うつ病で仕事を辞めるのではなく、なる前に辞めないと人生後悔する

うつ病で仕事を辞めるのではなく、なる前に辞めないと人生後悔する

いまあなたは今の仕事が嫌ですね?

今の仕事が嫌で、うつ病になってしまえば仕事を休職。または辞めれると思っていませんか?

確かにうつ病の診断書を貰えば、簡単に仕事を休めますし仕事を辞めることだって可能でしょう。

しかしうつ病になるくらいだったら、仕事はサッサと辞めた方が良い。私はそう思っています。

そこで今回は、本当にうつ病になったらどうなるの?などの疑問を解決していきます。

うつ病になるとどうなるの?

最低でも1年間戦う必要がある

まずうつ病になると、最低でも1年はずっと戦わないといけません。よく骨折などは全治3か月と治る時間は決まっていますが、うつ病などメンタル系の病気は治る時間の個人差が大きいため、いつ治るかは分かりません。

個人差が大きいので、4か月程度で治る人がいますが、うつ病というのは一度治ったと思ったらまた再発する病気です。

これがうつ病に一番厄介な所で、しかも一番危ない時期です。

よく聞くうつ病のせいで自殺する人で一番多いのは、治りかけの人です。なぜ治りかけの人が一番危ないのか?

それは自殺するための行動力が生まれてしまうからです。本当にうつ病になってしまうと実は何もやる気が起きません。

仕事なんて当然出来ませんし、家から一歩も出たくありません。下手をするとご飯を食べる元気すらない人もいます。

しかし何もやる気がないからこそ、自殺するやる気もないため実は死ぬ危険が一番少ないです。

しかし治りかけになると、外にも出れるくらい元気があるので自殺したいと思ったらそのまま実行する人がいます。

治りかけの人でも、嫌な事があると「死にたくなってきた…」といきなりメンタルが不安定になるためそれでそのまま亡くなる人が実は多いんです。

そして話を戻しますが、1年以上戦うというのは

うつ病になる

病院で治療する

精神的にだいぶ楽になる

また発症する

また病院で治療する

と言うのを繰り返すせいで、1年以上戦う人が多くなるという事です。

全治1年って、普通に骨折してもここまで長く治療はしないですよ。

下手をすると10年以上治らない場合がある

1年以上戦うと言いましたが、下手をすると10年以上戦わないといけない人もいます。

先ほども言いましたが、うつ病というのは個人差が一番大きい病気です。

1年間の治療で完治する人もいれば、10年経っても治らない人もいます。

流石にどれだけ大きいけがをしても、全治10年なんて聞いたことはないですよね?

ですがうつ病だったら全治10年なんて普通にありえる事になります。

あなたは10年間もずっと家で引きこもりたいですか?真面目なあなたは普通に働きたいと思っているはずです。

なので、うつ病になるとどれだけ大変か?どれだけ酷い状況になるかをよく考えた方が良いですよ。

ちなみに、私の友人は小学生からうつ病になっていて22歳になった今でもずっと戦っています。

ずっと心療内科にいって、ずっと薬を飲んで、仕事も障害者専用の場所で働き今も必死に生きています。

うつ病って下手をすると、どんな病気よりも重いものなんですよ。

自殺の可能性も高い

うつ病になると、最悪の場合自殺する事だって普通に考えられます。

よく考えてみたら、うつ病は恐ろしい病気です。

それはうつ病は、死ぬ確率もあるくらい重い病気だという事でしょう。

精神病というのは、「普通命までは失わない」。そう思ってる人がいますが悪化するといきなり自殺する事だって普通にあります。

日本ではうつ病は甘え。そんな風に言われていますが自殺する可能性もある病気なのにそれはあまりにも酷い考え方です。

「うつ病は命の危険がある」そう考えると危険な病気だと思いませんか?

仕事が怖くなり働けない事がある

一度うつ病になると、仕事に恐怖を覚えて働けない事だってありえるでしょう。

もともと仕事が原因で、うつ病になったらその原因である仕事自体トラウマになってバイトすら出来ない確率があります。

働けないというのは、かなり致命的でお金を稼ぐ手段がなくなってしまうことになるでしょう。

それに、日本では正社員じゃなくてもバイトさえすれば、とりあえず飢え死にする事はありません。

日本は一応豊かな国なので、働く事が出来ればとりあえず生きることだけは出来るはずです。

ですが働けなくなると、生活保護を貰って暮らすしかなくなります。ですが生活保護を貰いながら生活するのも精神的に苦しいはずです。

しかも日本人は、「生活保護を貰うくらいなら自殺する」と考えている人が多く、働けない=自殺。となってしまいます。

ちなみに私も、親が亡くなり将来的に働けなくなる時がきたら、生活保護を貰わずに自殺する道を選ぶんでしょうね。

なんというか、生活保護を貰ってまで生きることをしたくないという感情があるので。

ちなみに、今は本業で働きながら副業でサイト制作をしています。サイト制作は私の生きがいになっているので、こうやって記事を書いてる間は生きてますよ。

うつ病は理解してもらえない場合がある

うつ病は、今では日本で理解してくれる人が沢山いますがそれでも一部の人は偏見があり全く理解してもらえない事があるでしょう。

そもそも精神病は、外見からみても全く分からないため「こいつ本当にうつ病なのか?」と思われてしまう事があるでしょう。

そのため、本当にうつ病になっても信じて貰えない事があり理解してもらえない辛さがありますよ。

うつ病で仕事を辞めると転職に不利?

仮にうつ病で辞めるとして、「転職に不利なのか?」というと場合によっては不利にはなりません。

そもそもうつ病は、法律上治っていれば履歴書に書く必要がなく、健康に全く問題はないと出しても良いんです。

もちろん面接に行くときに、まだうつ病の治療中となったら書かないといけませんが、ちゃんと治っているという場合は書く必要はありません。

現在、業務をするうえで支障のない心身状態であれば、堂々と「良好」と書けば良いです。
うつ病を患う人の多くは、非常にまじめなため、このような書類を書くときに「嘘をついてはいけない」と考えています。
そのためか、この欄に「1年ほど前に、うつ病で治療しました。しかし、現在は回復し、業務に支障はありません」と、律儀に書いてくれる応募者がいます。
しかし、採用側の会社は、精神疾患の既往歴がある応募者を採用したくないというのが本音であるため、履歴書に病名が書かれていると、その段階で敬遠されることになります。

引用元:一般職・総合職の転職情報 

ちなみに、うつ病になると不利になるのか?という情報ですが、上の引用した情報によると不利になる事は間違いないです。

採用側も、精神病がある人を正直雇いたくないという本音があるため確実に不利になります。

なので、うつ病になる前に仕事を辞める方が、将来的にみても転職に有利ですよ。

うつ病診断書を貰う前に辞めた方が良い

先ほどから何度も言ってますが、うつ病になり診断書を貰う前にサッサと仕事を辞める方が、何倍も良いでしょう。

やはり一度うつ病になると、長い時間治療しないといけませんし治療中に転職をするとなったら、それだけで不利になります。

もし今、精神的に辛いのだったら早めに辞めた方があなたのためにもなりますよ。

それに、今辛い状態だったらいずれか限界がきて、あなたは仕事を辞めるはめにもなります。

素直に辛い時は甘えませんか?病気になる前に辞めてみませんか?

休職しても治らない事が多い

ちなみに、うつ病になった時は休職すると言う手もありますが、休職しても治らない人が多いという事が、調査でわかっています。

うつ病などメンタルヘルスの不調で会社を休職した社員の42.3%が、休職制度の利用中や職場復帰後に退職しているとの調査結果を、独立行政法人「労働政策研究・研修機構」(東京・練馬)が18日までにまとめた。休職できる期間が短く治療が十分でないことや、復職後の支援体制が不十分なことが退職の背景にあるとみられる。

引用元:日本経済新聞

この調査は2014年と少し古いですが、こういう調査は数年経っても大した差がないため同じような感じです。

調査によると、なんと約2人に1人が休職した後退職するという事になっています。

つまり、半分の人が休んでも治らないでそのまま退職する事になるでしょう。

確かに休職するという手もありますが、休職期間が短い、症状が思ってより酷くてどれだけ休んでも効果がない。と言うことがあり早めに辞める方が結果的には良いでしょう。

甘えなんて思わない方が良い

うつ病は甘えなんて言われますが、甘えと思わない方が精神的にも楽ですよ。

そもそも甘えなんて言う人は、うつ病の事を1ミリも知らなくて、何も言う資格がない人たちです。

これで、うつ病の事を勉強して資格を持っている人が言うなら説得力がありますが、大半はテレビやネットなどの適当な情報で判断した人たちが言う言葉です。

世の中には、自分勝手な判断でてきとうな事をする人が沢山います。たとえば最近は台風や自地震などの災害が多いですが、災害の時に「千羽鶴」を支援物資として贈る人がいます。

千羽鶴を送った人は、「これが被災者の励ましになるだろう」と思って送ったと思いますが、被災者からすると千羽鶴を送るより水や缶詰など、飲食物を送ってくれた方が何倍も良いです。

ちょっと酷い言い方になりますが、千羽鶴って結局ゴミにしかならないため、被災者にとってはありがた迷惑です。

うつ病も同じで、相手の気持ちなんて分からないから甘えなんて、酷い言葉が出てきます。

なので、甘えなんて思わずに精神的に辛い時は素直に辞めてしまった方が良いですよ。

辞めたら今の気持ちは多少よくなる

もし今の仕事を辞めることが出来たら、今の辛い気持ちは多少は良くなりますよ。

絶対に100%治るとは書けませんが、多少は精神的に安定します。

それは次の職を見つけないといけない苦労がありますが、とりあえず今辛いなら今の状態を何とかするしかないでしょう。

まずは自分を大事にする

甘えでもなんでも良いので、とにかく自分を大切にする事から始めてみませんか?

人間と言うのは結局自分のことを一番に考えないといけません。

上司や友人だって結局は他人ですし、血が繋がった家族ですら極端な話他人でしょう。

なので、周りの世間の目があると思いますがそんな事は関係なしにして、今の辛い状態を抜け出す事から始めてみませんか?

正社員で働きたくないなら

多くの人が、正社員で働こうとしています。

確かに正社員の魅力は大きいので皆なりたいでしょう。

  • 世間体
  • クレジットカードの審査が楽
  • 給料の安定感
  • クビにならない安心感

などなどメリットも大きいでしょう。

ですが、精神的に壊れてしまうくらいなら別に派遣社員でも良いのではないですか?

派遣社員は確かに、クビになりやすく不安定ですが、派遣社員なら責任も軽いですし仕事も簡単なものが多いため、正社員よりは精神的に楽が出来ます。

正社員じゃないと「将来」が危ない。と言う考えもありますが、今が辛い人が将来を考えてもだめですよ。

今が辛いなら今のこの状況をまずは解決する事が大事です。

なので、正社員ではなく派遣社員になる事も考えてみて下さい。

それでも正社員になりたいなら

派遣社員でも良い、バイトでも良いと言われてもあなたは「それでも正社員が良い」そう思うでしょう。

それはそうですね、いきなりネットの記事で「派遣社員でも良い」なんて言われてもいきなり考えを変える事は不可能に近いからです。

もちろんあなたが正社員になりたいなら、もちろん止める必要はないですが転職をする時は転職エージェントを使って、少しでも良い待遇の求人を探す事をおすすめします。

転職エージェントとは、簡単に言うと転職を支援してくれるサービスで

  • 求人の紹介
  • 面接の練習
  • 履歴書の訂正
  • 残業時間の確認

などなど、転職の時に役にたつサポートが沢山あり、しかも完全無料で使えるサービスです。

たとえばあなたが、人間関係が原因で精神的に疲れて辞めたなら、あまり人と関わらない仕事を紹介して貰う事も可能です。

転職エージェントは、担当者が必ず1人つきますが、担当者の人はプロなので仕事内容も軽くですが、把握してる事が多いです。

それに、1人で転職活動をしてるとどうしても視野が狭くなります。

たとえば、人とあまり関わりたくないから工場勤務が良い。そんな風に思う人がいますが、工場以外にも人とあまり関わらない仕事は沢山あります。

事務仕事だって作業をしてるとあまり人と喋る事がありませんし、実は工場も会社によっては人と関わる事が多い場合もあります。

もしかすると、意外な仕事があなたにとって天職になる可能性だってあるんです。

なので客観的な意見をくれる転職エージェントを使って、まずは色々な情報を集めてみる。

そして、この仕事なら出来そう。そう思える仕事をぜひ探して見て下さい。

転職エージェントは、下の記事におすすめの転職エージェントをまとめた記事があるため、ぜひ探して見て下さい。

↓↓↓

【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする