仕事辞めたい飽きたと思った時にやって欲しい事とアトバイス

仕事辞めたい飽きたと思った時にやって欲しい事とアトバイス

「なんか仕事に飽きた」

「良い会社だけど飽きて辞めたい」

「なんか飽きて仕事のやる気が出ない」

そんな人はいませんか?なぜか分からないけど仕事に飽きたり、いい人間関係だし給料も良いけど仕事がつまらないと思ってしまうことはあるでしょう。

そこで今回は仕事に飽きた時の対策方法や原因を書いていきます。

なぜ中途半端に飽きてしまうのか?

ではなぜ中途半端な場所で仕事に飽きてしまうのか?それを書いていきましょう。

仕事が単調

かなり多いのが仕事があまりにも単調すぎて飽きるということです。

仕事の種類は沢山あり、システムエンジニアみたいな複雑な仕事や、プロ野球選手のような実力主義の仕事。

そして工場のライン作業のように同じ事しかしない単調な仕事があります。

飽きているという人は毎日の仕事が単調すぎてつまらないと思っているでしょう。

それはそうですね。毎日毎日同じ事の繰り返しをしていると人間はどうしても飽きてしまいます。

単調な作業は覚えるのが早くて良いように見えますが、一度覚えたしまったら後は同じ事の繰り返しで何も変わったことはありません。

自分の成長がみこめない

自分の成長がこれ以上ないと仕事に飽きる原因にもなります。

先ほど言ったように単調な作業だとどうしても限界があります。

それこそすぐ覚えることが出来る仕事だと、入社して5年目の人尾2年目の人ではあまり実力の違いがない事が多いので、自分の成長が全くできなくて飽きてしまう原因にもなります。

会社の将来がない

会社の仕事をしていると何となくその会社の実力とか売り上げとかが分かってくる事があります。

それこそ小さい会社だったり、やたらと会社内の情報に詳しい人だと会社の未来がなんとなくわかる事が多いです。

その未来が明るい未来だったらいいですが、それこそ「あと10年もこの会社があるか心配」という噂があると仕事のやる気がなくなり飽きてしまうことがあるでしょう。

やっぱり人は成長があったり、明るい未来があるところで働きたいものです。なので会社の未来が暗いと飽きる、というか仕事のやる気がなくなってしまうでしょう。

飽きない様にするためには?

では次に飽きないようにするためにはどうすれば良いのか?それを書いていきましょう。

ゲーム感覚のように仕事をする

では一番簡単な方法でゲーム感覚のように楽しんでみるのはどうですか?

ゲーム感覚のように楽しむというのは書籍やネットでもかなり言われていることですが、短期的なら効果があります。

たとえば単調作業でも自分の全力を出して最速タイムで仕事をしてみるとか、同じ仕事でもやり方を変えて新しいやりやすい方法を見つけるとかゲーム感覚で楽しむ事は出来るでしょう。

ですが、最初に言った通りこの方法は短期的でしかありません。私もゲーム感覚でやると言う事に挑戦したことがあります。

たとえば最速タイムを目指すというのはよくやりましたが、1か月もしたら結局飽きてしまうので今では全くやっていません。

しかし1か月間は飽きるのを防げるので、ちょっとだけ試してみるのも良いですね。

小さい目標、大きい目標を持つ

これもゲーム感覚でやるのと似ていますが、目標はまた別のものです。

たとえば小さい目標と言うのは、「金曜日になったら美味しいスイーツを食べにいこ」とか「新しい飲食店が出来たから今週さっそく食べに行こう」というすぐにできる目標のことです。

そして大きい目標というのは、「今年で100万円貯めるぞ」とか「今年中に転職してやる」といった1年越しで達成するような目標です。

目標を立てる理由としては単純で、生活にメリハリをつけるためです。

飽きやすい人も飽きにくい人もどんな人も共通して言えることは、目標がないと何をやっても飽きてしまうことです。

たとえばですが、多くのゲームは目標があります。魔王を倒せとか世界を救えとか全国大会に優勝しろとか色んな目標があります。

ゲームはそういった目標があるから楽しいのです。ですがゲームをクリアしてやることがなくなったらそのゲームは飽きてしまうでしょう。

「目標がなくてただ暮らすだけのゲームもあるよ」と言う話はいったん置いといて、この様に目標が何もなくなると人間は絶対に飽きます。

なので何でも良いので、あなたも目標をたてた方が飽きにくくなります。先ほど言ったように美味しいスイーツを食べに行くのも良いですし、映画を観にいくというものでも良いです。

とにかく仕事以外で何か目標があると飽きにくくなりますよ。

副業をしてみる

仕事自体に飽きているなら、自分で仕事を作ってみてはどうですか?その方法がネット副業をすることです。

ネット副業にする理由は好きな時に好きなだけ出来る。という最大のポイントがあるからです。

休日にバイトとかそう言った副業もありますが、正直休日になってまで働きたくないのが事実です。

ですが、ネット副業ならネットが繋がればどこでも出来ますし、何よりパソコンやスマホだけで出来るものが多いので体が全く疲れません。

しかもネット副業が上手くいくと本業の収入を超える事も普通にあるので、独立すると言う事だってできるでしょう。

別に仕事は自分で作っても良いんです。それに自分で作って稼いだ仕事はやりがいがあって非常に楽しいですよ。

部署移動をお願いしてみる

その仕事に飽きているなら、部署移動すると言う手もあります。やはり根本的な原因はその部署の仕事に飽きているということです。

つまり部署移動をすれば新しい仕事になるので、飽きると言う事もなくなるでしょう。

とはいっても「仕事に飽きたから部署移動したいです」と言われて普通に怒られるでしょう。

なので「新しい経験をしたいので部署移動したいです」とそれっぽい理由でお願いしてみましょう。

資格を取得してみる

今の仕事に飽きているなら、資格を取得するのはどうですか?

資格が必要な仕事というはほかの人には簡単にできません。出来ないからこそ難しさもありますし、やりがいも高いでしょう。

しかも給料が高く、簡単にクビにする事は出来ないので安定感と言う面でも非常に強いです。

なので、飽きているなら休日に資格の勉強をすると生活にメリハリがついて、仕事が楽しくなりますよ。

仕事を機械化する

仕事の機械化するとは自動化するのではありません。日常の一部のように当たり前のように仕事をすることです。

ご飯を食べるように、寝るように当たり前のように仕事をすることを頭の中に入れておけば飽きたとは思わなくなります。

よく好きな事を仕事にすれば良い。というのが最近の流行りですがそう簡単に好きな仕事が見つかっていたらそんなに苦労はしないですよね?

だったら、飽きるのではなく当たり前のように仕事をするようにすれば、飽きることもなくなります。

だから「これは仕事だから」と思って諦めることで今の仕事を続ける事も簡単でしょう。

ちょっと強引な方法かもしれませんが、何をしてもダメな場合はちょっと強引な方法を使わないとダメな事もあります。

起業してみる

仕事に飽きる原因で主体的に動かないからということもあります。つまり自分が仕事を面白くしないとダメという精神論ですが、どうあがいても仕事を面白くするにも限界があるでしょう。

たとえば月曜日から金曜日までずっと同じ仕事、同じ作業をするということだったら1年もすれば確実に飽きるでしょう。

それこそ主体的に動いても出来る事に限りがあるので、限界もあります。

与えられた仕事に満足が出来ないなら自分が社長になる。つまり自分から仕事を作ってしまうのはどうでしょうか?

自分が社長になれば、自分でやりたい仕事も出来るし給料だってできた分だけ貰えます。

それに社長だったら残業しようが休日出勤しようが、儲からないと自分が危ないので「会社行きたくない」という事もなくなります。

しかもうまくいけば億単位のお金を稼ぎだす事だって可能です。

大学を卒業したサラリーマンの生涯収入が2億円と言われているので、それをたった1年で稼ぐ事も出来るので、夢がかなりありますよ。

ちなみに起業は難しそうという人がいますが、それは経験すれば何とかなります。最近の世の中は10代で起業する人もいますし、20代で起業するなんて意外と普通の事になっています。

なので、何をやっても仕事が飽きるという人は自分が社長になれば飽きると言う事はまずなくなるでしょう。

飽きて会社を捨てたら自分の収入がなくなりますからね。

運動をしてみる

あなたは運動をしていますか?恐らく20代になると運動なんて全くしないという人も沢山出てくるでしょう。

運動が飽きること何が関係あるの?と聞かれますが、運動はかなり重要ですよ。

たとえば運動不足で、休日はだらだら過ごす。これも良い休日ですがダラダラ過ごすと生活にメリハリがなくなり、しかも体力不足になるので仕事でも成果が出にくいです。

体力が不足すると仕事でも、ちょっとしたことで疲れ果ててやる気もなくな、。余計に仕事に飽きたと感じるようになります。

なので運動は非常に大事です。やる気を上げることにも精神的に強くするためにも必要なので暇な時にやった方がいいです。

とはいってもいきなりランニングをしろ何て言いません。私も昔運動しないとと思ってランニングをしたことがありますが、3日坊主で終わった経験が沢山あります。

なので、家で出来るスクワットの方が継続も出来ますし楽に、そして短時間で効率のいい運動が出来ますよ。

スクワットは正しいやり方をすれば1回で腹筋100回分の効果があると言われています。

たった1回だったら今すぐあなたも出来ますし、効果的に運動が出来るのでぜひやってみて下さい。

それで1日1回を繰り返したら、今度は2回、3回、4回とドンドン増やしてみて下さい。それだけでも仕事のやる気は多少出てくるので。

食事に気を使ってみる

次に食事を変えてみるのはどうですか?

食事も20代になったらコンビニでてきとうに買ったり、マクドナルドなどのファーストフード店で食べてしまうことが多くなります。

しかし食事にも気を使わないと仕事のやる気がなくなり、すぐに飽きてしまう原因にもなってしまいます。

たとえば毎日コンビニの弁当を食べていると、太ってきますし添加物まみれで体にもよくありません。

それに栄養も偏っている事が多いので、低血糖になったりしてやる気が出なくて仕事に飽きていると錯覚している場合もあります。

それに栄養のあるものをちゃんと取ると、疲労回復も早くなるので水曜日に体が動かない事も少なくなるでしょう。

食事は大事です。それこそ20代の時にちゃんとした栄養を意識してとると、仕事のやる気も上がるでしょう。

周りがドン引きするほどはまれる趣味を持つ

趣味というのは仕事を続ける時に非常に大事です。

たとえば私の友人は地下アイドルなどを追っかけるアイドルオタクなんですが、その友人は仕事が大嫌いです。

上司も嫌いだし、仕事内容に誇りを持っていないし、「残業が多いからキツイ」と会うたびに愚痴っています。

ですが、友人は何だかんだ5年も同じ場所で働いています。

続ける理由としてはアイドルを追っかける趣味があるから仕事を続けてる。とのことです。

そう、友人は仕事は滅茶苦茶嫌いだけど仕事を辞めたらアイドルを追っかけるお金がなくなるので、それを生きがいにしてつまらない仕事をずっとやっているのです。

つまり何か楽しみになる趣味をみつければ仕事は続けられます。

それこそ休日が毎日楽しみになるくらい、給料のほとんどのを使ってしまうくらいハマれる趣味をみつけることができれば今のつまらない仕事をやれるんです。

もちろん、給料をすべて使うまでは言い過ぎましたが、趣味が大事なのは確かです。

結局人間は目標を持たないと何も続かないです。休日を楽しみにするというのも立派な目標なので、これも仕事を続ける方法と言えるでしょう。

ちなみに私は月額の見放題サービスを使って、毎日映画やアニメを観るのを楽しみにしています。

私は基本家の中にいるインドアです。しかも何をするにも面倒だと思うのでDVDを借りにいくのも面倒になっています。

だから月額の見放題サービスなら、スマホがあればすぐに観れるので私には合っているのでしょう。

「映画 おすすめ」とか「ドラマ おすすめ」とか「アニメ おすすめ」と調べておもしろそうなものがあったらHuluという見放題サービスを使ってあるかどうかを調べて、あったら観る。

そんな感じの癒される休日を楽しんでいますよ。

そこまで楽しめる趣味がないという人はぜひ試してみて下さい。月額933円で使えますし31日間の無料お試し期間があるので、つまらなかったらサッサと解約すればいいだけの話なので。

Huluは下のリンクから行く事が出来ますよ。

↓↓↓↓

【Hulu】今すぐ会員登録はこちら

成功者はみんな逃げている

ちなみに成功者、つまりお金持ちになっている人は嫌な事から逃げている人が多いです。

たとえば嫌な会社員から逃げて社長になった人もいますし、人間関係から逃げまくって投資を覚えてそれでお金持ちになっている人もいます。

つまり逃げる事は何も悪い事ではありません。

先ほどは飽きる時の対策を書いていきましたが、別に私は飽きて仕事を辞める事を否定していません。

むしろ飽きるくらいの仕事ならサッサと辞めて次の楽しい仕事をするのがあなたの為にもなるでしょう。

逃げることは悪い事ではありません。むしろ会社員から逃げることで会社員じゃ絶対に手に入らない人脈やお金楽しい仕事が手に入るでしょう。

多様の生き方もあり

仕事を辞め続けても良い事はあります。それは転職する時に経験があるので色んな仕事が出来ます。

求人の中には経験者を優遇している事もあり、中小企業だと経験者がきたら面接関係なくその人を採用するなんて事も普通にあるので、経験者と言うのは非常に有効です。

それに、沢山の仕事を経験するといざという時にも転職がしやすいですよ。

たとえば、どれだけ大きい会社でもいつかはピンチになる時があります。大企業だって赤字になって数百人規模のリストラになる事があるので、どこの企業も安心とは言えません。

仮にリストラになった時1つの仕事しかできない人より、3つ以上の職種を経験している方が確実に転職はしやすいです。

なので、飽きて辞めて仕事の経験を増やすと言う事を考えれば、非常に良いですよ。

仕事を探してみる

仕事を辞めるのは良いですが、その前にどんな仕事があるかだけ探してみませんか?

ハローワークなどの求人サイトなどでも、仕事は見れますが転職エージェントというのを使った方がより仕事は探しやすいです。

転職エージェントの良い所は非公開求人が多いところと、担当者によるサポートが強いということ。

たとえばコツコツと1人でやる作業が好きという性格を伝えるだけでも、黙々と作業をする事が多い求人も紹介して貰えます。

それに転職で一番重要なのが面接。結局どんな会社も面接はするので、面接対策をするのは非常に重要になるでしょう。

そんな面接対策も担当者の人が、やり方を1から指導してくれるので内定を貰える確率は2倍以上上がるでしょう。

いま、仕事に飽きて辞めたいと思う人もあまり仕事のやる気がないかもしれませんが、転職の相談だけするというのも全然ありです。

もし、仕事に飽きて辞めたいという人は土日の空いている時間に相談をしてみて下さい。

ほとんどの転職エージェントは土日のどちらか、または両方やっているのでぜひ行ってみて下さい。

ちなみに、転職エージェントにいくには予約がいるので、無料登録をしたらネット予約か電話予約をすぐすることをおすすめします。

ちなみに、「お金はかかるの?」と思う人がいますが転職エージェントは全て無料で使う事が出来るので、安心して下さい。

ではどんな転職エージェントがあるのか分からない人がいるので、大手の転職エージェントを紹介していきましょう。

DODA

DODAはおかげさまで、転職者満足度NO.1

最初はDODAというエージェントです。このエージェントは業界の中でもかなりの大手で求人数やサポートの手厚さに定評があります。

私も使った事がありますが、担当者の人も丁寧な対応をしてくれてかなり親密になってくれた経験があります。

とはいっても、やっぱり仕事のせいなのかちょっと転職を焦らせてくる所もありましたね。まあちょっとなのでそこまで酷いわけではないですが。

求人は

  • 営業
  • 企画
  • 製造
  • IT系

などが目立った印象です。もちろん目立つだけで実際には沢山の求人がありますよ。

ただ、DODAは幅広いため専門的な知識を持った人の転職にはあまり向かない場合があります。

たとえば介護職を今までずっとやってきたから介護の仕事しかできない。という人にはあまりおススメ出来ません。

ただ、「転職はしたけど具体的にどんな仕事をするのかよく分かっていない」という人にはかなり向いているでしょう。

先ほど言ったように幅広い求人のおかげで、違う職種に挑む事も普通に出来るので。

DODAは80%が非公開求人になっているので、結局行ってみないとどんな求人があるか分からないでしょう。しかもここで書いたら私が怒られそうだし(笑)

  • 転職エージェントを始めて使う
  • 担当者が親切な方がいい
  • サポートが手厚い方がいい
  • 求人数や多い方がいい
  • 転職をしたいけどやりたい仕事がよく分からない

という人にはお勧めが出来るでしょう。

詳しくは下の公式サイトからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

転職ならDODAエージェントサービス

リクルートエージェント

次は業界の中でも最大大手と言って良いリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの求人数は10万件と日本の中でもトップクラスに多い転職エージェントです。

職種も基本的になんでもあるような感じで、沢山の求人が選びたいというのがポイントです。

口コミの中には担当者の対応がイマイチという人も多いです。多いですがやっぱり大手の転職エージェントとなると、担当者の人も変な人が多いのも事実でしょう。

大手ということは人材も沢山いるのでどうしてもやる気のない人たちは沢山います。

ちなみにリクルートエージェントは少しハイクラス。つまり年収が高い求人が多いので「給料がもっと多いところが良いな」という人にはおすすめが出来るでしょう。

  • とりあえず大手が良い
  • 求人数が沢山ある方がいい
  • 年収アップも狙いたい

等の人にはおすすめが出来ます。ちなみに担当者が嫌な人だったらすぐに変える事をおススメしますよ。

実際転職エージェントは私たちが助けてもらっている感じがありますが、実際には私たちがお客様ですからね。私たちが内定を貰うとエージェント側にお金が入るのが転職エージェントの仕組みです。

なので嫌だったらサッサと担当を変えてしまいましょう。

リクルートエージェントが気になる人は下のリンクからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

リクルートエージェント

JACリクルートメント

次に紹介するのは外資系、つまり海外の就職に強いジェイエイシーリクルートメントというエージェントです。

ジェイエイシーリクルートメントは営業、企画、人事、IT系など実は総合的な求人に強いという特徴もあります。

先ほどは海外の求人に強いと言いましたが、日本企業の求人も多く扱っているのが特徴的と言えるでしょう。

ですが、ジェイエイシーリクルートメントは20代後半からの経験がある人たち向けの求人という弱点もあります。

つまり20代前半の経験があまりない人たちには、そこまで求人がないという弱点もあるでしょう。

しかし、逆に言うと30代、40代の人たちも活躍できる求人がある珍しいエージェントです。ほかの転職エージェントでは普通20代前半~20代後半の人向けの求人が多いですが、30代からでも全然活躍できる嬉しいものでもあるでしょう。

  • 20代後半でもう求人はないかな?
  • 今までの自分の経験を活かしたい
  • 海外の求人に興味がある
  • 年収が高い求人が欲しい

という人にはジェイエイシーリクルートメントがおススメ出来ますよ。気になった人は下に公式サイトのリンクがあるので、ぜひ使ってみて下さい

↓↓↓↓↓↓

JACリクルートメント

ワークポート

次のエージェントのワークポートですが、ここの転職エージェントはとにかくIT系やゲーム関連の求人が多いです。

つまりネットを使ったビジネスをしている会社との繋がりが非常に強いのがワークポートの特徴ともいえます。

ほかのエージェントと比べて、総合的ではなくIT系の専門分野なので、IT系に興味がない人はあまり使えないのがワークポートです。

しかし前の仕事はIT系だったとか、ネットを使った仕事に興味があるという人ならワークポートを使った方が求人数は圧倒的に多いでしょう。

DODAやリクルートエージェントなどにもIT系の仕事はありますが、餅は餅屋ということわざがあるように、専門的な知識をもったエージェントならよりよいアトバイスが聞けることでしょう。

それにIT系は残業が多かったり、ブラックが多いと聞きますがそういった細かい所も担当者の人に聞けば評判などはすぐに分かるので、ある意味カンニングのような事が出来てしまいます。

  • IT系などネットを使った仕事がしたい
  • 前の仕事はIT系だった
  • 俺はもうIT系にしか興味がない
  • IT業界の裏知識を知りたい

という人はワークポートにいくのがおススメでしょう。ワークポートの公式サイトは下のリンクにあるので気になる人は行ってみて下さい。

↓↓↓↓↓↓

あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】

DYM就職

次にDYM就職というエージェントを紹介します。

このエージェントはちょっと変わっていて、対象者がフリーターやニートの人向けのエージェントなんです。

「俺はまだフリーターでもニートでもないよ」という人がいますが、このエージェントの良い所は学歴が関係なくなるということ。

本来なら学歴というのは重要になり、学歴だけで書類審査に落ちるくらい割と内定に左右していきます。

ですが、DYM就職は書類審査がなく一発で面接に行く事が出来るので、書類審査で落ちる事はないでしょう。

もちろん他の転職エージェントと同じように、面接の指導や履歴書のチェックもあるのでサポートは沢山あります。

  • 学歴に自信がない人
  • エリートばかり集まるところは無理
  • 書類審査なんて通る気がしない

という人にはおすすめが出来るでしょう。

ちなみにDYM就職はDODAやリクルートエージェントで就職が決まらない時に滑り止めとして使用する事も出来ます。

つまりDODAで何社も落ちて、働いていない期間が長くなったらDYM就職を使う。そんな風に使えるでしょう。

まあ、20代だったら転職エージェントを使えばそこまで酷い結果にならないと思いますが、念のため覚えておきましょう。

DYM就職が気になる人は下のリンクからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

あなたに合った企業への就職を徹底サポート【MeetsAgent】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする