朝に仕事を行きたくない時の原因と今からやって欲しい8つの対策

朝に仕事を行きたくない時の原因と今からやって欲しい8つの対策

朝布団から起きるのが辛いほど、仕事に行きたくないと感じませんか?

特に月曜日の朝になると、一番体が重く「今日からまた1週間会社か…」と言う風に落ち込んでしまうでしょう。

そこで今回は辛い朝を耐え抜くための方法を書いていきましょう。

仕事に行きたくない原因は?

最初になぜ朝にここまで仕事に行きたくないと感じるのか?原因を書きます。

上司が嫌だ

多くの人は人間関係が嫌になると、朝会社に行くのが辛くなります。

「またあの人と一緒に仕事をするのか…」そう考えるだけで朝布団から出る時に苦痛になるでしょう。

個人的にもそうですが、仕事内容より人間関係のせいで、仕事が嫌になる事が多いので人間関係と言うのは非常に重要です。

関連記事:職場の人間関係が悪いなら辞めた方が良い

仕事内容が苦痛

そもそも仕事内容が苦痛になっているため、朝に仕事が嫌になるのでしょう。

  • やりがいのない仕事
  • 自分にはハードルが高すぎる仕事
  • 根本的に合わない仕事

などなど理由が沢山ありますが、何か自分が心の底でやりたくない。そんな風に感じているので朝が辛くなります。

仕事に飽きた

人間は仕事が暇でも辛くなります。なので仕事に飽きたせいで辛くなる事もあるでしょう。

たとえば、毎日単純作業の繰り返しだけだったら、それは飽きてしまいます。確かに単純作業なら仕事は楽ですが暇すぎるため、飽きて仕事が辛くなるでしょう。

ブルーマンデー症候群

月曜日の朝に仕事が辛くなるのを、ブルーマンデー症候群と言います。

土曜日と日曜日は仕事がなくて、楽だったけど月曜日になり長い1週間の始まりとなると、朝が辛くてたまらなくなります。

実際に、月曜日は一番自殺者が多い曜日で、ブルーマンデーになってそのまま亡くなる人が研究結果で明らかになっています。

2005年1月、厚生労働者が曜日別の自殺者数のデータを公表しました。
平成15年の自殺者約3万2000人のうち、
最も自殺者が多かった曜日は月曜日(男性80.7人、女性27.3人)
最も自殺者が少なかった曜日は土曜日(男性53.5人、女性21.2人)
月曜日は土曜日と比べて、男性で1.5倍、女性で1.3倍もの開きがあります。
理由はさまざまですが、次のようなものが考えられます。
サラリーマンが休日明けに強いストレスを感じる。
失業者や引きこもりがちの人も、周りが通勤、通学している中、取り残され感が強まる。

引用元:ブルーマンデー症候群

ちょっと古いデータではありますが、それでも月曜日が辛すぎるというのは事実なので、今でもこの結果は変わっていないでしょう。

仕事に行きたくない時の対策は?

ずる休みをする

仕事に行きたくない時は、素直にずる休みをしてみましょう。

あなたは「ずる休みなんてしたくない」そう思っているかもしれませんが、仕事は適度にサボる事が実は一番大事です。

たとえば、10㎞走るマラソンで開始早々全力ダッシュをしたらその人は、マラソンを完走できなくなります。

しかしペース配分を考えた人は、10㎞を無事に走り切る事が可能でしょう。

仕事も同じです。今の時代65歳の定年になってもバイトをして暮らす人がいます。70歳になっても80歳になってもバイトや派遣で暮らす人が実は沢山います。

実際私が前いた職場に80歳のおじいちゃんが、バイトで働いている事がありました。

たとえばいま20歳で、貯金がなくて90歳まで働くとしたら70年間も仕事をしないといけません。

70年間ですよ?それだけの長い時間のマラソンなのに休憩もしないと、確実にあなたは途中で疲れて動けなくなります。

なので、辛いならずる休みをしても問題はありません。むしろ必要な休憩ですよ。

何か楽しみを作る

辛い時は何か無理やりにでも楽しみをみつけないといけません。

やはり人間は目標や楽しみをしっかりと持たないと精神的に崩壊する事が多いです。

たとえば、私の友人なんかは「アイドルという文化がなかったら俺は働く理由がない」ともいってますし、私なんてこうやってサイトを作るのが趣味で、これがなかったら今はこの世にいないかもしれません。

この様に、何かしら楽しみが見つかると仕事の朝が辛い事と言うのは軽減されます。

ちなみに、楽しみといっても小さなことで良いんですよ。

たとえば「今週は金曜日にちょっと高い店に行こう」と言うのでも良いですし、「今度の土曜日にマッサージ店にいって癒されよう」と言うのもでも良いです。

とにかく何か楽しい事を見つけられると、辛くなる事はなくなるでしょう。

吐き気がするくらいなら心療内科に行く

仕事に行きたくない状態が長く続くと、吐き気がする場合があります。

私が経験したことですが、朝起きてちょっとお腹が気持ち悪いなってなる。

だけど、吐くほどではないから朝食を食べる。そして会社に行く時間がドンドン近づいてくると吐き気がする。

吐き気がするけど、嘔吐するほどではないのでそのまま会社に行く。そして昼になると治っている。そんな状態が起こるわけです。

そんな状態になっているなら、うつ病の可能性が出てくるので正直辞めた方が良いですよ。

そもそも朝だけ吐き気があるのは、完璧に異常な状態です。

だけど、頑張ってしまうせいで余計に辛くなってしまいます。

もし吐き気があるなら、心療内科に行く事を忘れないで下さい。

転職の準備だけをしてみる

もし今、本当に辛いなら転職の準備だけでも進めてみたらどうですか?

恐らくあなたは、転職まで考えていないかもしれません。ですが今あなたは仕事が辛すぎて辞めたいと感じているのではないですか?

もし本当に辛くなった時に、すぐに転職が出来る様に転職サイトにだけ登録してみても良いかもしれません。

関連記事:リクナビnextの評判を実際に取材!そして分かった驚きの真実とは?

定期的に運動をする

社会人になると、運動をしなくなりますが運動というのは非常に重要です。

軽い運動でもしてみると、非常に気持ちいいですし暗い気分も驚くくらい吹き飛びます。

結局人間は定期的に運動しないと、ドンドン肉体的に不健康になり、精神的にも不健康になります。

ちなみに、運動していない人は最初はストレッチからするのをおすすめします。

いきなりランニングと言われてもやりたくないですし、やったとしても3日坊主で終わる確率があります。

私も運動をしたいと思って、ランニングを始めてみましたが2日で辞めた経験がありますよ(笑)

ですが、ストレッチだったら家でも出来ますし、5分程度で終わるのですぐにできます。ストレッチの方法はYouTubeをみれば素晴らしいものが沢山みつかるので、ぜひ試してみて下さい。

暗い音楽を聴く

仕事に行きたくないくらい、落ち込んでいるときは明るい曲を聴いたら逆にテンションが下がります。

結局無理やりポジティブになろうとすると、気分が落ちる事はよくあるためここはあえて暗い曲を聴いてみましょう。

私がよくやっている方法ですが、暗い気分の時に暗い曲を聴いたら逆にワクワクして、元気が出ます。

騙されたと思ってぜひ挑戦してみて下さい。

暗い小説を読む

これも同じ方法ですが、とびっきり暗い小説を読んでみましょう。

小説だったら、pixivや小説家になろうなどで無料で読めますし、amazonを使えば沢山の小説を安く買う事も可能でしょう。

なので、とにかく心がズーンとなるような暗い小説を読んでみましょう。

睡眠にこだわってみる

多くの人は睡眠の素晴らしさを分かっていません。

そもそも人間は大半を寝て過ごすため、睡眠の質をよくすると自然と仕事に行きたくない気分を改善する事が出来るでしょう。

たとえば、多くの人は枕は安物を使っていますが、オーダーメイド枕にしてみるとか、寝る前にスマホを触るのを辞めるとか、アイマスクをしてみるとか方法は沢山あります。

多くの人は、どうしても睡眠の質にこだわらず安い枕、安い布団で寝ますがそこを投資すると多少は精神状態が良くなりますよ。

まとめ

仕事に行きたくないくらい、辛い時は休む事も必要です。

もし休んでも回復しない場合は、結局あなたは仕事を辞める事にも繋がります。

ですが、転職がいけないと言う事はありません。むしろ辛いならサッサと逃げた方があなたの為にもなるんですよ。

関連記事:製造業をやりたい人が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント!

関連記事:【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする