仕事を辞めるまでに絶対にやっておきたい全ての手順

仕事を辞めるまでに絶対にやっておきたい全ての手順

仕事を辞めることは自分の中で確定している。だけど仕事を辞めるまでの間の生活や疑問点もかなり多いでしょう。

たとえば気まずいとか、長いとか有給休暇はどうするの?とか色々あると思います。

そこで今回は仕事を辞めるまでの間についての疑問を解消していきましょう。

まずは退職する意思を伝えましょう

もしかしてまだ退職をしていない人がいるかもしれません。

自分の中で退職する事は決定したけど上司に言っていない人は、とりあえず一番仲のいい上司に相談するのが良いでしょう。

普通だったら人事の人や部長や社長などに伝えるのが良いですが、会社によって辞める事を伝える人はそれぞれで分からない事もあります。

たとえば私の場合、辞める時に部長に言いましたが、「そう言うのは社長じゃないと判断が出来ないよ」と言われて追い返された経験があります。

この様に部長に伝えても追い返される事があるので、とりあえず仲のいい上司にまずは相談。そのあとに誰に辞める事を伝えればいいかを細かく聞けばいいでしょう。

ちなみに一番確実なのは社長に言うことですね。社長だったら流石に聞くでしょうし、辞めるための手続きをしてくれるでしょう。

一番確実だけど、一番気まずい相手でもありますがね。

退職届のことを聞いておきましょう

次に辞める時に提出する退職届のことですが、これは早めにどうすれば良いか聞いた方がいいでしょう。

というのも私の体験談ですが、会社によっては退職届がいる会社といらない会社があるからです。

もちろん普通の会社なら退職届を書きますが、私の会社で退職届を出さなくても良い会社がありました。

もし退職届を書くのが面倒だと思ったら一度、社長などえらい人に聞いて見て下さい。もしかすると退職届を出さなくていいかもしれません。

ですが結局早めに確認した方が、退職届を書きやすいのでどっちにしても言わないといけません。

上司の引き留めに注意しましょう

次にあるのが、上司の引き留めです。退職の時にあるあるなのが上司が引き留めてくることでしょう。

特に人手不足の所ならなおさら引き留められることが多いですが、あなたが本当に退職したいならそこで心が動いてはいけません。

時々ありますが、退職する時に嫌な上司が急に優しくなって退職を止めてくる場合もあります。

嫌な人が急に優しくなると「あれ?ここまで止められるならもう少しいても良いかな?」となって退職する事をやめる場合もあるでしょう。

仕事を辞めようとすると上司の優しい言葉に注意して下さい。それで退職する決意がなくなってしまう人もいるので。

引継ぎがあるならしっかりとやる

あなたは新人で引継ぎをするような事はないかもしれませんが、それでも小さい仕事だったらなにかあるはずです。

その引継ぎは最後の仕事なのでしっかりとやってしまいましょう。

あなたは引継ぎを面倒だと思っていますが、それをやらないと会社が困ります。下手をすると数日間会社のがドタバタする可能性もあるので引継ぎだけはちゃんとしましょう。

ちなみに引継ぎをする場合で意外と困るのが上司か先輩に教えると言う場合です。

若い人がいないような会社だとどうしても、あなたの先輩または上司に仕事を教える事になるでしょう。

その場合は気まずさが凄いですよ。私も辞める時30歳の先輩に引継ぎで仕事を教えましたが、年齢が上ということ、そして立場上相手の方がうえと言う事実で非常に胃が痛くなりました(笑)

会社の人からの「辞めるの?」に注意

次にあるのが会社のみんなから「ここの仕事辞めるの?」など事実確認をされることでしょう。

やっぱりみんな誰かが辞める事には敏感で、その事実を確認する事といつ辞めるのか?という情報を凄い聞きたがります。

特に

  • なんで辞めるのか?
  • 誰か嫌いな人がいたのか?
  • 次はどんな仕事をやるのか?

