2年目に転職する人が絶対に失敗しない様にするための簡単な対策方法

2年目に転職する人が絶対に失敗しない様にするための簡単な対策方法

最近は転職をする事が当たり前になってきて、2年目で辞めることが普通になってきています。

私は仕事が辛いなら辞めても良いと考える人なので、今の転職が当たり前の世の中がかなり好きです。

ですが、転職をするのは良いですがどうしても失敗する人と成功する人に分かれてしまうでしょう。

そこで今回は、2年目で転職をして成功する人、失敗する人、そして転職の成功率を上げるにはどうしたらいいのか?を書いていきます。

失敗するパターン

では最初に転職に失敗する事が多い人を紹介していきます。

何となくで辞める

恐らく20代の人なら、何となく嫌だから辞めると言う事が多いでしょう。

20代の人はまだ自分がどんな仕事が自分に向いているのか?を特に探す時期なので何となくで辞めるのは仕方がない事だと言えるでしょう。

ですが、何となくで辞める人は失敗する事が非常に多いです。

やはり何となく辞めているので、次の自分のやりたい仕事やもうやりたくない仕事などが全くわかっていません。

そのせいで、転職の時も何となくやる気が出ませんし面接でもそのやる気のなさが出てしまうため失敗する事が多いでしょう。

だから転職先が決まってもすぐに辞める。または面接でそもそも内定が貰えないなんて事がありますよ。

前の会社の愚痴しか言わない

失敗する人はとにかく会社の愚痴が多いです。確かに会社の愚痴が多くなる気持ちは分かりますが、日常的に会社の悪口を言うと面接でもつい出てしまいます。

基本的に面接官は、前の会社の悪口を言うとポイントを下げます。どれだけブラック企業でも基本的に悪口を言う人を面接官は良く思わないので、それだけでライバルと差がついてしまいます。

確かに、会社の愚痴を言いたくなる気持ちは分かりますが、そこを抑えないと内定が貰えませんし、仮に転職が出来てもまた悪口を言いまくって辞める未来がみえますよ。

自分の性格を分かっていない

20代の人は、まだ自分がどんな仕事が向いているのか?と言う事が分からない人が多いです。

確かに働き始めてからは、どんな仕事が良いのかなんて分かるはずがないでしょう。ですがあまりにも自分の性格が分かっていないと転職で失敗するでしょう。

たとえば、喋る事が苦手なのに営業の仕事をしたらそれは続くはずがありません。

残業が嫌いなのに介護や工場に就職したらそれも続くはずがありません。

「喋る事が苦手なのに営業をやる人はいるの?」と思いますが実は結構いますよ。

たとえば大学の時の就職活動で、何となく沢山履歴書を送って面接を受けて、何となく受かった所が営業の仕事で喋るのが得意じゃないのに営業をやると言う事が。

何となくやって、それが天職になる事もありますが明らかに自分の性格と合っていないと、仕事が出来るはずがありません。

この様に、多少は自分の性格を分かったうえで仕事を探さないと失敗のもとになりますよ。

嘘をつけない

嘘をつくと言う事は悪い事と思うかもしれません。ですが面接の時は嘘を上手くついて自分をアピールしないといけないでしょう。

たとえば、20代の人は「志望動機なんて、給料が良かったからだけだよ。ほかに言う事があるのか?」と言う風に志望動機を言う理由について、考えることがありますが、ここは綺麗に嘘をつくところです。

そもそも面接は自分をアピールする場所で、自分の考えを伝える場所ではありません。

確かに、嘘100%で固められた志望動機を言うのは気持ち悪いかもしれませんが、ここで綺麗に嘘を付ける人が転職に成功しやすい人ですよ。

1人で転職をする

転職は基本的に1人でやるものですが、完全に1人でやると失敗しやすいです。

たとえば、友人や家族の客観的な意見を取り入れるのも1つの方法ですし、転職エージェントなどを使って支援してもらう方法もあります。

結局1人で悩むと、上手くいかない事が多いため1人ではなく他人の力を借りる事も転職には必要なことになります。

1つの方法しか使わない

転職に失敗しやすい人は1つの方法しか使わない事が多いです。

たとえばハローワークしか知らないから、ハローワークだけとかそう言った事です。

転職方法を1つに縛ると、そもそも求人数が限られたり、視野が狭くって自分で可能性をなくすことがあります。

  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • ハローワーク

などの3つは最低でも使っておきたいですし、友人の紹介、親の紹介などを使えれば絶対に使った方が良いでしょう。

とにかく、方法にこだわる人は転職に失敗する確率が高いですよ。

関連記事:ハローワークが混んでる?だったら転職エージェントを使った方が良いよ

1つの職種にこだわる

失敗する人は未経験の仕事を怖がることが多いです。

確かに未経験の仕事は、怖いですがそれでも1つの職種にこだわりすぎるのはよくないです。

たとえば、1つの職種にこだわると求人数が圧倒的に少なくなっていきます。事務職なんかは人気が高い仕事なので、そもそも辞める人がいなくて求人がなかったり、仮に求人が出ても1人の応募人数に対して5人も受けにくるなど、ライバルが多すぎて内定が貰えない事があるでしょう。

この様に職種によっては、内定が貰いにくいものも当然あります。そこで未経験の仕事も考えることによって、転職を成功できる確率が上がると言う事です。

成功するパターン

では次に転職に成功しやすい人の特徴を書いていきましょう。

どんな仕事でもやれる人

先ほども書きましたが、未経験の仕事でもやってみる意欲がある人は成功しやすいです。

いまは転職をする事が当たり前で、転職はやりやすいと言っても同じ職種にこだわっていると転職が難しくなる場合があります。

だからこそ、どんな仕事でもやれる人というのは、非常に成功しやすいでしょう。

ちゃんとした目的がある人

明確に自分の目的がある人は、非常に転職が成功しやすいです。

たとえば将来的にイラストレーターで独立したいから、デザイナー関係の仕事で働きたい。こんな感じで自分の目的があるとやる気もあるので、面接で内定を貰いやすいです。

ちゃんとした目的と書きましたが自分の一番大きな希望さえあれば大丈夫です。

たとえば「残業がない所で働きたい」とか「休日が多い仕事をしたい」というのも立派な目的なので、これでも十分成功できます。

残業を減らしたいと思う人

残業が少ない所で働きたいという願いの人でも十分成功できます。

日本では残業があたりまえなので、残業を減らすのは無理かと思いますが、残業がない会社なんて沢山あります。

むしろ、日本人でも残業が大嫌いという人は沢山いるので、実は残業を減らすくらいだったら簡単です。

ですが、職種によっては転職しても難しい場合があります。

たとえば製造業や介護職なんかは残業が多い仕事で有名で、実際私も製造業で働いたから分かります。どの会社も残業が当たり前、そして会社の飲み会で違う工場の人と話すときがありましたが、その人たちも残業が当たり前と語っていました。

なので、製造業で残業なしと言うのは中々難しいです。

ですが、どんな仕事でもやるから残業だけはしたくないと思う人なら、転職する時に製造業を避けて仕事を選ぶので残業がない仕事に転職するという希望は達成できます。

関連記事:製造業にうつ病の人が多いと聞く驚きの理由は?

やりたいことを求めない人

20代の人は、「やりたいこと」とか「好きな事」を仕事に求めていますがあまり求めない方が成功できますよ。

というのも、20代の人はまだまだ仕事の経験が短いのでやりたいことが全く分からないです。

私の持論ですが、やりたいことは色んな仕事を経験して初めて出来るものです。

たとえば、本当はデザイナーの仕事がやりたかったけど、内定を貰った会社が家電を売る会社だった。最初は嫌々家電を売っていたけど、やっていくと段々お客様に商品を買って貰う楽しさが分かってきて、そのままそれが天職になる。

こういった、予想外のものがやりたい仕事になるというのはよくある事です。

私なんて、最初は「工場の仕事って単純作業で楽そうだな」と思って工場に入社して、仕事内容、人間関係、残業時間などに疲れて辞める。

そして、家で出来る仕事が良いと思って現在こうやって、サイトを作成して多少のお金を貰っています。

まさかパソコンが苦手だった私がサイトを作るなんて予想外でしたよ。

この様に、自分がやりたいことはいろんな経験があってから出来るものです。

なので20代の時は仕事にやりがいなんて求めないで、とりあえず就職したところで働いてみましょう。そうするとその仕事が楽しくなることがありますから。

成功率を上げるには?

では転職の成功率を上げるにはどうしたらいいのか?今回はそれも書いていきましょう。

転職方法にこだわらない

何度でも言いますが、転職方法にこだわらないで下さい。

  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • 人脈を使って紹介して貰う

などなど、使えることは沢山使ってみましょう。

ハローワークだってネットでは散々叩かれていますし、私も苦手ですがそれでも無料でそして気軽に使えるのがハローワークなので、とりあえず転職の時に使ってみるのもいい方法です。

転職サイトやエージェントだって、ネットでは叩かれることが多いですがハローワークよりかは、ホワイト企業が多いのでおすすめは出来ます。

特に20代なら転職エージェントがおすすめで、気になる人は下の記事におすすめの転職エージェントをまとめてみたので、それをぜひ使ってください

↓↓↓

20代におすすめの使いやすい転職エージェントまとめ

異業種にチャレンジする

これも書きましたが、1つの職種にこだわらず、未経験の職種にチャレンジする事も考えてみましょう。

未経験の仕事は確かに恐ろしさの方が高いですが、それでも転職を成功させるためなら未経験でも挑んでみるべきです。

それに、先ほど言ったようにやりたい仕事を見つけるチャンスでもありますよ。

プライドを捨てる

転職で成功するためには、プライドを捨てることも大事です。

会社の志望動機が意味不明と言うのも良いですが、それでもプライドを捨てて企業が喜ぶような志望動機を言う事も大事です。

嘘はつきたくないと思いますが、面接は結局上手く自分を売り込んだ人の勝ちなので、ここは嘘を綺麗について面接官を喜ばれる事が大事です。

この様にプライドをまず捨てて、確実に良い会社の内定を勝ち取る事から始めてみましょう。

まとめ

今回の伝えたい事をまとめると

  • 転職で失敗するのは1つの方法にこだわる人
  • 転職で失敗するのは1つの職種にこだわる人
  • 転職で失敗するのは嘘がつけない人

この3つが特に大事なので、覚えて下さい。

転職で失敗しないためにも、転職エージェントなどを積極的に使い担当者の人にアトバイスを貰って確実に転職を勝ち取って下さい。

もし転職エージェントが分からない人は、下におススメの転職エージェントをまとめるのでそれを参考にしてみて下さい。

↓↓↓

20代におすすめの使いやすい転職エージェントまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする