転職

転職が不安な20代が必ずやって欲しい9つの対策方法

 

20代の人で転職に不安を持っている人は今このサイトをみているでしょう。

 

それこそ、うまく出来るのか?俺が転職を成功させれるのか?前の会社より悪い所に行ったら?など色々な不安があるでしょう。

 

最初に言いますが転職活動で不安を持つのはしょうがないです。しょうがないですけど転職活動はやってみると意外とうまくいくものです。

 

まずは辞める事を否定する人を無視しよう

 

と言う前に、まずは辞める事を否定してくる人を徹底的に無視をしましょうか。

 

もうあなたは仕事を辞めているかもしれませんが、前の会社の人の言葉が刺さっている場合があります。

 

お前なんてどこに行っても通じないはありえない

 

まず、良く言うのは「お前なんてどこに行っても通じない」という言葉をいうひとです。なぜか分かりませんが、20代で早めに辞めようとするとこんな言葉を出す人がいますが、こういう人はとにかく無視です。

 

そもそもどこに行っても通じないという人の大半は自分の会社基準で話を進めているか、辞めさせたくないからキツイ言葉を出している人が多いです。

 

まず自分の会社基準で話す人は自分の会社が一番まともだと勘違いしている事が多いです。

 

人間の心理はちょっとおかしいところがあり、どんなブラック企業でも1つでも良い所があると「まだ俺の会社はまし」と思ってしまう事があります。

 

たとえば残業が多く、肉体労働をしている人でも残業代を出すだけで「まあ、残業代が出るだけここはましだよな、ほかの会社はサービス残業をするっていうし」となって無理やり良い会社にしてしまいます。

 

普通に考えれば残業が少なく、楽な仕事は沢山ありますが、長い時間同じ会社にいると常識がおかしくなることはよくあります。

 

そしてもう1つの理由が、辞めさせたくないからキツイ言葉を言う人です。

 

世の中の中小企業はほとんど人で不足です。それこそ20代が1人もいない中小企業も珍しくないので、人手不足の深刻化が酷い事になっているのはよく分かります。

 

そんな人手不足の会社なので、上司はとにかく辞めて欲しくありません。20代という大事な若さと貴重な人材を失うわけにはいかないからです。

 

だから辞める時に「お前なんてどこにいっても通じない」とキツイ言葉を出して転職をあきらめさせようとする事があります。

 

ちなみに辞めて欲しくないという理由のほかに、今までのストレスをただぶつけているだけという人もいるので、どっちにしろあなたの事を思って出している言葉ではないでしょう。

 

この様にお前なんてどこにいっても通じないは、あなたの事を考えている訳ではなく、ただ自分たちのことしか考えていない人が非常に多いです。

 

中にはあなたのことを本当に思ってくれる人もいますが、そう言う人は「まあ、こんな会社に若い人がいたらもったいない」と自分の会社を否定する事が多いです。

 

 

仕事がないなんてことはありえない

 

次に良く言われるのが、「いまは仕事があるだけありがい」という人です。

 

これも良く言われることですが、信じてはいけません。確かに今の日本は不況と長年言われてきています。

 

それこそ大企業の大規模なリストラが時々あるので、不況の波を直に感じ取れているかと思います。

 

しかし仕事がないなんてことはありません。むしろ日本では仕事がありすぎて人手が不足している事態になっているでしょう。

 

たとえば製造業や介護職なんかは人手不足が深刻化して海外の人を良く雇う事があります。

 

私が前働いていた工場と今の工場では、どちらもベトナム人を沢山雇ってなんとか人件費を抑え、人手不足を抑えている状況になっています。

 

この様に実は探せば「人手不足だから、きてくれ!」という会社も沢山あるわけです。

 

だけど、みんな転職する時は前と同じ職種を選ぶことしか考えていません。確かに未経験の仕事を選ぶのは怖いですが、自分のやっていた仕事が人手が足りている職種だったらそれは求人もないことでしょう。

 

なので、仕事がないなんて事は絶対にありません。ただみんな未経験の仕事をやりたがらないから仕事がないように感じるだけです。

 

 

人間関係が変わらないもありえない

 

ちなみにこれもよく聞きますが、「転職しても人間関係が変わらない」ということ。ひとこと言うとそれもありえません。

 

そもそも人間関係が嫌な人がやる行動が2つあって、1つは部署移動、もう1つが転職することが多くの人がやっていることです。

 

部署移動したら人間関係がよくなるという話は実は結構あり、1つの部署を移動しただけで天国になる事だってあります。

 

それに転職したら人間関係が良くなったという話もかなり聞きます。この様にたった1つの部署、会社を移動しただけで人間関係がよくなるなんて話は当たり前です。

 

ですが、転職しても人間関係が変わらないのはなぜか?それは単純で同じような社風の会社、同じような仕事をする会社に転職するからです。

 

たとえば女性が多い職場だと人間関係が悪くなりやすいという話をよく聞きますが、意外と当たっています。やっぱり女性が多いとどうしても派閥が生まれてしまうので、人間関係が悪くなりやすいです。

 

なので、アパレル業界などは比較的人間関係が悪くなりやすい事も多いでしょう。

 

もちろんアパレル業界全てが人間関係が悪いと言う訳ではありません。ですが職種の中でも人間関係が悪くなりやすい職種がある事も頭に入れておきましょう。

 

あなたの職種はどうですか?女性が多い?会社の人数が少ない?若い人が少ない?など実は人間関係が悪くなる原因は沢山ありますよ。

 

なので、次の会社を選ぶときは前の会社と似たような職種を選ばないというのも1つの手でもあります。

 

残業が当たり前なんてありえない

 

つぎに社会人は残業をして当たり前という言葉もありますが、これもはっきりいってありえないです。

 

世の中には残業がない会社なんて沢山あります。特に最近は残業が多い会社は嫌われる傾向にあり、若い人から人気がなくなる原因の1つでもあります。

 

そもそも日本の会社でも「残業をするのは効率の悪いバカのする事」と少し過激ですがそう思っている人もいるので、残業がないのは意外と普通だったりします。

 

だけど、これも狭い世界で生きている人だと常識が固まってしまうので、仕方ない事ともいえるでしょう。

 

たとえば10年間も終電ギリギリまで仕事をしていたら、ほかの会社も終電まで残業するのが当たり前と勘違いする人だっています。

 

終電まで残業するのが当たり前と思わなくても、社会人は絶対に残業があると思い込むことがあるので、残業があると思いこむ人はしょうがない事と言えるでしょう。

 

ですが残業が当たり前なのはありえません。定時で帰れる会社だって沢山あります。

 

しかしこれも職種の問題で残業が多くなる事が沢山あるでしょう。

 

たとえば製造業なんかは多くの場合残業があるところばかりです。日本の製造業は昔から安く作って大量に売るという方法が主流だったので、どうしても残業が多くなってしまいます。

 

それに接客業に勤めていたら祝日や年末年始は稼ぎ時なので、当然ですが休みが少なくなるでしょう。

 

この様に残業も職種によってまるで違うので、次の転職の時は職種に注意してみましょう。

 

次に会社に不安をなくしてみましょう

 

では次に会社で働く時の不安を状況別に解決していきます。

 

 

会社が小さくて不安を感じる?

 

意外と多いのが、会社が小さくて潰れるんじゃないのか?という不安です。

 

求人をみたときにいい条件のサイトをみつけたけど、会社の人数が10人とかだと確かに小さすぎて不安に感じます。

 

ですが、そこまで気にする必要はないでしょう。まず最近の日本では大きくても小さくても会社が潰れる確率は同じです。

 

大企業だって1つのミスで倒産寸前まで追い込まれる世の中になっているので、結局会社の大きい小さいなんてほぼ関係ないでしょう。

 

一生勤めるつもりでいるなら、大企業でも中小企業でも零細企業でも同じなのが今の日本の状態です。

 

なので、小さい会社でもそこまで気にする必要はないと言えます。

 

未経験の仕事でも大丈夫?

 

次に自分が未経験の仕事をやろうとするときの不安です。

 

確かに未経験の仕事というのは不安があります。それこそ上手く出来るのか?という不安を持っている人が大勢いるでしょう。

 

ですが、これも心配はいりません。未経験の仕事なんて普通は誰もうまくいかないでしょう。

 

それはそうです、普通未経験だったら失敗ばかりになるのは当然です。それこそ沢山怒られる事があるでしょう。

 

だけど未経験でもたった3か月間我慢すればソコソコましになります。3か月間我慢すればいいのです。それだけで未経験の仕事でも普通に動けるようになりますから。

 

新しい人間関係になじめるのか?

 

次に多いのが新しい人間関係になじめるのかどうか?ということです。

 

恐らく未経験より人間関係の方が心配な人が多いでしょう。

 

それこそ、前より酷い会社になったらどうしよう…なんて考える事もあります。

 

確かに人間関係だけはぶっちゃけ全く読む事ができません。先ほど言ったように職種で多少の判断は出来ますが、あくまで目安なのでどうなるかが分かりません。

 

なので先ほどいった対策を使って少しでも運を上げた方がいいです。たとえば職種を変えてみるとか、人数が多い職場に行くなどちょっとした工夫でも多少ですが、人間関係が良い所にいく確率を上げていきます。

 

ちなみに最初に人間関係を良くするコツは元気よく挨拶すること。これが一番大事です。

 

あいさつで変わるのか?と思う人もいますが人間と言うのは最初の第一印象でその人の接し方が変わってしまうものです。

 

たとえば元気がない挨拶をしたら「大丈夫かこの人?」と思いますし元気よく挨拶したら「おっ!この人は仕事ができて性格もよさそうだな」と思い後で話しかけてもらえる確率が上がります。

 

いくらコミュニケーションが苦手でもあいさつの声を元気よくする事は可能のはずです。

 

たった1回の挨拶で人間関係に馴染めるかどうかも決まってしまいますよ。

 

辞め癖はつかないのか?

 

次に転職をすると辞め癖がつかないか心配と言う声もあります。

 

確かに1回転職すると次も簡単に転職する人もいますが、私の考えでは辞め癖はむしろあった方がいいです。

 

なぜ転職癖があった方が良いのか?それはうつ病になる確率をグーンと減らせるからです。

 

今、日本ではうつ病患者が非常に増えています。それこそ精神病の先生が全く足りないほどです。

 

そしてうつ病になる人の特徴が、真面目で責任感が強い人が特にうつ病になります。

 

真面目で責任感が強いと、転職したいと思っても「3年は頑張らないと」とか「ここで辞めたら転職癖がついてしまう」と思ってしまいなかなか転職ができません。

 

そして嫌な仕事を続けていくうちに、ドンドン精神的に疲れてそのままうつ病になって働けなくなるということが普通にあります。

 

なので、転職癖がついても何も問題ありません。一番やってはいけない事が、うつ病が重症化してそのまま自ら命を落としてしまう人です。

 

転職癖がある人は、いやだったら辞めるのでいくらでもやり直しが出来ます。しかし亡くなってしまった人はもうやり直しがききません。

 

なのでうつ病になるくらいだったら、転職癖はあった方が実は良いんです。

 

給料が少なくなるのでは?

 

次に給料が少なくなる問題ですが、仮に給料が少なくなったらネット副業でもしましょう。

 

最近はなんでもネットで出来る時代でパソコンさえあれば仕事も出来る時代になっています。

 

なので、もし給料が下がって困るというなら、空いてる時間にネット副業をしてみましょう。

 

たとえばYouTubeで稼ぐ事も出来ますし株式投資やFXだってネットで出来ます。

 

少し難しいと感じるかもしれませんが、1年間コツコツとやれば月収1万は稼げるようになりますよ。

 

もちろん月収1万円ではなく、月収10万円を目指す事も出来るのでネット副業には夢があると言えます。

 

残業が多くなるのでは?

 

次に残業が多くなるのでは?という意見もあります。確かに求人と書いてあることが違うなんて事はありますが、残業をなくしたいのに増えてしまったら意味がありませんよね?

 

そう言うのが怖い人は、転職エージェントを使って転職活動をする事がおすすめです。

 

転職エージェントは簡単に言うとあなたの転職を支援してくれるところで、たとえば求人の紹介なんかも担当者の人と1対1で話し合う事が出来ます。

 

そしていやらしい話になりますが、転職エージェントはビジネスでもあります。人材を紹介したら転職エージェントに紹介料が入ってくるのが、エージェントの仕組みです。

 

なので、企業側も残業時間で嘘をついて、後で報告をされたら評価が悪くなって人材がこなくなるなんて事も普通にあります。

 

お金と聞くといやらしい話になってしまいますが、逆に言うとお金の関係であるからこそ企業側も求人に嘘をつけなくなるということです。

 

だから残業を少なくしたいという人は、転職エージェントの求人の方が信頼度は非常に高いといえるでしょう。

 

転職活動する時の不安

 

次に転職活動をする時の不安ですが、一番不安なのは面接ではないでしょうか?

 

結局内定を貰えるのは面接をしてからです。短期のバイトじゃないかぎりどこでも面接はあるでしょう。

 

だけど面接はしばらくやっていないから不安と思いますよね?それこそネットで頑張って調べても不安でしょう。

 

それに書類審査に落ちるのも不安と言う場合もあります。会社によっては履歴書をみて判断するので書類審査すら通らない人も確かにいます。

 

そういった2つの不安がある場合ですが、これも転職エージェントを使った方が早くて確実です。

 

先ほど言った転職エージェントのサービスの中に、面接の練習や履歴書の書き方のサポートもあります。

 

たとえば模擬面接をやって、ダメだったところを指摘したり企業側でよくある質問を事前に教えてくれることだってあります。

 

面接は確かに一人だとネットにある対策くらいしかできません。しかしエージェントを使えば本格的に面接の練習が出来るのでかなり効率よく面接の大事なところを学ぶことが出来るでしょう。

 

ぶっちゃけ言うと、ネットで調べた面接対策より、プロの人がみて指導してもらった方が10倍以上は為になります。

 

そして履歴書のチェックもエージェントのサービスにあります。

 

履歴書の中で一番困るのが自己PRの部分ではないでしょうか?

 

多くの人が自分をどうみせればいいかわからず、結局ネットで「自己PR 例文」と調べてコピーする事が多いです。

 

ですがこれもエージェントのプロの人に指導してもらうと驚くほど、魅力的な履歴書が出来ますよ。

 

実際エージェントの人に指導してもらった履歴書の方が書類審査に通りやすい事も事実なので、やはりプロの人に直接相談する方がいいでしょう。

 

ちなみに、全てのサービスは無料で使えますよ。どれか有料なのか?と思う人もいますが転職エージェントのサービスは全て無料。

 

無料なので、とことん使ってみて良い会社に巡り合う事も可能になります。

 

それに、指導したとおりに面接をすれば、良いので考えなくて言い分楽ですよ。

 

 

人に頼れば意外とうまくいく

 

結局のところ転職の不安は1人でいたら解決できません。

 

それこそネットで面接の対策や履歴書の例文をうつしても「これで大丈夫かな?」と転職に不安がでることもあるでしょう。

 

ですが、先ほどいった転職エージェントを使うと担当者の人がちゃんとした指導をしてくれるので、内定率も高いです。

 

ぜひ転職に不安がある20代の人はエージェントをうまく使ってみて下さい。

 

そして初心者の人は求人数が多くて使いやすいDODAという転職エージェントが良いですね。

 

理由としては日本でもかなりの大手なので、安心感も実績もあり、なにより大手なので担当者が優秀な人も多いからです。

 

もちろん担当者によっては当たり外れがありますが、その場合は簡単に変えることが出来るので相性が合わないならサッサと変えてしまうのが良いでしょう。

↓↓↓↓↓↓

転職ならDODAエージェントサービス