接客業から製造業に転職を考える人へ。現役製造業の体験談を教えよう

接客業から製造業に転職を考える人へ。現役製造業の体験談を教えよう

接客業は人間関係のストレスが嫌だから、製造業に行きたい。休みも少ないから休日が沢山ありそうな製造業をしたい。

確かに接客業は人間関係のストレスが高すぎると、私の友人からよく聞きます。

では実際製造業は本当に良いのかと疑問に思う事もあるでしょう。

そこで今回は現役で製造業で働いている私が、製造業の全てを教えましょう。

製造業の良い所

まず製造業の良い所を、書いていきますよ。

クレームがない

製造業は、お客さんの相手は社長や部長など上の人たちが全てやってくれます。

接客業の場合は、個々のお客さんのクレームなどがあるため、疲れることが多いですが製造業はお客さんの相手は全て上の責任になるので、こちらはストレスがありません。

時々、作った製品い不良が出る事もありますが、小さい不良ならそこまで大きくなりませんしせいぜい「今月の不良件数は3件ありました」と月の初めに言うくらいです。

クレームがないのは非常にストレスフリーになるでしょう。

休みが多い

接客業って本当に休みが少ないですよね?

お盆など長期休暇は稼ぎ時なので、働きますし土日も稼ぎ時なので働かないといけません。祝日だって稼ぐ時なので基本的に休みがないでしょう。

ですが、製造業は土日祝日休みが多く、年末年始も休みがしっかりありますよ。

工場でも、祝日や年末年始に仕事という所もありますが、休みについてはしっかりと求人に書いてあるので、休日が少ない会社は回避する事が出来ます。

ゴールデンウィークに7連休とかある時はもう楽しいですよ!

休憩がしっかりしてる

接客業の場合、お客さんを第一に考えるので、昼休憩の時も非常時には出ないといけませんよね?

私も時々スーパーなどで聞こえますが、「レジの応援お願いします」という放送が聞こえるので「休憩中にも急な出動はしないといけないのか…」といつも思っています。

しかし工場の場合は、昼休みはもちろんありますし、1時間に1回10分休憩をする会社もあるので、しっかりと休む事が出来ますよ。

大きい工場なら定時で帰れる

工場は残業が多いイメージですが、それは合っています。

私が前いた職場は夜の8時帰りが基本だったので、残業の多さは確かに辛いです。

しかし大きい工場で、人数がしっかり要る所なら定時で帰ることも普通に出来ますよ。

まあ、そう言った所は人気が高いので、面接に行くと1人の採用人数に対して、5人ほど来るなど凄い事になりますけど(笑)

毎日同じことをすれば良い

工場は基本的に同じ事の繰り返しです。

製品をノルマまで作ったら、次の製品。その製品もノルマまで作ったらまた次の製品と永遠と同じ事の繰り返しです。

なので、1度覚えてしまえばあとは作業になるので、何も考えなくて良いので非常に楽が出来ますよ。

人間関係のストレスは圧倒的に減る

製造業にも人間関係のストレスはもちろんありますが、接客業に比べると圧倒的に減っていきます。

工場なので、1人で作業するのが基本ですし、他の仕事と比べると喋る事が少ないですよ。

未経験もやりやすい

先ほど工場は同じ作業の繰り返し。そんな風に言いましたがそのおかげで未経験の人でも非常に入りやすいのが工場の特徴です。

基本的に簡単な作業が多く、1度覚えればそれだけでやっていけるので、未経験の人でも応募しやすいです。

なので、30代以降で転職出来るのかな?と心配がある人は工場だったら転職はしやすいです。

実際私の工場でも、58歳の派遣社員が入社してきたり、37歳の人が正社員で入社するなど、年齢的な部分はあまり気にしていないようです。

製造業の悪い所

でも良い所ばかりではありません。もちろん製造業にも闇があります。

なので闇の部分も紹介していきましょう。

夏は暑い、冬は寒い

工場にもよりますが、夏は暑く冬は寒いので働きにくさを感じます。

もちろん工場内にもクーラーはありますが、あまりにも広すぎるせいで基本的に風が届きません。

普通に外で働くよりはましですけど、それでも夏は汗だくだくで働き、冬は作業着の下に2枚ほど厚着をしないと、ずっと震えるくらい寒いです。

なので、お店の中でずっと冷房がついたままという状態にはなりませんね。

アレルギーが出る可能性がある

これは私の経験ですが、アレルギーが出てしまうことがあります。

私の場合は機械油を触ったら顔と手に赤いぼつぼつが出て、非常にかゆくなったのを覚えています。

しかも皮膚科にいって薬を貰っても、治る事はなくずっとかゆいまま仕事をしていました。

なので、機械油など普段は触ることが無いものを触り、アレルギーになるかもしれないので注意してみましょう。

ぎっくり腰になる

工場ではあるあるですが、ぎっくり腰になることが多いです。

工場は基本的に重いものを持つことが多く、それが非常に腰に響きます。

30代以降の人は1回は絶対にぎっくり腰を経験してますし、下手をすると23歳の子が毎日重いものを運ぶせいでぎっくり腰になった事もあります。

もちろん運び方が悪かったという事もありますが、ぎっくり腰になる事が多いので注意した方が良いでしょう。

平均年齢が高い

工場って基本的に年齢層が高いです。

私が前いた職場は20代の私が一番若く、次に若いのが30代の人でした。

この様に基本的に若い人がいなくて、もしかしたら20代の人は話が合わなくて苦労する可能性があるでしょう。

製造業をする時の豆知識

では次に製造業をする時に豆知識を書いていきましょう。

軽作業をした方が良い

工場では、重いものを扱う作業や、女性でも出来るくらい軽いものを扱う軽作業があります。

その中でも軽作業を選んだ方が絶対にいいですよ。

というのも重いものを運んだり、加工する仕事は正直言ってキツイし怖いです。

先ほど言ったように思い物の場合はぎっくり腰になる確率がありますし、もし重いものを足に落としたら普通に骨折をします。

正直言って重労働は良い事が全くなく、だったら軽作業の方が楽なのでずっと続けられるためそちらの方が良いですよ。

フォークリフトの資格があると便利

フォークリフトは下の画像の乗り物で、人間では運べない様な重いものや高い所に積み荷をする時によく使います。

ソース画像を表示

このフォークリフトを工場ではよく使います。そしてフォークリフトを動かすには資格がいるんですが、資格があると給料が高くなるのでお金が欲しい人はおすすめします。

ちなみに、なぜフォークリフトをおすすめするのか?それは肉体的にかなり楽だからです。

先ほども言ったように、重労働をすると体にガタが来てしまいます。それに年齢が高くなったらいつまでも重労働なんて出来るはずがありません。

そこでフォークリフトがあるだけで、かなり楽に仕事が出来ます。フォークリフトを使ってる人で仲のいい人がいたんですが、その人曰く「フォークリフトは楽。しかも資格をとるのも楽だから余裕があればとった方が良いよ」と言っていました。

なので、余裕があればフォークリフトの資格を取得してみましょう。

検査は楽だよ

検査というのは、作った製品を最終的にチェックする仕事です。

たとえば部品工場なら、「製品に傷がないか?」「変形していないか?」などをチェックしますし食品工場なら「髪の毛は混入していないか?」「味は大丈夫か?」などのチェックをしています。

基本的に検査は商品に異常がないかを確認する仕事なので、肉体的に非常に楽な仕事です。

そこまで重いものを運びませんし、機械も使わないので非常に安全です。

なので、出来るなら検査を選んだ方が、あなたの将来的にも絶対に良いです。何度も言うようですが重労働をやると確実にぎっくり腰になるので、仕事が出来なくなりますよ。

食品工場は素晴らしい

私が食品工場で働いたことがありますが、食品工場って働きやすいですよ。

たとえば、食品を保存するために温度調節をしないといけませんが、基本的に20℃以下で保存されてる為、作業場は非常に涼しいです。

夏は涼しいですが、冬の場合はちょっと暖かい気温になっているので、非常に働きやすいですよ。

それに食品工場は保健所の人が定期的に検査に来るので、綺麗にしていないといけません。

現場だけじゃなくて事務所もチェックするので、常に掃除をしていないといけません。

なので、会社全体が清潔で休憩室も快適になって過ごしやすいですよ

製造業に転職するには?

では製造業に転職するにはどうしたらいいのか?そこも書いていきましょう。

ハローワーク

一番定番なのがハローワークですね。

特に製造業は日本でかなり多いため、沢山の求人が眠っていますよ。

リクナビNEXT

リクナビNEXTとは、簡単に言うとネットの転職サイトです。

ネットに給料を載せていて、そこから応募するのが転職サイトの流れです。

なぜリクナビNEXTなのか?それはハローワークに比べるとホワイト企業が多いからです。

基本的にハローワークは無料で載せれるため、どんな企業でも求人を出すことが出来ます。

たとえそれが極悪な企業でも、ホワイト企業でもどちらも求人を出すことが出来るでしょう。

しかし転職サイトの場合は、求人を載せるだけでもお金がかかり、内定者が出てもお金を払わないといけません。

なので、転職サイトを使えるのはお金に余裕がある会社で、更にいい人材が欲しい会社しか使えません。

まあ、お金のあるブラック企業もいますが、ハローワークに比べたらそうとう待遇が良いものが沢山あります。

それにリクナビNEXTは、日本で一番大手の転職サイトなので求人数も多いです。

もちろん製造業の求人も沢山あります。

なので、転職したいならまずはリクナビNEXTを使ってみる事をおすすめします。

↓↓↓

リクナビNEXTで製造業を探したいならこちらから

ちなみに、リクナビNEXTの評判が知りたい人は下の記事にリクナビNEXTの評判をまとめた記事があるのでそちらもご覧ください。

↓↓↓

リクナビnextの評判を実際に取材!そして分かった驚きの真実とは?

転職エージェント

次に転職エージェントを使う事もおすすめします。

転職エージェントはあなたの転職を無料で支援してくれるもので

  • 求人の紹介
  • 面接の練習
  • 給料の交渉
  • 残業時間の確認

などを全てやってくれるのが、転職エージェントです。

製造業に転職したいけど、そもそも製造業の事が分からないという事はないですか?

製造業に転職したいけど、どんな製造業が自分に合っているか分からないという事はないですか?

製造業になりたいけど、どんな製造業に就くのか?などがあいまいな人が多く、まだ方向性が分からない事が多いと思います。

しかし転職エージェントだったら、製造業の色んな求人を紹介してくれますし、担当者の人と話し合ってあなたの性格に合った製造業を紹介してくれることも出来ます。

製造業の細かい仕事内容も教えれくれるので、製造業の事がよく分からないという人は一度使ってみるのが良いでしょう。

転職エージェントはリクルートエージェントというのが、一番の大手なので初心者には使いやすくおススメ出来ます。

↓↓↓

リクルートエージェント

また、転職エージェントをもっと知りたいという人は下の記事におすすめの転職エージェントをまとめてあるのでそちらもご覧ください。

↓↓↓

【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする