会社を辞めたい

無職でもこれを知ればなんとかなる為の4つの転職方法

 

無職の間って凄く怖くないですか?

 

私も無職を経験したから分かりますが、仕事をしてる辛さと無職の辛さってまた別のものがあります。

 

そして一番の悩みが転職が上手くできるのか?という疑問でしょう。

 

いきなり結論を言うと無職になっても、転職は意外とうまくいきます。

 

空白期間が半年以上あっても意外となんとかなるものです。

 

今回は無職の辛さと無職を乗り切る方法を書いていきましょう。

 

無職期間のあるある

 

まず最初に無職の辛さを体験した私が答えていきましょう。

 

親の目が怖い

 

私は実家暮らしだったので、親の目が一番怖かったですよ。

 

毎日「ハローワークにはいったの?」とか「転職活動はやってるのか?」とか「まだ転職出来ないの?真面目にやってる?」と言われるので心がかなりえぐられてきました。

 

私も転職活動は真面目にやってるつもりですが、親としては3か月あれば十分できるだろと思い込んでいるらしく、中々就職できない私のイライラしてることもあったのでしょう。

 

内定が決まらない焦りと、親の目のせいで家にいるのに生きた心地が全くなかったですよ。

 

友人に嘘をつく

 

一応、仕事を辞めても友人から時々誘いはありました。20歳を過ぎるとご飯を食べるだけという形になりますが、そのご飯の時にも友人には嘘をついていましたね。

 

友人「まだ同じ会社?」

私「そうだね、まだ頑張ってるよ」

友人「俺もまだ同じ会社で働いてるよ」

友人「そうそうこの前上司が…」

 

と言う風に本当は働いているのに、完璧な嘘をついて無理やり話を合わせることをしてましたね。

 

そして私は、話の嘘がバレない様にネットとかニュースとかでみた、仕事の話を持ち込んでましたね(笑)

 

たとえば「社長が会社のお金使って、キャバクラで遊んでいるんだけど」とか「部長が会社のお金を使って、子供のプレゼントを買ったんだけど」とか2ちゃんとかニュースでみた会社の不祥事などのネタを引っ張て来て上手く話を合わせました。

 

ちなみに、ほとんどの友人には無職を隠していましたが、本当に信頼のある友人にだけは本当の事を話しましたよ。

 

携帯代と保険代だけ払って貰う

 

無職になると、収入がないので携帯代と保険代を払って貰わないといけません。親に払って貰うことになりますが、これもまた気まずくて私は嫌でしたね。

 

娯楽費などは当然ないですが、やはり今の時代携帯がないと会社と上手く連絡が出来ませんし、バイトの求人だってネットの方が多いので携帯は必須アイテムと言えるでしょう。

 

保険だって、いくら私が無職といえ病気になる事も考えられます。あまりのストレスで体調を崩す可能性だってありますし、いきなり交通事故にあうかもしれません。

 

だからこの2つはどうしても必要になるんですよね。

 

ですが、今思えば携帯代なんて最低限ネットと連絡が出来れば良いので、格安スマホに変えれば良かったと後悔はしています。

 

転職のCMをみると心が痛む

 

最近はネットやテレビでもリクナビとかマイナビ、タウンワークなどのCMがやっていますがあのCMを観るたびに心がズキズキ痛んでしょうがなかったです。

 

やはり無職に人にとって転職という言葉を禁句で、その言葉を聞いただけで胸が何とも言えない気持ち悪さになる事が多いです。

 

しかも家族と一緒のご飯で、リクナビのCMが流れときは最悪です。言葉にはないですがなんとなく「お前も早く就職しろよ」みたいな雰囲気になるのでこの時ばかりは本当にリクナビを恨みましたね。

 

死のうと思う

 

どうしても就職が上手くいかない時があります。書類選考で落ちたり面接で落ちたりハローワークの人の対応が酷かったりと色々な辛い事があります。

 

ハローワークで頑張って就職先を探してもみつからず、家に帰るとイラついている親をみると、本当に心が追い詰められて死のうと思ってしまいます。

 

私の通っていたハローワークは丁度、坂を上った先にありちょっと見渡せばいい景色のするところでした。

 

そんないい景色のするところだったので、「ここから落ちたら死ぬのかな?」と思うようになったり「就職するより死んだ方がましじゃないの?」と思ったりとかなり精神的に追い込まれてた時がありました。

 

今思えば、もっといろんな転職方法を使った方が良かったですね。

 

たとえば私の場合、ハローワークかタウンワークを観るくらいしか転職方法を知らず、転職エージェントという20代が絶対に使いたいサービスの存在すら知らなかったですし。

 

そもそも正社員以外にもバイトで働くとか、派遣社員で働くとかいろんな方法があったはずなのに、ハローワークかタウンワークで正社員を探すという方法しか知らない自分が今では恥ずかしく感じます。

 

無職でもなんとかする方法

 

では次に無職でも、何とか仕事を見つける方法を書いていきます。

 

この仕事というのは、正社員だけじゃなく働いてお金を貰う手段を沢山書いていきますよ。

 

バイトをする

 

先ほども言いましたが、正社員がいきなり無理ならバイトでもした方が良いです。

 

バイトをすると空白期間があるからとか、バイトじゃなくて正社員が良いという人も沢山いますが、別に働けるならバイトでも良いと思いますよ。

 

確かに空白期間があると転職に不利だったり、バイトをずっとやると将来がないとか聞きますが、未来の事は考えなくても良いです。

 

大切なのは今何か仕事を見つけることですよ。

 

確かに未来の事を考えてしまうのは分かりますが、とりあえずどこかで働いてみましょう。とりあえずお金を稼げばなんとか生きていけますから。

 

派遣社員で働く

 

これもあまり考える人が少ないですが、派遣社員という道もしっかりと残されています。

 

派遣社員は不安定とか、将来性がないとか給料が低いとか色々嫌なことも聞きますが、派遣社員だったら履歴書の空白期間にならなくて、そのまま履歴書に書けるので派遣で働いた時間は決してマイナスになりません。

 

それに不安定とか言いますが、今の不景気の時代正社員を雇う会社が少ないです。少ないですが実は給料が安くなる派遣社員を雇おうとする会社が沢山あります。

 

一部の会社では、正社員が5名で30人以上は派遣社員という極端な会社もあります。

 

なので、派遣の需要は沢山あるので仕事は山のようにありますよ。

 

ネットで稼ぐ

 

これも1つの方法ですが、時間がある人はチャレンジするのも良いでしょう。

 

今は完全にネット時代です。スマホ1つで何でも出来ますしテレビCMよりもネット広告の方が需要があるともいわれています。

 

ネットで稼ぐ方法の代表でYouTube動画を投稿する方法がありますね。YouTubeだってうまくいけば月に20万円は稼ぐことが出来ますし、ファンが増えて有名になればイベントなどに呼ばれるため普通に働くより稼げる可能性はあるでしょう。

 

「YouTubeって今は稼げないんでしょ?」と言われていますが、稼ぎにくくなっているだけで普通に生活する程度なら全然稼ぐ事が出来ます。

 

ただし、稼ぐにも1年以上かかることもあり、1000本以上の動画を投稿してやっと20万円稼げるという事もあります。

 

他の方法で言うと転売とかですね。転売は簡単に言うと物を安く買ってネットで高く売るという商売の基本的な事が出来る方法です。

 

たとえば、一番よくあるのがブックオフで買った100円の本をネットで500円で売る。そうすると400円の利益が出ると言う事です。

 

転売は、コンサートのチケットを売る転売屋の人たちのせいで嫌われていますが、ネットで稼ぐというのは日本人からすると「楽に稼いでる悪い奴」と思われているので、本当にやるとしたら割り切るしかないですよ。

 

最後の方法がアフィリエイトと言う方法ですが、これはサイトを作ってそこに人を集めて広告収入などを貰うと言う方法ですね。

 

たとえばYahooニュースを観ると分かりますが、あれだって沢山広告がありますよね?あの広告費で稼ぐのがアフィリエイトと言う方法です。

 

ちなみに私もアフィリエイトはやっています。成果としては1年で月に10,000円程度ですが、逆に言うと素人でも1年間やれば10,000円稼げるという事なので、ネットで稼ぐのって夢がありますよ。

 

もし人間関係が本当に嫌になり、会社に勤めるのが嫌だという人はネットで稼ぐという方法も覚えて下さい。

 

転職エージェントに相談する

 

20代の人なら、まずは転職エージェントに相談をした方が良いですよ。

 

転職エージェントは、あなたの転職を支援してくれるサービスで

 

  • 求人の紹介
  • 面接の対策
  • 履歴書の訂正
  • 年収の確認
  • 残業時間の確認

 

などなど、サービスはまだたくさんありますが大まかな所はこんな感じです。

 

たとえば、転職活動をしても面接で落とされると言う事が結構あります。面接で落とされるのはよくある事ですが、「なんで落ちたんだろ?」というのがあまり分からず次の対策が出来なくなることもあります。

 

しかし転職エージェントなら、プロの人が練習の指導をしてくれるので、その通りにやればとりあえず高評価にはなります。

 

それに求人の紹介は、仕事の内容を教えてくれるので、自分がやりたい事と合っている求人を紹介してくれますよ。

 

やはり、求人内容と実際に仕事内容って全然違うので、「これってどんなことをするんだろう?」というのは良くあります。

 

しかし転職エージェントなら、担当者の人が仕事内容を知ってることも多いですしどうしても分からない場合は、企業の人に直接聞いてくれることもあります。

 

更に、転職エージェントって全てのサービスを無料で使えるのでこちらが転職する気がなくて使っても、料金は無料なので損はしませんよ。

 

もし転職エージェントに興味があったら、まずはリクルートエージェントから使ってみてはどうですか?

 

リクルートエージェントは一番の大手サービスで、求人数職種数などが他のエージェントとはけた違いなので、初心者にも使いやすいですよ。

↓↓↓

リクルートエージェントの利用はこちらから

 

 

ですが他の転職エージェントも観たいという人は、下の記事におススメの転職エージェントをまとめた記事があるので、是非ご覧ください。

↓↓↓

20代におすすめの使いやすい転職エージェントまとめ

ブラックではなくグレーな会社でも人手不足

 

ちょっと変わった転職のコツを言いますが、グレーな会社を狙うのがコツです。

 

たとえば残業がなくて給料が良いホワイト企業は当然ですが、人気が高いですよね?しかもホワイト企業というのは基本的に人が辞めないため、求人があってもすぐに募集が殺到します。

 

ですが、無職が長い人がいきなりホワイト企業を狙うのは落ちる確率が高いのでお勧めはしません。

 

だけど、残業が多く仕事内容もきつく、給料も安いブラック企業にいきたくないですよね?

 

当たり前ですが無職の人だって仕事は選びたいです。私も経験がありますが明らかにブラック企業の匂いがする求人だけは絶対に応募しませんでした。

 

そもそも前の会社より条件が良い所に行きたいのに、酷い所にいったら何も意味がないでしょう。

 

だったら、ホワイトとブラックの間にあるグレーな会社に行くのはどうですか?

 

たとえば残業はある。あるけど1時間しかやらない。給料は安くはない。安くはないけど高いとも感じない。

 

仕事内容も、ちょっと肉体的に辛い所があるけど別に体が壊れるほどではない。と言った全てにおいて中間にある会社です。

 

多くの人はホワイトかブラックでしか、会社をみませんがグレーな会社だって沢山あります。グレーな会社だったら人気もそこまでないですし、グレーな会社の求人って意外と避けられることも多いのでねらい目ですよ。

 

たとえば残業が月に30時間あると書いてある会社は、グレーなところが多いのでぜひ狙ってみて下さい。

関連記事:悪用厳禁!すぐ仕事を辞める方法

本当に追い詰められると人間は動く

 

ちなみに、無職の期間が長いと「もう就職は無理なのか?」と思う人がいますが、本当にピンチになると人って簡単に動けますよ。

 

たとえば私の場合、半年間の無職期間がありましたがその時に

 

  • 親の目が怖い
  • 友人と会いたくない
  • お金がない

 

 

と精神的にも追い詰められて、「もうバイトでもなんでも良いから働かないと」と本気で焦った結果とりあえずバイトで就職する事が出来ました。

 

本当は正社員で働きたいという願いがその時はありましたが、とりあえず働けば親の目も怖くないですし、友人にも「働いているよ(正社員じゃないけど)」と言う事が出来るので、心の安心感はありましたね。

 

ちなみに、人によっては動くときが違うので焦らなくても大丈夫です。

 

たとえば、30歳まで無職で「俺はこのままだと酷い人生になるのでは?」と思い働く事を決意する人もいます。

 

たとえばちょっと不謹慎ですが、自殺に失敗をして「自殺する勇気がないから働こう」と思う人もいます。

 

人によっては違いますが、本当に後がなくなると人間ってかなり簡単に動くので、今は無理をしなくても良いんじゃないでしょうか?

関連記事:働きたくないあなたに!働かなくてもお金が貰える方法と正社員以外の働き方

正社員だけが道じゃない

 

何度も言いますが、正社員だけが道じゃないですよ。無職になると視野が狭くなって転職=正社員という極端な考えになりがちですが、先ほど紹介したように正社員以外にも道があります。

 

  • バイト
  • 派遣社員
  • ネットで稼ぐ

 

 

などなど、3つも他の道がありますよ。なので将来とかそう言う事を一度考えないで今とりあえず働くことにだけ意識を集中して下さい。

 

そうすると無職でも意外となんとかなりますから。

 

まとめ

 

私も経験あるから分かりますが、これだけ「ほかに道があるよ」と言っても「正社員になりたい」という人が多いです。

 

やっぱりバイトをやろうとすると、世間の目を気にしますし派遣社員をやろうとしても派遣会社の登録の仕方が分からなくて挫折する人が多いです。

 

ネットで稼ぐ事もありますが、「ネットで稼ぐって本当に出来るの?」と当時私は疑問に思いました。

 

だからやっぱり正社員で転職を考えるでしょう。

 

それに正社員で転職したい人は、もう私に止める権利はないです。

 

ないですが、せめて転職エージェントだけは使ってください。ハローワークだけだと限界がありますし、転職サイトだけを観ても何も始まりません。

 

ですが、転職エージェントに行けば担当者の人と相談してくれて、視野がかなり広くなりますし、1人で転職活動するより楽に内定が貰えます。

 

気になった人は、リクルートエージェントを使ってみるのが良いですし。

↓↓↓

リクルートエージェントはこちら
他のエージェントが気になる人は、下の記事におススメの転職エージェントをまとめたので、そちらの方を見てくれると嬉しいです。

↓↓↓

20代におすすめの使いやすい転職エージェントまとめ