転職

穏やかな人に向いてる7つの仕事

 

穏やかな性格で、体育会系の人が苦手。

 

ギラギラして仕事をやるより、常に平和で人間関係で苦労したくない。

 

だから穏やかな人が多い仕事はないかな?と探していませんか?

 

確かに穏やかな人からすると、残業や給料の前にまずは人間関係の事で悩んでしまうことが多いでです。

 

そこで今回は穏やかな人が多い仕事と仕事の探し方を紹介していきましょう。

 

穏やかな人の特徴とは?

 

まずは穏やかな人の特徴を書いて、自分を客観的にみてみましょう。

 

常に受け身

 

穏やかな人は常に受け身で、自分から率先して何かをやろうとはしません。

 

友人と遊ぶ時も、行先は友人に任せる。仕事も常に命令を待っている。リーダーなんて絶対にやりたくないと思っています。

 

この様に常に受け身で、誰かの指示を待つのが穏やかな人の特徴と言えるでしょう。

 

常に気をつかう

 

穏やかな人は、常に人をもて気を使うのも特徴です。

 

穏やかな人は、雰囲気だけでその人が不機嫌か機嫌が良いかなどすぐ分かりますし、顔には出ていないけどなんとなく迷惑そうというのも感じ取ってしまいます。

 

なので常に人の思考を先にみて、その人がしてほしい事。その人がやって欲しくないことなどを全て予測して動けるくらい気を使えます。

 

なので、常に怒っている人が近くにいると疲れてしまうことが多いです。

 

嫌われるのが怖い

 

穏やかな人は何より人間関係のトラブルがある事を一番嫌います。

 

先ほども言いましたが、どれだけ残業があっても給料が低くても穏やかな人は我慢強いので、多少の我慢は出来ます。

 

しかし人間関係のトラブルになると、非常に弱くちょっと喧嘩しただけでも酷く落ち込む事があります。

 

もちろん陰口を言われるのも嫌いですし、陰口大会に参加するのも大嫌いです。

 

新しい事が嫌い

 

穏やかな人は新しい事を嫌います。

 

穏やかな人は変化を嫌う事が多く、たとえば部署異動、転職、引っ越しと言った自分の生活ががらりと変わってしまう事が凄い苦手です。

 

なので、携帯を買い替える事も苦手ですし、ニュースでよくある「10年後になくなる仕事一覧」というのをみるのも怖がっています。

 

穏やかな人に向いてる仕事は?

 

では次に穏やかな人に向いてる仕事を紹介していきましょう。

 

田舎のコンビニ

 

田舎、それも周りに田んぼがあるくらい思いっきりな田舎のコンビニというのは穏やかな人が多いです。

 

穏やかな人というか、田舎のコンビニは基本的に暇なのでイライラする事がありません。

 

結局人間関係が悪くなる原因ってストレスのせいで起こる事が多いです。

 

たとえばコンビニが忙しすぎると、店員が焦りと疲れでイライラしますし、お客さんの態度が悪いとそれでイライラします。

 

そしてそのイライラのせいで、人間関係が悪くなりギスギスした職場が出来上がってしまいます。

 

なので忙しくない所は、暇すぎてストレスが溜まらないため結果的に穏やかな人が多くなりますよ。

 

商品開発

 

基本的に研究職というのは、優しく穏やかな人が多いです。みんな自分の研究に熱心なせいもあり、基本的に喋る事も少なくそこまで忙しい職ではないため穏やかになります。

 

ですが、商品開発などは価格コスト、大量生産できるか?材料はどうするか?など考えることがとにかく多いため、非常に頭を使う仕事になります。

 

事務職

 

事務職は会社によりますが、基本的に穏やかな人が多いです。

 

事務職も基本的にパソコン操作ですし、肉体的にも楽な仕事。そして何より残業がない所が多いのが事務職の良い所と言えるでしょう。

 

あまりにも忙しい会社じゃない限りは、ずっとパソコン作業が出来るので喋らなくても良いですよ。

 

ルート営業

 

営業職というのはノルマがあり、人と話さないといけない。そんな仕事のイメージが多いですが実は営業にもルート営業と言う物があります。

 

ルート営業と言うのは決まったお客さんの所に訪問して、新しい商品を紹介する仕事です。

 

もっと色々な細かい仕事がありますが、穏やかな人に向いている理由としては「聞き上手」なところや「共感する力」が実はルート営業の人に向いています。

 

普通の営業なら、営業トークなど話術が必要になる事が多いですが、ルート営業はお客さんの望みや本音などを聞いて深い人間関係を作る事がもっとも重要と言われています。

 

営業とは逆で無理に売り込んでも相手が嫌がり、下手をすると取引先とのトラブルを起こす可能性もあります。

 

なので、どちらかと言うと相手の話をしっかりと聞き、相手に共感をする力が大事な仕事になるでしょう。

 

なので、基本的に話を聞く事が多い穏やかな人には向いている仕事ですよ。

 

工場のライン作業

 

穏やかな人は内気な人が多いです。そして内気な人がやる代表的な仕事が工場です。

 

工場は基本的に黙々と商品を作るため、確かに喋る事は少ないです。

 

それこそ、最低限だけ話していれば大丈夫ですね。

 

私も工場の仕事を実際にやったことがありますが、確かに喋る事が少ないです。

 

商品を作って、その商品が今日のノルマ数作ったら次の商品に。そんな事がずっと続いていました。

 

ただ性格が荒い人が多く、時々大声で怒られるので注意が必要になるでしょう。

 

ですが、工場の仕事はどの仕事よりも喋る時間が少ないので、会話が苦手な人には向いていますよ。

 

ちなみに工場は食品工場がおすすめです。食品工場だと製品を腐らせないようにするため、常に冷房が効いているので1年中快適に過ごせますよ。

 

図書館の司書

 

図書館も穏やかな人に向いている仕事でしょう。

 

図書館は本を整理したり、注文のある本を取り寄せたりと、見た目以上にやる事が多いですがそれでも毎日静かに仕事が出来たり、本が好きな人はちょっと暇な時に本を読んだりとかなりお得な事が多いです。

 

静かに働きたいという人なら、おススメ出来ます。

 

農業

 

農業はあまり人と関わらず、基本的に野菜などの農作物を相手にします。

 

農業は研究職と似ていて、常に農作物の事を考えて仕事をしないといけません。

 

「どうやったら虫の被害をなくせるか?」

「どうやったら安くて美味しい野菜が作れるか?」

「どうやったらもっと収益を上げれるか?」

 

などを考えないといけません。

 

しかし、しっかりと研究した農作物を売れるようになれば、穏やかな人に向いている仕事になるでしょう。

 

穏やかな人が多い会社の特徴は?

 

では、次に穏やかな人が多い会社の特徴を書いていきましょう。

 

仕事がない

 

穏やかな人が多い所は基本的に、あまり仕事がない会社が多いです。

 

最初の方に言いましたが、人間関係が悪くなる原因はストレスです。そしてそのストレスは仕事があまりにも忙しかったり、お客さんの態度が悪いせいで起こる事が多いです。

 

しかし仕事があまりない所だと、忙しすぎてストレスも溜まりませんし、そもそもお客さんもあまりいないので、人間関係のストレスも少なくなります。

 

ちなみに仕事がないとその会社は潰れないの?と思うかもしれませんが、会社によって忙しい部署と暇な部署がある事が多いです。

 

ちなみに私が前働いていた会社は、残業が毎日夜の8時以上やる部署と毎日確実に定時で帰れる部署がありました。

 

固定のお客さんがいる

 

穏やかな人が多い会社は、大手の取引先という固定のお客さんがいる事が多いです。

 

基本的に大手のお客さんが発注した仕事くらいしかしないので、そこまでストレスが溜まりません。

 

やはり固定のお客さんがいるだけで、全然精神的にストレスはなくなるので、大きいお客さんがいるのは大事です。

 

ノルマがない

 

ノルマがない会社だと、穏やかな人が多くなります。

 

人間は高い目標があると、それに向かって動けますが、その目標が達成できない時は精神的なストレスが大きいです。

 

ノルマのせいで、毎日イライラしてる人も多いですし、ノルマが達成できないからズルをしてやろうと考える人もいます。

 

しかしノルマがないと、ストレスも少なくなるため穏やかな人が多くなってきますよ。

 

非正規雇用が多い

 

非正規雇用が多い会社は穏やかな事が多いです。

 

たとえば派遣社員とパートなどが多い会社は、穏やかな人が多くなっていきます。

 

理由としては非正規雇用は、毎日定時で帰れるし正社員のプレッシャーがないのでみんな穏やかな人が多いです。

 

私の前いた職場ですが、正社員と派遣社員の人数が半分くらい分かれている会社がありました。

 

正社員は毎日遅くまで残業しますが、派遣社員は派遣会社の規則のため絶対に定時で帰ります。

 

正社員の方は残業、上からの圧力などで疲れていて、毎日死にそうな顔をしてます。ですが派遣社員は毎日定時で帰れる、上からのプレッシャーが少なく毎日楽しそうに働いています。

 

正社員は昼休みになると、仕事がだるい、帰りたいなど愚痴ばかり言ってますが、派遣社員は旅行に行った話や次の休日の予定の話などいつも楽しそうにしています。

 

ちなみに、その会社は正社員が派遣社員をいじめるなど悪質な事はなく、人間関係だけはかなり良かったですよ。

 

この様に、人はプレッシャーなどを感じないで毎日定時で帰れるとどんな人でも穏やかになります。

 

私の会社が特別だっただけかもしれませんが、非正規雇用が多いと穏やかな人が多くなりますよ。

 

人とあまり関わらない仕事

 

では次に、穏やかな人のために人とあまり関わらない仕事も紹介して来ましょう。

 

YouTube

 

日本ではかなり定番になった仕事です。小学生のなりたい職業ランキングにもランクインしてる仕事なので、かなり夢のある仕事でしょう。

 

YouTubeは基本的に動画を投稿して、動画に出てくる広告でお金を稼ぐ仕事です。

 

なので人気になれば、月収100万円以上は可能です。しかし人気がない場合は月収0円なんて事は普通にあるでしょう。

 

ちなみにYouTubeは顔出ししないといけないの?という疑問がありますがそんな事はありません。

 

私の好きなジャンルにゆっくり実況というジャンルがあります。簡単に言うと機械音声でゲームを実況するようなものですが、これだったら別に顔出しも声出しも実名もいりません。

 

意外と知らないだけで、YouTubeで稼ぐ方法って意外とあります。

 

投資家

 

株式投資やFXなどお金を使ってお金を稼ぐのが投資家の仕事です。

 

投資家は常に、相場を気にする必要がありますが、基本的に1人でやる仕事なので人間関係に苦労したくない穏やかな人には向いています。

 

投資は沢山のお金が必要と思っていますが、実は投資は1000円からでも出来ます。

 

生活するためには1000円の投資だけでは全く足りませんが、1000円を投資してみて練習すると言う手もあります。

 

1年ほど練習してみて性格に合わないなら、やめてしまえば良いのでこれもチャレンジするのが良いでしょう。

 

ブロガー

 

ブロガーとは、ブログ記事を書きアクセスを集めて広告収入を貰う仕事です。

 

YouTubeとよく似てるポイントがありますが、決定的な違いは文章で伝えることです。

 

YouTubeは編集技術などが必要になりますが、ブログの場合は文字を書ければ良いので今からでも出来ます。

 

個性的で面白いブロガーになると、月収100万円も普通にいける世界なので、挑戦してみるのも良いでしょう。

 

転売屋

 

最近は悪いニュースばかりの転売ですが、これで生活してる人もいます。

 

転売の分かりやすい例は、ブックオフで買った100円の本をネットで200円で売る。そしてその差額がそのまま収入になるという仕組みです。

 

転売はお客様とメールでやりとりしないといけませんが、直接会うわけではないので実は会話が苦手な人でも意外と出来てしまいます。

 

まずはいらないものをメルカリなどで売ってみることからチャレンジできると良いでしょう。

 

フリーで仕事をやると人間関係の苦労はしない

 

こういった、会社に属さないで働く事をフリーと言いますが、フリーで働くと人間関係の苦労をしないので穏やかな人にも向いています。

 

 

穏やかな人の適職の探し方は?

 

では仕事は分かったけど、どうやって仕事を探したらいいのか?今回はそれについても書いていきます。

 

グッドポイント診断

 

適職診断。これはよくあるネットの無料サービスだけど、その中でもグッドポイント診断というのを使ってみて欲しいです。。

 

グッドポイント診断はリクナビNEXTという転職サイトから使う事が出来ます。

 

無料で使えますが、無料なのにかなり細かい質問までして、あなたの性格をかなり的確に当てることが出来ます。

 

ネットでもかなり評判で、当たっているという人が沢山います。

 

もちろん結局は性格診断なので、100%信じろなんて事はしない方が良いです。

 

ですが、まずはあなたの本当の性格を知る事から始めてみましょう。それを参考にしてリクナビNEXTで仕事を探すというのも悪くありませんよ。

↓↓↓

リクナビNEXTの利用はこちらから

 

関連記事:リクナビnextの評判を実際に取材!そして分かった驚きの真実とは?

 

転職エージェント

 

次は転職エージェントと言うのをぜひ使ってみて欲しいです。

 

転職エージェントは、あなたの転職を支援してくれるサービスで

 

  • 求人の紹介
  • 面接の練習
  • 履歴書の訂正
  • 年収の交渉
  • 残業時間の確認

 

などなど、転職に関する全ての事をサポートしてくれます。

 

特に助かるのは、求人の紹介でしょう。

 

穏やかな人は、自分のメンタルが弱い事や話が苦手な事は自覚してます。しかし自分の得意なことや出来そうな仕事を聞かれた場合、何も答えられません。

 

しかし転職エージェントは、担当者の人があなたとじっくり話をしてどんな仕事が合っているのか?というのを見極めてくれます。

 

話が苦手と言えば、1人で黙々とやるような仕事を紹介してくれますし、残業をしたくないと言えば残業がない求人も紹介してくれます。

 

この様に、転職エージェントを使えば性格診断や適職診断をしなくても、無料であなたに合っている求人を用意してくれるでしょう。

 

なので、向いている仕事を探しているならぜひ転職エージェントを活用してみて下さい。

 

転職エージェントはリクルートエージェントが一番の大手サイトなので、初めて使う人でも安心して使う事が出来ます。

 

他に転職エージェントをじっくり選んでみたいというなら、下の記事におすすめの転職エージェントをまとめてみたのでぜひご覧ください。

↓↓↓

リクルートエージェントの利用はこちらから!

 

関連記事:【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント

 

まとめ

 

穏やかな人でも、探し方次第で今回紹介した仕事も出来ますし、ネットでは絶対に分からない生の情報を転職エージェントに行けば知る事も出来ます。

 

なので積極的に転職エージェントは使った方が良いでしょう。