会社を辞めたい

過労死で死にたい気持ちが非常にわかる

 

私は時々過労死で死にたいと思っている。

 

私はもともと自殺願望があり、ネットでも常に「しにたい」とか「生きたくない」と検索してネガティブな事を考えています。

 

今回書くのは「死ぬのはやめよう」とネットでよくある文章じゃなく、ひたすら共感と私の思いを書いた記事です。

 

なので、救いを求めている人はまず期待しない方が良いですよ。

 

過労死で死にたいのはわかる

 

過労死で死にたい気持ちは凄く分かります。

 

時々生きていると無性に死にたくなる時があるし、働いていて「こんなこといつまでやるの?」とか「無残な老後を過ごすなら死にたい」と感じることがあります。

 

そう言った人は自殺も考えますが、自殺する勇気がないのでまず自殺する考えがありません。

 

私がそうですが、死にたいけど人の迷惑をかけたくないし死ぬ勇気ない臆病者です。

 

だから次の考えるのが過労死です。時々日本では過労死で亡くなった人のニュースがやっていますがそれをみるたびに「あんな風に死ねたなら」と非常に不謹慎な事を思っています。

 

ようは自然にそして早めに死ねるのが一番良いんですよ。

 

人生で恥を書きたくないよね?

 

死にたいと思う人は、プライドが高かったり他人の評価を異常に気にする人が多いです。

 

特に仕事なんかはそうで、自分のやってる仕事内容や年収で他人と評価をする事がありそれが他人より低いと劣等感がたくさん生まれます。

 

ですが、死にたいと思う人は正社員で働く事が嫌いです。責任の重さや嫌な人間関係に耐えられなくて今すぐにでも辞めたいと思っています。

 

正社員で働くのが嫌ならバイトや派遣という選択肢も考えられますが、死にたいと思う人は劣等感が強いのでバイトや派遣で働いて劣等感を味わうくらいなら過労死でサッサと死にたいと思ってしまいます。

 

ちなみに私がそうです。私はとにかく生き恥をさらして生きるなら死にたいと感じる人なので、下手に働くならサッサと逝ってしまいたいです。

 

この先暗い未来を歩くのは嫌だよね?

 

いま日本では非常に未来が暗いです。

 

年金はない、人口は減る、世界的にみても日本は確実に退化しているのが分かります。

 

特に年金がないというのは非常に辛い現実です。

 

年金と言っても、20代や30代の人はまだまだ先になりますが、今の状態で貯金が全然たまらないし会社も不景気なので給料が全く上がらない事は分かっています。

 

そして将来的に貯金も年金もなく、お金がない老人生活を送るくらいならサッサと死んでしまいたいと思っています。

 

認知症になったり、歩けなくなって病院生活を送るくらいなら動ける間に死んでしまいたい。それが私の考えです。

 

正社員で働くのは嫌だよね?

 

正社員で働くと言うのは日本の常識ですが、その正社員が嫌でたまりません。

 

責任が重い

人間関係が嫌

残業が多い

給料は安い

と正社員になっても何も良いことがありません。

 

あるのは無駄に高い責任と無駄に多い残業だけ。

 

本当はバイトや派遣で働きたいけど、先ほども言ったように正社員じゃないと劣等感が強くなります。つまり周りの目をみて生きている人間にとって何もかも嫌だけどプライドがあるから正社員で働く以外の選択肢がないと言う訳です。

 

ですが、正社員で働くことは望んでいません。そもそも正社員で働く意味も分からない事が多いでしょう。

 

働く意味もよく分からないよね?

 

働いてはいるけど、むしろ働く意味が分からないと考えています。

 

毎日仕事をして、趣味もなくただ食べるためだけに生きている。

 

毎日楽しくないと思いながら生きていると働く意味が分からなくなります。

 

そもそもなぜ、真面目に働かないといけないのか?なぜ周りと競争をしてまで働かないといけないのか?

 

そもそもここまで資源が豊富なのになぜ必死になって働かないと食べていけないのか?

 

色々考えてしまい、最終的には働きたくないと思ってしまいます。

 

生きる意味がよく分からないよね?

 

究極的に言うと、生きる意味さえよく分からなくなってしまいます。

 

先ほど言ったように、趣味もない働く意味も分からない、でも将来だけは不安となったらもう生きてる意味が分かりません。

 

そもそも人間はなぜ生きるのか?なんでこんな嫌な思いをしてまで生きないといけないのか?

 

などなど色々考えてしまい、生きる気力を失っていくでしょう。

 

そもそも人間の寿命は長すぎるとも考えているでしょう。

 

人間の平均寿命は男女とも80歳を超えています。

 

20歳だとしたらあと60年は生きないといけないのは非常に辛い真実です。

 

テレビの長寿の秘訣と言う番組やネットの長生きする方法という記事をみるたびに嫌になってくる。

 

それくらい長生きする理由が分からないし、生きる理由もよく分かりません。

 

生きろなんて言わない

 

よく、生きていれば希望はあるとか人生が変わったよなんて言う記事もありますが、私は全くそんな事を言いません。

 

私はそう言った記事をみるとちょっとイラッと来ることもあるため、私自身特に生きろなんて言わないです。