悪用厳禁!すぐ仕事を辞める方法

悪用厳禁!すぐ仕事を辞める方法

仕事を今すぐ辞めたいと思っても中々勇気が出ないでしょう。

それこそ転職のことや辞める方法などが分からず苦労しているかと思います。

そこで今回は仕事をすぐに辞めるための方法や、仕事をすぐに辞める時にやってはいけない事を書いていきます。

すぐ会社を辞める事は可能なのか?

まず会社を明日にでも辞める事を可能なのか?それは普通に出来ます。

会社を明日にでも辞める事は可能なのですが、それをやると面倒なことが起きるのも事実です。

法律では2週間前に言わないとダメ

まず法律上労働者は2週間前に辞める事を言わないと、会社側が認めない場合辞める事は出来ません。

一応会社側が認めてくれれば辞める事は可能ですが、そうじゃない場合は会社側がなんとか引き留めようと全力を出す事でしょう。

とはいっても、辞める人が多い会社では比較的1日後に辞めたいというのは慣れていて、言えば意外とあっさりと認めてくれる場合が多いです。

私の働いている工場でよくありますが、何も言わずにいつの間にか姿を消してしまう人は沢山います。

そして人事の人もそれに慣れているせいか、書類だけをおくってそのまま何もしない事も良く見る光景です。

ちなみに作業着すら返しにきませんでしたよ。

すぐ会社を辞めるブラックな方法

では次に、会社を辞めるための少しブラックな方法。つまりあまり使ってはいけないけど確実に辞める方法を紹介して来ましょう。

ばっくれ

まず最初は逃げることです。これはバイトの人や入って1か月もしない人が使う方法ですが、逃げてしまうと会社もどうする事も出来ません。

逃げることで本気で辞めたいという意思が伝わるので、辞めやすいですが確実に会社から電話かメールなど連絡はくると思うので、正式に辞めたいならそこで連絡をして、辞める事を伝えた方がいいでしょう。

ですが逃げるのは、本当に辞めたい。明日辞めないと精神的に辛いという場合以外はあまり使わない方がいいでしょう。

やっぱりなんだかんだ言って、普通に辞めた方が色々と楽です。確かに辞める事を伝えるのは辛いですが、一度伝えてしまえばあとはもう流れに身を任せて書類を書いたり引継ぎをしたりなど、意外と楽な事も多いです。

なので逃げるのは最終手段にとっておいた方がいいですね。

また、先ほど言ったように人の入れ替わりの激しい会社だと、人事の人も慣れているのでバックレる事も当たり前の様に出来る事もあります。

たとえば私の前いた職場の場合、1か月だけ働いてそのまま連絡をしないで会社に来ない人がいましたが、「また連絡もなしに辞めた人が出たよ(笑)」ともはや笑い話にされるくらい慣れています。

なので、バックレるというのは会社によってはあっさりと受け付けるような事もよくあるでしょう。

無断欠勤

次はバックレと同じような事ですが、無断欠勤を繰り返す方法もあります。

これも逃げることと何も変わりません。

ただ逃げるのはまた違うのは、まだ会社で働く事が出来るのが無断欠勤です。

ばっくれは完全に連絡をしないのが多いですが、無断欠勤はただ休んでいるだけなのでまだ会社で働ける余裕がある事になります。

ちなみに、無断欠勤を繰り返すと「あいつはもうすぐ辞めるだろうな」と何人かの人に噂される事も多いです。

なので無断欠勤を繰り返して「仕事辞めるの?」と言われたら「実はもう仕事が嫌になって辞める予定です」と言ってしまいそのまま退職するのも良いでしょう。

ただ、これもあまり気持ちいものではないので、本当に会社が嫌になったという人だけ使ってください。

社長に頼み込む

限界だったらもう社長に直接いうしかないでしょう。

なんだかんだ言って辞める時というのは、誰かに言わないといけません。それこそ嫌な上司に辞める事を伝えるので気まずいのも確かでしょう。

ですが、ばっくれも無断欠勤も辞めれない間は心にモヤモヤが残るでしょう。

心にモヤモヤが残ったまま転職活動をしてもあまり集中できません。

なので、いっそのこと辞める事を伝えた方がすっきりするでしょう。

なので一番権力のある社長に直接すぐ辞めたいと必死になれば、辞めさせてくれる可能性はあるでしょう。

ですが、社長も引き留めてくる可能性もあるので本当に辞めたいならそこで心が折れてはいけません。

ちなみに社長に言う時は一番時間がある朝に行くと良いですよ。

社長もなんだかんだ忙しいので、昼と夕方はあまり時間がないでしょう。

しかし朝だったら社長も時間があります。それに社長じゃなくても上司に言う時は朝に言うと時間がたっぷりあって、真剣に聞いてくれます。

2週間後に辞めたいと言って有給休暇を使う

法律上は2週間前に言えば仕事を辞める事は可能です。

実際には会社の都合などで、1か月後とか2か月後とかになりますが2週間後が正規の方法で辞める最短の時間です。

どうしても早く辞めたいなら、ごり押しでも良いので「2週間後に絶対にやめます!!」と強く言うそして引継ぎがあるなら超高速で終わらせて、残った時間を全て有給休暇に使ってしまうのが良いでしょう。

あなたは今そうとう辛いはずですよね?それこそ「あんな会社もう行きたくもない」なんて思っていることでしょう。

だったらごり押しは絶対に必要です。遠慮して「すいません、2週間後に辞めたいのですが」と言っても上司は「それじゃ困るから1か月後なら辞めても良いよ」となる可能性が高いです。

辞めれるなら別にいいという人なら、それで良いかもしれませんが本当にすぐ辞めたいならごり押しで2週間後にしてもらい、そのあと有給休暇をとって逃げるのもありでしょう。

もちろん有給休暇もごり押しをしないと貰えませんけど。

うつ病の診断書を貰って無理やり辞める

最近はうつ病になる人が多く、うつ病の診断書を提出してそのまま会社を辞めると言う方法もあります。

嘘の病気を言うのはよくありませんが、これも早めに仕事を辞める方法として使えます。

うつ病の診断書を貰う時は、精神科か心療内科にいって先生に事情を説明して、診断書を作ってもらうという事も、話の分かる先生ならやってくれます。

言い方が悪いかもしれませんが、うつ病は骨折などと違い外見では全く分からないので、自分がうつ病と言えば信じて貰える確率も高いでしょう。

ちなみにうつ病の場合は休職の方にする事を言われますが、本当に辞めたいならここも自分の意思をしっかりと持って辞める事を伝えましょう。

仕事を辞めても良い理由

では次に仕事を辞めても良い理由とはなにか?

どういう理由なら仕事をスパッと辞めても良いのかを書いていきましょう。

人間関係

まず、一番辞めても良いのは人間関係です。

人間関係で辞めると言うのは毎年会社を辞めるランキングでもトップにありどの世代も人間関係に悩んでいる事が多いです。

人間関係で辞めるのは甘えではないの?と思う事もありますが、何だかんだ言って人間関係が嫌だと仕事は長く続きません。

たとえば残業が毎日夜の11時まで、休日出勤もある、GWや年末年始などは全て出勤、給料は激安。という普通にみると最悪の職場ですが人間関係だけは非常に良い所の場合多くの人は辞めません。

たとえ激務の職場でも人間関係だけが非常に良いだけで、人は一気に離職率が低くなるなるのです。

信じられないかもしれませんが、私の友人に実際にいますよ。残業が多い、給料は安い、休日出勤があるのに5年も仕事を続けている友人が。なんで辞めないの?と聞くと「だって人間関係だけは良いから」と答えました。

この様に人間関係が良いだけで劣悪な職場でも長続きするので、やっぱり人間関係は大事と言ことがわかります。

逆に年収が800万円、残業はなし、GWや年末年始など長期休暇がしっかりある。そんな聞くだけならホワイト企業のようなところでも、人間関係が最悪の場合人はすぐに辞めていってしまいます。

最初の3年くらいなら耐えれるかもしれませんが、精神的に辛いせいでお金を貰っても休日を貰っても全然うれしくないので、「なんで生きているんだろう?」とだんだん疑問に思う事だってあります。

なので人間関係が辛い場合は、辞めてしまっても良いでしょう。

ただ、辞める前に部署移動が出来るのかどうか?も考えた方がいいです。

あまり使う人がいませんが、たった1つだけ部署が変わっただけで仕事がやりやるくなった。なんて事も普通にあります。

なので出来るなら上司に部署移動の相談を。出来ないなら転職した方がいいでしょう。

給料

次に給料ですが、これも低くて嫌なら早めに辞めた方がいいです。

今は20代だから低賃金でも良いかもしれませんが、30代になると一人暮らしをする人や結婚する人もいるので、20代とはまた違った理由でお金が足りなくなるでしょう。

そして30代になっても月額で15万円しかもらえないという会社だったらまだバイトをした方がましです。

流石にそこまで低いというのはあまりないですが、給料が低いままなのは良くないので辞める事をおススメします。

ちなみに、給料については聞けるなら会社の上司に「いくら貰っているのか?」をサラッと聞ければ非常に助かります。

ちなみに、いま給料が低くて悩んでいる場合に定時で毎日帰れるという人はその時間をうまく利用した方がいいですね。

たとえばネットで副業をして稼いでみるとか、資格を取得して給料の高い職業に転職するなど色々年収を上げる方法はあります。

もし、定時で帰れるなら副業か資格の取得を、残業しても安いなら辞める事を考えましょう。

残業時間

次に残業時間が長すぎるばあいですが、これも辞めても良い理由になります。

そもそも残業時間が長くても何も良い事がありません。

自分の自由時間がないので、働く意味や生きている意味も分からなくなり、精神的にも肉体的にも疲れ果てる。そしてうつ病になる人もいますし、働きすぎて過労死になる人もいます。

給料が増えるという良い面もありますが、定時で帰れて給料が高い仕事なんていくらでもあるので、残業代で稼ぐというのも別に意味はないでしょう。

仕事が大好きで、「どれだけ残業しても大丈夫!」という人なら残業が多い会社で働くのが良いですが、いまこうやって記事をみているということはそこまで仕事をしたくないという人ではないですか?

だったら定時で帰れる会社を探してみましょう。残業大国日本でも定時で帰れる会社なんて沢山ありますよ。

ちなみに、定時で帰れる会社を探すコツとしては、今とは違う業種の仕事を選んだ方がいいです。

たとえば製造業や運送業なんかは残業が多い会社が多く、どうしてもその業種の多くは残業が沢山ある場合が多いです。

製造業や運送業でも定時で帰れる場所はあるにはありますが、探しにくい場合が多いので本当に定時で帰りたいなら、違う業種に挑む覚悟をした方がいいでしょう。

精神的に辛い

次に精神的に辛くなって辞めたいと言う場合ですが、これも今すぐ辞めた方がいい時です。

精神的に辛いのを放置するとうつ病になるリスクが高くなります。

なぜか日本ではうつ病を甘く見ている事が多いですが、うつ病になると10年以上も仕事が出来なくなる人もいますし、下手をすると自分から命を落とす人だって沢山います。

精神病と聞いて甘く見ているかもしれませんが、命を落とす危険がある病気という事を知らないといけません。

ですがこの記事をみているあなたはまだ、ネットを開く余裕があります。本当にヤバい人はネットをみる事もなく、高いビルや電車などに飛び降りてそのまま…という事もあるのでまだ大丈夫です。

仕事を辞めればいくらでも人生はやり直す事が出来るので、辛いなら辞めてしまいましょう。

体力的に辛い

体力的に辛いと20代の時に言っているなら、その仕事は長続きしません。

いまはまだ20代なので、無条件で体力がありますが30代以降になると急激に体力が落ちていきます。

なので、いまキツイなら30代になるともっときつくなって下手をすると仕事が出来ない危険もあるので、もう少し体力的に楽な仕事をした方がいいでしょう。

もし、体力があったとしても30代になると今度はぎっくり腰になる危険も高いので、どっちにしても肉体労働は20代の間だけにしておいた方がいいです。

どうしても今の仕事が大好きで、このままずっと肉体労働をしたいという人はジムに通って体力をつけた方がいいです。

ぶっちゃけ言うと肉体労働をしても、体力はそこまで上がりません。せいぜいその仕事に耐えられる程度の体力しかないので、実際には一般人よりちょっとだけ頑丈なだけです。

なので、本当に体力をつけるなら休日にジムに通うなどして、本格的に体力アップをした方が長く働く事は出来るでしょう。

会社を辞める前にやっておきべきこと

次に会社を辞める前に早めにやっておいた方が良い事を紹介しておきましょう。

転職サイトにだけは登録を

まず、大事なのは転職サイトです。あなたはハローワークを使って転職をしようとしますが、それだけでは内定の確率が低くなります。

ハローワークの求人は全年齢の人が使うせいで、すぐに埋まってしまう事がよくあることです。

それこそ私の経験ですが、「あっこの求人よさそう」と思ったところが5人、6人も同じ人が受けていて面接戦争になったこともあります。

しかも内定が決まるのが1人だけなので、難易度が高すぎです。

と言っても、転職サイトを使っても難易度が高い求人もありますが、転職サイトの場合はハローワークに比べて明らかな地雷求人が少ないので安心は出来ます。

たとえばリクナビNEXTなんかの求人は良質なものが多い事で有名です。

なので、ハローワークを使うと同時にリクナビNEXTの登録をした方がいいでしょう。リクナビNEXTのサイトは下のリンクにあります。

↓↓↓↓↓↓

リクナビNEXTの公式サイトはこちら

転職エージェントにも登録を

次に転職エージェントの登録も同時にしていきましょう。

転職エージェントとは簡単に言うと、あなたと担当者の人が1対1で話し合い。次の転職先の求人を紹介してくれたり、面接の腕をあげるための指導があったり、履歴書のチェックなどをしてくれるサービスです。

転職活動は1人という事が多いです。たとえば求人だって自分のよさそうなものを見つけるのに苦労しますし、面接だって「面接 コツ」みたいにネットで検索して練習する人もいるでしょう

ですが、転職エージェントなら面接のやり方も履歴書の魅力的な書き方も全て教えて貰えるので、転職活動の時に非常に助かるでしょう。

特に面接のやり方は会社によって正解が違う事が多いので、対策が立てやすいでしょう。

1人でやるよりエージェントの人に直接ダメなところを指摘してもらった方が、良い場合が多いので積極的に活用していきましょう。

ちなみにサービスといっても全て無料で使えるので安心して下さい。

ちなみに転職エージェントを使った事がない人は、業界でもかなりの大手であるリクルートエージェントというエージェントなら求人数も多く、サポートも豊富なのでおススメが出来ます。

↓↓↓↓↓↓

リクルートエージェントの利用はこちらから

すぐに退職する時の注意

次にすぐに退職する時の注意点を書いていきましょう。

上司は絶対に怒る

たとえば明日仕事を辞めたいと言うと上司のほとんどは怒ります。

怒りますけどそれはしょうがない事だともいえるでしょう。

それは上司だって本当は誰にも辞めてほしくないです。辞めたらまた人件費がかかりますし、0から仕事を教えないといけません。

それに1人やめると仕事が忙しくなる場合も多いので、会社側からすると人が辞める事のメリットは何もないと言って良いです。

だから、手順を踏まずにいきなり辞めてしまう人にどうしてもイラついてしまいます。

ですが、あなたにも事情があって辞めたいわけです。なのでここは自分の意志を貫きとおしましょう。

ほとんどの場合怒られたり「なんで辞めるの?」と疑問に思われる事もありますが、それでも本当に辞めたいならそのまま貫きとおした方がいいでしょう。

引き留めに注意

そして、会社側は全力で引き留めることもよくあります。

怒ることがなくても、「人手がくるまで待ってくれ」と高確率で言われます。

ここであなたは2つの選択が出来ます。それはもうこんな会社にいたくないからごり押しして辞める。

もう1つの方法が時間を指定して辞めることです。たとえば2か月間までならいるので、それを過ぎたら辞めます。という事だってできるでしょう。

会社側が「3か月後に辞めても良い」と言ってくることもありますが、どっちにしても時間を指定したら後は待つだけです。

引き留めの怖いところは、本当は1週間後とかに辞めたかったのに、上司から本気でお願いされたせいで2か月後になったという事になることです。

ようは心変わりする事があるので、引き留められる前に自分の意思を固めておきましょう。

  • あなたは今すぐ辞めたい?
  • それとも2か月後でも良い?

それを考えて辞める事を伝えた方がすっきりと辞めれるでしょう。

上司のお説教に注意

次にいきなり辞めようとすると上司からお説教を貰います。

特に多いのが「お前はほかの会社では通じない」と言われる事が非常に多いです。

上司は自分の会社の仕事が一番楽とか、一番恵まれていると思っている人も多く、「こんな働きやすい会社を辞めるくらいならほかの会社では通じない」という意味も実はあったりします。

他の会社では通じない以外にも、「最近の若い者は」とか「根性が足りない」とか暑苦しいお説教を沢山貰う事になりますが、そのお説教は全てスルーしても問題ないです。

年齢が上の人が若い人にお説教をするのは恒例行事みたいなもので、ボロボロに言われてもくじけないように、今から心構えをした方がいいです。

貯金がなくなるので注意

次は1人暮らしの人に注意ですが、転職する時は思った以上にお金がなくなるのでそこだけは注意した方がいいです。

たとえば3か月で転職すると思っていても、実際は6か月以上かかる人も多いので自分が思っている以上に貯金はドンドンなくなっていくことを覚えた方がいいでしょう。

転職活動をしていると時間が過ぎるのが早いですよ。

転職は時間がかかるので注意

先ほどの説明の延長ですが、転職は本当に思っていた以上に時間がかかります。

たとえばですが、1つの会社に面接をしたいと連絡をすると、「では面接は1週間後の金曜日に」と言われる。そして面接が終わった後も「合否は1週間後に郵便で送るので」と連絡がきます。

これで分かるように、1つの会社の内定を貰うのに最低でも2週間もかかる事があります。

下手をすると2週間後に面接の結果が分かる会社もあるので、思っていた以上に内定を貰うのは遅いことを知った方がいいです。

だから3か月で転職しようと思ったら6か月もかかった。なんて話もあるので辞める時は注意が必要なんです。

焦ってブラック企業にいくのに注意

そして、思っていた以上に内定を貰えないと今度はブラック企業に行く確率が高くなります。

たとえば1人暮らしで貯金がなくなっていき、もう後がないと思ったら「ヤバい、もうどこでも良いから転職しないと」と思って明らかにブラック企業だとわかる会社に内定を貰い、前より酷い会社に入社するなんて話はよく聞きます。

この様に焦ってしまうとろくなことがないので、貯金がなくなっても焦らないようにしていきましょう。

最悪の場合

では貯金がなくなって最悪の場合になった時はどうすればいいのかを説明していきます。

バイトでも良いので働こう

まず、バイトでも良いのでとりあえず最低限のお金だけは確保した方がいいでしょう。

やっぱり一番怖いのは、焦ってしまい前よりブラック企業に入社することです。

転職は前より良い会社に行くための方法でもあるので、せっかく転職するなら良い会社にいきたいはずです。

なので、最悪の場合短期のバイトでも良いので、とにかく生活が出来る程度までなんとかしてみましょう。

派遣社員でも良いので働こう

次は正社員がダメなら派遣社員でも良いので働く事をおすすめします。

多くの人は正社員じゃないとダメなんて言いますが、別に無理やり正社員になる事もないでしょう。

今の時代非正規でいる事の方が当たり前になっていますし、不況のせいで正社員になっても会社が潰れたら今度は無職になってしまいます。

なので、貯金がなくなったら派遣社員になる事も考える。そして正社員になりたいなら派遣社員からでも正社員になる事も出来るので、正社員がいいなら派遣社員⇒正社員の流れでも全然いいでしょう。

実家に帰ろう

貯金がなくなったら正直に実家に帰った方がいいでしょう。

生活が出来なくてブラック企業にいくよりまずは親に職が決まるまで、養ってもらいそこから就職する事も考えた方がいいです。

本当に危なくなったらプライドなんて捨ててしまいましょう。

転職エージェントを使った方がいい

一番おすすめなのは転職エージェントを使ってみる事ですね。

なんだかんだ、1人で転職をするより担当者と一緒に相談しながらの方がやっぱり効率が良いです。

面接も担当者と一緒に高評価になりやすい答えを考える事も出来ますし、履歴書の自己PRの部分も書きにくいなら教えて貰う事だって可能です。

先ほどはリクルートエージェントというエージェントを紹介しましたが、ほかのエージェントもみたいと思ったかもしれないので、人気のあるエージェントを紹介していきます。

DODA

最初はDODAというエージェントです。このエージェントは業界の中でもかなりの大手で求人数やサポートの手厚さに定評があります。

私も使った事がありますが、担当者の人も丁寧な対応をしてくれてかなり親密になってくれた経験があります。

とはいっても、やっぱり仕事のせいなのかちょっと転職を焦らせてくる所もありましたね。まあちょっとなのでそこまで酷いわけではないですが。

求人は

  • 営業
  • 企画
  • 製造
  • アプリ開発

などが目立った印象です。もちろん目立つだけで実際には沢山の求人がありますよ。

DODAは80%が非公開求人になっているので、結局行ってみないとどんな求人があるか分からないでしょう。しかもここで書いたら私が怒られそうだし(笑)

  • 転職エージェントを始めて使う
  • 担当者が親切な方がいい
  • サポートが手厚い方がいい
  • 求人数や多い方がいい

という人にはお勧めが出来るでしょう

詳しくは下の公式サイトからどうぞ
↓↓↓↓↓↓

転職ならDODAエージェントサービス

リクルートエージェント

次は業界の中でも最大大手と言って良いリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの求人数は10万件と日本の中でもトップクラスに多い転職エージェントです。

職種も基本的になんでもあるような感じで、沢山の求人が選びたいというのがポイントです。

口コミの中には担当者の対応がイマイチという人も多いです。多いですがやっぱり大手の転職エージェントとなると、担当者の人も変な人が多いのも事実でしょう。

大手ということは人材も沢山いるのでどうしてもやる気のない人たちは沢山います。

ちなみにリクルートエージェントは少しハイクラス。つまり年収が高い求人が多いので「給料がもっと多いところが良いな」という人にはおすすめが出来るでしょう。

  • とりあえず大手が良い
  • 求人数が沢山ある方がいい
  • 年収アップも狙いたい

等の人にはおすすめが出来ます。ちなみに担当者が嫌な人だったらすぐに変える事をおススメしますよ。

実際転職エージェントは私たちが助けてもらっている感じがありますが、実際には私たちがお客様ですからね。私たちが内定を貰うとエージェント側にお金が入るのが転職エージェントの仕組みです。

なので嫌だったらサッサと担当を変えてしまいましょう。

リクルートエージェントが気になる人は下のリンクからどうぞ
↓↓↓↓↓↓

リクルートエージェントはこちらから

DYM就職

次にDYM就職というエージェントを紹介します。

このエージェントはちょっと変わっていて、対象者がフリーターやニートの人向けのエージェントなんです。

「俺はまだフリーターでもニートでもないよ」という人がいますが、このエージェントの良い所は学歴が関係なくなるということ。

本来なら学歴というのは重要になり、学歴だけで書類審査に落ちるくらい割と内定に左右していきます。

ですが、DYM就職は書類審査がなく一発で面接に行く事が出来るので、書類審査で落ちる事はないでしょう。

もちろん他の転職エージェントと同じように、面接の指導や履歴書のチェックもあるのでサポートは沢山あります。

  • 学歴に自信がない人
  • エリートばかり集まるところは無理
  • 書類審査なんて通る気がしない

という人にはおすすめが出来るでしょう。

ちなみにDYM就職はDODAやリクルートエージェントで就職が決まらない時に滑り止めとして使用する事も出来ます。

つまりDODAで何社も落ちて、働いていない期間が長くなったらDYM就職を使う。そんな風に使えるでしょう。

まあ、20代だったら転職エージェントを使えばそこまで酷い結果にならないと思いますが、念のため覚えておきましょう。

DYM就職が気になる人は下のリンクからどうぞ
↓↓↓↓↓↓

DYM就職はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする