新卒が仕事を辞めたいと思う原因と今すぐやって欲しい対策

新卒が仕事を辞めたいと思う原因と今すぐやって欲しい対策

新卒だけど会社を辞めたい。

そう思っている人が沢山います。

新卒であるのが、楽しみにして入った会社がヤバすぎる所で辞めたくなると言う事です。

いきなり結論を言いますが、辞めたかったら辞めてしまいましょう。

私はとにかく辞めたい時に辞めるのが本当に一番良いと思っています。

私も仕事を辞めたい。だけど頑張らないとと思って一度精神が崩壊した事があります。

なので、辞めてしまいましょう。

そこで今回は新卒で仕事を辞めたい時の原因と対策について書いていきます。

人間関係が辛い

恐らく、あなたが思っているのは人間関係の悩みでしょう。

私も人間関係で悩んだことがありますし、ネットのアンケートで仕事を辞める原因として毎回1位にあるのが人間関係なので、大半の新卒の人も人間関係に悩んでいます。

  • 上司がうざい
  • 上司が理不尽
  • 上司が怖い
  • 社長がクソ

など言いたい事は山ほどありますが、これも全て人間関係が原因で辞めたくなるでしょう。

対策は?

とりあえず辞めてしまえ!と私は言いたいですが、「そんな簡単に辞められないよ!!」と怒ってくるでしょう。

そこでいくつか対策を教えていきます。

まず1つ目は出来るだけ近づかない事。最初に言いますが、苦手な上司を好きになろうしてはいけません。

よく「苦手な人でも近づいて仲良くなろう」という事がありますが、あれは無理です!ぶっちゃけ相性が悪い人はどれだけ時間が経っても相性が悪いままです。

しかも新卒の人は、まだ心が純粋な人が多いため、仲良くしたいと思っていますが今からやめた方が良いでしょう。

ちなみに近づかない方法は出来るだけ会話をしない仕事の報告はまとめてやる怒られた時は謝って出来るだけ説教の時間を短くするなどがあります。

2つ目は部署移動をお願いしてみる。

結局どれだけ工夫をしても、嫌いな人がいる事には変わりません。

結局嫌いな人と同じ仕事をしていると感じているだけで、気分が落ちてくるのでそうなった場合は何をしても対策ができないでしょう。

しかも症状が酷くなると、苦手な人が近くにいるだけでアレルギー症状みたいに体に赤いブツブツが浮き上がっている人もいます。

流石にアレルギーまでとはいかないでしょうけど、結局嫌な人と物理的に距離を置かないとダメな場合があるでしょう。

「部署移動は言いにくい」画面の前のあなたはそう思いませんでしたか?確かに言いにくいのは分かります。

ですが、すでに「辞めたい」と思っている時点であなたの限界は近いはずです。本当は転職する事をおすすめしますが、したくないと思っているならせめて部署移動だけでもしてみて下さい。

残業が辛い

新卒になると思っていた以上に残業の多さが辛くなっていきます。

たとえば大学の時は「残業なんて楽勝でしょう」と思っていたけど、いざやってみると「ヤバい、残業辛い」となっていきます。

ですが、残業が辛いと思うのは当たり前です。大学の時は専門の学校じゃないかぎり授業はかなりゆるいです。

学校にもよりますが、最低限の授業だけ出てテストで結果を出せばあとは遊んで暮らせます。

日本の大学は入るのは難関出るのは楽と時々言われていますが、まさにその通りで大学生はかなり時間の自由が多いです。

そのせいで会社員になって自由の時間が無くなり、ずっと仕事をしているとそれは辛くなっていくでしょう。

対策は?

残業時間によりますが、まず月に100時間残業をしているのは確実に辞めた方が良いでしょう。

日本ではなぜか月に100時間の残業が普通だよと言う考えが沢山あり。「残業は200時間を超えてからが本番」と訳が分からないことを言い出す人もいる始末です。

とはいっても実際の会社は月に100時間の残業はあまりなく、実際一番多いのは月に40時間、50時間という中途半端な残業時間が一番困るでしょう。

ネットで月に40時間と言われると「まだましな方だから続けろ」なんていわれる事は日常茶飯事で、「俺はまだましかな?」と思ってしまう事があるでしょう。

ですが、残業時間が短くても辞めてしまう方が良いです。

ぶっちゃけ残業時間に耐えれるか?耐えらないか?はその人によります。たとえば100時間残業しても平気な人がいるように、30時間の残業も無理な人がいます。

結局個人によって耐性はまるで違うので、「俺はこの残業は無理」と思ったら辞めても問題ないでしょう。

休日がなくて辞めたい

残業はないけど今度は休日がなくて辞めたいと言う人がいます。

たとえば毎日定時で帰れるけど、土曜日出勤が毎回あり祝日、年末年始、などの長期休暇は一切なし。

それで年間の休日が90日くらいしかない。

そしてこれも悩みどころで「定時で帰れるけど休日がない。これって辞めて良いの?」と悩んでしまう事が多いでしょう。

対策は?

いきなり言いますが、辞めましょう。

世の中には定時で帰れて休日が沢山ある仕事は山の様にあります。

おそらく「俺はまだ定時で帰れるから恵まれている」と思っているかもしれませんが、残念ですが恵まれてはいません。

探して見ると、いまより良い求人は沢山あります。仕事で疲れていると視野が狭くなって「今が一番恵まれている」と感じる錯覚がおきますが、もっと恵まれた仕事は沢山あるでしょう。

なので探して見て下さい。リクナビNEXTという転職サイトを登録してみると分かりますが、良い求人なんて山ほどありますよ。

仕事が出来なくて辛い

残業などは平気だけど仕事があまりにも出来なくて辛い人もいます。

最初は「この仕事は楽勝だろ」と思って入った会社の仕事に全然ついていけなくて、「やめたい」と感じる事があるでしょう。

対策は?

この場合で一番簡単な方法だと「プライドをなくす」ことが一番重要です。

ちょっと言い方が悪くなるのですいませんが心が折れないで下さい。

あなたは自分がプライドが高くないと思っていますが、実はメチャクチャプライドがある人です。

その一番の原因は「人に聞かない事」です。本来分からない事は人に聞くのが一番良いですが、あなたは「恥ずかしいから」とか「上司に怒られたくないから」と言う理由で何も聞かない事が多いでしょう。

しかし仕事が分からないなら素直に聞くのが一番良いです。

確かに「恥ずかしいから」と言う理由もあるかもしれません。そして「怒られたくない」という事もあるかもしれません。

ですがそれはプライドが高いせいで起きている事です。

なので「俺は仕事が出来ない人間」と認めて下さい。そうすると面白いくらい仕事が出来る様になりますよ。

仕事が合わなくて辛い

仕事が出来ない事もありますが、1年仕事をやっているのに仕事が全然できないと言う人もいます。

しかも今まで出来た簡単な仕事でさえミスが増えていて、「なんでこんな事も出来ないの?」とショックを受けている事でしょう。

対策は?

先ほどはプライドのせいで仕事が出来ないと言う事がありましたが、仕事を1年近くやっても上手くいかない場合は、元々その仕事に向いていない場合があります。

当たり前ですが人には向き不向きがあります。営業が得意な人がいれば事務職が得意な人もいる。

この様に得意不得意があるのが人間です。ですが日本人の悪い習慣で「なんでもできる平均的な人間」を日本の社会では作ろうとしています。

だから事務職をしたいのに営業になったり、営業がやりたいのに事務職になったりするでしょう。

よく「やれば上手くなる」と言いますが、それには限界があります。確かに苦手な事でも3年は続ければ確実に上手くなります。しかし嫌々やらされた仕事というのは伸びしろが低いです。

やりたくもない仕事を押し付けられたら誰だって上手くいかないでしょう。

なので、これも部署移動をお願いするか転職した方が良いです。

これも視野が狭くなって分かりにくいですが、仕事の種類って細かくて100、200、300と色んな種類が仕事があるので、どれかはあなたに合っているでしょう。

給料が安くて辞めたい

新卒で入ったけど思っていたより給料が低くて辞めたくなる事もあります。

そもそも求人には新卒で手取りが20万円貰えると書いてあるのに、いざ入ってみると給料は15万円しかないと言う事はよくあるでしょう。

対策は?

この場合は副業をしてみるのが良いですよ。

副業というのは休日に短期のバイトで入るのではなく、ネットの副業をしてみることです。

ネットの副業なら自分がやりたい時にやる事が出来ます。しかも会社と違い自分が頑張れば頑張る程給料にそのまま出るので、頑張れば月に50万円を稼ぐ事も夢ではありません。

ネット副業で有名なのが

  • YouTube
  • アフィリエイト
  • 株式投資
  • FX

などがあります。YouTubeは自分の趣味を使えば稼げるので、上手くいけば遊んでお金が入ってくる事も出来るでしょう。

アフィリエイトも簡単に言うとブログを書いて人を集める。原理としてはYouTubeと同じです。ただYouTubeと違うのはパソコンかスマホ一台あればすぐに出来る事でしょう。

ちなみにネット副業のことがよく分からない人は「クラウドワークス」というサイトを使えばアンケートやアプリのレビューを書くなど簡単な仕事でお金が手に入るので、「ネット副業ってどんなの?」と言う人におすすめのサイトです。

おかしな社風で辞めたい

会社には時々「これっておかしくない?」と言う社風が存在する所があります。

たとえば「女性のスーツのスカートは膝丈20cm未満」とか「朝は大声で社訓を叫ぶ」などいつの時代の軍隊かな?という内容のものまで存在します。

最近は軍隊みたいにギチギチにルールがある会社は嫌われるので、新卒の人には向いていない場合があります。

対策は?

気持ち悪い社風なら辞めてしまいましょう。ぶっちゃけ今の会社に「朝のラジオ体操」とか「朝に社訓を叫ぶ」とかあまりにも古臭くてほとんど見ないです。

しかも人間関係や残業と違って組織がおかしいとどうしようもないです。

人間関係や部署移動、残業は自分が仕事を早く終らせるなどをすれば、なんとかなる場合もあります。しかし社風の場合は会社全てがおかしい事になるので、これを変える事は不可能です。

私たちは漫画に出てくる正義の味方ではありません。ここが漫画だったら頭の良い主人公が組織を変える展開もありますが、そんな事は決してできません。

だから社風がおかしい場合は対策のしようもないので諦めて準備をしてから辞めましょう。

そもそも働きたくない

新卒の人はそもそも働く気がないと言う人もいます。

よく「働いたら負け」という言葉がありますが、あれがまさしくそうで新卒の人や若い人なんかは全く働きたくないと思って人が沢山います。

Twitterなんかで「働きたくない」と調べると色んな負の感情が詰まったものが沢山出てきます。

対策は?

働きたくないと思ったら「若いからしょうがない」と思った方が良いです。

そもそも20代というのは人生に迷う時期です。しかも20代の新卒が会社を選ぶときは「給料が高いから」「カッコイイ仕事だから」「面接をやりまくって何か受かったから」「とりあえず正社員にならないといけないから」と言う人が多く。

半分以上の人がやりたい仕事ではなく「なんとなく」選んでいる人が多いです。

それで思っていた仕事内容と違ったり、なんか働く事がだるかったりなどして「働きたくない」と思ってしまうでしょう。

ですが20代ならしょうがないです。人はここから自分の人生を歩いていきます。

たとえば「社会人だから」と言う理由で日本の仕組みに上手く合わさる人や「会社員が嫌だ」と思って頑張って独立する人、「日本より海外の方が働きやすい」と思って海外の行く人など皆歩き方が全く違っていくのです。

だから焦る必要はないです。働きたくないというのは当たり前だから。働きたくないというのはいずれかは治る病気だから。

飲み会が嫌で辞めたい

最近の人は飲み会が嫌いと言う人が多いですが、それが原因で辞めたくなる事もあるでしょう。

そもそも新卒の人は飲み会をやる意味が全くわからないです。先輩たちは「親睦会」というけど実際言ってみると、上司がただ騒いでいてなんも話が聞けなかったとか。鬱陶しい上司が絡んできただけなど、新卒の人は全く楽しくありません。

しかも飲み代は高いです。飲み代の平均は4000円ほどと言われていますが、4000円と言っても新卒の安い給料ではかなり痛い出費でしょう。

対策は?

これは素直に断ってと言うのが正しいですが、それが出来たら苦労しませんよね?

だったら飲み会を途中で切り上げて逃げるというのはどうですか?

たとえば「これから友人と遊びに行くので」と言ってコッソリ逃げたり、「ちょっとこれからセミナーがあるので」と言って出来るサラリーマン風にしてみたりなどちょっとでも早く逃げる事をしてみましょう。

そして需要なのが逃げるときに本当に予定を作る事です。たとえば友人と遊ぶだったら飲み会の予定の時に本当に友人をご飯に誘う。セミナーの場合は会話術のセミナーに行く予定をたてるとか、本当に予定を立ててしまいます。

そうすると多少文句は言われますが、こちらは本当に予定があるので向こうも無理は言えません。

飲み会が嫌なら全力で逃げる事を考えましょう。

新卒が知ってほしいこと

次は新卒の人が絶対に知ってほしい事を書いていきます。意外と知ってそうで知らない情報が沢山あるでしょう。

道は正社員だけじゃない

まず新卒の人が一番大事にして欲しい事は正社員が社会人と言う訳では無いです。

よくいるのが「正社員を1か月で辞めた。こんな俺なんてもう正社員で雇う所はないな」といって人生が終わったみたいになる人です。

確かに1か月で辞めた場合は面接で響くのは本当に話ですが、それでも雇ってくれる会社は沢山あります。

それどころか今より条件のいい会社に転職する事も可能なので、人生を諦めるのは早すぎると言って良いでしょう。

しかも正社員にならなくても人生は何となります。正社員が駄目なら派遣社員でも良いんじゃないですか?

世の中は「派遣社員になったら未来はない」と思ってる人がいますが、ぶっちゃけ言うと今の日本では正社員になっても派遣社員になっても変わらない。と思った方が良いです。

確かに派遣社員になったら給料が低い、安定しないと言う事がありますが、正社員になったらサービス残業がある、会社が潰れたら終わり。となったら結局派遣社員と何も変わりません。

大企業が安定すると聞きますが、それも古い言葉です。大企業でも赤字になったら大幅なリストラが待っているので結局クビになるでしょう。

ちなみに正社員以外の道はこれだけあります。

  • 派遣社員
  • 契約社員
  • フリーター
  • 起業する
  • フリーランス
  • 海外で働く
  • 投資家

ほら、いまてきとうに書いただけでもこれだけ正社員以外の道があるんですよ。

だったら正社員になるのが逆に勿体なくないですか?どうしても正社員が辛いと考えているなら、他に道も沢山探した方が絶対にあなたの為になるでしょう。

ヤバそうなら1か月で辞めてもいい

新卒であるあるなのが、1か月程したら「この会社ヤバいんじゃないの?」とジワジワと闇に気づいて辞めたくなる事です。

ですが、「たった1か月しかたっていないのでどうしよう?」と悩む人も多いでしょう。それもそのはず、どんな人でも1か月で辞めるのは流石に申し訳ないと思ってしまうからです。

ですが、これも「本当にやばそうな会社なら辞めても問題ありません」というのも結局1年未満で辞める場合は面接官からマイナスの印象になる事は変わりません。

1か月で辞めようが、3か月で辞めようが1年未満の場合は「こいつはすぐ辞めるんじゃないの?」と思われる事は確定です。

それに、「この会社で働く気がなくなってきた」と感じたならどっちにしても続くはずがないです。

1か月耐えても2か月目に辞めるかもしれません。

しかも本当にやばいのは下手に長く働いて「逃げられなくなった」人たちです。日本では社会人の自殺が多いですが、ああいう人たちの特徴は「会社に長く勤めた人」たちです。

たとえば2年間ブラックな所で働いたら、転職と言う文字が頭から消えます。

  • 3年は働かないと
  • 会社に申し訳ない
  • 仕事なんて全てこんな感じ
  • 社会人ならしょうがない

と段々と洗脳されていって、逃げ道がなくなる人が一番危ないでしょう。

なので、転職と言う文字が頭からある時にサッサと逃げるのが一番良いです。辞め癖よりも限界まで働いて壊れる方がやってはいけないことです。

学校のことなんて気にするな

新卒であるのが「辞めたら学校に迷惑がかかる」と思う人がいます。確かに新卒の場合は学校推薦で仕事を決める人がいるので、学校に迷惑がかかると思ってしまうでしょう。

ですが、ハッキリ言います。もう卒業したのでこっちとしては全くの無関係です。だから学校に迷惑がかかるなんて気にしなくても大丈夫です。

そもそも学校の推薦で内定を貰った会社をたとえ1日で辞めても、学校からたまに電話がくるくらいで何も起こりません。

仮に電話が来たとしても無視をするか、てきとうに説教を聞いて受け流してしまえばイイのです。

もう1度言いますが、卒業したらもうこっちは何も関係ありません。しかも学校の先生は連絡先を交換している人以外はまず会う事はないでしょう。

ネットで相談するな

そして次にやってはいけないのが、ネットで相談してはだめと言う事です。よくあるのがYahoo知恵袋で相談する人がいますがあれはよくありません。

そもそもYahoo知恵なんて、てきとうにストレス発散で書き込みする人もいますし、休日に暇な人が「おっ!こいつの質問荒らしてやろう」と思っている人がいるのでまともな答えが返って来ません。

たとえば「新卒で働くのが嫌になった場合はどうすれば良いですか?」と質問したら「甘えるなゆとりが!!」と不快になる回答をする人が大勢います。

なので知恵袋や掲示板などは使わないで下さい。あそこは人の闇が沢山詰まった場所なので立ち入り禁止にしましょう。

転職エージェントを使えばかなり楽に転職できる

ちなみに転職エージェントというサービスを使えば次の転職はかなり楽になりますよ。

転職エージェントというのは、簡単に言うとあなたが内定を貰えるためのサポートをするサービスです。

  • 転職のプロがあなたに合った求人を紹介
  • その会社の質問内容を事前に予測した面接対策
  • 履歴書の効果的な書き方のサポート
  • 職務履歴書の効果的な書き方をサポート

など、あなたが学生の頃にやって大変だったことを、一緒にやってくれるのが転職エージェントです。

学生の頃は基本的に1人でやって、時々学校の先生がチェックする程度でしたが、今回は内定が貰えるまで徹底的にサポートをしてくれます。

もちろん新卒ですぐに会社を辞めた人でも「若さ」と言う武器があるので、転職は普通に出来ます。

「DODA」という転職エージェントだと、幅広い求人があり、ITでも製造でも営業でもかなり幅広い求人があるので、使いやすさはありますよ。

無料登録すれば全てのサービスを無料で使えるので、新卒で辞めたいと言う人はぜひ活用してみて下さい。

↓↓↓↓↓↓

転職ならDODAエージェントサービス

退職理由で使いやすいもの

さて、ここからはおまけですがもし退職したいと言う時に、上司からお説教を貰う事が少ない退職理由を紹介していきます。

やりたい仕事が出来た

かなり鉄板の方法ですが、違う仕事をやりたいと言えば割と上司は認めてくれます。

ただやりたい仕事が出来たというのは1年以上仕事を続けないと、怒られる事もあるので使いどころに注意が必要になるでしょう。

学校で勉強したい

次も鉄板の言い訳ですが、上司はネガティブな理由じゃなくてポジティブな理由だったら応援してくれて、気持ちよく辞める事が出来ます。

学校で勉強したいもその1つで社会人になってから新しい事に挑戦するのは評価が非常に高いです。

引っ越しをする

引っ越しというのは、こちらの都合があるので引き止めることはできない理由です。

流石に県外に引っ越すのに今の仕事をそのまま続けれるとは思わないですから。

辞めたかったらとにかくごり押しを

これは本当に辞めたい場合ですが、何を言われても多少のごり押しは必要です。

先ほどの言い訳を使っても、上司に止められる場合や何も嬉しくないお説教タイムが始まる事があります。

それで決心がゆらいだり、退職がうやむやになったら勿体ないので多少のごり押しは覚悟した方が良いでしょう。

新卒の人へ

恐らく社会人になれていないせいか、仕事で色んな苦労をしているでしょう。

今回色んな事を書いていきましたが、大事なのは1つだけ「ヤバそうならサッサと逃げる」これを忘れないで下さい。

先ほども言いましたが、辞め癖がつくより転職という文字が頭から消える事の方が問題です。

転職と言う文字が消えたせいで、人生が終わった人が日本には沢山います。なので逃げる事を忘れない様にしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする