リクナビnextの評判を実際に取材!そして分かった驚きの真実とは?

リクナビnextの評判を実際に取材!そして分かった驚きの真実とは?

転職サイトと言えばリクナビNEXTとよく聞きますが、実際のところリクナビNEXTの評判ってどうなの?

と思う人も多いでしょう。そこで今回はリクナビNEXTのメリット、デメリット。そして実際にインタビューして分かった評判を書いていきましょう。

リクナビNEXTの特徴

リクナビNEXTは、国内でも一番大手の転職サイトで、転職するならまずはリクナビNEXTに登録する人が多いです。

それに大学生の就活の時もとりあえずリクナビNEXTに登録をさせる所もあり、やはり転職=リクナビNEXTと思う人も多いです。

リクナビNEXTは毎週1000件以上の新しい求人が更新されるくらい、とにかく沢山の求人があるのが特徴です。やはり大手なので続々と人手が欲しい企業は登録して人材の補強をしていくでしょう。

そしてリクナビNEXTの求人の87%が、独占求人。つまりリクナビNEXTにしかない求人が沢山ありそれも1つの強みと言えます。

ちなみにリクナビNEXTは

  • 不動産系
  • サービス系
  • 営業
  • IT系

などの求人が多いですが、基本的に何でもある万能型の求人サイトだと思っても良いでしょう。

リクナビNEXTのメリット

では次にリクナビNEXTのメリットを紹介していきます。

安心感がある

リクナビNEXTはやはり大手だけあって非常に安心感があります。

やはり転職サイトは人生を決める大事なものです。だから下手に小さい転職サイトなどはあまり使いたくないのが本音でしょう。

ハローワークだって、ネットでは散々叩かれていますが国が管理する転職サイトなので、何だかんだ使う人が多いです。

その点リクナビNEXTは、有名な転職サイトなので詐欺などはなく安心して使う事が出来るでしょう。

求人数が多い

リクナビNEXTのメリットはその求人数の多さです。

大手なだけあり、毎週1000件以上も新着求人が出てくるので求人が少なすぎる。そんな状態が全くありません。

転職サイトで意外とあるのが、自分の求めている職種がない。そんな状態がよくありますがリクナビNEXT場合は基本的に万能型で色んな職種があるので、やりたい仕事も見つかります。

年収が高い求人が多い

リクナビNEXTの求人の平均年収が300万円~500万円と言われていますが、これは20代では中々高い方です。

やはり仕事をしているとどうしても給料面の心配も出てきます。特にやりたい仕事だけであまりにも給料が低い。そんな悩みを持つ人も沢山います。

しかしリクナビNEXTは大手の求人サイトで、掲載するのにも物凄い高い予算が必要です。

一番安い予算でも2週間で10万円以上かかりますし、一番目立つ所に掲載するのにも2週間で100万円以上料金がかかります。

人件費を極力抑えたいという企業だとリクナビNEXTに掲載するのは無理です。そう言ったお金がない企業はハローワークに掲載するので。

なのでリクナビNEXTに掲載できる企業はソコソコ儲かっていて、給料も高い求人が多いんです。

20代の求人が多い

転職サイト全般に言える事ですが、20代の求人はやはり多いですね。

20代限定で募集してる求人もありますし、やはり若いと転職がしやすいのは事実でしょう。

スカウトメールが届く

リクナビNEXTはスカウトメールというのが届く事があります。

これは企業の探している年齢、性別、住んでいる所など条件が合っている人に直接企業からメールが届く仕組みです。

スカウトメールでは、自分がやったことない未経験の求人が届きますが「こんな仕事もあるんだ…やってみようかな?」という考えにもなるので非常に便利な機能です。

リクナビNEXTのデメリット

では次にリクナビNEXTのデメリットは何か?も書いていきます。

ライバルが多い

リクナビNEXTは転職者の8割が使うサイトと言われています。それだけサイトの人気が高いため全国の日本人がリクナビNEXTを使います。

そのため、待遇の良い求人などは応募が殺到する事が多いでしょう。

サポートがない

リクナビNEXTは転職サイトです。なので求人を掲載するだけしかできません。

最近は20代の転職にサポートがある、転職エージェントを使う事がかなり多いです。

転職エージェントでは

  • 求人の紹介
  • 面接の練習
  • 履歴書の書き方指導
  • 給料の交渉
  • 残業時間の確認

などなどサポートが多いです。

だけどリクナビNEXTはただのサイトなため、企業の連絡などは全て自分でやらないといけないでしょう。

もし色々なサポートが欲しい人は、リクナビNEXTよりリクルートエージェントをおすすめしますよ。

関連記事:20代におすすめの使いやすい転職エージェントまとめ

スカウトメールが邪魔すぎる

先ほどスカウトメールという、企業からのオファーがメリットと書きましたが、その逆もあります。

というのもリクナビNEXTのスカウトメールは結構色んな所からくるので、最初の時は「こんなにメールがくるの!」とちょっと驚いてしまうでしょう。

メールが多いと、見るのも大変ですし転職した後なんかは鬱陶しいと感じてしまうことが多いです。

実際にインタビューしてみた評判

では実際にインタビューして、聞いて見た評判を書いていきましょう。

 新卒で入社した会社は毎月50~60時間の残業をしていました。
IT企業でシステムの導入指導・運用フォローを担当しており、
スケジュール的にタイトな出張も多くて体力的につらく、
この先もずっとこんな生活が続くことにも不安を感じて
入社2年目の時に転職することにしました。
転職サイトには複数登録して何社か面接に進みましたが、
最終的に入社を決めたのはリクナビNEXTで見つけた会社でした。
キャリアアップを目指していたわけではなく、仕事をできるだけ
無理なく長く続けたいと思っていたので、どの程度残業が必要な業務なのか、
女性はどのくらい働いているか、結婚出産後も働いている女性はどのくらい
いるのか、など給与面よりも働く環境を重視して転職活動を進めていました。
そんな中で、リクナビNEXTのサイトは条件など検索の使い勝手がよく、
求人を見てイメージした仕事の内容や職場イメージなどと、実際に面接で
話をした内容が一致したので話の内容も充実し、採用に結びついたかなと思っています。
リクナビNEXTで転職した会社は、残業は月10時間程度とほとんど無く、
私が配属された部署はほとんどの女性が10年近く活躍しているところでした。
仕事の内容としては、前職のシステム導入の経験を活かした仕事の他にも
経理など事務系の仕事も担当することになり、無理なくスキルを広げることが
できたのでラッキーでした。
37歳女性:事務職

最初の人は残業の多さから転職をしたいと思い、リクナビNEXTで条件のいい求人を探して見事転職をした場合です。

リクナビNEXTは万能型の求人と最初の方に言いましたが、これを見ると分かりやすいですね。

では次の求人に行きましょう。

 大手の会社でも書類選考から一次面接まではかなり多く受けることが可能になりました。
結果的にお伝えすると、合格した会社はありませんでした。
ただし、リクナビネクストの紹介で受けた会社の経験は勉強になりました。
こちらで受けた会社を有名な会社ばかりです。
まずは仮想通貨取引所「ビットバンク」のカスタマーサービス。
また「スタートトユデイ」ここはゾゾタウンの会社です。他にもマイクロソフトも面接までは受けました。
また、長所としては書類選考を通過する方法はかなりレベルが高いと思います。
例えば「IT業界」ならば事前知識は当然網羅する。仮想通貨業界ならば「ブロックチェーン」などの
技術は簡易的に聞かれることもある。それは確実に覚えておくことをすすめられました。
短所としては、書類選考は確実に通る方法はできました。ただ一次面接だけはどうしても
業界、会社によっては全然好印象にうつることが変わります。
メラビアンの法則に基づき、第一印象が綺麗な状態になるように服装は厳しくアドバイスを
サイト上でも見ました。
ただし一次面接に関しては、正直難しいです。特にマイクロソフトを面接した際には本当に難しくて
どんなサイトを利用しても、例えばリクナビネクストを利用しなくても難しかったと思います。
今後、転職を考えるかたは仕事を探すのはリクナビネクストで問題ないです。
29歳男性:IT系

次は大手の求人が沢山あったという話です。この男性によると最近流行りの仮想通貨の会社やマイクロソフトの会社も求人にあり、面接まで行ったという体験談もあります。

この男性の場合は、大手の企業を狙いすぎて難易度が高すぎて落ちた。と言う話になりますがそれでも大手企業の面接を受けれるのは魅力的でしょう。

大手の会社に行けば安定するという時代もなくなっていますが、それでも大手の会社は給料も良い、残業も少ない、などなど待遇は中小企業に比べるとかなり良いでしょう。

リクナビNEXTで大手の会社の求人も受けれる。それも大きな魅力です。

では最後の体験談です。

 転職活動の始めにまずは情報収集を!と、リクナビNEXT以外にもいくつかの転職サイトに登録をしていましたが結局リクナビNEXTでの転職となりました。

その利用法はとても簡単で、必要な個人情報と転職先企業の希望職種や興味のある分野について記入するだけでした。送られてくる関連する求人情報には、同じような希望を持つ利用者に送られるるオープンオファーと、企業(企業とつながったエージェント)から逆指名的に送られるプライベートオファーというものがありました。

私は運よくプライベートオファーに回答し、そのオファーをくれたエージェントと面接し、マッチング確認の後、そのエージェントを通して企業と面接、という流れで転職を成功させることができました。私も企業側もお互いの希望をかなえるという転職活動が、こんな形でネットを通して行われているということ自体にかなり驚いたのを覚えています。

このように、リクナビNEXTを利用しての転職活動は、第一希望の企業に就職することができ、しかも、今も楽しく充実した毎日を送ることができています。本当に大成功だったと思います。
最後にひとつ強調しておきたいのが、サービスを利用するのは完全無料でとても簡単だということです。今の職で仕事をしながらの転職活動はなかなか大変だと思いますが、私のような形であれば、無料で隙間時間で活動できます。時間とお金をかけたくないという方にもおすすめです。
32歳男性:飲食系

この人はリクナビNEXTとリクルートエージェントの両方を上手く活用して転職を成功させた人です。

しかもこの人は企業から逆指名されるリクナビNEXTの機能を上手く活用して、見事に転職を決めています。

ちなみにリクナビNEXTに登録すると、その登録情報でリクルートエージェントも使えるのでとりあえずリクナビNEXTに登録するだけでお得ですよ。

リクナビNEXTはブラック企業が多いの?

リクナビNEXTはブラック企業が多いと聞きますが、それは半分正解で半分不正解です。

というのもお金がある企業でもブラックな企業はあります。それは経営者が利益を求めすぎて格安で従業員を雇っているとか、サービス残業をさせて時給ゼロ円で働かせてるとかそう言うブラックな事をして儲かっている所はあります。

リクナビNEXTはホワイト企業だけを集めるサイトではなく、お金のある企業が掲載できるサイトです。

なので多少はブラック企業がある事は覚悟した方が良いでしょう。

ですが、ブラック企業がある事は仕方ない事と言えるでしょう。

リクナビNEXTは日本国内で一番の大手サイトです。毎週1000件以上の新しい求人が出てきます。

それは1000件も新しい求人があればどれかの会社はブラック企業があるでしょう。

そのブラック企業に偶然入社してしまった人が、「リクナビNEXTはブラック企業ばかり」と言ってしまうんです。

先ほどの体験談をみてみると、ほとんどの人は転職に成功しています。それこそホワイト企業に入社して喜んでいる人もいます。

なのでリクナビNEXTはブラック企業ばかりではないですよ。あまりにも求人数が多いのでブラック企業が多く見えるだけです。

リクナビNEXTはどんな人が使うべき?

ではリクナビNEXTはどんな人が使うべきか?

  • 自分のペースで転職したい人
  • 怪しい転職サイトは使いたくない人
  • 給料が高い仕事をしたい人
  • 残業が少ない会社に行きたい人

などはおススメが出来るでしょう。

まとめ

リクナビNEXTは実際にインタビューしてきましたが、そこまで悪い評判はありません。

大手を狙いすぎて転職が出来なかったという人もいますが、それ以外の人は無事に成功しています。

なので気になる人は、ぜひ登録して下さい。完全無料で使えるので損はしませんし、それに残業がなくて給料が高いホワイト企業に楽に入る事も出来ますよ。

↓↓↓

リクナビNEXTでホワイト企業に行きたい人はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする