面接

【男性向け】面接の時に仕事を辞めた言い訳まとめ!

 

 

面接の時に絶対に聞かれる事は「前の会社をなんで辞めたの?」という質問です。

 

この質問はよほど人が足りていない企業じゃない限り100%聞いてきます。

 

しかし上手い言い訳が思い浮かばない人が多いです。なぜならやめた理由が「人間関係で辞める」「残業が多すぎて辞める」「働いて病気になったから辞める」と後ろ向きな理由だからです。

 

これは転職者にとっての最大に課題です。どれだけ上手い言い訳を考えられるかが最大の勝負だからです。

 

今回は転職の時に考える上手い言い訳の方法を書いていきます。

 

そもそもなぜ辞めた理由を聞くのか?

 

まず疑問に思った事はなぜ前の会社を辞めたのか?と言う事です。

 

転職者からするとなんで全ての会社は同じ事を聞くのかと疑問です。

 

しかしこれにはキチンとした理由があり「長く働いてくれるかどうか?」「問題を起こさないか?」という事を見極める為に聞くんです。

 

会社としても理想の人材は「定年まで働いてくれる人材」が欲しいわけです。長く働いてくれると会社の仕事もよく分かるようになるし、信頼できる人になってくれるので理想は定年まで辞めない人が欲しいです。

 

しかし、そんな人は滅多にいないことは会社も分かっているので、「最低でも3年は働いてくれる人材」が欲しいとなります。

 

そこで前の会社の辞めた理由を聞き「長く働いてくれそう」という人材を見極める為に辞めた理由を聞くわけです。

 

例えば前の会社は「上司と喧嘩して辞めた」という理由だったらうちの会社でも喧嘩をするんじゃないか?と思い採用をしない事もあります。

 

会社も変な人を入れて場の空気を悪くしたくないでしょうから。

 

 

理想的な退職理由

 

会社にとっての理想の退職理由は「仕事の幅を広げたかった」という前向きな理由です。

 

とにかく会社は前向きかつ納得のいく答えが欲しいため、もっと違う仕事をしたかった、もっと仕事の腕をあげたかったという理由が欲しいわけです。

 

しかし、この前向きな理由はほとんどの人は無理なわけです。

 

だって会社を辞める人の多くは「人間関係」に悩んで辞める訳なので会社が望んでいる退職理由を言える人はほぼいないと考えて良いでしょう。

 

ちなみに嘘をつくと小さい企業でも見抜かれるので下手な嘘はつかない方が良いです。

 

頭の中で「俺は人間関係で辞めたんだよ!悪いか!」と毒を吐いてストレスを発散しておきましょう。口に出してはいけませんよ。

 

 

人間関係の場合はどうすれば良いのか?

 

さてでは辞める理由の人気ナンバーワン「人間関係」の場合はどうすれば良いのか?

 

この場合は素直に話す意見と話さない方が良いと言う意見がありますが、このサイトの場合は人間関係で辞めたと言う事は隠した方が良いです。

 

いろんな本やネットの情報をみると分かりますが、人間関係が酷すぎて辞めたと言われても面接官は同情しません。

 

むしろあなたの方に問題があるのでは?と思われる危険もあるので人間関係で辞めたというのは言わない方があなたの為です。

 

ここでの言い訳は「もっとやりたい事が出来た」

 

「スキルアップしたかった」などが定番ですが効果的な言葉です。

 

 

また、本当は事務職を希望したんですが、人手不足という理由で営業に回されました。など希望した部署とは違う所にいったと言う言い訳も良いでしょう。

 

その時に重要なのが違う部署でも頑張ったという事をアピールしないといけません。違う部署に回されても自分はやれるだけの事はやった。そして上司に事務職に回してほしいとお願いしたが、結局変えてくれなった。

 

この様に自分がとにかく頑張ったと言う事をアピールしておくのが良いでしょう。

 

大丈夫です。面接は通れば勝ちなのでここで嘘をついて後でばれても日本の会社はクビには出来ません。とにかく内定を勝ち取る事だけ考えましょう。

 

 

残業が長すぎた場合はどうすれば良いのか?

 

次の退職理由の1つは残業が長すぎた問題。夜の11時まで残業をするのが毎日。そんな毎日を送っていれば誰だって辞めたくなります。

 

この場合も素直に話すのも良いですが、場合によっては嘘をつくのもありです。

 

バレそうにない嘘なら問題はありません。

 

例えば「残業代が出なかった」や「会社に寝泊まりをしていた」と本当はやっていないけど少しやばい会社に勤めていた事にするのはそこまでバレる事はありません。

 

まあそれでも会社は残業が長すぎて辞めるは減点になるので、そこはしょうがないです。「会社側は理不尽じゃない?」とイラつくかもしれませんが、まずは会社の内定を貰う事が重要なのでここは我慢です。

 

ちなみに「残業代が出なかった」といって「うちの会社も出ないよ」と言われたらそこの会社は辞めた方が良いです。流石に転職するとはいえ、前の会社と似たような所だったら絶対に行かない方が良いです。

 

あと、「夜の10時まで残業して疲れた」といって「うちの会社は11時まで残業するよ」とカウンターが来る会社もあります。

 

残業をして疲れたと言うとこの様に前の会社より残業が長い場合もあるので、その話を聞いたらさっさと違う会社を探した方が良いですね。

 

どちらにしても、残業時間が辞めた理由なら一度話して面接官がどういう反応をするかで会社の内定を貰うかも出来ますよ。

 

病気になった場合はどうすれば良いのか?

 

うつ病の場合や脳梗塞など長い入院が必要な病気になった場合は、真実を言う場合と嘘を言う場合に分けましょう。

 

まず、脳梗塞などにかかって後遺症が残る場合の病気になった時は素直に話しましょう。体に何か障害がある場合は仕事内容によっては非常に危険です。

 

手が上手く動かなくて作業中に怪我をしたり、突然前の病気の発作が起きたりと無理をすると命が危ないです。

 

体の場合は隠しようもないので絶対に正直に話しましょう。

 

逆に嘘をついて良い場合はうつ病などの精神病です。こちらも本当は真実を話すのが良いですが、うつ病などの場合は採用を見送られる場合が多いからです。

 

うつ病はどんな病気よりもマイナスのイメージが強く、会社側もうつ病になった人を雇う勇気がありません。仕方のない事ですが、うつ病が再発して長期的に休まれても困りますし、長く働けなくなるのも非常に困ります。

 

「うつ病を隠すとばれないの?」と思う人もいますが精神病は外傷など体に目立つ傷などが無いため隠していればそう簡単にはバレません。

 

「え?隠してて良いの?」と思いますが、会社も求人情報に嘘を書く事が多いです。

 

残業が月10時間しかないと書いてあったのに60時間以上あるとか、給料が18万円と書いてあったのに残業をして18万円、しかも手取りにすると16万円くらいに減ると言う事もあります。

 

会社側も労働者を雇う為に嘘をつく事が多いので同じです。会社が嘘をついてこちらが嘘をついてはダメなんて不公平ですからね。

 

 

すぐばれる嘘はつかない方が良い

 

とはいっても全てを嘘で話すのは良くないです。

 

先ほどいった辞めた理由なんかは嘘をついていると質問攻めにあい、ばれる事も多いので印象が悪くなる事を前提に手短に話した方が良いです。

 

病気も、「心筋梗塞なって右手が少し痺れる」など体に異常が出ている場合は素直に話しましょう。素直に話さず肉体労働を任せられて病気が再発したら命が危ないので止めた方が良いでしょう。

 

しかしうつ病の事は出来るだけ隠した方が良いですね。一応精神障害者向けの求人も少ないですがあるにはあります。

 

しかし普通に働きたいと思っている人も多いので、働くときはうつ病は隠すように「嘘をつくなんて嫌だ」と思っている人は会社の求人も嘘だらけと頭の中に入れて「会社も嘘ならこちらも嘘をついて問題はないよな?」と開きなおる様にしましょう。

 

会社も労働者も嘘だらけ

 

何度でも言いますが、会社も労働者も嘘を沢山ついています。

 

会社は給料や仕事内容、残業時間など労働者は職歴などで嘘を書く人もいます。

 

会社の求人内容で釣られて騙された人もいますし、労働者の嘘の職歴に騙されて採用出来たというミラクルな人もいます。

 

嘘をつくのは好きではないし、嘘をついた後の罪悪感が凄いのも事実です。

 

しかし正直に生きる事は無いです。会社もあなたをだましている事を覚えててくれば非常に嬉しいです。