仕事を辞めるのは逃げではなく、自殺しない為に必要なこと

仕事を辞めるのは逃げではなく、自殺しない為に必要なこと

仕事を辞めるのは逃げることなのか?という社会人の悩みがありますが、仕事で逃げるのは決して逃げる事ではありません。

むしろ逃げる方が、将来のために確実にプラスになる事は確実でしょう。

ですが、あなたは悩んでいる。なぜなら仕事を辞めたら家族や上司が「甘えるな!」と叱ってくるかもしれないから。

逃げるのは悪い事ではない

まず、もう1度言いますが仕事から逃げるのは決して悪い事ではありません。

確かに日本人は仕事は3年続けろという考えを持っていますが、別にそれが正解という訳ではありません。

たとえば毎日深夜まで残業、暴言、暴力をする上司がいる、サービス残業だから給料が安いというブラック企業に3年もいたら精神が崩壊するでしょう。

だから3年続けろは全員に通じる話ではありません。むしろ人によってストレス耐性がまるで違うので色んな場合があります。

残業は出来るけど人間関係のストレスに耐えられない人もいれば、人間関係のストレスは我慢できるけど残業が無理と言う人もいます。

なのであなたがキツイと感じるならサッサと辞めた方が、楽しく仕事は出来るでしょう。

嫌いな仕事はほとんどの場合嫌いなまま

よく嫌いな仕事でも我慢しろとも言われますが、一度嫌いになった仕事はほとんどの場合好きになる事はありません。

嫌いな仕事でも自分が好きになる様に努力すれば好きになるよとは確かに聞きますが、その好きになる方法が分からない。

そして工夫をしても全く楽しく感じない人もいるので、嫌いな仕事はそのまま嫌いになる以外ありません。

そもそも会話が苦手な人に営業をやらせても、成果が上がるはずがないでしょう。

それは時間が経てば多少は成長しますが、人と話すのが大好きという人と、人と話すのが大嫌いという人だと成長率なんて天と地ほどあるでしょう。

なので無理をして嫌いな仕事をやる必要はないでしょう。そのまま嫌いな仕事をしても結局あなたが仕事を嫌いなままだと結局辞める事になるので。

3年続けろはもう古い

最初の方に言いましたが、3年続けろなんてもう古いです。

そもそも今の日本では3年続けた所で何も良い事がありません。昔のバブル世代くらいの頃はどんな会社でもお金があり、長く働けば給料は確実に上がったので3年は仕事を続けた方がよかったでしょう。

しかし、いまは不況の時代です。不況はいつまで経っても終わる事は無く日本の経済はずっとお金がないまま時代が進んでいます。

給料は上がらない、ボーナスも出ない、だけど仕事だけは多い。そうなったら3年も続けて何も良い事がないでしょう。

会社が急成長中で、続けたら確実に給料が上がると言うなら話は別ですが、恐らくほとんどの会社の場合たいして成長もないので、やはり長く続けても無意味でしょう。

むしろブラック企業に長く働いたせいで、深夜まで残業をするのが当たり前になったりサービス残業があるのが当たり前になったりと常識がおかしくなる事の方が怖いです。

仕事なんて山ほどあるよ

不況だから仕事がないと思っている人が多いですが、日本では仕事が山ほどありますよ。

確かに不況と聞くと人を雇う余裕がない会社が沢山ある。と思いがちですが人手不足の会社なんて探せば恐ろしいくらい沢山あります。

たとえば代表的な職種を言うと

  • 製造業
  • 介護職
  • 運送業
  • IT企業

なんかは人手が全く足りていないですね。製造業、つまり工場なんて1年中人が足りない場所は沢山ありますし、介護職なんて全国の施設が人手不足です。

運送業なんて若い人が入ってこなくてヤバいという状況にもなっているので、どこの業界も人が足りなさすぎて困っている状況です。

不況といっても日本経済が崩壊するレベルでもないため、探せば募集してある会社は沢山あって求人には困らないでしょう。

とは言っても今紹介した仕事がブラック企業が多くて、人が辞めやすい仕事なんですけどね。

どこにいっても同じなわけがない

どこにいっても変わらないともよく聞きますが、どこにいっても同じなはずがありません。

転職したら人間関係、仕事内容、残業時間、給料それは全てが変わりますよ。

当たり前ですが、どんな会社にも個性がありその個性は全て違うと言っても良いです。

たとえば同じIT企業でも残業が全くない所と、残業が深夜まで当たり前という所2つの違いもあります。

人間関係だって、暴言を吐きまくる上司がいる会社と、温厚な人が多い会社というのもあります。同じIT企業でも1つ移動するだけでここまで違う事はよくある事です。

なので何も変わらないなんてありえないことです。

逃げたら新しい道が出来るだけ

逃げるのを恐れる人は沢山います。

確かに転職は怖いです。それこそ内定が貰えるか不安と思ってる人は沢山いるでしょう。

しかし、逃げて失敗しても終わりではありません。ただ単純に逃げても新しい道が出来てそれに向かって進むだけなんです。

もしかしたら転職に成功するかもしれません。もしかしたら天職に巡り合えるかもしれません。

逆に転職に失敗するかもしれません。しかし転職に失敗してもまた新しい道を作れば良いだけです。

たとえば内定が貰えないならとりあえず短期のバイトでも良いから入って、その間に転職をするとか。田舎の方に住んでいる場合はそもそも正社員の求人がない場合もあるので、派遣社員になるとか。

そういった道は沢山出来るはずです。確かに転職は失敗する事もあります。しかし失敗してももう1度やり直せば良いだけの話。

もう1度言いますが、転職先は沢山あります。世の中の会社は全体的に人手不足です。

逃げて成功する人もいる

転職に失敗すると話しましたが、もちろん成功する人もいます。むしろ成功する人の方が多いです。

人間関係で悩んでいるなら転職して優しい人たちに囲まれた職場に就く事も可能です。

残業で悩んでいるなら毎日定時で働ける転職も可能です。

仕事内容がつまらないと思っているなら転職して面白い会社に行く事も可能でしょう。

そして時々いますが、「もう会社で働きたくない」と思って自分で会社を作る人やネットビジネスなどで稼ぐ人だっています。

あまりにも人と会話するのが嫌で、投資の勉強をして大儲けした人だって沢山います。

この様に逃げたお陰で成功する人は山ほどいます。むしろ逃げたお陰でお金持ちになったり、有名な人になったり思い通りの仕事が出来るようになるのがほとんどです。

なので逃げる事はむしろ成功するための1歩を作る事が出来ます。

あなたは視野が狭くなっている

あなたはいま視野が狭くなっています。

仕事を辞めたいけど、転職して失敗する人が沢山いる、俺も転職に失敗したらどうしよう?

こんな風に思っていませんか?確かに転職に失敗して後悔する人もいます。ですが転職をしなかったせいでうつ病になって働けない人だっています。

そもそも転職に失敗すると思っている人は、働くと言うことに関して視野が狭すぎます。

先ほども言いましたが、正社員だけが働くことではありません。

世間では負け組のような扱いになっていますが、派遣社員だって立派な仕事です。フリーターだって立派に働いています。

そして働くのが嫌なら自分で会社を作るか、ネットビジネスを勉強すれば良いです。

そもそも極端な事を言うと日本では働ければそれで餓死する事はありません。

たとえばコンビニでバイトをするだけで、衣食住が揃った立派な生活が出来ます。しかも店舗によっては期限が切れた弁当やおにぎりを貰う事も可能です。

なのでコンビニで働けばとりあず衣食住には全く困らないでしょう。

もちろん、「やっぱり将来の事を考えないと」と思っている人は正社員になっても良いです。

しかし正社員になる場合も中々内定が決まらなくて焦る事があるでしょう。そう言う時に一度短期のバイトに入るか、内定が決まるまでの間だけ飲食店でバイトをすれば生活費がなくなることなく就職活動が出来ます。

多くの人は

正社員を辞める

転職活動をする

中々内定が決まらない

どこでも良いから入りたい

結果前よりブラック企業に就職

これが転職でよくある失敗のパターンです。

なぜか皆なにがなんでも正社員になろうとしますが、それでブラック企業に入ったら意味がないでしょう。

そうではなく、確実に良い会社に入るために貯金をするなり一度フリーターをしながら正社員になった方が転職は成功します。

劇的に人生が変わる事はないけれど

よく転職したら劇的に人生が変わったなんて言いますが、そこまで人生は変わることはないです。

そんなテレビとかでよくみる、どん底から這い上がった人みたいには中々上手くいきません。

さっきは成功する人がいるみたいに言いましたが、あれは本気で頑張って努力した人が成功します。

そこまで上手くいきませんが、ちょっとくらいなら良い方向に人生は変わってきますよ。

夢を壊して申し訳ないですが、転職しても劇的には変わりません。

ですが、確実に何かが変わります。

一番やばいのは転職という言葉が消えた人

多くの人は転職するのが駄目と言いますが、一番やばいのは転職という文字が頭から消えて人です。

簡単に言うと「自殺」をした人たちです。テレビで時々やりますが残業が多すぎて疲れて自殺した人や、上司のパワハラが嫌になって自殺した人の報道が定期的にやる事があります。

