会社を辞めたい

仕事を辞めたい時にぜひ聞いて欲しい9つのアトバイス

 

仕事を本気で辞めたいけど、ちょっと怖いとか不安と転職についてネガティブになっている事でしょう。

 

確かに転職は怖いです。それこそ自分の生活がかかっている訳なので、本気になる気持ちも分かります。

 

ということで今回は仕事を辞めたい人に、かなり為になるアトバイスを書いていきたいと思います。

 

働きたいところがあるなら3年なんて関係ない

 

まず、20代の人で多いのが働きたい場所が出来たということです。

 

20代は一番体力があって沢山挑戦が出来る年齢と言えるでしょう。なのでやりたい仕事があったらすぐに飛びつきたいと思ってしまいます。

 

その気持ちがあるならすぐに辞めた方がいいでしょう。恐らくあなたは「3年間きっちり働いて辞めてからやりたいことをしよう」と考えているでしょう。

 

しかしそれでは遅いです。やりたいことがあるならすぐにやった方がいいです。理由としては人間は1年たつだけで心が大きく変わってしまうからです。

 

たとえばそのやりたい仕事が1年たったらあんまりやりたくない仕事に変わる可能性だってあります。「1年前は興味があったけど今はもう全然」と言う事になるでしょう。

 

この様に人間の心は簡単に変わるので待っていてはだめです。むしろやりたい仕事をやるチャンスを失うので、20代のやる気がある時にドンドン挑戦した方がいいでしょう。

 

20代でやりたいことが見つかる人は実は少ないので、これは大チャンスと言えます。

 

 

体力的にいまキツイなら30代以降はできない

 

仕事を辞めたい理由に体力的にキツイと言う理由があります。たとえば肉体労働などはどんな人でも体力的にキツイと感じるでしょう。

 

しかし20代で体力的にきついならその仕事は30代以降もっときつくなります。

 

知っているかもしれませんが、20代と30代では体力が全く違います。20代はできた階段の上り下りが30代になって急に出来なくなる人もいます。

 

なので今キツイなら30代になるともっときつくて下手をすると仕事にならないでしょう。

 

なので、体力的にきつくて辞めたいと言うのは大正解です。むしろ早く辞めないと大きな病気になる事だってあり得るでしょう。

 

ちなみに、肉体労働は別に30代でも40代でも出来る人は出来ます。ですがそう言った人は毎日ストレッチをやる人や休日にジムに行く人など定期的に運動をしている人しかできません。

 

大半の人は20代後半で車を持つようになってから、運動する機会がなくなり徒歩10分範囲のコンビニでも車を使うようになります。

 

なので肉体労働を続けたいという人は定期的な運動をすれば出来ないことないです。

 

ただ運動するのが面倒な人が多いため、体力的にきつくなるので肉体労働は今のうちに辞めた方がいいという事です。

 

 

辞める前に貯金をしよう

 

その前に転職を経験した私からアトバイスですが、仕事を辞める前に貯金を確認した方がいいでしょう。

 

転職活動する時に忘れがちですが、貯金がない人が多いです。20代なのでどうしても遊んでしまう事が多く、貯金が全くない人がいるのは仕方ないです。

 

ですが、いざ仕事を辞めた時に「貯金がない!これじゃあ生活できない」と焦りだします。

 

そして焦った結果「どこでも良いから就職したい」となって前より酷いブラック企業に行く人がかなり多いです。

 

そうならないためにもまず貯金を確認した方がいいでしょう。具体的には生活費の半分程度のお金があればなんとかなります。

 

本当は1年分の生活費があれば良いですが、そこまで貯まるまで待てないという人が多いため、最低限半年分は貯金をしましょう。

 

ちなみに貯金がないけど今すぐ辞めたいという人は、実家に帰る、友人の家に居候をするなどの方法。つまり人に頼る事を覚えた方がいいでしょう。

 

上司の言葉は聞かない方がいい

 

そして仕事を辞める時に、性格の悪い人だと

 

「この会社を辞めたらほかの会社では通じない」

「今は仕事があるだけありがたい」

「転職しても何も変わらない」

 

ととにかくネガティブな話をしてくる人がいますが、それは全て無視しましょう。

 

こういった言葉はなぜかどの会社でもいう人がいますが、本当に意味がないと心の底から思います。

 

ほかの会社で通じないなんて事はありえませんし、日本は不況だけど仕事は山ほどあります。それに転職したら人間関係も残業時間も給料も全て変わりますよ。

 

とにかく気を付けて下さい。20代で3年間続けない人には上司からいらないお説教を貰い転職する気がなくなるので、上司の言葉に耳を傾けない方がいいでしょう。

 

ただ、中には「将来的には事務職みたいな肉体的に負担が少ない職場が良い」とか「介護職は大変だけどクビになる事はないから、安定が欲しいならおススメだよ」など為になる事を教えてくれる上司もいます。

 

そう言った人の言葉には素直に耳を傾けましょう。ただネガティブな事しか言わない上司の言葉は一切無視するくらいの気持ちじゃないと転職のやる気が落ちます。

 

働き場所は沢山ある

 

先ほども言いましたが、日本は不況で仕事があるだけありがたいなんて言いますが、その逆です。日本では仕事がありすぎて人手不足になっている会社が沢山あります。

 

特に製造業や介護職などは深刻な人手不足になっていて、常に募集してある企業もあるくらいです。

 

なので、働き場所は沢山あります。それこそブラック企業も沢山ありますがそれでも仕事がないなんて事は絶対にありえません。

 

日本は人手不足になっている。それだけ心に入れた方が安心でしょう。

 

バイトや派遣社員も考えた方がいい

 

ちなみにあなたは正社員の転職を考えているでしょうけど、バイトや派遣社員になることも視野に入れた方がいいですよ。

 

理由としては、面接に落ちまくって焦り誰でも入れるようなブラック企業に入社して転職に失敗する事があるからです。

 

仕事はあると言いましたが、こだわりが強すぎる人だと転職に失敗する事が多いです。

 

たとえば前はIT系の会社に勤めていたからIT企業に絶対入りたいとこだわりが強いと、失敗するケースが沢山あります。

 

たとえばその人がIT系の会社が少ないところに住んでいたら当然ですが、職はありません。たとえば回りが田んぼだらけの場所に住んでいたら当然ですが、IT企業が少ないという事が分るでしょう。

 

そこで引っ越しをするとかを考えないといけませんが、貯金がなかったりそもそも地元を出るつもりがなかったりと、これもこだわりが強いせいでうまく転職が出きないパターンです。

 

なので、常に柔軟な発想をしましょう。先ほど言ったようにまずはバイトをして資金をためながら就職先を探す。

 

または派遣社員になって、働きながら正社員を探して見るとか派遣社員で頑張ってそのまま正社員にしてもらうとか色々方法はあります。

 

多くの人はハローワークなどで正社員の求人を探しますが、一発で正社員にならないで階段のように少しずつ上がるような感じで正社員になっても良いでしょう。

 

家族が理解しないなら1人暮らしも視野にいれる

 

仕事を辞める時に家族が理解してくれない場合があります。

 

たとえば3年間は絶対に働けと言ってくる人もいますし、「甘えるな」と叱ってくる人もいます。

 

そう言った場合は家族から離れて一人暮らしをするのが良いでしょう。

 

そもそも家族とあなたでは仕事の価値観がまるで違います。両親の時代は働けば働くほどお金が貰えた世代で、それこそトヨタなど大企業に勤めたら一生安泰なんて言われていました。

 

だから3年間働く価値もあったし3年も働けば確実に給料が上がって良い事しかありませんでした。

 

しかし今は違います。いまは3年間働いても給料が大して上がりません。しかもたった3年で会社なんて簡単に潰れるのが現実です。

 

なので3年間働いても良いことがある保証がないでしょう。それに今は科学が発達しています。たとえばスマホ1台あれば動画も観れる、料理のレシピも観れる、通販で食料が買えるなどスマホが1台あれば何も不自由はないでしょう。

 

それにAIの発達で人間は働かなくてもいいようになっていきます。実際に事務職や銀行員の仕事がなくなっていて、将来的には2つの仕事がなくなるともいわれています。

 

こんなに科学が発達しているので、人間がやれる事なんてほとんどありません。

 

だから今の20代はそこまで働きたいと思わないですし、会社に未来がないということも何となくわかっているので、残業もしたくないですし転職をするのが当たり前だと思っています。

 

この様に家族とあなたではギャップがあるので、家族が何か文句を言ってくる場合は精神衛生上よくないので逃げた方がいいでしょう。

 

もし無理に引っ越すのが無理ならシェアハウスに住むのはどうでしょう?

 

シェアハウスなら敷金礼金などはかからないところが多いですし、家賃が安いため引っ越すには最適です。

 

それに、知らない人と一緒に住むのが嫌と思うなら、仕事が決まるまでの間だけ住むと言うのも手です。

 

もし家族が嫌味をいうなら、すぐに離れる事を考えた方がいいでしょう。

 

 

仕事なんて簡単に辞めてもいいんだよ

 

こんな事いうと色んな大人に怒られそうですが、仕事なんてぶっちゃけ簡単に辞めてもいいんですよ。

 

日本人はとにかく真面目で、仕事は長く続けないといけない。そう思いがちですが仕事を無理に続けると今度はうつ病になるリスクが高いです。

 

うつ病になったら働けなくなります。働けたとしても後遺症が残って働ける職場が限定される事が多いでしょう。

 

仕事を簡単に辞めると辞め癖がつくとか、立派な大人になれないと言いますが病気になってまで働くこととはまた違います。

 

結局あなたが働きやすい環境で暮らせればそれで充分です。

 

たとえ40代でフリーターでも、その人がそれで幸せなら十分でしょう。

 

そもそも日本人は人生を立派に過ごそうと思う過ぎです。立派に正社員で働いて立派な家庭を持つことが人生の道と思いがちですが、別にそんな人生を送らなくても良いでしょう。

 

なので辞めたいならサッサと辞めても良いです。変に他人を意識して転職しないのは非常にもったいないと言えるでしょう。

 

転職に不安があるならプロの相談した方がいい

 

もし仕事を辞める事に不安があるなら、プロに相談した方がいいでしょう。

 

とはいってもプロに相談なんてどうすれば良いのか?そう言う人は転職エージェントに相談する事が一番のおススメです。

 

転職エージェントは全て無料のサービスで、担当の人と転職についての話をしておススメの求人などを紹介して貰う事も出来ます。

 

それに不安が多いのが面接のことや履歴書の事ですね。たとえば面接のやり方を忘れている人も多いですが、転職エージェントなら面接の練習をしてくれるサービスもあるので、面接対策はばっちりと言えるでしょう。

 

そして履歴書のチェックも書類審査の時に必要になるでしょう。履歴書で特に困るのが自己PRの部分といえます。

 

自己PRは何を書いていいかわからず、結局ネットで調べた例文を写す人が多いです。しかし転職エージェントなら履歴書の書き方も教えてくれるので書類審査に通りやすくなっていきます。

 

この様に転職をするなら転職エージェントに相談した方が圧倒的に得です。しかも全て無料で使えるので、しょうじき1人でハローワークに行くより断然効率が良いでしょう。

 

 

ちなみに転職エージェントはDODAというところがおススメですよ。DODAはかなりの大手サイトで、求人数や職種の数も沢山あり仕事を選ぶ幅が広がります。

 

それに非公開求人もかなり多いので、ハローワークでは絶対にみることが出来ないお宝求人もあるので、使わない手はないでしょう。

 

担当者によってはとにかく転職させようとしてくる人もいますが、合わない担当者は変えることが出来るので、気軽に使う事も出来ますよ。

 

DODAは下のリンクからいけるので、ぜひ使ってみて下さい。

↓↓↓↓↓↓

転職ならDODAエージェントサービス