば私の通っていた学校では、テストの点数が悪くても生活態度さえ良ければ、評価は上がります。

それはテストの点数が良い子が、結局一番になれますが生活態度が良いだけで成績が1になる事はありません。なので頭が良くない人はみんな生活態度だけは良くしていました。

高校でも生活態度が良かったり、宿題を出せば赤点を避けれます。なので真面目で要領が悪い人は生活態度だけはよくして、赤点を避ける事をしていましたね。

この様に、社会人になって真面目で苦労する人はこういった昔からの習慣のせいで真面目になっている事がよく分かります。

真面目過ぎるとこんな得をする

問題が起きても疑われない

真面目で得をする事と言ったら、問題が起きた時に疑われないという事でしょう。

たとえば会社で何か大きなミスをして、その原因が分からない。何てことがありますがその時に真っ先に疑われるのは普段から不真面目に仕事をやってる人です。

普段のおこないがあまりにも悪いと、何かトラブルが起きた時に真っ先に疑われるというのはよくあります。

しかし真面目な人だと、そういったトラブルが起きても全く疑われないのが非常に良いでしょう。

昇進がしやすい

真面目な人は、仕事の評価が低いと言いましたが実は昇進はしやすかったりします。

会社にもよりますが、上司もあなたが真面目にやっている姿をちゃんと見てる人はいます。

確かに、会社で評価を貰うのは結果を残した人ですが、結局評価を与えるのは会社の上司です。

そして上司も人間なので、真面目にコツコツやっている人を評価したくもなるでしょう。

なので、真面目というのは最終的に勝つ事が出来る性格でもあるんですよ。

真面目過ぎるとこんな損をする

利用されることがある

真面目な人は、優しい人なのでその優しさを利用してくる人もいます。

たとえば最初に言った、仕事を押し付けられるがその典型的な例です。そして断らない性格のせいで面倒な事を押し付けてくるなんてこともあるでしょう。

真面目な人が仕事で手を抜く方法

完璧を求めない

真面目な人が手を抜くの一番大事なのが、完璧を求めすぎない事が大事です。

結局100%を求めてしまうと、仕事で手を抜く事が出来ません。

それに、世の中の仕事は100%の力を出さなくても成果はちゃんと出ます。

しかも、肩の力を抜いて自然体でやった仕事の方が、実は評価が高かったりもします。

なので、まずは80%で良いので完璧を求めるのを辞めてみましょう。

疲れたらトイレでサボってみよう

真面目な人はとにかくサボる事を覚えないといけません。

そのためにはまず、疲れたらトイレでサボってみましょう。

トイレの個室で、ちょっと用を足しながら目をつむったり、スマホを触っても良いですよ。

サボり上手な人はよくトイレの個室で上手くサボる事が多いため、ぜひ実践してみる事をおすすめします。

関連記事:メンタルが弱い人が上手に仕事をサボる方法

これでいいと認めてみる

真面目な人は、とにかく完璧を目指し完璧に出来ても「これじゃダメだ」と非常に自分に厳しいです。

しかしあまりにも、否定するのは心にも良くないですし、真面目を辞めたい場合は、自分を認めるのが良い方法になりますよ。

仕事でちょっとミスをしても「これでいい」うまく仕事が出来ない時も「これでいい」とにかく自分を認めることから始めてみましょう。

他人が言う「真面目過ぎる」の心理とは?

ではちょっと気になる事を紹介。

そもそも他の人はなぜ「真面目すぎる」と言う事があるのか?

その理由としてはまず「力を抜くときは抜いてくれ」という心理があります。

仕事というのは、手を抜いていい仕事と全力でやらないといけない仕事があります。

しかもどんな会社にも、絶対に2つの仕事があるため一部の仕事は手を抜いて良いんです。

しかし真面目な人は、どの仕事も全力でやってしまうため、他の人からすると「この仕事は別に手を抜いて適当にやっていいんだよ」と思ってしまいます。

他の人は、真面目な人が思っている以上に上手く手を抜いています。それこそ仕事が出来る人ほど手を抜くところは抜いているので、体力の温存も上手く出来ているのです。

そして次の理由は、「冗談で言った事を真面目に受け取らないで」という心理があります。

会話の中には、相手が冗談半分で言った事や真面目に言った事と分けられています。

あまりにも真面目な話ばかりじゃ、息が詰まるのでちょっと冗談を入れて空気を和ませようとする人がいます。

しかし冗談で言ったつもりなのに、真面目に回答されたらこちらも言った方も困るため、「真面目すぎるよ」となってしまいます。

真面目過ぎる人の向いている仕事は?

生産管理

真面目過ぎる人は、失敗があまり出来ない仕事が向いています。

そこで生産管理と言う仕事が真面目な人には向いています。

生産管理とは、工場で使う材料の調達。工場の機械の調整などなど工場の生産が止まらない様に管理する仕事です。

工場の材料がなくなったら、生産は止まりますし、機械が動かなくなっても生産は止まるので仕事を真面目にやらないと大変になる仕事でしょう。

研究職

研究職は色々ありますが、今回は商品を開発する研究職について紹介しましょう。

ようは商品開発と言う仕事ですが、商品開発は世の中のトレンドを見極めて商品を作ったり、大量生産が出来て美味しい商品を作ったりと考えることが非常に多いです。

しかし真面目な人は、そういった考えたり実験したりとそう言う事が好きなため、非常に向いている仕事になるでしょう。

プログラマー

ゲームを作ったり、アプリを作ったりネットのシステムを作るのがプログラマーです。

プログラマーの難しい所は、1文字でも間違ったら上手く動かない事です。

プログラムと言うのは非常に繊細で、たった1文字間違えたら変な動きをしますし、そもそもシステムが全く動かない事なんて良くある話です。

そのため1文字ずつ間違いがないか、常にチェックする必要があるため真面目じゃないと出来ない仕事でしょう。

それに、今はネット社会なのでプログラムが出来るだけで、多くの会社が雇ってくれるため非常に安定した仕事になりますよ。

翻訳者

翻訳者は、言葉が通じない相手と相手の話を繋げるのが、仕事でこれも真面目な人にしかできないでしょう。

翻訳者は相手の言葉を正確に伝えて、それを分かりやすく言わないといけません。

そのため責任が重く、真面目に人しか出来ない事でしょう。

関連記事:20代が転職を考える11個の驚くべききっかけとは?

真面目過ぎる人が仕事を探すなら

もし、真面目と言われるのが嫌だったり、仕事の手の抜き方が分からない。

つまらない人間と言われるのが嫌だ。

そんな風に思ったら転職を考えてみませんか?

もちろん今の仕事をそのまま続けたいなら、そうした方が良いです。

ただ、手を抜いてとか真面目すぎるよと言われてもよく分からないと感じるでしょう。

だったらむしろ真面目の方が得をする仕事をした方が、あなたにとっても良いのではありませんか?

真面目は損をすると言われていますが、私はそうは思いません。むしろ真面目だからこそ出来る仕事も沢山あります。

もし、真面目な方が得をする仕事をしたいなら転職エージェントに相談して下さい。

転職エージェントなら、あなたの真面目な性格を伝えて性格に合っている求人を紹介してくれるので、きっと天職がみつかります。

気になる人は、おすすめの転職エージェントをまとめるのでそちらをご覧ください。

↓↓

【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする