仕事が期待されている辞めたいと思った時に絶対やって欲しい考え

仕事が期待されている辞めたいと思った時に絶対やって欲しい考え

仕事がそろそろ1年たつ。1年もすると仕事に慣れてきて上司からの信頼が厚くなっている時期でしょう。

本来なら期待される事は良い事ですが、あなたは「期待されて嫌だ、辞めたい」と感じていますよね?

そんなあなたの為に今回は期待された時の原因と対処法を書いていきましょう。

期待されて辞めたくなる原因は?

では最初に期待されて仕事を辞めたくなる原因を書いていきます。

プレッシャーが重い

期待されるとプレッシャーが重くなります。期待される分だけ仕事の質も高くしないといけないし、当たり前の範囲が大きくなるのであなたのプレッシャーはドンドン重くなっていきます。

あなたはあまりプレッシャーに強くないタイプでしかも、やりがいのある仕事よりは平和的に過ごす方が大事な人のはずです。

だから、期待されて平和に過ごすことが出来なくなるのもいや。そして仕事のプレッシャーが重くなるのも嫌になっているわけです。

実はそこまで仕事ができない

仕事が期待されていますが、あなた的にはそこまで仕事ができるわけではないと思っていませんか?

たとえばあなたは10までの仕事しかできないと思っています。しかし上司は50の仕事くらいなら出来るだろうと勝手に勘違いしていて、あなたに期待をする。

これが嫌になる原因になるわけです。つまりあなたと上司のギャップが激しいということです。

それで勝手に期待されて新しい仕事をドンドン任されるのが嫌になると言う事でしょう。

失敗するのが嫌だ

期待されるのが嫌という人は、基本的に失敗を怖がることが多いです。

  • 失敗するのが怖い
  • 怒られるのが怖い
  • 恥をかくのが嫌だ

この様にとにかく失敗を恐れて、失敗をしない様にすると強く思っている人が期待されるのが嫌な人の特徴です。

だから、上司が思った以上に自分に期待されるのを恐れています。なぜなら失敗するのが怖いからです。

仕事が変わるのが嫌だ

仕事が期待されると今度は難しい仕事を任されるようになります。

たとえば今まで先輩たちがやっていた難しい仕事を、任されるようになり大幅に仕事が変わる事があるでしょう。

しかし期待されるのが嫌な人は変化を嫌います。仕事が変わることや、引っ越しをすることなど変化したら自分の生活が変わってしまうようなことをとことん嫌うのが特徴です。

先ほど言ったように期待されていると、仕事は確実に変わります。上司はあなたに期待してもっと成長してほしいと思っているのでこれはしょうがない事でしょう。

期待されて辞めたい時の対処法は?

では次に期待されて辞めたいと思ってしまった時の対処法を書いていきます。

素直に辞める

いきなりですが、辞めたいなら素直に辞めてしまうのが一番良いです。

いきなり辞めてしまえと言うのはかなり無責任な言い方ですが、このまま無理をしても結局辞める事になる確率が高いです。

あなたは「期待されたプレッシャーで辞めたい」と思っていますよね?仮にこのまま無理に仕事をしてもあなたの精神的に限界がくるでしょう。

やりたくない仕事を任されて、勝手に期待されて仕事を任される。恐らくあなたが一番いやな事になるでしょう。

そして、人は一度嫌だと思うとドンドンその気持ちが強くなっていきます。それこそ1年後には「期待されて辞めたい」から「精神的に辛いから辞めたい」に変わります。

そのまま続けて、我慢できるならそっちの方が良いでしょうけど、そうじゃなく我慢できないならどっちにしろ辞めてしまうので、そのまま素直に辞めるのもあるですよ。

素直に仕事ができないという

次に上司に素直に仕事ができない。そう伝えてみるのはどうですか?

恐らく仕事ができないと言っても上司は頑張れとか、お前なら出来ると言う風に言ってきますがどうしてもやりたくないなら強引にでも断ってしまうことも必要です。

結局我慢する事が一番ダメなことなので、ここは我慢しないで言ってみるのが一番良いです。

ただ断り方にもコツがあっていきなり「無理です」というと上司を怒らせるだけなので「すみません、私にはまだこの仕事は早いようなので、断りたいです」とまずは上司に謝ってから丁寧に断る方が良いでしょう。

とはいっても、上司も仕事を任せたいから強引にお願いしてくる場合もあるので、そこは気持ちの勝負ですけど。

部署移動をお願いする

仕事が期待されて嫌なら部署移動をするという選択肢もあります。

部署移動をすると評価はまたゼロからになるので、簡単な仕事に戻る事が出来ます。

とはいっても、もし今の部署の人間関係が良いなら部署移動する事はおススメ出来ません。

個人的な体験としては、プレッシャーがある仕事を任されるより、人間関係がぎすぎすして仕事をやる方が10倍はきついです。

もし良い人達に囲まれているなら、そのままの方が良いです。人間関係って一番コントロールできなくてほとんど運に頼る事になるので。

頑張って耐えてみる

個人的には逃げたいなら逃げた方が、うつ病などになる確率がなくなるのでおすすめですが、場合によっては我慢する事も必要になります。

期待されているということは、上司との人間関係は悪いわけではありませんよね?

人間関係が悪い場合は速攻で逃げた方が良いですが、上司が良い人だったらここは我慢して自分を成長させるチャンスです。

ちょっと辛いかもしれませんが、乗り越えると一回り自分を成長させることが出来ますよ。

頑張る場合のアトバイス

では、もしあなたがもうちょっと頑張ってみようかな?と思った時にアトバイスを書いていきましょう。

辛いなら休もう

まず、辛いなら休んでください。先ほどは辞めない方が良いとか、頑張って続けてみようと言いましたが、休むのだったら全然ありです。

休むと言っても、休職とかではなくずる休みです。

どうしても会社に行きたくない時はありますよね?それこそプレッシャーに押しつぶされそうで気持ち悪くなるときだってあります。

そんなときは別に無理しなくても良いです。休みたいなら仮病を使って休んでしまいましょう。

ちなみに月曜日と金曜日を休みすると土日が休みの場合3連休をとれるので、おすすめですよ。

仕事はサボってしまおう

あなたは非常に頑張っています。それこそ期待されて辞めたくなるくらい真面目な性格で頑張り屋です。

しかし頑張るのも良いですが、適度に息抜きをしないとエネルギーがなくなってしまうでしょう。

たとえば車だって絶対に燃料補給が必要です。ロボットだって全自動で休みなく動いているようにみえますが、ロボットも電気というエネルギーがないと全く動く事が出来ません。

もちろん人間も同じです。ずっとフルに活動したら確実にあなたは倒れてしまうことになります。

なので時には仕事をサボってしまうことだって重要です。たとえば暇そうな時にトイレで隠れてサボってしまうとか、ロッカー室でサボってしまうとか常にサボる事を考えた方が良いです。

ちなみに私も職場の人が来ないトイレを教えてくれて、そこでサボる方法を教えて貰いました(笑)

なので辛いならサボってしまいましょう。そして回復したらまた仕事に全力で挑めば良いのです。

ちなみに私がサボっているときはトイレかロッカー室で「Hulu」という映画とかアニメが観れるサービスを使って、ちょくちょくみていました。もちろん勤務中に(笑)

Huluが気になる人はぜひ下の公式リンクから使ってみて下さい。

↓↓↓↓↓

【Hulu】今すぐ会員登録はこちら

プライドを捨てよう

精神面の話ですが、結局期待されて辞めたくなるのはあなたのプライドが高いせいで起きる問題です。

プライドなんて高くないと思ってる人もいますが、失敗したくないというのも、プレッシャーを感じるというのも全て「失敗して恥ずかしい思いをしたくない」という心の声から出てきているものです。

結局恥ずかしい思いをしたくないから、期待されたくないと思い込んでしまいます。

なので、プライドさえ捨てて、失敗しても良いと思う事が出来れば辞めたくなる事もなくなるでしょう。

プライドをなくすためにはどうすれば良いか?それの一番簡単な方法が失敗をする事です。なので沢山挑戦して沢山恥をかいて、恥をかくのが当たり前という認識のなると仕事を続けれるになるでしょう。

辞める場合のアトバイス

では最後に辞める場合のアトバイスなどを書いていきます。

転職サイトの登録しよう

まずは転職サイトに登録をしてみましょう。

転職をする時はハローワークを使う事が多いですが、それだけに頼ると求人の幅が狭く、良い転職をするにはちょっと足りないでしょう。

そこでネットの転職サイトのリクナビNEXTに登録することをおすすめします。

リクナビNEXTの良さはその求人の多さと言えます。

リクナビNEXTは転職業界の中でもトップクラスに有名で、転職と言えば「リクナビ」というくらい知名度が高いです。

そのため毎週1000件以上の新着求人がくるので、選びたい放題と言う訳でしょう。

しかもリクナビNEXTは登録をすると、メールで届くスカウトメールというものがあります。

これは登録をした年齢や職歴などをもとに、企業側があなたに求人のメールを送ってくるものです。

なので、あなたが思ってもみなかった求人情報が届く事が沢山あります。

ですが、スカウトメールがリクナビNEKTの最大の弱点ともいえるでしょう。

というのも、このスカウトメールてきとうにプロフィールを設定するだけで結構届きます。

それこそ20代男性という設定ならかなりの数のスカウトメールが届く事があるでしょう。

それがうっとうしいと思う人もいるようで、リクナビNEXTの悪い評価の目立つ部分です。

ですが、スカウトメールは設定すればOFFにする事も簡単なので、うっとうしいくらいメールがくるなら通知をOFFにした方が良いでしょう。

それを除くと、求人の多さや大手だけあって使いやすいサイトなので、転職をちょっとでも考える人は無料登録をしてみるのが良いでしょう。

登録するだけだったらタダですし、転職したいと思ったら求人だけみて心を落ち着かせるお守り変わりにもなるますよ。

リクナビNEXTの公式サイトは下のリンクからどうぞ

↓↓↓↓

リクナビNEXTはこちらから

転職エージェントに登録しよう

次に転職エージェントにも登録をした方が良いですよ。

転職サイトは求人の紹介だけするものですが、転職エージェントは転職を支援するサービスです。

たとえば求人なんですが、1人で探しても自分が出来そうな仕事しか興味がわかなかったり、仕事内容をみると「この仕事は俺には無理そうだな」と思った事はないですか?

1人で求人をみるとどうしても思い込むがある。なんて事が多いですが転職エージェントでは担当者の人と直接会話ができるため、どんな仕事なのか?というのを事前に教えてくれることもあります。

たとえば工場の求人でよくある「製品の簡単組付け」というのはよくありますが会社によって組付けの内容なんて違いますし、簡単かどうかなんて分かりません。

しかし転職エージェントなら担当者の人が、仕事内容を知っている事が多いですし仮に知らなくても問い合わせしてくれるので、非常に助かります。

それに、転職する時って面接対策に困りませんか?

1人で転職をすると面接練習なんかをネットで検索しながらやる人が多いですが、結局その面接方法があっているかなんて会社によって違います。

しかも場合によっては「マニュアル通りの面接対応でつまらない」なんて言われて落とされる事だってあります。

しかし転職エージェントなら、面接の対策を担当者の人と一緒に出来るので、非常に役に立ちます。

実戦形式で面接の練習をして、ダメなところを指摘して弱点を克服していく。なんてことも可能なので内定率はグーンっとアップするでしょう。

この様に1人より転職エージェントに相談した方が良い事が多いので、困ったら使ってみて下さい。

ちなみにデメリットとしては、担当者の人が転職を焦らせてくることくらいです。転職エージェントも商売でやっているので、場合によっては「すぐに転職した方が良いですよ」と焦らせてくる人も中にはいます。

ですが、それは自分の意志で「ゆっくりと転職したいです」と断れば良いですし、嫌な担当者だったらお問い合わせをすれば変えて貰えますよ。だからそこまで気になる事でもないでしょう。

ちなみに「求人だけみてみたい」とか「サービスを実際に体験したい」という人でも全然良いです。

私も昔使用したことがありますが、やっぱり聞いた内容と実際の体験は違うので1回目はお試しで言って求人だけ紹介して貰いましたよ。

そして先ほど言ったサービスは全て無料なので、こちらが使う分には何も損はしません。

ちなみに土曜日だけとか土日対応をしている転職エージェントがほとんどなので、休日にも訪問が出来るでしょう。

それと、転職エージェントは予約制なので、登録をしたら電話の予約かネット予約を早めに済ませないと人気のある土日はすぐ埋まってしまうので、早めの予約をおすすめします。

では大手の転職エージェントと、ちょっと変わったエージェントを紹介していきましょう。

DODA

DODAはおかげさまで、転職者満足度NO.1

最初はDODAというエージェントです。このエージェントは業界の中でもかなりの大手で求人数やサポートの手厚さに定評があります。

私も使った事がありますが、担当者の人も丁寧な対応をしてくれてかなり親密になってくれた経験があります。

とはいっても、やっぱり仕事のせいなのかちょっと転職を焦らせてくる所もありましたね。まあちょっとなのでそこまで酷いわけではないですが。

求人は

  • 営業
  • 企画
  • 製造
  • IT系

などが目立った印象です。もちろん目立つだけで実際には沢山の求人がありますよ。

ただ、DODAは幅広いため専門的な知識を持った人の転職にはあまり向かない場合があります。

たとえば介護職を今までずっとやってきたから介護の仕事しかできない。という人にはあまりおススメ出来ません。

ただ、「転職はしたけど具体的にどんな仕事をするのかよく分かっていない」という人にはかなり向いているでしょう。

先ほど言ったように幅広い求人のおかげで、違う職種に挑む事も普通に出来るので。

DODAは80%が非公開求人になっているので、結局行ってみないとどんな求人があるか分からないでしょう。しかもここで書いたら私が怒られそうだし(笑)

  • 転職エージェントを始めて使う
  • 担当者が親切な方がいい
  • サポートが手厚い方がいい
  • 求人数や多い方がいい
  • 転職をしたいけどやりたい仕事がよく分からない

という人にはお勧めが出来るでしょう。

詳しくは下の公式サイトからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

転職ならDODAエージェントサービス

リクルートエージェント

次は業界の中でも最大大手と言って良いリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの求人数は10万件と日本の中でもトップクラスに多い転職エージェントです。

職種も基本的になんでもあるような感じで、沢山の求人が選びたいというのがポイントです。

口コミの中には担当者の対応がイマイチという人も多いです。多いですがやっぱり大手の転職エージェントとなると、担当者の人も変な人が多いのも事実でしょう。

大手ということは人材も沢山いるのでどうしてもやる気のない人たちは沢山います。

ちなみにリクルートエージェントは少しハイクラス。つまり年収が高い求人が多いので「給料がもっと多いところが良いな」という人にはおすすめが出来るでしょう。

  • とりあえず大手が良い
  • 求人数が沢山ある方がいい
  • 年収アップも狙いたい

等の人にはおすすめが出来ます。ちなみに担当者が嫌な人だったらすぐに変える事をおススメしますよ。

実際転職エージェントは私たちが助けてもらっている感じがありますが、実際には私たちがお客様ですからね。私たちが内定を貰うとエージェント側にお金が入るのが転職エージェントの仕組みです。

なので嫌だったらサッサと担当を変えてしまいましょう。

リクルートエージェントが気になる人は下のリンクからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

リクルートエージェント

ジェイエイシーリクルートメント

次に紹介するのは外資系、つまり海外の就職に強いジェイエイシーリクルートメントというエージェントです。

ジェイエイシーリクルートメントは営業、企画、人事、IT系など実は総合的な求人に強いという特徴もあります。

先ほどは海外の求人に強いと言いましたが、日本企業の求人も多く扱っているのが特徴的と言えるでしょう。

ですが、ジェイエイシーリクルートメントは20代後半からの経験がある人たち向けの求人という弱点もあります。

つまり20代前半の経験があまりない人たちには、そこまで求人がないという弱点もあるでしょう。

しかし、逆に言うと30代、40代の人たちも活躍できる求人がある珍しいエージェントです。ほかの転職エージェントでは普通20代前半~20代後半の人向けの求人が多いですが、30代からでも全然活躍できる嬉しいものでもあるでしょう。

  • 20代後半でもう求人はないかな?
  • 今までの自分の経験を活かしたい
  • 海外の求人に興味がある
  • 年収が高い求人が欲しい

という人にはジェイエイシーリクルートメントがおススメ出来ますよ。気になった人は下に公式サイトのリンクがあるので、ぜひ使ってみて下さい

↓↓↓↓↓↓

JACリクルートメント

ワークポート

次のエージェントのワークポートですが、ここの転職エージェントはとにかくIT系やゲーム関連の求人が多いです。

つまりネットを使ったビジネスをしている会社との繋がりが非常に強いのがワークポートの特徴ともいえます。

ほかのエージェントと比べて、総合的ではなくIT系の専門分野なので、IT系に興味がない人はあまり使えないのがワークポートです。

しかし前の仕事はIT系だったとか、ネットを使った仕事に興味があるという人ならワークポートを使った方が求人数は圧倒的に多いでしょう。

DODAやリクルートエージェントなどにもIT系の仕事はありますが、餅は餅屋ということわざがあるように、専門的な知識をもったエージェントならよりよいアトバイスが聞けることでしょう。

それにIT系は残業が多かったり、ブラックが多いと聞きますがそういった細かい所も担当者の人に聞けば評判などはすぐに分かるので、ある意味カンニングのような事が出来てしまいます。

  • IT系などネットを使った仕事がしたい
  • 前の仕事はIT系だった
  • 俺はもうIT系にしか興味がない
  • IT業界の裏知識を知りたい

という人はワークポートにいくのがおススメでしょう。ワークポートの公式サイトは下のリンクにあるので気になる人は行ってみて下さい。

↓↓↓↓↓↓

あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】

DYM就職

次にDYM就職というエージェントを紹介します。

このエージェントはちょっと変わっていて、対象者がフリーターやニートの人向けのエージェントなんです。

「俺はまだフリーターでもニートでもないよ」という人がいますが、このエージェントの良い所は学歴が関係なくなるということ。

本来なら学歴というのは重要になり、学歴だけで書類審査に落ちるくらい割と内定に左右していきます。

ですが、DYM就職は書類審査がなく一発で面接に行く事が出来るので、書類審査で落ちる事はないでしょう。

もちろん他の転職エージェントと同じように、面接の指導や履歴書のチェックもあるのでサポートは沢山あります。

  • 学歴に自信がない人
  • エリートばかり集まるところは無理
  • 書類審査なんて通る気がしない

という人にはおすすめが出来るでしょう。

ちなみにDYM就職はDODAやリクルートエージェントで就職が決まらない時に滑り止めとして使用する事も出来ます。

つまりDODAで何社も落ちて、働いていない期間が長くなったらDYM就職を使う。そんな風に使えるでしょう。

まあ、20代だったら転職エージェントを使えばそこまで酷い結果にならないと思いますが、念のため覚えておきましょう。

DYM就職が気になる人は下のリンクからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

あなたに合った企業への就職を徹底サポート【MeetsAgent】

まとめ

もし期待されて辞めたい。そう感じるなら転職サイトとエージェントにぜひ登録してみましょう。

「いつでも逃げれる」そう思えるだけで仕事って意外と楽になりますから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする