人間関係

人間関係のせいで仕事に行きたくない時のやらないとヤバい対策法 

 

人間関係が原因で仕事に行きたくない人は沢山います。

 

特に20代の社会人は、一番人間関係に悩んでしまうでしょう。

 

  • 上司がうざい
  • 上司が怖い
  • 上司が嫌い

 

などほとんどの場合上司のせいで、辛くなる事が多いです。

 

そこで今回は人間関係に悩んでいる20代の人のための対策法を書いていきましょう。

 

人間関係の何が嫌なのか?

 

その前に、なぜ人間関係に悩んでしまうのか?を書いていきます。

 

仕事が評価されない

 

20代の人は頑張っても上司に評価されない事が多いです。

 

自分では全力でやっているのに上司からは「もっと気合を入れろ」とか「もっとやれるだろう」とか評価がそこまで良くないことがあります。

 

それに評価が良くないと上司に嫌われているのでは?と疑問に思って、より人間関係が嫌になるでしょう。

 

理不尽な理由で怒る

 

よくあるのが、こちらが100%悪くない事でも上司が怒る事でしょう。

 

しかもどれだけ理由を伝えても「言い訳をするな!!」と言う風に怒られて、何も聞いてくれない事もあります。

 

そんな理不尽な怒られ方をするせいで、上司の事がドンドン嫌いになり顔も合わせたくなくなるでしょう。

 

上司が怖い

 

メンタルが弱い人は、上司が怖いと感じることが多いです。

 

特にミスをしたら怒鳴る人や威圧的な話し方をする上司とは相性が最悪で、より怖く感じてしまいます。

 

上司が怖いと感じると、だんだん精神的に疲れてきて下手をするとうつ病になる確率だって高いので、これが一番危険性が高いです。

 

人間関係が嫌な時の対策

 

では次に人間関係が嫌になっているときの対策法を書いていきましょう。

 

出来るだけ関わらない

 

これができたら苦労しないよと言われそうですが、何だかんだ一番効果があります。

 

やはり、嫌いな人や苦手な人と関わってしまうとこちらが疲れます。それは上司とは仕事の関係で関わる事が多いですが、それでも出来るだけ関わらない様にする工夫をしてみましょう。

 

たとえば仕事の報告はまとめてやってみるとか、出来るだけ余計な事を言わずに相手を怒らせない様にするなど、1秒でも良いので相手と話す時間を短くしてみましょう。

 

 

仕事と思って諦める

 

人間は諦めが大事と時々言われますが、これも仕事と思って諦めると意外と気が楽になります。

 

結局今の人間関係からは、物理的に逃げないと何も解決できません。たとえば部署異動や転職のような思い切ったことをしないと根本的な解決が出来ません。

 

それに諦めと聞くと嫌な感じがいますが、「これはお金を貰うためだからしょうがない」と言う風に諦めるのも社会人に大切なことですよ。

 

関連記事:人間関係で退職したい時に必ず注意したいこと

 

強気になる

 

逆に強気になってみるのはどうでしょう?

 

実は怒鳴る上司というのは、自分が強く責められるのが苦手な人が多いです。

 

私の友人が、あまりにも細かい事で怒鳴る上司がいて毎日イライラしてるという話を聞きました。

 

  • 製品の置き方が悪い
  • 作るのが遅い(働いて3日目で言われる)
  • 顔が気に入らない
  • 態度が気に入らない
  • 存在が気に入らない

 

とその上司は友人の事を好き放題に怒鳴っていました。

 

友人も1週間程度は耐えれてましたが、2週間目になると我慢の限界がきて上司に「なんなんだその教え方は!!それが人に物を教える態度か?てめーの教え方が気にらないんだよこのクソ野郎!!!」と言う風に今までのうっぷんを出すかのように、工場内の機械音の1.5倍以上の大声で叫んだそうです。

 

そしたら上司が「そんなに怒らなくても良いじゃん…」と怒鳴っていたのが嘘のように縮こまってしまってたそうです。

 

この話を聞く限りだと、怒鳴っていた上司はそこまでメンタルが強くないと言う事が分かります。

 

本当にメンタルが強かったら1度怒鳴られたくらいじゃ凹むはずがないですし、友人に反撃をしたはずです。

 

この様に、怒鳴ってくる上司は実は誰よりもメンタルが弱い事があるので、強気になってみると意外と上司が大人しくなるかもしれませんよ。

 

相手の事を深く知る

 

怒鳴る上司にもいろいろな理由があって、怒鳴ることがあります。

 

たとえばあなたの上司だって更に上の上司がいるはずです。社長じゃない限り上司の上には絶対にえらい人が沢山います。

 

あなたの上司も実はえらい人たちに叱られている可能性だってあるでしょう。

 

たとえば売り上げが悪いとか、部下の作業効率が悪いとか散々言われている可能性がありますよ。

 

そう言ったストレスのせいであなたにぶつかっている可能性だって十分ありえます。

 

まあそうなると完全に八つ当たりですが、ストレスと言うのは普段温厚な人の性格すら変えるのでそこはしょうがないと言えるでしょう。

 

つまり上司の事情を知ると、あなたも「上司だって大変なんだな」と怒られる事に対してあまり恐怖を感じなくなります。

 

なので、情報通の人や上司と直接話して色々事情を探してみましょう。

 

事情を聞くと「上司も大変なんだな」と言う事が分かりますし、「この上司は根っからのクズ人間だったんだ」という嫌な事も分かります。

 

愚痴を言う

 

こうやってネットで人間関係の悩みを検索すると言う事は、あなたは愚痴を言う相手があまりいませんね?

 

愚痴と聞くとただの悪口かもしれませんが、愚痴を言うのはストレス発散になるので非常に重要なことになります。

 

結局人間は限界まで我慢すると確実に壊れてしまいます。上司の愚痴だったり会社の愚痴などを友人や家族、職場の人でも良いから話す事でストレスを発散して次に働く元気を貰います。

 

ですが、「悪口を言うのは良くない」と思ってしまうとひたすらストレスを我慢して、そのストレスでうつ病になったり、働くのが怖くなりニートになったりするわけです。

 

なので、我慢せずに上司の愚痴をドンドン言ってしまいましょう!

 

特に職場の人に言ってみるのが良いですよ。職場の人だと共感して貰えますし上司に家庭事情など、上司が怒鳴ってくる原因を知る事も出来るので、おすすめをします。

 

ずる休みをする

 

仕事に行きたくないと感じるなら、ずる休みをするのはどうでしょうか?

 

ずる休みと聞くと悪いイメージがありますが、辛いなら正直に休んでしまうのが良いですよ。

 

ちなみに、経験談ですがずる休みをするほど疲れているなら、会社を辞める確率が高くなります。

 

私もあまりにも会社に行くのが辛くてずる休みをしたことがあります。

 

しかし1度ずる休みをすると、その会社で働く気がなくなっていき辞めてしまう確率が非常に高くなります。

 

実際私も5回くらいずる休みをした1か月後に仕事を辞めています。

 

それに、仕事を辞める人の特徴で休みがちになる事があります。1か月に1回休んでたのが2週間に1回、そして1週間に1回休む事になりそのまま仕事を辞める。

 

これが仕事を辞める王道パターンです。

 

恐らくあなたは真面目な人なので、ずる休みを考えていませんが仮にやってしまった場合、次は転職を考えた方が良いですよ。

 

部署異動をする

 

先ほどちょっとだけ言いましたが、根本的に人間関係を解決するには物理的に動くしかありません。

 

その方法の1つが部署異動をする事です。というのも結局苦手な上司と長くいても苦痛なだけであなたの精神が疲れてしまうだけです。

 

それこそ色んな対策を試しても、仕事に行きたくないとまでなっているのであまり意味がない事が多いでしょう。

 

だったら、部署異動をしてでも嫌な人間関係から逃げる事も大切になってくるでしょう。

 

どうしても限界の場合は試してみて下さいね?うつ病になるまで我慢してはダメですよ?

 

転職をする

 

これも1つの方法ですが、部署異動より転職をする方がハードルが低い事が多いです。

 

部署異動の場合は、人間関係が嫌で異動したいと言うとまたゴタゴタがあったりしますが、転職の場合は言ってしまえばあとは辞めるだけなので、気が楽と言えば楽でしょう。

 

「人間関係で転職するのってどうなの?」と思うかもしれませんが、人間関係が原因で自殺した人だって沢山います。

 

亡くなった人たちだって、逃げるという手段を使えばまだまだ未来があるはずですが、我慢したせいでもうこの世にはいません。

 

なので逃げると言う事は命を守ることなので非常に重要なことです。

 

ここまで聞いてもし、転職に興味があるなら転職エージェントを使ってみるのが良いですよ。

 

転職エージェントは、面接日程の調整、面接の指導サポート、履歴書の訂正などをしてくれますし、今後のあなたの進路を相談すると言う事も出来ます。

 

詳しくは、下の記事にあるおすすめの転職エージェントにまとめるので是非ご覧ください。

↓↓↓

20代におすすめの使いやすい転職エージェントまとめ

 

人間関係を我慢すると体調が悪くなる

 

人間関係をあまり我慢すると体調が悪くなりますよ。

 

  • 吐き気
  • 頭痛
  • じんましん
  • 体の震え

 

など明らかに異常がわかるくらい、体調が崩れます。嫌いな上司の為に体調を崩すなんてバカバカしいとは思いませんか?

 

関連記事:人間関係で退職したい時に必ず注意したいこと

人間関係が嫌な人はあなただけじゃない

 

人間関係の悩みは意外と孤独なことが多いです。自分が嫌いな上司と周りの人は当たり前の様に仕事をしてるので「この人が嫌いなのは自分だけではないのか?」と思ってしまいます。

 

ですが、周りの人も人間関係はずっと苦労をしてるでしょう。あなたが嫌いな上司が他の人も嫌いと言うのもよくありますし、その嫌いな上司も他の人が苦手と言う事もあるでしょう。

 

意外とみんな苦労をしてるので、悩んでいるのは1人じゃない。そう思えるようにしてみましょう。

 

そして、会社の仲のいい人たちと嫌な人の愚痴を言えると、気分も楽になりますよ。

 

まとめ

 

まだ耐えれるという人なら、職場内で仲のいい人に愚痴を言うのが一番良いです。

 

そして限界が来てるという人なら、部署異動。もしくは転職をする事を迷わないで下さい。

 

とにかく逃げる事だけは頭に入れ下さい。将来の事ではなく今を生きることだけを考えて下さい。

 

もし転職を考えるなら先ほど言った転職エージェントに相談してみるのも全然ありです。おすすめの転職エージェントは下の記事にあるのでぜひご覧ください。

↓↓↓

20代におすすめの使いやすい転職エージェントまとめ