そしてニュースのコメントで多いのが「なんで辞めなかったの?」というコメントの数々。これは自殺した人の友人やテレビのコメンテーターが良く言います。

自殺した人が辞めなかった理由は簡単です「逃げ道がなくなったから」です。

私も経験がありますが、仕事で極限まで精神的に疲れていると、思考能力が圧倒的に落ちていきます。

私の初期症状はまず軽く「死にたい」と思う事。特に日曜日と月曜日の死にたい率は凄いですよ。

この軽く死にたいと思う時に「会社を辞めたい」と感じる事があり、その時にネットで「会社 辞めたい」と検索します。

しかし検索して出てくるのが「もう少し耐えた方がいい」とか「早く辞めると転職が出来なくなる」とか「転職回数が多いと内定は貰えない」とか割とネガティブな事が書いてあります。

とくにヤフー知恵袋は酷いですね。「甘えるな」とか「社会人失格」とか仕事を辞めたいと相談しただけなのに叩かれる始末(笑)

こうやってネットで検索して「やっぱり会社は辞めない方が良いのか?」と感じるようになります。

そして次の症状が軽い吐き気があります。これは朝起きると嘔吐はしないですが吐き気があって気持ち悪くなります。

そしてその吐き気が大体会社に行くと治るので「なんで吐き気があるんだろう?」と自分でも謎に思ってしまうでしょう。

そして軽い吐き気が2か月ほど続くと今度は「死ぬ場所を探します」読んだ人は「いきなり死ぬ場所を探すの!」と思いますが、あくまでこれは私の症状です。

ほら、よく「個人差があります」と薬とかに書いてありますがまさにそれです。

死ぬ場所を探している時は、会社の通勤中に「あの高さから落ちたら死ぬのかな?」と思ったり「交通事故で死なないかな?」と思ったり「震災で偶然死なないかな?」と思ったり常に死ぬことを考えます。

そして私の場合は休日に都市部の方にいって「あのビルから落ちたら死ねるのかな?」と簡単に死ねる場所を探してさまよっています。もうここまでくると確実にうつ病と診断されてもおかしくはないでしょう。

ちなみにここまでくると「転職」という言葉はとっくになくなっている。いやなくなっているというより「生きる気力をなくしている」というのが正しいです。

私の場合はこうやって記事を書いているので、生きていますがそのまま自殺する人は自殺する日程を考えて、自殺の方法を考えてそのまま実行するでしょう。

私はギリギリで生存本能が勝ったせいか、会社をずる休みしてそのまま辞めましたが自殺する人はそのまま死ぬのでしょう。

この様になんで辞めないの?それは転職という言葉が消えて、生きる気力を失う。

そもそも生きる気力がないため、転職する元気もないというのが正しいです。

だから私みたいになる前に、絶対に転職をして下さい。転職をしないと私みたいに生きる気力を失ってある日とつぜん自殺する事は十分ありえます。

世の中は「辞めるのは甘え」なんて言いますが辞めないせいで死にます。甘えとか内定が貰えなくなるの前に死にます。

なので、これを読んでいる人もサッサと転職した方が良いですよ。

好きを仕事にするの勘違い

最後におまけの説明をしますが、最近の流行りは「好きを仕事にする」ということです。

ネットが普及したお陰で、今では自分が好きな事を発信すれば稼げる時代になってきました。ほらYouTubeで稼いでいる人たちが分かりやすい例ですよ。

確かに好きを仕事にするといくらでも頑張れますが、その前に最初から好きだった仕事なんてほとんどありません。

たとえばYouTubeで稼いでいる人だって、最初からYouTubeで動画投稿をするのが好きだった人はいないでしょう。

動画を投稿して10万円を稼ぎ始めて「あっ!この仕事好きにになったよ」となるのが普通です。

だから最初から好きを仕事にする。そんな風に思わない方が良いでしょう。

私の経験としては、「この仕事楽そう」とか「この仕事なら俺に合ってそう」とかよく分からないけどやってみる、そして仕事を舐めてかかった方が自分が好きになる仕事を見つけやすいです。

そして最初の方に言いましたが、「この仕事は嫌いだな」と思ったら逃げても良いんです。

しかし「この仕事なら出来る」と思ったらそのまま続けましょう。

そして続けていくと「これが俺の好きな仕事」と思えるようになっていきます。

ちなみにどんな仕事が俺に合っているのか分からないと言う人は。

20代におすすめの転職エージェントをまとめておいたのでぜひ見て下さい。

転職エージェントは転職のプロの人と1体1で相談できるサービスなので、「あなたがどんな仕事があっているか?」を相談する事が出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする