会社を辞めたい

仕事を3年目で辞めるぞと思った時にやるべき5つの転職方法

 

もう3年も同じ会社で働いているけど、そろそろ辞めたいと思いませんか?

 

よく3年働けと聞きますけど、あなたは今その3年目にいます。だけど3年も続けたからもっと頑張ろうとか、「3年も続けたから今のままの方がいいのでは?」など色々と考えてしまうでしょう。

 

ですが、3年も仕事を続けて辞めたかったら辞めても良いんです。

 

今回は仕事を3年で辞めたいと思う人のための、転職方法、心構えなどを書いていきましょう。

 

仕事を3年でやめても良い理由

 

仕事を3年で辞めても良い理由は何か?まずは理由を書いていきます。

 

履歴書にはプラスの評価になる

 

仕事は3年続けろという言葉があるように、3年も続けたら履歴書ではプラスの評価になります。

 

3年も続けると企業は

 

  • 根性がある
  • 仕事が出来る人

 

などなど、基本的に高評価でこれだけでもライバルと差をつけることが出来るでしょう。そもそも今の時代3年も仕事を続ける人も中々いません。

 

多くの場合1年、2年くらいで辞める人が多いですし私の前の職場なんて入って半日で辞めた人もいたので、基本的に3年も続けるのは実は凄い事です。

 

なので、あなたはいつ辞めても転職の時にかなり有利になるので、仕事探しは楽になるでしょう。

 

転職する時に今の経験を生かせる

 

3年も続けると、経験が他の人より全然違います。

 

同じ仕事でも1年より2年、2年より3年やった人の方が仕事が出来ますし、その業界の裏話なら知り尽くしていることでしょう。

 

私も自動車の部品工場に勤めていましたが、リコールの原因となった工場やどの部品がどこに使われるのか?とかは分かりますし、トヨタ自動車の下請けだったため、トヨタの裏事情なんかは結構知っています。

 

私は1年だけでしたが、これが3年となるともっと仕事が上手くなり、その職種ならではの知識があるので、企業側としては即戦力になるので欲しがります。

 

もちろん「今の職種はこりごりだからやりたくない」そう思う人もいますが経験があるというのは非常に大きな武器になるでしょう。

 

3年も働けば自分に合っているかが分かる

 

3年も働けば流石に自分に合っているかどうかが分かります。そもそも1年もやれば十分仕事が合っているか?などは分かるので、3年も働けば適正かどうかはすぐわかるでしょう。

 

だから3年働いた経験を生かして、違う職種にするのか?仕事自体は好きだけど会社が嫌いと言うなら、同じ職種で転職をするのかが選べますね。

 

会社の将来が見えてくる

 

3年も同じ場所にいると、経営者じゃないけど会社がどれくらい儲かっているのかが分かります。

 

意外と会社の儲かり具合って広まっている事が多く、休憩中に聞こえたり情報通のおばさんが教えてくれるので会社の経営は丸わかりだったします。

 

情報を知らなくても、給料の額で何となく会社の状態も分かってしまうため、今の会社にいるべきかどうか?などは何となくですが、分かるはずです。

 

違う仕事も経験できる

 

3年間働いたおかげで、次の仕事選びは非常に楽です。基本的に会社は長く働いた人を評価するため3年という期間は非常にプラス評価になりますね。

 

その3年を使って違う仕事を経験してみるのもありでしょう。

 

転職が非常にしやすいので、実は選択肢が沢山ありますよ。

 

3年で辞めて良い人は?

 

辞めてもいいよと言っても、実際個人によって状況が違うでしょう。

 

それこそホワイト企業にいるけど辞めたいというひとや、人間関係は良いけど辞めたいという人など色々います。

 

では3年で辞めても良い場合についても書いていきます。

 

精神が崩壊するほどのブラック企業にいる人

 

これは即やめた方が良いです。ブラック企業で精神が崩壊してうつ病になったという話は日本では普通にある話です。

 

しかし真面目な人は、精神が崩壊しても3年働けという言葉を信じて限界まで仕事をやります。

 

そのせいで、毎日死にたいと思ったり自殺についてネットで調べたりと確実に精神が壊れてしまうことがよくある事です。

 

  • 残業が長い
  • 上司がパワハラをする
  • 給料があまりにも安い

 

などなど、精神が崩壊する点があるならすぐに辞めた方が良いでしょう。

 

関連記事:歴然の差!ホワイト企業とブラック企業の圧倒的違い

 

朝起きると吐き気がある人

 

朝起きて会社に行こうとすると吐き気がありませんか?

 

私も経験がありますが、朝起きて会社に行く時間が近づくと吐き気があります。しかもその吐き気は食べたものを戻すのではなく、ただ吐き気があるだけ。

 

そしてその吐き気はお昼ごろには治っていて、昼ご飯を普通に食べられるという謎の吐き気の症状です。

 

こういった症状がある場合は、すぐに辞めた方が良いですよ。

 

簡単に言うとうつ病の可能性があります。人は精神的に限界がくると吐き気が出るというように体調に確実に変化が出ます。

 

人によっては上司が近くにいるとじんましんが出る人いるくらいなので、うつ病のサインと言うのは色々あります。

 

なので吐き気がある場合は、限界がきているのですぐに辞めた方が良いですよ。

 

関連記事:仕事が辛くて毎日泣く人が今すぐやりたい心が楽になる方法

 

人間関係があまりにも辛い人

 

人間関係の悩みは、どの時代も一番多いです。結局給料が安いより残業が多いより人間関係が悪いせいで辞める人が多いので、一番辛い状態でしょう。

 

  • 上司が怖い
  • 上司がいじめをする
  • 上司が生理的に無理

 

などなど、20代なら上司がほとんどの原因ですが、3年も頑張ったのでそろそろ嫌な上司と絵別れた方が良いですよ。

 

そもそも人間関係は、結局物理的に離れないと解決が出来ません。

 

部署移動をしたり、近づかない様にしたりできるだけ早く話を終わらせたりと、結局近づかないようにするしか対策方法がないです。

 

なので、いっそのこと嫌いな上司がいるなら仕事を辞めてしまった方が良いですよ。

 

関連記事:職場の人間関係が悪いなら辞めた方が良い

 

給料が全く上がっていない人

 

給料が全く上がらない。そう言う人も実は辞めた方が良い人なんです。

 

よく「給料が低くても働け」という人もいますが、それは綺麗ごとで給料が低いより高い方が良いに決まっています。

 

あなたは40代で手取りが16万円とかで我慢できますか?恐らくほとんどの人がイイエと答えるでしょう。

 

結局最終的には給料が高い方が、娯楽も楽しますし年金の心配もしなくていいです。

 

何だかんだ給料が高い方が絶対に、精神的にも豊かになるので給料が安すぎる。そう思ったら転職のチャンスです。

 

雇われるのに向いていないと思った人

 

自分はどうも会社員に向いていない。そう思う人がいますがこれも転職のチャンスでしょう。

 

会社員以外で働くと言う事は、フリーランスか経営者になる事が多いでしょう。

 

フリーランスは能力のある人なら、会社員より稼ぐ事も可能ですし家で仕事をする事も可能なので、人間関係の苦労はなくなります。

 

経営者の場合だって、最初は苦労しますがもしビジネスが軌道に乗れば、会社の人間関係に苦労しませんし、大金持ちになる事だって可能でしょう。

 

なので雇われるのに向いてない。そう感じた人は逆にお金持ちになれるチャンスでもありますよ。

 

仕事を3年で辞めたくなる理由

 

では次になぜ仕事を3年で辞めたくなるのか?という理由について書いていきます。

 

目標が高すぎる

 

会社によってはノルマがある会社も沢山あります。

 

それこそ、営業と言う仕事はノルマがあることが多いので、それがプレッシャーになって辞めたくなります。

 

競争心が高い人なら良いですが、のんびりと自分のペースで仕事をやりたいという人には、目標がある会社は辞めたくなります。

 

人間関係が嫌

 

多くの人の悩みですが、人間関係が嫌ということが多いです。

 

  • 上司が嫌い
  • 上司が嫌がらせをする
  • 上司が正当な評価をしてくれない
  • 上司が働かない

 

などなど嫌な事を上げたらきりがありません。

 

結局何だかんだ言って人間関係で仕事が長く続く事が多いです、逆に人間関係が悩みで3年も働く精神があればどの会社でも働くことが出来ますよ。

 

残業が多い

 

残業が多いと感じると、人間は精神的に辛くなるでしょう。

 

  • 家に帰って寝るだけの生活
  • 休日も出勤
  • 仕事が頭の中から離れない

 

という仕事漬けの毎日に嫌気がさしている人が沢山いるでしょう。

 

3年も同じ会社にいると、自分の会社の残業時間が異常と言う事にも気づき余計に辞めたくなります。

 

仕事が合わないと思う

 

そもそも仕事自体が合っていないのでは?と感じる人もいます。

 

やはり3年も働くと、

 

  • この仕事は根本的に嫌い
  • この仕事は好きだから一生やりたい

 

と分かれる人がいますが、このページを見てる人は嫌いな人でしょう。

 

「仕事が合わないという理由だけで辞めても良いのか?」という意見もありますが、個人的には辞めた方が良い仕事が出来ますよ。

 

たとえば私は、1人でコツコツやる仕事が好きなのでこうやって家で記事を書く事が好きですし、得意です。

 

ですが、営業や接客業など人と話す仕事は根本的に苦手意識があるため、3年やっても大してうまくなりません。

 

この様に、人間向き不向きが絶対にあるので、ここまで続けた合わないと感じるならその仕事は合っていません。

 

辞めたいと思った人の転職方法

 

では次に、仕事を辞めたいと思う人の為にぜひ使ってほしい転職方法を書いていきます。

 

ハローワーク

 

ハローワークは鉄板の転職方法なので、あなたも知っているかもしれません。

 

全国どこの求人でもあり、その数も圧倒的でまさに転職と言えばハローワークとなるでしょう。

 

しかしハローワークは無料で掲載できるせいで、お金が無いブラック企業が集まりがちです。

 

ネットではハローワークがボロクソに叩けれていますが、私も実際に使ってみて本当にブラック企業っぽい所ばかりだったので驚きました。

 

  • 月に90時間残業がある会社
  • 仕事内容の所に「誰でもできる簡単作業」しか書いていない会社
  • 仕事内容に「アットホームな職場です」としか書いていない会社
  • 正社員なのに月給で書いていなくて時給900円と書いてある会社

 

 

などなど、書いていたらきりがないですが求人だけでも何となくブラック臭がする会社は沢山ありました。

 

ですが、手軽さでいえば最強なので転職をするとなったらまずは使ってみるのが良いでしょう。

 

関連記事:ハローワークが役にたたなくてブラック企業が多い驚くべき理由

 

タウンワーク

 

意外と書かれていないのが、タウンワークによる求人です。

 

タウンワークはバイトの掲載のイメージがありますが、正社員の求人も少ないですが載っています。

 

タウンワークはコンビニや駅などで無料で貰えるので、余裕があったら貰ってきて良い求人に巡り合えたら、そこに応募しましょう。

 

外にある広告

 

外とはそのままで、道路とかによくある「○○まで3㎞」と書いてある看板広告の事です。

 

看板にも一応、求人の募集をしてるところがあるので外に出て近所を観てみるのも良いですよ。

 

店の張り紙

 

時々ですが、店をみると正社員を募集してる所もあります。

 

張り紙を貼るくらいなので、かなり緊急性があり今すぐ従業員が欲しいという状態なのでしょう。

 

転職エージェント

 

20代の人なら、転職エージェントと言うサービスを使った方が、ホワイト企業に就職できますよ。

 

転職エージェントを簡単に説明すると、転職活動を全力で支援してくれるサービスです。たとえば

 

  • 求人の紹介
  • 面接の練習
  • 履歴書の訂正
  • 給料の確認
  • 残業の確認

 

 

などなど、1人では絶対に出来ないことをやってくれるのが転職エージェントの魅力と言えるでしょう。

 

面接なんて1人で練習しても正解が分からないため効率的な練習ができません。履歴書だってネットで調べた例文を書き写しただけという状態もよくあります。

 

ですが、転職エージェントならプロの人が相談にものってくれますし、企業ごとに面接でよく来る質問を教えてくれますよ。

 

もし転職エージェントに興味があるなら、リクルートエージェントを使ってみるのが良いでしょう。

 

リクルートエージェントは国内でも大手サイトで

 

  • 求人数
  • 職種数
  • 安心性
  • 信頼性

 

などがダントツで上なので、使いやすいですよ。

↓↓↓

リクルートエージェントの公式サイトはこちらから
ですが、もし他の転職エージェントが気になるなら下の記事にある転職エージェントのおすすめと言う記事をぜひご覧ください。

↓↓↓

20代におすすめの使いやすい転職エージェントまとめ

 

最後は自分の意志で転職を決めよう

 

色んな人に意見を聞いたり、こうやってネットで調べても結局最後は自分の意志で転職を決めないといけません。

 

転職をしたくても、あなたが動かないと何も始まりません。まずは1歩でも動いてみてはどうですか?

 

ハローワークに行ってみるのも良いですし、転職エージェントに無料登録をして相談だけしてみるのも良いでしょう。

 

とりあえず1歩だけ動くと世界が変わりますよ。