会社を辞めたい

仕事行きたくなくて吐き気がある時の簡単な7つの対策

 

朝起きるとまず仕事に行きたくないと感じる。そして朝ご飯は入らず、出勤時間が近づくと吐き気が出ることがある。

 

そして最悪の場合涙が止まらなくなる。そんな症状にもなります。

 

仕事のストレスが限界まで超えるとこの様な症状が沢山出てくるでしょう。そしていまこのページを見てる人は少なくとも吐き気があり辛い状況になってます。

 

今回は仕事に行こうとすると吐き気がある人のためのアトバイスを書いていきます。

 

吐き気の原因は?

 

まず最初に吐き気の原因はなんなのか?それをしっかりと書いていきます。

 

精神的な疲れ

 

仕事に行きたくなくて、吐き気があるなら確実に精神的な疲れが出ているでしょう。

 

そもそも人は限界まで精神的なストレスがないと吐き気なんてありえません。

 

たとえば、大勢の前で発表をする時にちょっと吐き気がある人がいますが、あれだって凄いストレスがある状態で起こる現象です。

 

なので、仕事が原因で吐き気があるならあなたは今限界までストレスが溜まっている状態ですよ。

 

うつ病のサイン

 

吐き気があると言うのは、確実にうつ病のサインになっています。うつ病と聞くと家から全く出れなくなるイメージがありますが、うつ病にも重症のものと軽症のものがあります。

 

あなたは動けると言う事は、まだ軽症のうつ病になっているでしょう。軽症のうつ病ならまだ病院に行けば確実に良くなる状態です。

 

しかし家から出れないレベルのうつ病になると、10年以上は治らないという人がいます。

 

「俺はうつ病ではないだろう」と思っている人ほど今現在うつ病になっているので、注意が必要ですよ。

 

上司が怖すぎる

 

多くの人は、会社に行きたくないと感じる原因に人間関係があります。

 

その中でも20代の人は上司を怖がる傾向があるでしょう。

 

  • 怒鳴る上司
  • 嫌味を言う上司

 

などなど、いろんな上司がいますが上司が原因で吐き気がある人は沢山います。

 

酷い人だと、嫌いな上司が近くにいるとじんましんが出る人だっているので、上司の事を考えると吐き気がある理由もよく分かります。

 

関連記事:人間関係で仕事を辞めたいと思う人は甘えではないので辞めても良い

関連記事:職場の人間関係が悪いなら辞めた方が良い

 

仕事内容が嫌すぎる

 

あまりにも仕事内容が辛すぎても吐き気が出ることがあります。

 

たとえば私の場合、工場などで大きな機械を操作するのに恐怖を感じていました。

 

理由としては

 

  • 音が怖い
  • 壊れたら怖い
  • 誤作動を起こしたら怖い

 

という他人からしたら信じられない理由ですけど、大きな機械を操作するのが苦手ですね。だけどパソコンとかコピー機などは大丈夫なんです。

 

工場用の大きな機械だけはどうも恐怖を感じてしまうんですよね。そのせいで機械の近くに行くとちょっと吐き気がありましたよ。

 

この様に、仕事内容自体が自分に合っていなくて、緊張のせいで吐き気がある場合もありますね。

 

残業が長すぎる

 

残業が長いと肉体的にも疲れますし、精神的にも疲れてきます。日本人は残業に慣れている人が多く、月に100時間やっても平気な人もたくさん存在します。

 

ですが、中には月に50時間の残業も嫌という人がいて、そう言う人が無理をして残業をすると吐き気が出てくる場合が多いです。

 

吐き気以外の症状は?

 

実は、吐き気以外にも精神的な限界がきたら出てくる症状も出てきます。今回はそれも紹介していきましょう。

 

頭が痛い

 

よくあるのが頭が痛いという症状です。これは吐き気と一緒に来る場合が多く。吐き気もするし頭痛もすると言うような最悪の状態になります。

 

 

腹痛がある

 

人間のお腹は非常にデリケートで、ストレスはまずお腹にくると言われています。たとえば緊張でお腹が痛くなる人がいますが、あれが典型的な例でストレスが全てお腹に集まっている証拠です。

 

涙が止まらない

 

これが実は腹痛の次に多い症状です。悔しくて泣くとかストレスで泣くのは女性が多いイメージがありますが、全くそんな事はなく男女両方でストレスが限界にくると泣いてしまいます。

 

特に仕事が終わった夜などで、トイレで1人で泣くとか自分の部屋で泣くとか隠れて泣く事が多いでしょう。

 

涙が出た時「あれ?俺ってこんなに弱かったのか?」と思う人がいますが、全くそんな事はなく普通の事なんです。

 

死にたいと思う

 

そして、ストレスが限界までくると今度は死にたくなります。

 

私も同じ事があったので分かりますが、「会社 吐き気 行きたくない」と言う風に検索した後に「仕事 辛い 死にたい」とか「自殺 簡単 方法」とかそういった検索を良くしていましたね。

 

今は仕事を辞めたおかげで少し症状が治りましたが、当時の検索履歴は他人には絶対にみせれないブラックな事ばかり調べていましたからね。

 

吐き気が起こりやすい性格は?

 

では次に吐き気になりやすい人。つまり精神的なストレスを抱えやすい人を解説していきます。

 

真面目

 

一番当てはまる人が多いのが、真面目な性格です。

 

  • 仕事で手を抜かない
  • 嘘はつかない
  • 不真面目な人を見るとイライラする

 

などこういった真面目な人が精神的に疲れてしまいます。

 

真面目な人は仕事で常に全力で頑張り、手を抜く事を許しません。しかし頑張っても仕事で成果が出ないところかいつも仕事をサボってる同僚の方が先に出世すると余計にストレスを抱え込んでしまうでしょう。

 

関連記事:真面目な人に向いている仕事とグットポイント診断の重要性

関連記事:真面目な人に向いている優しい仕事と向いていない仕事

 

責任感が強い

 

真面目な人はとにかく責任感が強いです。仕事を任されたら120%の力を出し、些細なミスでも落ち込むくらいですから、精神的に疲れてしまうでしょう。

 

 

責任感が強すぎて、いざ大きな仕事を任せられるとプレッシャーで吐きそうになってしまいます。

 

自分が嫌い

 

自分が嫌いで自己肯定感が低い人も、精神的に疲れやすいです。

 

  • 自分なんてどうせ
  • 自分は無能だ
  • 自分は役に立たない

 

ととにかく自分を大事にしない人が、精神的に崩壊することが多いです。

 

断れない

 

疲れやす人はとにかく断れない人です。

 

上司の仕事で出来ませんと言えない

同僚の仕事も断れない

全ての仕事をやろうとして、休日も仕事をする

 

と言うように断るのが下手な人が、精神的に疲れやすいです。

 

断れないせいで、やりたくない仕事も全て引き受けている。だけど会社の評価は思ったように上がらないので余計と疲れてしまいます。

 

自分の意見を言えない

 

断れないと似たような事ですが、自分の意見を言えない人も疲れやすいです。

 

自分の意見が言えないと、やりたい事も出来ない。だけど嫌な事はドンドンやる事になるのでストレスしかたまらないでしょう。

 

吐き気の対策方法

 

では吐き気がある時の対策方法を書いていきましょう。

 

心療内科に行く

 

吐き気がある程辛いなら、それはうつ病のサインです。うつ病じゃないと思っても体は限界のサインをちゃんと出しているので、ヤバい事だけは自覚した方が良いです。

 

心療内科に行きたくない気持ちも確かに分かります。心療内科ってネットだと評判が非常に悪いため、確かに行く気がなくなるでしょう。

 

ですが、このまま放置をしても良い事はないので一度お試して良いので病院に行く事をおすすめします。

 

うつ病に効くサプリを飲む

 

心療内科が嫌ならサプリメントに頼ると言う方法があります。

 

サプリメントだとネットで購入する事が出来るので、誰にも見られずに薬を手にする事が出来ます。

 

ただ、素人が判断して買った薬はちょっと怖いので、先ほど言ったように心療内科の人に相談するなどした方が良いでしょう。

 

部署異動をお願いする

 

今の仕事が辛いなら離れた方が良いですよ。よく日本では3年間働けと言う言葉がありますが、あの言葉はちゃんと何がやりたいのか分かっている人だけが通じる言葉です。

 

大半の人は、目標なんて無くただ目の前の仕事をこなすことで精いっぱいのはずでしょう。

 

それで辛いという状況なら、限界が来てしまうのでこのまま頑張っても疲れるだけです。

 

なので部署異動をして、仕事と人間関係を全て変える方が一番良いでしょう。

 

部署異動をしただけで、嫌いな上司がいなくなるので精神的にもだいぶ楽になりますよ。

 

有給休暇を貰う

 

疲れているなら、少しでも良いので休んだ方が良いですよ。

 

なので、難しいと思いますが有給休暇を貰ってみましょう。

 

あなたに必要なのはとにかく休む事です。何度だって言いますが吐き気があるのは限界がきている証拠なのでとにかく休むことが一番重要になっていきます。

 

なので、無理やりでも良いので休むための口実を作るのが良いですよ。

 

ずる休みをする

 

有給休暇を貰うのは難しいかもしれません。

 

確かに会社の雰囲気で有給を貰えない。そうなるのはしょうがないです。

 

だったらずる休みをしてでも休んでみたらどうですか?ずる休みは悪い事と思いがちですが、吐き気があるくらい体調が悪いならそれは別です。

 

結局自分の体を大切にするのが一番大事な事でしょう。それこそ恩がある会社だろうと良い人しかいない会社だろうと、最終的には自分を大切にしないといけないでずる休みも良い方法ですよ。

 

ちなみにずる休みをする時は、シンプルに風邪を引いたで良いですよ。下手に演技したり胃腸風邪とか細かい設定にすると逆にばれるので、そのまま風邪と言い切りましょう。

 

関連記事:メンタルが弱い人が上手に仕事をサボる方法

 

会社員以外で働く方法を探す

 

提案ですが、会社員以外で働くのも1つの手です。

 

たとえば最近ではネットを使ったビジネスで、成功してる若者が沢山いるので参考にしてみると良いでしょう。

 

ビジネスと言っても、難しいものではありません。ただお金を稼げればそれだけでビジネスです。

 

たとえばYouTubeで稼ぐ人だってあれも立派なビジネスです。ブログで稼いでる人だってビジネスです。

 

メルカリなどで物売るのも立派なビジネスです。こんな風に何かネットを使って稼ぐという方法もありますよ。

 

ネットで稼ぐ場合は、正直言うと今すぐ稼ぐとなると無理です。それこそ1年間頑張っても月に100円とかしか稼げないかもしれません。

 

ですが、根気よくやれば誰でも稼げるのがネットビジネスの魅力でしょう。私だって学歴が高卒で、しかも学力順位が30人中27位と言う頭の悪い人ですが、そんな私でも月に10,000円はネットで稼いでいます。

 

1つの方法としてありですよ。

 

会社を辞める

 

吐き気がある時は、会社を辞める事も考えた方が良いですよ。

 

やはり根本的な原因が、会社が嫌いと言う事です。

 

  • 人間関係
  • 仕事内容
  • 給料
  • 残業

 

など何かが嫌になり、そのまま吐き気に繋がっています。ですが吐き気がするほど嫌になっていると、多少の対策では中々治りません。

 

だから会社を辞める勇気を出すのも大切になるでしょう。

 

ちなみに会社を辞める勇気がないという人は、一度転職エージェントに相談をしてみて下さい。

 

転職エージェントは簡単に言うと、求人を紹介してくれたり、面接の練習をしてくれたり、転職をする時にアトバイスをするなど、転職を徹底的にサポートしてくれるサービスです。

 

詳しくは下の記事にまとめてあるので、ぜひ見て下さい。あなたの吐き気を治す手がかりがみつかりますよ。

↓↓↓

20代におすすめの使いやすい転職エージェントまとめ

 

限界まで頑張るな

 

最後に言いますが、絶対に限界まで頑張ろうとしないで下さい。

 

日本人はとにかく頑張る事が美徳になっていますが、精神的に壊れるまで頑張る事は全く違います。

 

根性とか気合とかそういうただの精神論を言う人やネットの言葉を信用してはいけません。

 

根性なんかで乗り切れない事は沢山あります。気合が十分でも出来ない事は出来ないです。

 

だからこそ有給休暇を使って休む、無理ならずる休みをする事が大切ですし勇気を出して仕事を辞める覚悟を持つことが大事になるでしょう。

 

もう1度言います。限界まで頑張らないで下さい。頑張っても暗い道しかない場合もありますから。