転職が不安で眠れない時に聞いて欲しい9つのアトバイス

転職が不安で眠れない時に聞いて欲しい9つのアトバイス

転職が不安すぎて眠れないなんてことはないですか?

確かに緊張感から眠れないこともありますが、そのまま緊張した状態でいても面接のときに不利になるだけでしょう。

不安なのは分かりますが、ぜひ落ち着いてゆっくりと私のアトバイスを聞いてください。

無理やり落ち着こうとしてもいけない

恐らくあなたはいま、面接の前日か面接に近いせいで眠れない事が起こっているでしょう。

確かに眠れないくらい不安があると思いますが、無理やり落ち着こうとしてもあまり意味がありません。

私も不安で眠れないことはよくありましたが、そんな時に基本何をしても緊張してしまいます。

なので無理やり落ち着こうとするとかえって不安が大きくなる事があります。

だから深呼吸だけしてみましょう。ゆっくりと息を鼻から吸って、口で吐く、鼻から吸って口で吐く。それだけをすればとりあえずは良いです。

深呼吸をしても落ち着かない時がありますが、それでも深呼吸を続けてみましょう。

ゆっくりと意識して深呼吸すると意外と疲れます。それこそ普段鼻から吸って口から吐くことはあまりしないので、ちょっと疲れてくるでしょう。

その疲れた時に眠ると意外とぐっすり眠れますよ。

眠れないならそのままでも良い

とはいっても、眠れないというなら無理に眠らなくても別に問題はありません。

確かに眠れないと、睡眠不足で面接どころじゃないと思いがちですが、眠れないくらい緊張している人は、1日くらい眠らなくても実はなんとかなります。

というのも実は人間は目をつぶるだけでも、休んでいる事になり疲れは多少なくなります。

もちろん眠る方が体力の回復は早いですが、それでも目をつぶるだけでも1日くらいなら平気でしょう。

眠れなくても緊張感で目を覚ます

もし眠らなくても、あなたはずっと緊張しているのでそれで目を覚ますことが出来ます。

面接の前日で緊張しているなら、面接の当日はもっとヤバいです。それこそ気持ち悪くなるくらい緊張します。

なので、その極度の緊張のせいで1日くらいは眠らなくても実は何とかなります。

そして面接が終わった後にたっぷりとお昼寝をしましょう。

これは経験談ですが、面接が終わって緊張感がなくなると急激に眠気が出てきます。

これは前日に眠れなかった影響もありますが、面接って意外と精神力を使うので普通に運動するよりも疲れがドンドン出てきますよ。

この様に緊張していると眠気が覚める。そして面接が終わると一気に眠くなる。緊張しやすい人も実は場合によっては何も問題なく生活が出来る事が出来ますよ。

不安なら何も考えずに歩いてみよう

もしどうしても不安があって眠れないならちょっとだけ、何も考えずに歩いてみましょう。歩く場所は出来れば外が良いですが、家の中をちょっと歩くだけでも良いです。

不安で眠れない人は、とりあえず体を動かして別の事に意識を動かす必要があるでしょう。

そうしないと、面接の事ばかり考えてしまい不安は大きくなるばかりです。

なので、とにかく歩いて不安をなくしてみましょう。そして疲れたらそのまま眠るのが良いですよ。

睡眠薬は使わないで!

次に睡眠薬を使って無理やり眠る人がいますが、あなたにはおススメが出来ません。

確かに薬を使えば無理やし眠る事は可能ですが市販の睡眠薬を使うと、下痢になってしまう人もいます。

眠れたけど、面接の当時に下痢になって遅刻したなんて事になったら悔しいですよね?そうならない様に、出来るだけ薬はつかない方がいいでしょう。

薬を使うくらいなら、先ほど言ったように目をつぶるだけでも十分体は休まります。

シャワーを浴びて横になってみよう

次はシャワーを浴びて寝てみるのはどうでしょうか?

眠れない時はぬるま湯につかるのが効果的と昔から言われています。ですがお湯を沸かしていない人もいますし、そもそもお湯が汚くて入りたくないという人もいるでしょう。

そんな人はシャワーだけ浴びて少し横になってみましょう。

転職が不安すぎて、眠れないかもしれませんが、それでもやらないよりはましでしょう。

落ちても次の会社があるよ

もし仮に面接に落ちることを考えても、次の会社に面接にしにいけば何も問題はありません。

確かに面接に落ちるのはショックですが、こればかりは時の運もあります。

たとえば中小企業なんかは、経験者をとにかく欲しがる傾向があるのでどれだけあなたが面接で好印象でもたった一人の経験者のせいで落とされる危険があるからです。

この様に場合によって理不尽な事があるので、落とされても気にしてはいけません。たまたまあなたに運がなかっただけですから。

最悪の場合を想定しよう

不安が強い人は常の最悪の場合を想定すると多少心が楽になります。

たとえば面接だったら面接の時に志望動機を忘れてしまうとか、そういった事態を想定する事です。

たとえば志望動機を忘れたのは確かに痛いです。痛いですがそれ以外の失敗たとえば言葉を噛んでしまうとか、声が震えてしまったとかそういった軽い失敗なら簡単に受け流すことが出来るでしょう。

なので、最悪の場合を想定して、それ以外の軽い失敗は受け流せるようにしておきましょう。

転職エージェントにも協力してもらった方がいい

もしいまハローワークなど、1人で転職活動しているなら転職エージェントにも相談をした方がいいでしょう。

転職エージェントとはあなたの転職を全力で支援してくれるサービスです。

たとえばあなたが怖がっている面接も、転職エージェントでは練習もさせてくれますし、担当者の人が良い所とダメなところを徹底的に教えてくれます。

面接対策は恐らくネットで調べている人が多いですが、ネットで1時間調べるよりプロの人に1時間相談した方が10倍以上は経験値が違うでしょう。

しかも全てのサービスは無料で使えるので、ガンガン使ってもこちらに損はありません。

もちろん転職エージェントでは求人の紹介もしているので、ガンガン活用すると驚くほど早く内定が貰える確率が上がるでしょう。

ちなみにDODAという転職エージェントが初めて使う人におススメが出来ます。DODAは日本の中でもかなりの大手エージェントで、求人数や職種などがかなりあり、しかも大手なので職員の対応も良い場合が多いです。

  • 転職が不安で眠れないのは辛くないですか?
  • 面接練習を1人でやるのは辛くないですか?
  • 1人で悩むのは辛くないですか?

転職活動が不安で眠れない人は、ぜひ一度転職エージェントに相談すると、今まで悩んでいたことが嘘のように消えて、ぐっすり眠れるようになりますよ。

気になった人は下のリンクにDODAの公式サイトがあるのでぜひ使ってみて下さい。

↓↓↓↓↓↓

転職ならDODAエージェントサービス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする