実は良い所も沢山!ブラック企業のメリット

実は良い所も沢山!ブラック企業のメリット

ブラック企業はほとんどの人が入りたくないと思っていますが、実はブラック企業にもメリットがあるんです。

「信じられないよ」と思う人がいるのも分かります、しかしブラック企業にも隠れたメリットが沢山。今回はそれを紹介していきます。

残業耐性がつく

一番は残御耐性がつくことです。

ブラック企業のほとんどの特徴が残業が長いと言う点です。

残業が長く、終電ギリギリまで残業をする会社は働き方改革をしている日本でも当たり前の様に起きています。

残業ギリギリまで仕事をしている人が会社を辞めて定時で帰れると物凄く楽になるのは確かです。

それはいつも夜の11時まで働いていた人が夕方の5時に帰れるとなったらそれは早いです、なんと6時間も働かなくて良い事にもなるんです。

それだけ残業をすると基本1時間、2時間程度の残業は何も問題はなく、むしろ体が軽く感じる事があります。

24時間働けますか?を体験できる

昔は24時間働けますか?というCMが流行っていたみたいです。今の日本でそんなCMをやるとネットでボロクソに叩かれる事は確定ですが、バブルの時は働けば働く程お金が貰えた時代なので、とにかく働けば将来は安泰するのが普通でした。

ブラック企業で働くとそんなバブル時代の働き方を体験できます。

24時間とはいいませんが、12時間以上は普通に働く場合が多いです。しかも酷い会社だと戻る時間も勿体ないといって、家に帰らず会社に寝泊まりする所が多く、実質24時間会社で働いているのとおなじ状況です。

起きている間は全て仕事、そんなやり方の何が良いのか?それは独立する時に非常に役にたちます。

最近では会社に就職せず自分の力だけでお金をもらうフリーランスという働き方が増えています。

フリーランスになると人間関係に悩まなくても良いと言う点、働けば確実に自分の給料になって返ってくる、自分が好きな事をしているので長時間働いても苦ではなくなる。と言う点があります。

しかしフリーランスの大変な所は給料が安定して貰えるまでが大半な事があります。仕事を始めたばかりだと仕事を依頼してくる人がいなくて、自分で営業をかけないといけません。

その為最初の時は1か月で仕事が2件と言う事も普通にあります。しかし長時間労働に慣れていると、どれだけ仕事をやっても疲れないのではやく成果が出ます。

やればやる程営業のやり方や仕事の効率化などが学べるので、フリーランスで行動量が多い人だと早く成功がしやすいです。

自分の本当にやりたい仕事がみつかる

ブラック企業に入った人の多くは精神が病む場合や過労になる場合が多いです。

それこそうつ病や働きすぎて心筋梗塞になる人も中にはいるので、下手をすると死にます。

しかし人間は死ぬ寸前までいくと頭が冷静になります。例えば働きすぎて倒れて入院したとします。その時に「あれ?俺はいったい何がしたいんだ」と悟りを開く事が出来ます。

そう、働いている時は「自分が何をしたいのか?」どんな職業に就くのか分からなかったことが多いですが、一度入院すると考える余裕が出来て自分が本当にやりたい事。

やりたい事じゃなくても「自分はお金持ちになりたいのか?仕事よりプライベートが充実した方が良いのか?」など自分を見つめなおすことが出来ます。

だからと言って無理やり倒れる事は無いですが、お金持ちになった人や人生が充実している人はブラック企業で酷い目にあった人がかなりいる事も確かです。

メンタルが弱い人は体験しない方が良い

しかし、メンタルが弱い人は無理にブラック企業に行かない方が良いです。

メンタルが弱い人が先ほど言ったようなブラック企業に入ると間違いなくうつ病など精神病になります。

これで立ち直れる人なら良いですが、打たれ弱い人だとここから長いあいだ精神病に悩むことになるのでブラック企業に行かない方が絶対に良いです。

確かにブラック企業を体験すると経験値が物凄いありますが、それで立ち直れなくなったら余計にダメです。

うつ病になって10年以上働けなくなる人もいます。もっと重症の人はそのまま自殺することだって考えられます。

世の中の人は「一度はブラック企業を体験した方が良い」といいますが、それはメンタルが強い人だけが使える技で、メンタルが弱い人には無理な技です。

なので叱られたら3日以上凹む人や突然過去の嫌な記憶が復活して心がモヤモヤする人は、ブラック企業に入ったら辞めた方が良いです。

必要なのはお金持ちになる事や成功者になる事でも天職を探すことでもありません。とにかく平和に暮らせる環境をつくることです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする