会社を辞めたい

メンタルが弱い人向いている仕事を探すための簡単な手順

 

メンタルが弱い人は非常に苦労をします。

 

上司に怒られて仕事を辞めたくなりますし、仕事でミスをしたら死にたくなるほど辛くなります。

 

普通に人だったら、1日もあればすぐ復活しますが、メンタルが弱い人は一度心が傷つくと3日以上は治らない場合が多いです。

 

しかもメンタルが弱いせいで、常に仕事で自信がなく「俺にはこの仕事が合っているのか?」と感じるようにもなってしまいます。

 

そこで今回はメンタルが弱い人に向いている仕事を紹介していきましょう。

 

メンタルが弱い人の特徴

 

その前にメンタルが弱い人の特徴も書くので、ぜひ自分の性格と合わせてみて下さい。

 

人の気分に左右される

 

メンタルが弱い人は、人の気分を感じ取ることがものすごく上手いです。

 

話していると、不機嫌そうというのが何となく分かりますし、何か落ち込んでいるなと言う事もすぐ分かります。

 

気分が分かるだけなら良いですが、メンタルが弱い人は人の気分に左右されるので非常に危険です。

 

たとえば、上司がイライラしてると「俺のせいでイライラしてるのかな?」と言う風に自分のせいにしてしまいますし、相手が落ち込んでいると自分も伝染して落ち込んでしまうことがあります。

 

とにかく、人の気分によって自分の気分も変わるのが特徴的でしょう。

 

他人にどう思われているのかを気にする

 

メンタルが弱い人は、他人の評価を非常に気にする性格です。

 

たとえば、仕事をサボって周りから何か言われるのが嫌。なので仕事では全く手を抜きません。それに他人に嫌われたくないから頼まれた仕事を全て引き受けてしまうのが特徴です。

 

そして、本当は違うけど上司が「これいいよな」と高評価をしたものは、自分も評価するのが特徴です。

 

たとえば「この唐揚げ美味しいよな」と言われて「これあんまり美味しくないけど、上司が美味しいと言ってるから美味しいって言おう」と言う風になる事がよくあります。

 

とにかく自分がないのがメンタルの弱い人の特徴と言えるでしょう。

 

私はダメ人間と思ってしまう

 

メンタルが弱い人はとにかく、ネガティブ思考が強いです。

 

ちょっとしたミスでも、何も出来ないダメ人間と思いこむところがあったり大きな成功をしても「偶然のお陰。俺には何も実力がない」とここでもネガティブになってしまうでしょう。

 

1人が好き

 

メンタルが弱い人は、基本的に1人の時間が好きです。

 

1人の時間が好きと言っても、本当に仲のいい友人たちと遊ぶのも好きなのが特徴です。

 

だけど、休日は友人といるより1人の方が、好き。そんな人が多いです。

 

人と喋ると疲れる

 

メンタルが弱い人は、人と長時間喋っていると疲れてしまいます。

 

それは上司でも同僚でも同じですし、友人と長時間話しても疲れてしまいます。

 

疲れる理由としては、気を使いすぎて自分の意見が全く言えないためです。

 

メンタルが弱い人は、会社の人に意見を言う事が出来ませんし、親しい友人でも気を遣う事が実はあります。

 

この様に気を使いすぎて疲れるのが、メンタルの弱い人の特徴です。

 

急なトラブルが苦手

 

メンタルが弱い人は、想定外の事に非常に弱いです。

 

たとえば仕事をしてる最中に「この仕事ちょっと緊急だから今すぐやって」と言う風に言われると凄いテンパってしまいます。

 

想定外のトラブルは、誰でもテンパりますが、メンタルが弱い人は普通の人より2倍以上も焦ってしまうので、顔にも出ますし下手をすると焦りすぎて汗が止まらなくなる人もいます。

 

 

メンタルが弱い人に向いている仕事

 

ではメンタルの弱い人に向いている仕事を紹介していきましょう。

 

WEBライター

 

WEBライターとは、簡単に言うとネット上の記事を書く仕事です。

 

たとえば「30分で肩こりを治す方法」とか「今話題のおすすめアプリ30選」とかそう言ったネット記事がありますが、ああいう記事を書くのがWEBライターの仕事です。

 

WEBライターの特徴は、自分の得意な事を優先して書ける所が良い所です。雑誌などのライターと違って、ネット上で仕事を引き受けるので好き嫌いが出来ます。

 

それに、仕事もメールでする事が多いので、あまり人と関わらないで仕事が出来ますよ。

 

工場勤務

 

メンタルが弱い人の定番職と言えば工場勤務です。

 

工場勤務は、流れ作業のように物を作る事が多いため人と会話する事は他の仕事に比べると少ないでしょう。

 

ただ、残業が多かったり小さすぎる工場だと給料が低かったりと、少しデメリットもあるでしょう。

 

人と喋りたくない!そんな人にはおすすめが出来ます。

 

事務仕事

 

事務仕事でも、メンタルが弱い人にはおすすめが出来ます。

 

事務仕事はパソコン作業が主な仕事です。なのでパソコンが苦手な人とかは最初の方は苦戦するでしょう。

 

しかし慣れてしまえば非常に良い仕事です。事務室なので夏場は冷房、冬は暖房があるので非常に快適に過ごせますし、事務仕事は座り仕事が多いため、何歳でもやる事が出来ますからね。

 

工場勤務だと、30代後半でぎっくり腰になる人が多発しますからね。私が工場で働いたことがありますが、それはもう凄い数の人がぎっくり腰でしたよ。

 

トラックの運転手

 

今はニュースのせいで、ブラック労働になっているトラックの運転手ですが、場合によってはメンタルの弱い人でもおススメが出来るでしょう。

 

トラックの運転手は、1人前になると1人で行動する事が多いです。それこそ大半の時間は運転のため実は工場より人と関わる事が少ないです。

 

残業が多い、給料が安い、あまりにも荷物が残ったら怒られる。と言う事もありますが、実は人と関わる時間がかなり短い仕事だったりしますよ。

 

イラストレーター

 

イラストを描く仕事ですが、これも人と関わる事が少ないのでメンタルが弱い人に向いている仕事でしょう。

 

イラストレーターは、多少の技術がいる仕事ですが、3年も勉強していれば1人暮らしだったら普通に暮らせるくらい給料は貰えます。

 

3年と聞くと長い時間のようにみえますが、20歳なら23歳、25歳だったら28歳で一人前になると考えれば短くはないですか?

 

漫画家

 

これも、メンタルが弱い人には向いている仕事になります。

 

漫画は連載をもらうと担当者の人と、一緒に仕事をする事になりますがそれでも他の仕事と比べると人と関わる事は少なくなるでしょう。

 

それに、雑誌に持ち込むをするのが怖い。そう思う人はネットで漫画を描いたらいいですよ。

 

今はTwitterで人気になった漫画は、すぐに単行本化するのが常識です。なのでコツコツと漫画を描いて人気になれば、漫画家になる事は出来るでしょう。

 

小説家

 

文字を書いて人を楽しませる小説家ですが、これは文字だけで良いので漫画よりは手軽に参加できるでしょう。

 

小説家も持ち込みになりますが、最近は小説家になろうというサイトで、人気になれば単行本化出来ますし、pixivで人気の小説家になればそれも単行本化する事もあるので、ぜひ会社で働きたくない。そんな人はチャレンジしてみましょう。

 

人とあまり関わらない仕事が良い

 

ここまで書きましたが、メンタルが弱い人はあまり多くの人と関わらない仕事をした方が良いでしょう。

 

やはり、人と下手に関わるとメンタルが弱ってしまい辛くなる事は確実です。

 

それこそ接客業をやったら、中々メンタルが壊れる確率が高くなるのであまり向いていないでしょう。

 

クリエイティブな仕事が向いている

 

紹介した仕事で多いのが物を作るクリエイティブな仕事が多いです。

 

漫画家や小説家なんてクリエイティブな仕事の典型的な例なので分かりやすいかと思います。

 

メンタルが弱い人は、友人が少なく休日は家で過ごすことが多いです。そして漫画家や小説家は基本的に1人でやる事が多いので、孤独に耐えれる人しか出来ないでしょう。

 

もちろん漫画家じゃなくても良いですが、基本的に1人の時間が多い仕事はメンタルの弱い人に向いていますよ。

 

起業すると言う手もあり。

 

どうしても会社で働けないとか人に命令されるのが嫌だ。そんな風に思う人は起業すると言う手もあります。

 

つまり自分で会社を作って、仕事を作るという事ですがこれも1つの手です。

 

起業は難しい。そんな風に思う人もいますがそこまで難しく考える必要はありません。

 

ようは自分で仕事を作ってしまえばそれで良いのですから。

 

たとえば世の中に困ってることがあり、それを解決できるようなサービスを作る。そんな風に単純に考えて大丈夫です。

 

たとえば今あなたが困っている事をビジネスとして売る事を考えればいいんです。

 

たとえば、メンタルが弱くて仕事が出来ない人のための支援サービスやサイトを作ってみるとか。

 

最初は難しいかもしれませんが、自分で仕事が作れるようになると人間関係で苦労する事はだいぶなくなりますよ。

 

メンタルが弱い人の仕事の探し方

 

では次にメンタルが弱い人は、どうやって仕事を探せば良いのか?ポイントを書いていきましょう。

 

色々と挑戦をすると良い

 

仕事を探すときに重要なのが、色々な事にチャレンジする事を考えた方が良いという事です。

 

メンタルが弱い人は、自分は不器用でダメ人間と思っているので、チャレンジする事は考えません。

 

それこそ自分は工場勤務しかできない。そう思っている人もいますがやってみると意外な道が出来ることもありますよ。

 

たとえばあなたは商品を開発するのが得意かもしれないし、プログラミングが得意だったかもしれない。

 

この様に、人間は意外な才能が埋まっている事が多いため、チャレンジする精神だけは重要ですよ。

 

正社員以外と言う道も考える

 

多くの人が、正社員しか道がないと思いがちですがそんな事もありません。

 

派遣社員という道もありますし、どうしても辛いならバイトをするという手段もあります。

 

どうしても日本では大人は正社員以外ありえない。そう思い込みますが別に派遣社員という道でも全然ありですよ。

 

むしろ正社員しか道がない。そう思ったせいで道を狭くしては転職がやりにくいです。

 

転職エージェントを使おう

 

転職エージェントとは転職を支援してくれるサービスで

 

  • 求人の紹介
  • 面接の練習
  • 履歴書の訂正
  • 給料の交渉
  • 残業時間の確認

 

などなど、転職に必要なサポートをしてくれるサービスです。

 

たとえば、あなたは「自分の向いている仕事が分からない」そう思っていますが転職エージェントは担当者の人があなたの職歴と性格をみて、どんな仕事が良いのかを提案してくれます。

 

たとえば、「人と出来るだけ関わらない仕事が良い」という相談でも工場の求人など少人数でやる仕事や中の仕事などを紹介してくれるので、非常に助かるでしょう。

 

どんな仕事が自分に向いているか?そう言うのも分からないですし、そもそも世の中にどんな仕事があるのか?というのも分からない事が多いです。

 

ですが、転職エージェントの担当者は仕事内容も把握してますし、色々な転職者を見てきてるので「この人にはこんな仕事が合うのかな?」というのも何となくですが分かります。

 

あなたはこうやってネットでみても、「やっぱり自分に合う仕事が分からない」そう思っていませんか?

 

そんな人はぜひ、転職エージェントを使ってください。

 

転職エージェントは完全無料で使えますし、土日も営業してるのでこちらがどれだけ使おうが損は全くしません。

 

転職エージェントは、リクルートエージェントが一番の大手なので使いやすいですし。

↓↓↓

リクルートエージェントはこちら!

 

他の転職エージェントが知りたい人は、おすすめの転職エージェントをまとめた記事があるのでそこを見れば、あなたに合っているエージェントがみつかるでしょう。

↓↓↓

【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント

 

まとめ

 

とにかくまずは、ちょっとでも良いので行動してみて下さい。

 

自分に向いてる仕事はこうやってネットで検索しても中々見つかりません。

 

なのでぜひ転職エージェントを使い、行動してみて下さい。そうすると自分に合ってる仕事がとみつかるので。