などは特に聞かれますね。それで人数が多い職場だと一人一人が同じ質問を繰り返してくるので、そこだけは心構えをしておきましょう。

驚く事にいままで全く喋らない人まで「え?〇〇君会社辞めるの?」と聞いてくるのであなたはとまどってしまう可能性が高いです。

ちなみに年齢が40歳より上の人だと辞める時に、本当に役に立つお説教と全く役に立たないお説教、どちらかのお説教が来る可能性があるので心構えだけはした方がいいですよ。

特に課長とか部長など役職がある人はお説教の確率が高いでしょう。

上司の嫌な言葉は気にしなくていいです

そして、辞める時に1人は必ず嫌味を言う上司も出てくるでしょう。

たとえば定番の言葉だと「こんな早く会社を辞めると他の会社で通じないよ」とか「社会はそんなに甘くないよ」とか「今の時代仕事なんてないよ」とか嫌味を言ってくる人もいます。

嫌味を言ってきますが全て流すつもりでいた方がいいでしょう。

せっかく嫌な会社が逃げれる準備が出来たのにネガティブな言葉で気分を落としたら非常にもったいないです。

それこそ「転職するのってそんなに難しいのかな?」と不安になる事もあるので、嫌味なことやネガティブな事を言う上司は全て無視です。

無視なんですけど、本当に役に立つ情報を言う人がいます。

私の場合は「介護職はキツイけど、職場は沢山あるから転職には絶対に困らない」とか「新しい職場にいったらとりあえずでかい挨拶をすれば、第一印象は良くなって可愛がられるぞ」とか本当に役に立つ情報を貰える場合もありました。

この様にいい人も必ずいるので、ポジティブな情報には耳を傾けるようにした方がいいでしょう。

出来るなら転職経験者に話を聞く

そして出来るなら転職経験者に、今までの転職方法などのアトバイスを貰った方がいいですよ。

自分で言うのもなんですが、こうやってネットの情報をみるより実際の生の人間の声を聞いた方が頭にも残りますし、信用性がまるで違います。

ですが、聞く前に注意があります。それはポジティブな情報を優先的に集めた方がいいでしょう。

先ほども言いましたが、ネガティブでネガティブな情報ばかり集めても気分が落ちるだけで何も良いことがありません。

失敗談を聞くというのも良いかもしれませんが、やっぱり失敗談ばかり聞いても正直転職の時に不安になるだけ、なので出来るだけ明るい情報を頭の中に入れるようにしておきましょう。

やっぱりモチベージョンというのは非常に大事で、モチベーションが高いだけで転職が成功しやすくなるのも事実。なので出来るだけ明るい情報を沢山集めるようにしましょう。

ロッカーの荷物は早めに整理しましょう

そして辞めるならロッカーの荷物は出来るだけ整理する事も考えた方がいいですね。

自分が長く使っているロッカーは、意外と荷物が多いです。それこそ会社で使う文房具なんかはそのまま入れている場合がありますし、男性でも制汗スプレーなどを置いてある人だっているでしょう。

荷物を辞める当日まで放置してあると持ってかえるのが大変です。それこそ社会人になったら学生みたいに大きいカバンやリュックなどを持っていかないため持ち運びに苦労するでしょう。

なので計画的に少しずつで良いので荷物の整理をする事をおすすめします。

作業着はクリーニングに出さないとダメな場合も

ちなみに、工場などでは作業着があると思いますが、場合によっては作業着をクリーニングして持っていかないといけない場合もあります。

会社によってはそのまま回収してくれる場合もありますが、一応作業着を洗うかどうかを聞いてみましょう。

ちなみに私は、作業着をそのまま持ってかえり会社に返さかったことをしたこともあります。

1週間たっても会社からは作業着の事を何も言われなかったので、特に何もしていませんが本当は返さなといけないですよ(笑)

ですが、私の会社のように返さなくても良い場合もあることをちょっと頭に入れておくと、「作業着を返すために会社に行くのが嫌だな」と思う人はある意味使えるかもしれません。

無理して円満退職はしなくていい

ちなみに、あなたはこうやってネットで検索しているということは、円満退職についてどうしよう?なんて考えているのではないですか?

ネットをみるとやたらと円満退職のことをすすめていますが、結論から言うとそこまで無理に円満退職なんてしなくていいでしょう。

もしあなたが今すぐ会社を辞めたいとか、もう耐えられないなんてギリギリの所にいるならすぐにでも会社を電話で辞めても良いでしょう。

円満退職しないとだめだよなんて言いますが、別に嫌なら無理に円満退職なんてする必要はないでしょう。

ただ、辞める前にやっぱり人から転職についての明るいアトバイスなどを聞いておくと、色々役に立つこともあるので円満退職をすると便利な事もあります。

まあ、会社の人が嫌いなら別に円満退職なんてしなくても良いでしょう。

気まずい時は?

会社を辞めて3か月後に辞めることが決まったけどきまずい人もいますよね?

それはそうですね、日本では会社を辞める=ダメな人扱いになる事が多いので非常にきまずいでしょう。

そう言った場合は、無理に人に近づく事をやめましょう。やっぱり人に近づくのが一番気まずい原因となるので、極力近づかないこと。

そして仕事もそこまで本気でやらなくてもいいです。とにかく長い間平穏に過ごせるように目立たない様にして下さい。

それとまだ退職を言っていないなら、退職を伝えた人に「私が辞める事は言わないで下さい」と言っておくのも良いでしょう。

ただこれはあくまで保険です。というのも人間の口って想像以上に軽いです。それこそ言わないで下さいと言った話が1時間後に広まっているなんて話はよくあるので、あくまで保険にしておくだけにして下さい。

ちなみに私が辞めると伝えた30分後に会社の半数の人に、1時間後に会社内で完全に広がっていきましたよ。

やっぱり会社内の情報ってすぐに広がる事を実感出来た瞬間です。

⇒⇒メンタルが弱い人が仕事が続かない原因と6つの原因と対策⇐⇐

行きたくない時は?

次に行きたくない時ですが、これは無理していかなくても良いですよ。

たとえば行きたくないなら風邪とか仮病を使って休んでも良いですし、あれだったら引継ぎだけ全力で終わらせて、休んでみるのも良いでしょう。

もうやめる人間だからやりたい放題と言う訳ではないですが、結局会社を辞めるとあなたは1か月後には忘れられるので休んでも問題はないですよ。

ただ、会社の中にはあなたの転職を応援してくれる人もいます。

会社内では辞めたくてもなんとなく理由をつけて辞めない人がいて、あなた退職したことで「こんな会社辞めて正解だよ!」と逆に喜んでくれる人も実は少なくはないです。

そういう人たちの励ましは自分が仕事を辞めたことに誇りを持てますし、素直に嬉しいです。

なので、そう言った人たちの声を聞いて最後の力を振り絞るのも良いでしょう。

⇒⇒仕事のミスで辞めたいと思う理由と辞めるべきか?を見極めるポイント⇐⇐

有給休暇は?

次に有給休暇ですが、これはきっちり全部使っても何も問題ありません。

最後なので有給休暇をきっちり使って、お金だけでも貰っておきましょう。いままで使えなかった有給休暇を全て使う時です。

ちなみに、引継ぎがある場合は先ほど言ったようにサッサと終わらせてから有給休暇を貰うか、月曜日と金曜日だけ有給休暇を使って連休にして、少しずつ減らす方法もありますよ。

長いと感じる時は?

仕事を辞めるまで長いと感じる事もありますね。

それこそ2か月、3か月なんて非常に長い時間仕事を辞めない場合もあるでしょう。

その場合は次の仕事先を考えながら、仕事をするのが良いでしょう。

2か月、3か月とは言いましたが、実際待ってみるとあっという間です。

最後の1週間だけ長く感じますが、1か月程度なら一瞬で過ぎるので安心して下さい。

それに、引継ぎが終わっているなら、ぶっちゃけ後は有給休暇を使って休んでしまうのが一番良いでしょう。

休みながらでも良いので、ゆっくり過ごすとあっという間に会社を辞めれますよ。

辞める前の転職活動をしてみましょう

辞める前なんですが、転職活動をしておくと次の仕事が早く決まりますよ。

というのは、仕事を辞めた後というのは意外と内定が決まらないものです。

面接に受からないというのもそうなんですが、面接に行くまでに時間がかかる事が多いです。

たとえば1つの企業に応募すると「1週間後の金曜日なら空いてます」と言われ面接が終わった後も「では1週間後に合格の通知がいくので」と実は面接にいくのも合格が分かるのも1週間かかることもあります。

もちろん3日後に面接が出来る会社もありますが、1週間後に面接する所の方が多いです。

なので1つの会社に内定が決まるまで、最短でも2週間ほどかかる計算になります。

こういうことがあるので、実は転職活動は暇な時にやってしまった方がいいんです。

ちなみにハローワークを使うより転職エージェントを使った方が内定率を貰える確率が上がり、おススメが出来ます。

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、簡単に言うとあなたの転職を担当者の人が1対1で相談しながら、決めていく転職支援サービスになります。

たとえばあなたの職歴や性格、希望職種などを聞いておススメの求人を担当者の人が相談してくれますし、面接に不安があるなら面接対策もエージェントがやってくれます。

それに書類審査に受かるように、履歴書などの書類の徹底チェックもサービスの内容になっています。

しかも全てのサービスが無料で使えるので、こちらが使う分には何も悪い事はありません。

時々担当者の人が転職を焦らせてきたり、対応が酷い人もいるのが難点です。しかし担当者の人が気に入らない場合は変える事も可能なので、担当者についてはそこまで悩む必要はないでしょう。

では有名所の転職エージェントを紹介していきましょう。

DODA

DODAはおかげさまで、転職者満足度NO.1

最初はDODAというエージェントです。このエージェントは業界の中でもかなりの大手で求人数やサポートの手厚さに定評があります。

私も使った事がありますが、担当者の人も丁寧な対応をしてくれてかなり親密になってくれた経験があります。

とはいっても、やっぱり仕事のせいなのかちょっと転職を焦らせてくる所もありましたね。まあちょっとなのでそこまで酷いわけではないですが。

求人は

  • 営業
  • 企画
  • 製造
  • IT系

などが目立った印象です。もちろん目立つだけで実際には沢山の求人がありますよ。

ただ、DODAは幅広いため専門的な知識を持った人の転職にはあまり向かない場合があります。

たとえば介護職を今までずっとやってきたから介護の仕事しかできない。という人にはあまりおススメ出来ません。

ただ、「転職はしたけど具体的にどんな仕事をするのかよく分かっていない」という人にはかなり向いているでしょう。

先ほど言ったように幅広い求人のおかげで、違う職種に挑む事も普通に出来るので。

DODAは80%が非公開求人になっているので、結局行ってみないとどんな求人があるか分からないでしょう。しかもここで書いたら私が怒られそうだし(笑)

  • 転職エージェントを始めて使う
  • 担当者が親切な方がいい
  • サポートが手厚い方がいい
  • 求人数や多い方がいい
  • 転職をしたいけどやりたい仕事がよく分からない

という人にはお勧めが出来るでしょう。

詳しくは下の公式サイトからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

転職ならDODAエージェントサービス

リクルートエージェント

次は業界の中でも最大大手と言って良いリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの求人数は10万件と日本の中でもトップクラスに多い転職エージェントです。

職種も基本的になんでもあるような感じで、沢山の求人が選びたいというのがポイントです。

口コミの中には担当者の対応がイマイチという人も多いです。多いですがやっぱり大手の転職エージェントとなると、担当者の人も変な人が多いのも事実でしょう。

大手ということは人材も沢山いるのでどうしてもやる気のない人たちは沢山います。

ちなみにリクルートエージェントは少しハイクラス。つまり年収が高い求人が多いので「給料がもっと多いところが良いな」という人にはおすすめが出来るでしょう。

  • とりあえず大手が良い
  • 求人数が沢山ある方がいい
  • 年収アップも狙いたい

等の人にはおすすめが出来ます。ちなみに担当者が嫌な人だったらすぐに変える事をおススメしますよ。

実際転職エージェントは私たちが助けてもらっている感じがありますが、実際には私たちがお客様ですからね。私たちが内定を貰うとエージェント側にお金が入るのが転職エージェントの仕組みです。

なので嫌だったらサッサと担当を変えてしまいましょう。

リクルートエージェントが気になる人は下のリンクからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

リクルートエージェント

ジェイエイシーリクルートメント

次に紹介するのは外資系、つまり海外の就職に強いジェイエイシーリクルートメントというエージェントです。

ジェイエイシーリクルートメントは営業、企画、人事、IT系など実は総合的な求人に強いという特徴もあります。

先ほどは海外の求人に強いと言いましたが、日本企業の求人も多く扱っているのが特徴的と言えるでしょう。

ですが、ジェイエイシーリクルートメントは20代後半からの経験がある人たち向けの求人という弱点もあります。

つまり20代前半の経験があまりない人たちには、そこまで求人がないという弱点もあるでしょう。

しかし、逆に言うと30代、40代の人たちも活躍できる求人がある珍しいエージェントです。ほかの転職エージェントでは普通20代前半~20代後半の人向けの求人が多いですが、30代からでも全然活躍できる嬉しいものでもあるでしょう。

  • 20代後半でもう求人はないかな?
  • 今までの自分の経験を活かしたい
  • 海外の求人に興味がある
  • 年収が高い求人が欲しい

という人にはジェイエイシーリクルートメントがおススメ出来ますよ。気になった人は下に公式サイトのリンクがあるので、ぜひ使ってみて下さい

↓↓↓↓↓↓

JACリクルートメント

ワークポート

次のエージェントのワークポートですが、ここの転職エージェントはとにかくIT系やゲーム関連の求人が多いです。

つまりネットを使ったビジネスをしている会社との繋がりが非常に強いのがワークポートの特徴ともいえます。

ほかのエージェントと比べて、総合的ではなくIT系の専門分野なので、IT系に興味がない人はあまり使えないのがワークポートです。

しかし前の仕事はIT系だったとか、ネットを使った仕事に興味があるという人ならワークポートを使った方が求人数は圧倒的に多いでしょう。

DODAやリクルートエージェントなどにもIT系の仕事はありますが、餅は餅屋ということわざがあるように、専門的な知識をもったエージェントならよりよいアトバイスが聞けることでしょう。

それにIT系は残業が多かったり、ブラックが多いと聞きますがそういった細かい所も担当者の人に聞けば評判などはすぐに分かるので、ある意味カンニングのような事が出来てしまいます。

  • IT系などネットを使った仕事がしたい
  • 前の仕事はIT系だった
  • 俺はもうIT系にしか興味がない
  • IT業界の裏知識を知りたい

という人はワークポートにいくのがおススメでしょう。ワークポートの公式サイトは下のリンクにあるので気になる人は行ってみて下さい。

↓↓↓↓↓↓

あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】

DYM就職

次にDYM就職というエージェントを紹介します。

このエージェントはちょっと変わっていて、対象者がフリーターやニートの人向けのエージェントなんです。

「俺はまだフリーターでもニートでもないよ」という人がいますが、このエージェントの良い所は学歴が関係なくなるということ。

本来なら学歴というのは重要になり、学歴だけで書類審査に落ちるくらい割と内定に左右していきます。

ですが、DYM就職は書類審査がなく一発で面接に行く事が出来るので、書類審査で落ちる事はないでしょう。

もちろん他の転職エージェントと同じように、面接の指導や履歴書のチェックもあるのでサポートは沢山あります。

  • 学歴に自信がない人
  • エリートばかり集まるところは無理
  • 書類審査なんて通る気がしない

という人にはおすすめが出来るでしょう。

ちなみにDYM就職はDODAやリクルートエージェントで就職が決まらない時に滑り止めとして使用する事も出来ます。

つまりDODAで何社も落ちて、働いていない期間が長くなったらDYM就職を使う。そんな風に使えるでしょう。

まあ、20代だったら転職エージェントを使えばそこまで酷い結果にならないと思いますが、念のため覚えておきましょう。

DYM就職が気になる人は下のリンクからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

あなたに合った企業への就職を徹底サポート【MeetsAgent】

まとめ

先ほど3つのなかでもし使うもの迷ったらDODAを使ってみて下さい。

リクルートエージェントは少しハイクラスの求人が多いので、そもそも書類審査が通らない場合もありますし、DYM就職は転職が長引いたとき用の最終奥義として使うのが良いでしょう。

となると、ハイクラスの求人もあり、学歴がそこまで重要じゃない求人も多いDODAならバランスよく使う事が出来るでしょう。

そして全ての転職エージェントは無料で使えますし、転職をしたいけどやりたいことが分からないという人も、担当者の人と相談すれば自分のペースで転職する事は可能です。なのでまずは相談だけでも試してみる価値はあるでしょう。

転職ならDODAエージェントサービス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする